「わが国金融」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年9月11日金融庁★フィードバック数:0大型消費/投資

野村資本市場研究所委託のレポートです。

「家計の資産形成を支援する制度の在り方に関する調査」報告書

...平成26年9月10日金融庁「家計の資産形成を支援する制度の在り方に関する調査」報告書の公表について金融庁においては、自助努力に基づく資産形成を支援・促進し、成長マネーの供給・拡大を図ることを通じて、わが国金融・資本市場の魅力を高める観点から、様々な税制改正要望を行っております。今後の金融庁における税制改正要望等の参考とするため、今般、「家計の資産形成を支援する制度の在り方に関する調査」を株式会社野村資本市場研究所に委託しました。報告書については、別添をご覧下さい。なお、当報告書の内容は、金融...

資本市場の変貌と証券ビジネス

...銀行)の形成と金融システム改革の課題Ⅱ.金融規制第7章 MiFIDⅡのアルゴリズム(HFT)規制とわが国金融商品取引法へのインプリケーション 大和総研金融調査部制度調査課主任研究員 横山淳第9章 ボルカー・ルールの本質と評価Ⅲ.投資銀行ビジネス第10章 金融危機後の欧米大手銀行における投資銀行業務の展望 みずほ総合研究所金融調査部上席主任研究員 新形敦第11章 米国大手商業銀行グループの引受業務への進出 松山大学経済学部教授・当研究所客員研究員 掛下達郎Ⅳ.証券リテール・ビジネス第14章 金融...

2013年4月18日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

金融システムレポート(2013年4月号)

...機関の国債保有残高が引き続き大きいことには注意する必要がある。また、銀行・信用金庫が抱えるリスク量は、自己資本との対比で引き続き減少しているが、基礎的な収益力は低下している。金融システムのリスク耐性マクロ・ストレス・テストの結果によれば、わが国金融システムのリスク耐性は、全体として相応に強い状態にある。すなわち、仮に、リーマン・ショック時なみの大幅な景気後退が生じるケースなどを想定しても、銀行の自己資本基盤が全体として大きく損なわれる事態は回避されるとみられる。もっとも、基礎的な収益力や貸出債権の質が低い銀行では、自己...

2014年10月10日日本銀行★フィードバック数:0社会/政治

日銀の論文です。

(論文)わが国短期金融市場の動向

...の公表は従来と比べ2〜4か月以上前倒しし、10月に公表することとした。これは、市場動向を適切にフォローし、必要に応じて市場整備のための取り組みを円滑に進める観点から、サーベイ結果を極力速やかに市場参加者の方々などと共有した上で、これを有効に活用しながら、関係者などとの対話を重ねていくことが望ましいとの問題意識に基づくものである。日本銀行金融市場局としては、今回のサーベイ結果も有効に活用しながら、短期金融市場も含めたわが国金融市場の活性化に向けた関係者の取り組みを積極的に支援するとともに、自ら...

2012年4月20日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

金融システムレポート(2012年4月号)

...システムのリスク耐性マクロ・ストレス・テストの結果からは、わが国金融システムのリスク耐性は全体として強まった状態にある。すなわち、一時的な景気後退とそれに伴う株価下落が生じるケースや国内金利が一律に1%上昇するケースなど、一定の規模のストレスが生じたとしても、銀行の自己資本基盤が全体として大きく損なわれる事態は回避されると試算される。ただし、相対的に収益力や自己資本基盤が弱い銀行では、自己資本比率が先行きも低い水準にとどまる可能性があることに留意を要する。さらに、より厳しい前提でのストレス・テストの結果を踏まえると、金融...

2014年10月20日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

金融システムレポート(2014年10月号)

...のグローバル化に伴ってわが国の金融システムが海外との結びつきを強めるもとで、抜本的な国際金融規制改革、グローバル金融システムの構造変化が進行している。これらの要素も、中期的にはわが国金融システムの安定性、機能度に影響を及ぼしていく可能性がある。以上のような点を踏まえ、将来にわたって金融安定を確保していくうえでの金融機関経営の課題は次の3点である。これらへの取組みが、先行きの金融機関の健全性や収益力を規定する重要なファクターになっていくと考えられる。第一に、金融機関は、景気回復に伴う資金需要への適切な対応に加え、国・地域の産業活力向上への貢献が期待されている。成長...

2012年10月22日日本銀行★フィードバック数:1社会/政治

日銀による定期レポートです。

金融システムレポート(2012年10月号)

...的な収益力は低下している。仮に、人口減少や高齢化の進行などによって、わが国の経済成長率が中長期的に低下を続ける場合、金融機関の収益力も低下を続ける可能性がある点には注意が必要である。金融システムのリスク耐性マクロ・ストレス・テストの結果によれば、わが国金融システムのリスク耐性は全体として相応に強い状態にある。すなわち、リーマン・ショック時なみの大幅な景気後退が生じるケースや国内金利が一律に1%pt上昇するケースを想定しても、銀行の自己資本基盤が全体として大きく損なわれる事態は回避されると試算される。また、円貨・外貨...

2014年5月27日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【特集 内外金融機関が抱える課題と将来】欧米の主要な総合金融機関におけるビジネスモデルの方向性

...付きの深刻化オフバランス・ビークルの資金調達困難化金融機関への影響金融資本市場への影響金融機関への影響国債・金融資本市場への影響住宅投資、個人消費への影響Credit crunch緊縮財政による影響影響小影響大これまでのところ影響小金融ショックの主な連鎖経路全を引き起こし、金融システム全体の不安定化をもた2009年中銀の流動性サポート「次はだれが倒産するのか」という市場参加者の相互不2008年経営破綻が相次ぐと、各国政府は資本注入や財政刺激策等を実施し、財政赤字がわが国金融機関(資料)日本...

2013年2月6日日本総研フィードバック数:1社会/政治海外

アジアマンスリー2013年2月号

...に求められること域内金融統合に対する日本の関わり方については、日本の金融資本市場にアジアの経済主体を呼び込むという側面と、前述のように日本の経済主体がアジアの金融資本市場に関わるという側面がある。2012 年 7 月に閣議決定された『日本再生戦略』では、金融戦略の一つの柱として「アジアにおける我が国企業・金融機関・市場の地位確立」が掲げられた。そのために①アジア金融センターへ向けたわが国金融資本市場・金融機関の競争力向上、ならびに②わが国企業の国際競争力の強化支援、に取り組み、日本...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ