調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > アクセシビリティ対応

「アクセシビリティ対応」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

445自治体ウェブサイトの実態調査結果発表

...となる今回調査では、アクセシビリティ対応のスタートラインである「A」レベルに到達した自治体が初めて1割を超えましたが、一方で半数近くの自治体が対応不十分と考えられるDレベル以下にとどまっており、依然として自治体により取り組み状況に差がある実態が明らかになりました。ウェブサイトはいまや欠かせないコミュニケーションツールとして定着し、「高齢者や障害者など心身の機能に制約のある人でも、年齢的・身体的条件に関わらずウェブで提供されている情報にアクセスし利用できる」こと、すな...

2015年Aion全ページJIS対応調査「政党編」

...最低基準を満たさず - ウェブアクセシビリティの全ページ調査結果を発表【政党】 -この度、政党のホームページ10サイトの全ページを対象に、高齢者・障害者のホームページ利用への配慮(ウェブアクセシビリティ)に関するJIS規格(JIS X 8341-3:2010)への対応状況について検証プログラムを用いて調査しました。 本調査で、政党ホームページの87%のページ(計11万ページ超)に、JIS規格で最低限遵守すべき「達成等級A」の問題が確認されました。障害の有無にかかわらず、誰でも政策や候補者の情報などを取得できるよう、政党ホームページのアクセシビリティ対応...

官公庁ホームページのアクセシビリティ品質は8割がスタート地点手前

...観点で評価を行っています。高齢者や障害者を含む誰もが等しく適切に情報を得られること=アクセシビリティ(基本レベル)サイト規模にかかわらず、すべてのページが均質な使いやすさを担保していること=ユーザビリティ(配慮レベル) 1.のアクセシビリティ品質が担保されない限り、適切に情報を得られない利用者の存在が残り続けるため、公共サイトにおいてこれらの対応は不可欠です。我が国ではそうした公共機関のアクセシビリティ対応を推進するため、ホームページのJIS規格である「JIS X 8341-3:2010」(2010年8月改正公示)、総務...

2014年-2015年Aion全ページJIS対応調査「自治体編(4)北海道・東北地方」

...月に予定されている障害者差別解消法の施行に向けて、政府は2月24日に「障害を理由とする差別の解消の推進に関する基本方針」を閣議決定しました。現在公開されているホームページには未だ多数の問題があることが明らかとなり、今後、公共機関にはこれまで以上にウェブアクセシビリティ対応を推進することが求められます。調査結果概要調査対象となった北海道・東北地方の108の自治体のうち、本調査で解析結果の得られた107の自治体サイトについて集計したところ、合計659,233ページのうち526,428ページ(79.85...

2014年-2015年Aion全ページJIS対応調査「自治体編(6)北陸・甲信越地方」

...月に予定されている障害者差別解消法の施行に向けて、政府は2月24日に「障害を理由とする差別の解消の推進に関する基本方針」を閣議決定しました。現在公開されているホームページには未だ多数の問題があることが明らかとなり、今後、公共機関にはこれまで以上にウェブアクセシビリティ対応を推進することが求められます。調査結果概要本調査では、北陸・甲信越地方の81の自治体サイトの合計413,707ページのうち263,299ページ(63.64%)でJIS規格の達成等級Aの対応に問題があることが確認されました。 同一...

自治体ウェブサイトの改正JIS規格対応、多くの団体で問題あり

...者や障害者を含めた誰もがウェブを利用できること)に関するJIS規格(JIS X 8341-3:2010、以下改正JIS)が改正公示され、ウェブアクセシビリティに関して目標の設定と公表が求められるなど、特に自治体や官公庁等の公共機関ウェブサイトにおいて、アクセシビリティの確保が急務となっています。当社がアクセシビリティ対応のスタートラインと位置づける「A」レベルに該当する自治体の割合は年々増加していますが、今回調査において依然として全体の16.1%に留まることが明らかになりました。本調査の基本レベル評価の解析項目である「画像代替」と「構造化」は...

2014年-2015年Aion全ページJIS対応調査「自治体編(8)九州・沖縄地方」

...予定されている障害者差別解消法の施行に向けて、政府は2月24日に「障害を理由とする差別の解消の推進に関する基本方針」を閣議決定しました。現在公開されているホームページには未だ多数の問題があることが明らかとなり、今後、公共機関にはこれまで以上にウェブアクセシビリティ対応を推進することが求められます。調査結果概要本調査では、九州・沖縄地方の115の自治体サイトの合計581,847ページのうち455,677ページ(78.32%)でJIS規格の達成等級Aの対応に問題があることが確認されました。同一ページに複数の問題があるページも多数あることから、改善...

A.A.O.ウェブサイトクオリティ実態調査 中央省庁・独法・特別民間法人編第6回

...結果を発表いたします。本調査では、対象とした310の官公庁公式ウェブサイトのうち7割以上にあたるサイトで、最も基本的なアクセシビリティ上の対応に問題があり、公共サイトとして求められる要件を満たしていない状況が明らかになりました。調査の背景と目的我が国では公共サイトのアクセシビリティ対応を推進するため、ホームページのJIS規格である「JIS X 8341-3:2010」(2010年8月改正公示)、総務省「みんなの公共サイト運用モデル」(2011年3月改定)といった規格や指針が定められており、すべての公共サイトは「高齢...

2014年-2015年Aion全ページJIS対応調査「自治体編(7)中国・四国地方」

...予定されている障害者差別解消法の施行に向けて、政府は2月24日に「障害を理由とする差別の解消の推進に関する基本方針」を閣議決定しました。現在公開されているホームページには未だ多数の問題があることが明らかとなり、今後、公共機関にはこれまで以上にウェブアクセシビリティ対応を推進することが求められます。調査結果概要本調査では、中国・四国地方の90の自治体サイトの合計522,778ページのうち345,475ページ(66.08%)でJIS規格の達成等級Aの対応に問題があることが確認されました。 同一ページに複数の問題があるページも多数あることから、改善...

2014年-2015年Aion全ページJIS対応調査「自治体編(1)都道府県」

...年4月に予定されている障害者差別解消法の施行に向けて、政府は2月24日に「障害を理由とする差別の解消の推進に関する基本方針」を閣議決定しました。現在公開されているホームページには未だ多数の問題があることが明らかとなり、今後、公共機関にはこれまで以上にウェブアクセシビリティ対応を推進することが求められます。調査結果概要本調査では、47の都道府県サイトの合計1,669,799ページのうち805,995ページ(48.27%)でJIS規格の達成等級Aの対応に問題があることが確認されました。 同一...

2014年-2015年Aion全ページJIS対応調査「自治体編(2)政令市」

...題が確認されました。 2016年4月に予定されている障害者差別解消法の施行に向けて、政府は2月24日に「障害を理由とする差別の解消の推進に関する基本方針」を閣議決定しました。現在公開されているホームページには未だ多数の問題があることが明らかとなり、今後、公共機関にはこれまで以上にウェブアクセシビリティ対応を推進することが求められます。調査結果概要本調査では、20の政令市サイトの合計817,717ページのうち368,595ページ(45.08%)でJIS規格の達成等級Aの対応に問題があることが確認されました。 同一...

A.A.O.ウェブサイトクオリティ実態調査 自治体編第7回

.... ()」に公開しました。本調査では、対象とした685の自治体公式ウェブサイトのうち7割以上にあたるサイトで、最も基本的なアクセシビリティ上の対応に問題があり、公共サイトとして求められる要件を満たしていない状況が明らかになりました。調査の背景と目的我が国では、公共サイトのアクセシビリティ対応を推進するため、ホームページのJIS規格「JIS X 8341-3:2010」(2010年8月改正公示)、総務省「みんなの公共サイト運用モデル」(2011年3月改定)といった規格や指針が定められており、すべ...

官公庁・独立行政法人・特別民間法人ウェブサイトのクオリティ調査

...アライド・ブレインズは技術と人との関係を見つめて、これからのビジネス社会を提案するコンサルティング・ファームです。 【プレスリリース】 報道関係者各位2010年7月23日アライド・ブレインズ株式会社アライド・ブレインズ株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:内田 斉、以下アライド・ブレインズ)は、2010年6〜7月に実施した「A.A.O.ウェブサイトクオリティ実態調査 官公庁編 第4回」の調査結果を発表いたします。この度の調査では、対象179サイト中98サイト(約55%)が、アクセシビリティ対応...

8割の自治体ホームページが公共サイトとしての品質に問題 - アライド・ブレインズ、全国607自治体ウェブサイトのアクセシビリティ・ユーザビリティ調査結果を発表 -

...者や障害者を含む全ての人々が利用可能であること」は、公共サイトの必須要件です。アライド・ブレインズは、より多くの利用者が等しく快適に情報を入手できるインターネット社会を目指し、公共サイト改善の共通指標を提供する目的で、2006年より本「A.A.O.ウェブサイトクオリティ実態調査」を実施しています。自治体編第6回 総評本調査で対象サイトの品質を評価したところ、弊社がアクセシビリティ対応のスタートラインと位置づけている「Aレベル」は124サイト(20.4%)に過ぎず、依然約8割の自治体サイトは最低限のアクセシビリティ品質を満たしていません。対応...

2014年-2015年Aion全ページJIS対応調査「自治体編(3)関東地方」

...を理由とする差別の解消の推進に関する基本方針」を閣議決定しました。現在公開されているホームページには未だ多数の問題があることが明らかとなり、今後、公共機関にはこれまで以上にウェブアクセシビリティ対応を推進することが求められます。調査結果概要本調査では、関東地方の198の自治体サイトの合計1,546,477ページのうち809,107ページ(52.32%)でJIS規格の達成等級Aの対応に問題があることが確認されました。 同一ページに複数の問題があるページも多数あることから、改善を検討すべき箇所数は関東地方の自治体ホームページ全体で合計4,262...

ウェブアクセシビリティの全ページ調査【国(府省庁等)】

...では、2016年4月に予定されている障害者差別解消法の施行に向けて、政府は2月24日に「障害を理由とする差別の解消の推進に関する基本方針」を閣議決定しました。現在公開されているホームページには未だ多数の問題があることが明らかとなり、今後、公共機関にはこれまで以上にウェブアクセシビリティ対応を推進することが求められています。総務省チェックツールの基準で公開されている全ページを調査本調査は、弊社が開発した「全ページJIS検証プログラムAion(アイオン)」を用い、50サイ...

2014年-2015年Aion全ページJIS対応調査「自治体編(5)東海・近畿地方」

...予定されている障害者差別解消法の施行に向けて、政府は2月24日に「障害を理由とする差別の解消の推進に関する基本方針」を閣議決定しました。現在公開されているホームページには未だ多数の問題があることが明らかとなり、今後、公共機関にはこれまで以上にウェブアクセシビリティ対応を推進することが求められます。調査結果概要本調査では、東海・近畿地方の200の自治体サイトの合計1,520,852ページのうち955,598ページ(62.83%)でJIS規格の達成等級Aの対応に問題があることが確認されました。 同一...

政党ホームページの8割以上がJIS規格最低基準を満たさず

...改正公示された。【JISの達成等級・達成基準について】達成等級:JIS X 8341-3:2010に設けられた、ウェブアクセシビリティ対応の程度を示したもの。最低限の要求事項である等級A、その上位の等級AA、等級AAAの三段階が用意されている。達成基準:ページの作成において対応すべき個別的な要件を規定したもの。61項目あり、各項目は等級A、等級AA、等級AAAのいずれかに対応している。【総務省「miChecker」について】総務省が開発し広く一般に無償提供しているアクセシビリティチェックツール。1ペー...

ウェブアクセシビリティの全ページ調査結果【都道府県編】

... 8341-3:2010に対応することが求められている。【JISの達成等級・達成基準について】達成等級:JIS X 8341-3:2010に設けられた、ウェブアクセシビリティ対応の程度を示したもの。最低限の要求事項である等級A、その上位の等級AA、等級AAAの三段階が用意されている。達成基準:ページの作成において対応すべき個別的な要件を規定したもの。61項目あり、各項目は等級A、等級AA、等級AAAのいずれかに対応している。【総務省「miChecker」について】総務...

2011年6月29日日経BPフィードバック数:1マーケティング

首都圏 災害拠点病院Webサイト ユーザビリティ調査2011

...にとると、32%が適切な配慮をしていた。32%という数字も決して高い数字ではないが、今回の数字はさらに低い。災害拠点病院サイトのアクセシビリティ対応はまだこれからといっていい。 なお、Webページのアクセシビリティに関してはJISが基準を定めている※※。今回の調査では、2010年に改正された最新のJIS X 8341-3:2010を参考に審査基準を作成した。 東日本大震災の際は、医療関連情報を知らせるWebページがいくつもアップされ活用されるなど、ネットは、大災害時の情報発信・収集...

ウェブアクセシビリティの全ページ調査【国(府省庁等)】

...庁や自治体をはじめとする公的機関のホームページは、総務省が2011年4月に発表した「みんなの公共サイト運用モデル」に示された期限を目安に、JIS X 8341-3:2010に対応することが求められている。【JISの達成等級・達成基準について】達成等級:JIS X 8341-3:2010に設けられた、ウェブアクセシビリティ対応の程度を示したもの。最低限の要求事項である等級A、その上位の等級AA、等級AAAの三段階が用意されている。達成基準:ページの作成において対応すべき個別的な要件を規定したもの。61項目あり、各項目は等級A、等級AA、等級AAA...

2014年12月4日日経BP★フィードバック数:0マーケティング

視覚障がい者にとってのインターネットです。

障害者のインターネット利用実態調査

...をあきらめることは多々ある』『文字や画像のサイズが固定されていて、見たい部分が拡大できなかった』などインターネットを利用はしているものの、目的を達成できないまま途中で利用を諦めざるをえない現状が浮き彫りとなった。既に運用中のWebサイトをアクセシビリティ対応(注2)させることは決して容易なことではなく、アクセシビリティ標準に十分配慮したWebサイトに構築し直すことは、運用側にとって人的リソース、そして作業コスト的にも大変負担がかかるのも事実である。しかしながら、本調査結果によって、目に見える物理的なバリアだけではなく、「イン...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ