「アジア企業」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年8月8日JETROフィードバック数:0ビジネス

アジア企業の欧州ビジネス戦略(2014年1月~6月報告)

...ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。 各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 アジア企業...

2013年3月31日JETROフィードバック数:0ビジネス海外

米国企業のアジア展開・アジア企業の米国展開(2013年3月)

...企業のアジア展開・アジア企業の米国展開(2013年3月) 本報告は、2012年5月に作成された「米国企業のアジア展開事例とアジア企業の米国展開事例」の続編である。前回と同様に、主に米国サイドの情報を中心として、米国企業のアジアにおけるビジネスおよびアジア企業の米国でのビジネスについて、事例を取りまとめた。 対ミャンマー経済制裁の緩和を受けて同国へ進出を計画する米企業の例や、中国国内の生産コスト上昇などの事情により第3国へ拠点を移した例、また本格化しつつある中国企業の対米投資の3点が、特に...

2015年3月24日JETROフィードバック数:0ビジネス海外

アジア・欧州企業の米国展開事例

...企業の米国展開事例(2015年3月) アジア企業の米国展開の中で目立つ動きとしてあげられるのが、米大手企業を対象とした買収、または出資の動きである。また、安定した経済成長の見込まれる米国市場でのビジネス拡大を目的とした投資も一つのトレンドといえる。新たな動きとしては、米国のインフラストラクチャー市場への進出が注目される。欧州企業の米国展開でも、米国市場の成長を自社に取り込むための積極的な動きや、その手段として買収や出資などの動きが目立った。一方、競争...

2015年2月12日JETROフィードバック数:0ビジネス

アジア企業の欧州ビジネス戦略 (2014年7月~12月報告)

...ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。 各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 アジア企業...

2015年3月25日JETROフィードバック数:0ビジネス海外

米国企業のアジア展開事例(2015年3月)

...告は2012年5月、2013年3月、2014年3月に公表した「米国企業のアジア展開事例とアジア企業の米国展開事例」の続編である。 このレポートの最新版が2016年3月に公開されました。 主な図表:S&P500構成銘柄の売上高国外比率推移、インテルの主要国・地域別売上高の推移、アジアにおける米系テーマパークの開設の動き 発行年月:2015年3月 作成部署:ジェトロ・ニューヨーク事務所、ジェトロ北米課 総ページ数:44ページ ジェトロ・ウェ...

「世界で最も革新的な企業」100社、セールスフォースが3年ぶり首位に

...リストから外れたものの、ヤフージャパン(84位)や米プロクター&ギャンブル(89位)、ビール大手の米アンハイザー・ブッシュ(54位)などが再びランク入りを果たしている。アジア企業では中国、インド、インドネシア、韓国の企業合わせて6社が20位までに入った。研究開発の能力が世界全体で向上していることを反映したものといえる。日本企業はトップ100に9社がランクインしている。順位は投資家の期待を反映「世界で最も革新的な企業」リストは、投資家らが「次に大きなイノベーションをもたらす可能性が最も高い」と評価する企業を選び出し、順位...

2011年1月12日Aonフィードバック数:2キャリアとスキル

就職先としての魅力度で日本企業と欧米企業の間には大きな開きが

...オン ヒューイットとJobStreet.comによる『アジアのホワイトカラーが働きたい企業調査』は2010年の10月に実施され、日本を含む12の国籍の企業に対する意識についてアジア全域に居住する14,000名の求職者からの有効回答が得られた。調査はインド、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、バングラディシュ、ベトナム、およびタイの8カ国で実施された。調査結果は、求職者に対する企業の魅力という点でアジア企業と欧米企業の間に大きな開きがあることを示している。米国、イギ...

2016年3月28日東京商工リサーチフィードバック数:0デジタル家電

白物家電関連メーカー業績動向調査

...高10億円以上の減収企業が53.8%と増収を上回り、グローバルの戦いを挑む大手中堅が売上高を伸ばせなかった。国内市場は人口減少や海外製品との低価格競争が起こっている。日本電機工業会(JEMA)の発表でも2015年(1-12月)の白物家電の出荷額は2兆2,043億円と前年比2.8%減少。また、大手メーカーでは2016年3月期第3四半期までにおいて白物家電を含むセグメントも減収が多いなど環境は厳しさを増す。東芝は白物家電事業を中国の美的集団へ売却することを含めた再編を進めており、低コスト生産など優位にあるアジア企業...

拡大や多様化が期待されるアジア社債市場

...、飲料、建材、公益、ホテル、外食、ビジネス・サービス、金融など、多岐にわたって増加したことが、シェア逆転の主な背景となりました。なかでも、中国の食肉加工大手による米同業大手の買収や、中国石油大手によるイタリア同業大手からのアフリカ事業の一部取得、インドネシアの国営石油会社による米同業からの北アフリカの油田権益の取得といった、アジア企業による案件が全体の買収額を押し上げたとされています。*ロシアなど、UNCTADが「移行経済」に分類している国を含むアジアでは、企業の積極的な国際展開以外に、2010年...

2013年6月14日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成24年度産業技術調査事業(技術研究組合の運営管理のための環境整備等に関する調査)報告書

...術研究組合ブームと呼べるような活況を呈している中、化学企業は電子、バイオ、次世代プロセス技術に関連した組合を設立、共同研究を進めている。グローバル競争が一段と激化、東アジア企業の台頭に対し、日本の素材企業が競争力優位を維持するには、「競争と協調」に基づく日本企業の連携も急がれている。協調の成功例としては、化学材料の評価を目的に設立した技術研究組合は有効に機能している。わが国の製造企業が戦略的な知財戦略や技術・ノウハウのクローズ化を通じたグローバル展開が迫られる中で、組合の活性化には、海外企業や外国人研究者の参加も必要だがデリケート問題もある。株式...

中南米における対内直接投資と多国籍企業の動向

...社、チリ3社、パナマとホンジュラス、ペルーに各1社の分布となっている。20社順位表で唯一のアジア企業が、インドのOil and Natural Gas Corp.(14位)である。同社はブラジルの油田権益(持分12%)を5.29億ドルで買収した。インドは石油・天然ガスの主要な輸入依存先であるイランや中東地域の地政学的リスクを軽減するために、南米の資源確保に乗り出している。買収対象が最多のブラジルに対する多国籍企業の投資傾向をみると、同国における今後の成長部門の一端が垣間見える。例えば、大規...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ