「アジア調査」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年1月16日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

タイ:個人消費低迷が長引く懸念~悪化する雇用環境、追い討ちをかける家計債務問題~

...みずほインサイトアジア2014 年 1 月 15 日タイ:個人消費低迷が長引く懸念悪化する雇用環境、追い討ちをかける家計債務問題みずほ総合研究所調査本部アジア調査部03-3591-1379○ 2013年の個人消費は深刻な不振に陥った。政策により急増していた自動車販売の反動減がきっかけだが、労働集約産業の衰退等に伴う雇用環境の悪化により、足下まで消費不振は続いている。○ 雇用環境の悪化によって、低所得者層を中心に家計債務問題が徐々に顕在化したことも、消費を下押しした。この消費下押し圧力は、まだ...

2013年10月29日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国の成長の「下限」を考える~就業との関係からみた経済成長鈍化の許容水準とは~

...みずほインサイトアジア2013 年 10 月 29 日中国の成長の「下限」を考えるアジア調査部中国室主任研究員就業との関係からみた経済成長鈍化の許容水準とは03-3591-1376三浦祐介yusuke.miura@mizuho-ri.co.jp○ 中国の習政権は就任後、高成長の維持よりも改革を優先する政権運営を行ってきたが、中国経済の先行き不安の高まりとともに、経済運営における成長率の「下限」に注目が集まった。○ 雇用の政府目標値を経済運営上の成長率の「下限」として2015年までを見通すと、7...

邦銀のアジア展開 -邦銀の東南アジア進出と企業の財務戦略-

...、名古屋等)へのヒアリング 3)その他必要に応じて、企業・政府機関などへのヒアリングや、研究会への有識者の招へい等。 昨年の東南アジア調査で得た課題等を勘案して本年度調査を行い、より具体的な実態把握と分析を行う。 メンバー砂川 伸幸神戸大学経営学研究科・経営学部教授 猪口 真大京都産業大学経営学部准教授梶谷 懐神戸大学経済学研究科・経済学部准教授地主 敏樹神戸大学経済学研究科・経済学部教授唐成桃山学院大学経済学部教授播磨谷 浩三 立命館大学経営学部教授三重野 文晴 京都...

2013年11月12日秋田経済研究所フィードバック数:0社会/政治

国際教養大学が地域に及ぼす経済波及効果~経済波及効果は約40億円~

...開学した「国際教養学部」1学部のみの単科大学である。現在、学生数は875人、海外からの留学生を含めると約千人に上る。また、平成17年2月に地域環境研究センター、24年1月には東アジア調査研究センターをそれぞれ設立し、自然環境や伝統文化に関する学術調査や、東アジア地域の経済活力を本県経済の活性化に活かす取組みの調査・研究を行っている。 5 国際教養大学の経済波及効果 (1)教育・研究活動による効果  国際教養大学の平成24年度会計財務諸表より経費の概要について整理すると、経常...

2014年12月2日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

利下げに踏み切った中国~「選択的金融緩和」からの離脱とその背景~

...みずほインサイトアジア2014 年 12 月 2 日利下げに踏み切った中国みずほ総合研究所調査本部「選択的金融緩和」からの離脱とその背景アジア調査部中国室03-3591-1385○ 中国人民銀行はこれまで小規模・零細企業などに対象を限定した「選択的金融緩和」主体の金融政策を採用してきたが、11月22日に2012年7月以来となる利下げに踏み切った○ 政府は、雇用の安定などを理由に、依然経済は合理的な範囲内で推移中との認識を崩してはいないが、イン...

2014年8月14日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

軍政下で底打ちするタイ経済~中期的な見通しは楽観できず~

...みずほインサイトアジア2014 年 8 月 13 日軍政下で底打ちするタイ経済みずほ総合研究所アジア調査部中期的な見通しは楽観できず03-3591-1379○ 軍事クーデターにより政治対立が小康化したタイでは、マインドの改善などにより経済が底打ちしつつある。2014年後半は、政策運営の正常化などにより景気のV字回復が見込まれる○ しかし、その勢いは持続せず、2015年の景気の実勢は力強さを欠くだろう。中期的な輸出や消費の伸び悩み、軍事政権の堅実な予算運営などが見込まれるためだ○ 2015年末...

2013年11月21日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

低迷が続くタイの自動車生産~国内出荷の早期回復は期待できず在庫調整が継続~

...みずほインサイトアジア2013 年 11 月 20 日低迷が続くタイの自動車生産アジア調査部国内出荷の早期回復は期待できず在庫調整が継続03-3591-1368研究員杉田 智沙chisa.sugita@mizuho-ri.co.jp○ タイ経済の減速が目立っている。その原因は複数あるが、足元で自動車生産の低迷が特に顕著となっており、景気の足を引っ張っている○ 自動車生産低迷の原因は、大洪水の反動、自動車購入支援策といった一時的要因の剥落に伴う国内販売の不振である。輸出も、国内...

2015年3月24日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

「新常態」移行元年の経済運営~2015年全人代のポイントと中国を待ち受ける課題~

...みずほインサイトアジア2015 年 3 月 24 日「新常態」移行元年の経済運営2015 年全人代のポイントと中国を待ち受ける課題みずほ総合研究所調査本部アジア調査部中国室03-3591-1385○ 3月15日に中国で全人代が閉幕。成長率目標は昨年から0.5%Pt引き下げられ「+7.0%前後」に。政府は雇用確保や中期成長目標の達成が可能な範囲で、バランスシート調整のために減速を許容○ ただし、経済への下押し圧力は強まっており、今年の成長率目標を達成するのは決して容易ではないと政府は認識。景気...

2014年12月25日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

タイ経済の中期展望~2020年までは楽観できない見通し~

...みずほ総研論集 2014年Ⅲ号タイ経済の中期展望〜2020年までは楽観できない見通し〜*   アジア調査部 主任研究員 稲垣 博史**  アジア調査部 主任研究員 小林 公司*** アジア調査部 主任エコノミスト 宮嶋 貴之****アジア調査部 研究員 杉田 智沙▲要  旨 1.タイでは、1970年代から90年代初頭にかけて民政移管とクーデターによる軍政化が繰り返された後、民政化が前進し、2001年に強固な基盤を持つタクシン政権が誕生した。しかし、2006年にタクシン氏が失脚した後は、再び...

2013年8月30日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国は高成長路線に戻るのか?~相次ぐ経済政策発動とその狙いを見極める~

...みずほインサイトアジア2013 年 8 月 30 日中国は高成長路線に戻るのか?みずほ総合研究所調査本部相次ぐ経済政策の発動とその狙いを見極めるアジア調査部中国室03-3591-1367○ 7月以降、中国政府は景気刺激策とも受け止められる政策を相次いで発表している。貸出金利の下限撤廃、小規模・零細企業減税、財政剰余金の削減、インフラ建設加速、輸出振興策などである○ しかし、これらの施策は景気の大幅な下振れ防止、経済構造の調整を主目的としたものであり、景気の力強い反転を目指したものではない。その...

2014年6月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国の景気減速によるアジア諸国の輸出への影響

...みずほインサイトアジア2014 年 6 月 20 日中国の景気減速によるアジア諸国の輸出への影響みずほ総合研究所調査本部アジア調査部03-3591-1385○ 中国では2014年1~3月期の成長率が1年半ぶりの低水準になるなど、景気減速懸念が高まっている。それに伴い、対中輸出割合が大きい周辺アジア諸国の景気下押しも懸念されている○ しかし、アジア諸国の輸出の最終需要地としては、依然として米欧への依存度が高い。米欧の景気が回復基調を保つことで、アジア諸国の輸出は腰折れしないとみられる○ 仮に...

2013年9月24日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

タイ・マレーシアの経常収支悪化は続くのか

...みずほインサイトアジア2013 年 9 月 24 日タイ・マレーシアの経常収支悪化は続くのかみずほ総合研究所調査本部アジア調査部03-3591-1379○ インドとインドネシアの経常収支赤字問題が注目される中、タイとマレーシアでも経常収支の悪化が顕著となっている。○ この背景には、1次産品の需要低迷等による輸出減少という一時的要因もあるが、有権者の歓心を得るための低所得者層向け支援策等の政府の施策が貿易収支を悪化させたことも挙げられる。○ 両国の経常収支は、通貨...

2015年4月23日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

再考:中韓FTAによる日本、台湾の対中輸出への影響をどうみるか

...みずほインサイトアジア2015 年 4 月 23 日再考:中韓 FTA による日本、台湾の対中輸出への影響をどうみるかみずほ総合研究所調査本部アジア調査部03-3591-1385○ 2015年2月、中韓FTAが仮署名に至り、関税撤廃スケジュールなどの詳細が明らかとなった。公表内容から、対中輸出において韓国と競合度の高い日本、台湾への短期的影響を再考した○ その結果、韓国製品に対する中国の関税引き下げが緩慢なことなどから、日本、台湾の対中輸出に与える短期的影響はかなり限定的だとみられる○ 韓国...

2013年5月15日みずほ総合研究所★フィードバック数:2社会/政治海外

企業対象のアンケートです。

中国からASEANへのシフトに舵を切り出す日本企業~2013年2月アジアビジネスアンケート調査結果~

...に関してはアジア全域で売上は持ち直すと見込む企業が多かった。◆ 2012年度のアジア拠点の収益満足度は、アジア全域で低下。ただし、ASEAN拠点ではDI(満足-不満)がプラスを維持した一方、中国拠点ではDIが大幅なマイナスと明暗が分かれた。◆ アジアビジネスにおける課題としては、中国拠点・ASEAN拠点いずれも人件費上昇が最多回答となったが、中国拠点では日中関係を懸念する回答も急増した。◆ アジアビジネス支援に関する日本の新政権への期待としては、円高是正、日中関係改善、広域FTA推進(TPPなど)が上位となった。とりわけ、日中関係の改善が切に望まれる。アジア調査...

2014年4月30日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ中国経済情報]2014年4月号

...の想定以上に景気下押し圧力が強まっていることの証左とみなし、中国経済の先行きに対する警戒感を強める必要がある。2014年 4月 3 0 日発行アジア調査部中国室長伊藤信悟03-3591-1378shingo .ito@mizu ho-ri.co. jpアジア調査部中国室研究員 玉井芳野03-3591-1367yoshin o.tamai@m izuho-ri. co.jp●当レポートは情報提供のみを目的として作成されたものであり、商品の勧誘を目的としたものではありません。本資料は、当社が信頼できると判断した各種データに基づき作成されておりますが、その...

2013年11月3日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ中国経済情報]2013年10月号

...の淵源にある地方政府幹部の業績評価など鍵となる部分には前政権の政策から変化がみられず、実効性は未知数。2013年 10月 3 0日発行アジア調査部中国室主任研究員 三浦祐介03-3591-1376y usuke .miura@mi zuho-ri.c o.jpアジア調査部中国室研究員 玉井芳野03-3591-1367yoshin o.tamai@m izuho-ri. co.jp●当レポートは情報提供のみを目的として作成されたものであり、商品の勧誘を目的としたものではありません。本資料は、当社が信頼できると判断した各種データに基づき作成されておりますが、その正確性、確実...

2014年5月15日みずほ総合研究所★★フィードバック数:0ビジネス

企業アンケートです。

ASEANに対する期待と懸念を交錯させる日本企業~2014年2月アジアビジネスアンケート調査結果~

...戦略推進と政治リスク払拭に期待(P59)。アジア調査部主任研究員03-3591- 13 7 5アジア調査部研究員03-3591- 13 6 8酒向浩二k o j i. s a k o @ m i zuh o - r i . c o. j p杉田智沙c h i sa . s u g i t a @m i z u h o - r i. c o . j p●当レポートは情報提供のみを目的として作成されたものであり、商品の勧誘を目的としたものではありません。本資料は、当社が信頼できると判断した各種データに基づき作成されておりますが、その...

2014年12月17日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

資源価格下落で悪化するオーストラリアの交易条件

...みずほインサイトアジア2014 年 12 月 17 日資源価格下落で悪化するオーストラリアの交易条件アジア調査部主任研究員菊池しのぶ03-3591-1427shinobu.kikuchi@mizuho-ri.co.jp○ 2011年半ばごろから、中国を中心とする新興国の資源需要の低下懸念を背景に、豪州の主要輸出品である鉄鉱石や石炭の価格が下落し、交易条件の悪化傾向が続いている○ 交易条件の悪化により、家計を中心に所得は下押し圧力を受け、内需が伸び悩んだ一方、内需...

2015年3月11日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

改革を焦るインドのモディ政権~国会両院と中央地方間の「ねじれ」が引き続き障害~

...みずほインサイトアジア2015 年 3 月 10 日改革を焦るインドのモディ政権アジア調査部主任研究員国会両院と中央地方間の「ねじれ」が引き続き障害03-3591-1379小林公司koji.kobayashi@mizuho-ri.co.jp○モディ政権は、野党勢力の強い国会の上院と州政府に改革を阻まれている。2014年末以降は、国会承認を必要としない大統領令と、競争的連邦主義の手法により、改革の強行を試みている○しかし、2月末に開会した予算国会では与野党の対立が激化。大統...

2014年5月28日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

エルニーニョ現象はアジア・オセアニア経済にどう影響するか

...みずほインサイトアジア2014 年 5 月 28 日エルニーニョ現象はアジア・オセアニア経済にどう影響するかアジア調査部主任研究員稲垣博史03-3591-1379hiroshi.inagaki@mizuho-ri.co.jp○ 2014年の夏場に、5年ぶりにエルニーニョ現象が発生するとの見方が増えている。発生した場合、1997・98年以来の本格的な規模となる可能性がある。○ エルニーニョ現象が発生すると、アジア・オセアニアの広い地域で干ばつ等が起こり、農業生産が下押しされる傾向である。過去...

2013年11月3日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

改善が際立つフィリピン経済~「アキノ改革」により高成長が続く見通し~

...みずほインサイトアジア2013 年 10 月 31 日改善が際立つフィリピン経済アジア調査部主任研究員「アキノ改革」により高成長が続く見通し03-3591-1427菊池しのぶshinobu.kikuchi@mizuho-ri.co.jp○ フィリピンでは、アキノ政権下での改革の進展などが評価されて対内直接投資が拡大しており、これを原動力として経済成長率が高まっている○ こうした高い経済成長率の一方、手堅い財政・金融政策の運営と、送金...

2014年3月27日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

インドネシアの燃料補助金の弊害~中長期的な観点から抜本的な制度改革が求められる~

...みずほインサイトアジア2014 年 3 月 26 日インドネシアの燃料補助金の弊害アジア調査部主任研究員中長期的な観点から抜本的な制度改革が求められる03-3591-1427菊池しのぶshinobu.kikuchi@mizuho-ri.co.jp○ インドネシアでは、燃料補助金制度により燃料価格が国際市況よりも低く抑えられている。このため、石油の消費量が拡大して輸入量が増える結果、経常収支が悪化するという弊害が生じている○ また、石油消費量の拡大により補助金支出が拡大するため、これ...

2013年4月1日みずほ総合研究所★フィードバック数:1キャリアとスキル海外

タイ人のスキル評価です。

タイの人材スキルの評価~産業高度化を担う人材養成が課題~

...みずほインサイトアジア2013 年 3 月 29 日タイの人材スキルの評価アジア調査部研究員産業高度化を担う人材養成が課題03-3591-1368杉田 智沙chisa.sugita@mizuho-ri.co.jp○ 中所得国化と労働力人口増加率の低下により賃金水準が高まっているタイでは、低廉な労働力に頼らない高付加価値産業を担う高いスキルを有する人材が求められている○ 英語力、マネジメントスキル、科学技術力をメルクマールとしてタイの人材スキルレベルを評価すると、タイ...

2013年8月8日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国は急減速を避けられるか?~「改革」と「軟着陸」両立の狭き道を行く習政権~

...みずほインサイトアジア2013 年 8 月 8 日中国は急減速を避けられるか?みずほ総合研究所調査本部「改革」と「軟着陸」両立の狭き道を行く習政権アジア調査部中国室03-3591-1385○ 景気に勢いがなく、6月には銀行間取引市場での金利高騰による混乱も生じたことから、中国経済の先行き不透明感が強く意識されるようになっている○ ただし、景気減速や金利上昇は、投資依存型成長からの脱却という中国政府の改革姿勢の現れという面を持つうえ、国債発行余地等からみて、景気...

2013年5月16日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治海外

インドネシア経済に変調の兆し~背景には投資不足による供給制約の問題~

...みずほインサイトアジア2013 年 5 月 16 日インドネシア経済に変調の兆しアジア調査部主任研究員背景には投資不足による供給制約の問題03-3591-1427菊池しのぶshinobu.kikuchi@mizuho-ri.co.jp○ 2007年以降、インドネシア経済は概ね安定成長を維持してきたが、ここ数年は、①輸出の減速による経常収支の赤字、②インフレ率の上昇など、変調の兆しがみられる。○ この背景には、需要と供給の均衡が崩れ始めたこと、すなわち個人消費の加速に、生産...

2015年3月5日みずほ総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

原油価格下落の中国経済への影響~原油安の恩恵を弱める2つの要因~

...みずほインサイトアジア2015 年 3 月 4 日原油価格下落の中国経済への影響アジア調査部中国室エコノミスト原油安の恩恵を弱める 2 つの要因03-3591-1367玉井芳野yoshino.tamai@mizuho-ri.co.jp○ 原油価格下落は原油純輸入国である中国経済にとってプラスの影響をもたらすと考えられるが、同時にその恩恵を弱める要因が存在する○ その要因とは、①エネルギー集約度の高い産業における過剰生産能力、②自動車販売や住宅関連消費の伸び悩み、の2つ。一方、中国の産油国・資源...

2013年2月15日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治海外

ユドヨノ政権下でインドネシアの投資環境は改善したのか

...みずほインサイトアジア2013 年 2 月 14 日ユドヨノ政権下でインドネシアの投資環境は改善したのかアジア調査部主任研究員菊池しのぶ03-3591-1427shinobu.kikuchi@mizuho-ri.co.jp○ 2014年に任期を終えるユドヨノ大統領は、2004年の就任以降、対内直接投資に対する大きな障害となっていた法制度やインフラの問題の解消に向けて、様々な分野での取り組みを進めてきた○ この取り組みの結果、いくつか課題は残るものの、イン...

2014年7月7日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ウォン高下でも底堅い韓国の輸出~輸出価格引き下げで、輸出数量の増勢を維持~

...みずほインサイトアジア2014 年 7 月 7 日ウォン高下でも底堅い韓国の輸出アジア調査部主任エコノミスト宮嶋貴之輸出価格引き下げで、輸出数量の増勢を維持03-3591-1434takayuki.miyajima@mizuho-ri.co.jp○ 2013年9月以降、韓国ではウォン高傾向(対米ドルレート)が続いており、足元では約6年ぶりのウォン高水準となっている。その一方で、輸出数量は2014年5月まで増加基調を維持している○ 韓国...

2014年4月8日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

戸籍制度改革加速を迫られる中国~経済・社会の安定的発展の鍵を握る農民工の市民化~

...みずほインサイトアジア2014 年 4 月 8 日戸籍制度改革加速を迫られる中国アジア調査部中国室主任研究員経済・社会の安定的発展の鍵を握る農民工の市民化03-3591-1376三浦祐介yusuke.miura@mizuho-ri.co.jp○ 中国では、都市・農村別に分かれた戸籍制度に対応し、公共サービスや年金制度、土地制度が分断されている。この分断により、農村からの出稼ぎ労働者は、社会的に不利な待遇を受けている。○ その結果、所得格差の拡大や、都市...

2013年9月17日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

消費市場としてのインドネシア・フィリピンの評価~現地調査を踏まえて成長性と課題を探る~

...直接投資増加に伴う製造業・サービス業の雇用拡大、首都圏を中心とする都市化の進展や近代流通業の拡大などの要因が市場拡大を促している。◆ フィリピンでは、ITアウトソース産業の発展に伴うサービス業の雇用拡大と在外労働者の送金増加、首都圏の拡大や近代流通業の拡大が市場拡大を促している。◆ 両国のインフラ、投資環境は改善余地が大きく、インドネシアでは首都圏整備と地方開発、フィリピンでは製造業振興による国内雇用の拡大が今後の課題といえよう。アジア調査部 主任研究員03-3591- 13 7 5酒向浩二k o j i. s a k o...

2014年6月24日みずほ総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資海外

調整局面を迎えた中国不動産市場~住宅市場の調整による経済への影響と今後の展望~

...みずほインサイトアジア2014 年 6 月 24 日調整局面を迎えた中国不動産市場アジア調査部中国室主任研究員住宅市場の調整による経済への影響と今後の展望03-3591-1376三浦祐介yusuke.miura@mizuho-ri.co.jp○ 中国の住宅市場は、住宅在庫の積み上がりや住宅価格抑制策、将来の値下がり等を期待した買い控え拡大等を背景に、2014年に入り本格的に調整局面を迎えつつある○ 住宅市況の悪化は、実体経済と金融の両面から企業、家計、地方政府、銀行...

2014年5月30日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ中国経済情報]2014年5月号

...号から掲載を停止いたします。重要政策については、2014年5月から刊行を開始した「みずほ中国政策ブリーフィング」をご覧ください。2014年 5月 3 0 日発行アジア調査部中国室研究員 玉井芳野03-3591-1367 yoshino.tamai@mizuh o-ri.co.j p●当レポートは情報提供のみを目的として作成されたものであり、商品の勧誘を目的としたものではありません。本資料は、当社が信頼できると判断した各種データに基づき作成されておりますが、その正確性、確実性を保証するものではありません。また、本資...

2014年2月6日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

「小城鎮」重視の中国都市化政策~狙いは農村地域の所得向上や生活改善~

...みずほインサイトアジア2014 年 2 月 6 日「小城鎮」重視の中国都市化政策アジア調査部中国室研究員狙いは農村地域の所得向上や生活改善03-3591-1384劉家敏jiamin.liu@mizuho-ri.co.jp○ 中国政府が本格実施の構えをみせている新たな都市化政策では、工商業が比較的発達した農村地域の末端行政区画である「建制鎮」を中心とする「小城鎮」の発展が重視される予定○ 現地に合った多様な発展モデルの採用、「小城鎮」内での都市・農村...

2015年2月23日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ASEAN市場統合を睨んで周辺国との経済関係を深めるタイ

...みずほインサイトアジア2015 年 2 月 23 日ASEAN 市場統合を睨んで周辺国との経済関係を深めるタイアジア調査部上席主任研究員酒向浩二03-3591-1375koji.sako@mizuho-ri.co.jp○ カンボジア、ラオス、ミャンマー(CLM)では、2015年末のASEAN経済共同体(AEC)発足に向けて関税撤廃が進んでおり、隣接するタイはCLM市場を取り込むべく経済関係強化を図っている○ 具体的には、貿易円滑化の取り組みを通じて対CLM輸出の拡大を促進しているほか、政府...

2013年9月4日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

通貨防衛に追われるインド~防衛のための金融・財政引き締めで景気は停滞~

...みずほインサイトアジア2013 年 9 月 4 日通貨防衛に追われるインドアジア調査部主任研究員防衛のための金融・財政引き締めで景気は停滞+65-6304-1935小林公司koji.kobayashi@mizuho-cb.com○ 米国のQE3が縮小されるとの観測から、経常赤字国インドのルピーが下落。8月は連日のように史上最安値更新。○ 今後もルピー相場の下落圧力は続く公算。外貨準備が枯渇する国際収支危機のリスクは限定的だが、インフレや財政悪化、外貨...

2015年1月28日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

2015年の中国のマクロ経済運営~景気下支えを強めつつ成長率を+7.0%前後に誘導~

...みずほインサイトアジア2015 年 1 月 28 日2015 年の中国のマクロ経済運営アジア調査部中国室長景気下支えを強めつつ成長率を+7.0%前後に誘導03-3591-1378伊藤信悟shingo.ito@mizuho-ri.co.jp○ 2014年の中国の実質GDP成長率は前年比+7.4%。中国政府は、財政・金融政策による景気下支えを図りつつ、「+7.5%前後」という成長率目標を達成することに成功した○ 2015年の成長率目標は、過剰...

2014年3月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

ASEAN観光客誘致策の日韓比較~観光客の満足度を高める取り組みが鍵~

...みずほインサイトアジア2014 年 3 月 19 日ASEAN 観光客誘致策の日韓比較みずほ総合研究所調査本部観光客の満足度を高める取り組みが鍵アジア調査部03-3591-1385○ 四季や文化などで日本と似通った特徴を持つ韓国では、長年にわたる政府のインバウンド誘致策や対外文化発信等が奏功し、2000年代後半以降、継続的にASEANからの観光客数が増加した○ 日本もビザ緩和のほか、クール・ジャパン戦略と連携した観光客誘致を展開中。今後は訪日した観光客の満足度を高め、効率...

2014年2月14日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

生産拠点化が進むカンボジア~投資環境整備でミャンマーに先行~

...みずほインサイトアジア2014 年 2 月 14 日生産拠点化が進むカンボジアアジア調査部主任研究員投資環境整備でミャンマーに先行+65-6304-1935小林公司koji.kobayashi@mizuho-cb.com○ 近年、新たな生産拠点として、カンボジアは日本からの直接投資を引き付けている。低賃金だけでなく、豊富な工業団地、容易な周辺国へのアクセス、緩やかな外資規制が誘引となっている○ 現状では、人件費が上昇した中国から生産拠点を分散させるチャイナ・プラ...

2013年2月6日みずほ総合研究所フィードバック数:2社会/政治

堅調続く日本の対ベトナム投資~インフラが整い現実的な投資先としての魅力高まる~

...みずほインサイトアジア2013 年 2 月 5 日堅調続く日本の対ベトナム投資アジア調査部主任研究員インフラが整い現実的な投資先としての魅力高まる03-3591-1375酒向浩二koji.sako@mizuho-ri.co.jp○ ベトナムは近年、成長率の減速が続いて世界からの対内直接投資が伸び悩んでいるにも拘わらず、日本からの投資は増加している○ 背景には、日本のODAなどによってインフラが港湾を中心に改善して輸出拠点としての魅力が高まったこと、平均年齢28歳と...

2014年6月24日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

期待が先走るモディノミクス~インド新政権の改革に多くのハードル~

...みずほインサイトアジア2014 年 6 月 23 日期待が先走るモディノミクスアジア調査部主任研究員インド新政権の改革に多くのハードル03-3591-1379小林公司koji.kobayashi@mizuho-ri.co.jp○ インドでは、5月開票の下院総選挙で最大野党が大勝、30年ぶりに単独過半数を有する安定政権が成立。弱体な前政権の下で悪化した経済を、強力な新政権が改革によって立て直すとの期待が高揚○ 新政権のマニフェストは改革志向だが、具体策の多くはこれから。また、上院...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:6ビジネス

平成23年度創業・起業支援事業,起業家精神に関する調査報告書

...て一定の経済力を超えた国では先進国では生活のためというよりも事業機会を活かすために起業する傾向が強くなることを示唆する(事業機会型企業)。各国の経済力を勘案して、要素主導型経済(Factor-Driven Economics:8 カ国)、効率主導型経済(Efficiency-Driven Economics:24 カ国)、イノベーション主導型経済(Innovation-Driven Economics:23 カ国)の 3 つの経済圏に分類した 1。表1は地域別・経済圏別に調査国をまとめたものである。表1アフリカ中東中南米東欧アジア調査対象国要素主導型効率主導型アルジェリア、ナイジェリ 南ア...

2013年8月1日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治海外

新興国に矛先を向ける中国の輸出振興政策~2012年度商務部研究院委託調査~

...国のなかでもまず優先されているは近隣諸国であり、FTAや国境付近の交易会を通じたアジアやロシア・CIS向け輸出拡大は、中国にとって地方経済活性化という狙いもある。◆ 中国は、先進国との競合が少ないという認識の下、アフリカなども重点市場と据えており、鉱物資源などの輸入の対価を人民元で支払い、アフリカ諸国の人民元建対中輸入を促進している。◆ 中国と新興国との間には貿易摩擦が生じているが、輸入拡大を図ると共に、輸出から現地生産へのシフトによって摩擦を回避し、新興国とのWin-Win関係の構築を目指すとしている。アジア調査部 主任研究員03-3591...

2015年7月1日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[みずほリサーチ]2015年7月号

...慎重に䊚䊞䊮䊙䊷㪈㪉㪅㪌㩼ビジネス展開を進める状況が続きそうだ。䊐䉞䊥䊏䊮㪈㪉㪅㪌㩼䉟䊮䊄䊈䉲䉝㪈㪉㪅㪌㩼(注)図表5でASEAN域内の他の地域・第三国への移転を実施・検討すると回答した企業の移転先(資料)みずほ総合研究所「アジアビジネスに関するアンケート調査」●図表7 AEC発足が、ASEAN拠点の収益に好影響を与えるかその他1.4%大きな影響がある17.3%みずほ総合研究所 アジア調査部上席主任研究員 酒向浩二koji.sako@mizuho-ri.co.jp●図表8 中国ビジネス上の懸念材料となる事象     (複数回答)80.178.0人件費の上昇67...

2014年10月29日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ中国経済情報]2014年10月号

...の中国経済の減速が構造的要因によるところが大きいとの認識を示し、持続的成長の実現にむけて難度の高い改革に取り組む必要があることを周知徹底するため。2014年 10月 2 9日発行アジア調査部中国室エコノミスト 玉井芳野03-3591-1367yoshin o.tamai@m izuho-ri. co.jp●当レポートは情報提供のみを目的として作成されたものであり、商品の勧誘を目的としたものではありません。本資料は、当社が信頼できると判断した各種データに基づき作成されておりますが、その正確性、確実性を保証するものではありません。また、本資...

2013年11月12日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

12年下期以降の対中・ASEAN投資~加速し始めた日本企業のチャイナ・プラスワン戦略~

...みずほインサイトアジア2013 年 11 月 11 日12 年下期以降の対中・ASEAN 投資アジア調査部主任研究員加速し始めた日本企業のチャイナ・プラスワン戦略03-3591-1375酒向浩二koji.sako@mizuho-ri.co.jp○ 中国における人件費の上昇に2012年下期以降の日中関係の緊張が重なり、日本企業は中国に替わる投資先としてASEANを選好するようになっており、大企業に比べて特に中小企業でその傾向が強い○ 業種別にみると、「精密機械」ではタイ・ベトナム、「電気...

2013年5月1日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ中国経済情報]2013年4月号

...月下旬に住宅市場コントロール策の継続を決定。その一環として、3月初頭に住宅投機抑制策の強化を発表。さらに3月末~4月初旬にかけては35都市が細則を発表。◆ 細則実施前に駆け込み需要が発生し、大都市を中心に住宅販売が過熱したが、4月以降は低水準で推移。◆ ただし、今回の政策は住宅取得難という構造問題への対応といった性格が強いため、コントロール策はしばらく継続されるだろう。2013年 4月 3 0 日発行アジア調査部中国室研究員 玉井芳野03-3591-1367 yoshino.tamai@mizuh...

2015年3月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

AEC下で進む関税撤廃によるベトナムの輸出入への影響

...みずほインサイトアジア2015 年 3 月 20 日AEC 下で進む関税撤廃によるベトナムの輸出入への影響アジア調査部研究員中村拓真03-3591-1414takuma.nakamura@mizuho-ri.co.jp○ AECの下、ベトナムを含むASEAN後発国の関税が2018年までに全て撤廃される。ベトナムにとっては、他の後発国向けの輸出増加が期待される一方、対ASEAN輸入の増加が予想される○ 関税撤廃は基本的にベトナムの貿易収支を悪化させるとみられるが、悪化の程度に関しては、高関...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ