「アジア開発」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年11月10日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

世界の社会インフラ投資におけるICT需要の中長期予測 2014

...機関(世界銀行、OECD、国連開発計画、アジア開発銀行/アジア開発銀行研究所、IEA、WHO、国交省、経産省、総務省など)、建設業者/エンジニアリング企業、商社、重電メーカー、通信事業者、IT事業者/SIer、水関連事業者、社会インフラにおけるコンサルティング事業者等3.調査方法:当社専門研究員による文献調査をベースに、国内事業者・公的機関に関しては直接面談、電話・e-mailによるヒアリング調査を併用<世界の社会インフラ投資におけるICT(Information Communication...

2013年5月7日中央調査社フィードバック数:1社会/政治

第643回 時事世論調査 〔2013年3月結果〕

...断。安倍内閣は、次期日銀総裁候補に元財務官の黒田東彦(はるひこ)アジア開発銀行総裁を提示し、同氏は2年めどに物価2%上昇の所信を表明。安倍政権の経済政策への期待と評価が影響したと見られる。調査は全国の成人男女2,000人を対象に、個別面接聴取法で3月8日から11日に実施。有効回収(率)は1,276(63.8%)だった。政党支持率は、自民党は前月比1.7ポイント増の28.2%で第1次安倍内閣の初回調査(06年10月)の29.3%に次ぐ。公明党は4.3%と1.0ポイント増に対し、民主党は1.3ポイ...

2012年7月17日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)新興国における供給ショックの国際波及

...敏隆氏をはじめとする日本銀行のスタッフからコメントを頂いた。記して感謝の意を表したい。ただし、ありうべき誤りは筆者らに属する。本稿で示されている見解は、日本銀行、調査統計局およびアジア開発銀行研究所の公式見解を示すものではない。元・調査統計局アジア開発銀行研究所 E-mail : mkawai@adbi.org元・調査統計局 E-mail : naohisa.hirakata@boj.or.jp 日本銀行から日本銀行ワーキングペーパーシリーズは、日本銀行員および外部研究者の研究成果をとりまとめたもので、内外の研究機関、研究...

ラオス経済の現状と今後の展望~ 発展のビッグ・チャンスを迎える内陸国ラオス ~

...より人件費の安いラオスに対する日本企業の関心が急速に高まっている。○ラオスでは、ADB(アジア開発銀行)や日本からの援助によって、ベトナムやタイと結ぶ道路や橋梁などが次々に完成し、これによる物流事情の改善を受けて、工業団地の整備も進んでいる。こうした状況を追い風に、ラオスは、今、製造業関連の外資誘致を拡大させ、経済成長を加速させるチャンスを迎えている。...

2014年11月16日経済産業研究所★フィードバック数:0社会/政治

日中経済についてのセミナー資料です。

日中経済関係の課題と今後の展開

...大学公共政策大学院特任教授 / 日本銀行参与)パネリスト:若杉 隆平 (RIETIシニアリサーチアドバイザー・プログラムディレクター・ファカルティフェロー / 学習院大学特別客員教授 / 京都大学名誉教授)モデレータ:中島 厚志 (RIETI理事長)配付資料河合 正弘氏 プロフィール1971年東京大学経済学部卒業、1978年米スタンフォード大学経済学博士号取得。米ジョンズホプキンス大学や東京大学で教鞭をとる。その間、世界銀行東アジア地域チーフエコノミスト、財務省副財務官、同財務総合政策研究所長を務める。2005年からアジア開発...

拡大や多様化が期待されるアジア社債市場

...~20年のインフラ需要が約8兆米ドルとみられていること(アジア開発銀行の予想)などもあり、今後、広範な分野で資金需要が大きく高まる見通しです。なお、アジアでの企業の資金調達においては従来、銀行融資への依存度が高かったものの、世界的な金融危機の後、国際的に展開する銀行に対して自己資本規制が強化されていることなどを背景に、融資のハードルが上がっていることもあり、拡大する資金ニーズを満たす上で、社債の重要性が高まると考えられます。米国の量的緩和の縮小が進む中、新興...

「一帯一路」構想による経済波及効果が期待される中国

...を活用し、鉄道やエネルギー、建築、通信設備といった分野の輸出を促進させるとともに、域内貿易の活性化を後押しするため、自由貿易協定(FTA)の締結を進める方針を明らかにしています。なお、中国のシルクロード経済圏との年間貿易額は約10年で2倍以上になると期待されています。中国は、「一帯一路」構想に伴なうインフラ開発を資金面で支援するため、昨年末に約4.5兆円のシルクロード基金を独自に創設し、4月には初めての案件としてパキスタンの水力発電所の建設に投資すると発表しました。また、世界銀行やアジア開発銀行(ADB...

2013年10月11日大和総研フィードバック数:0ライフスタイル海外

アセアン諸国のコメ生産と、ポストハーベスト・ロス対策への期待

...は異なれ水田に育つ稲を見かけては日本の農村風景を思い出し、日本がアジアの一部であることを感じた経験を持つ方も多いと思う。そこで今回は、アジア地域のコメ生産・流通の現場において研究が進むポストハーベスト・ロスという課題を紹介する。まず、アセアン諸国におけるコメの生産状況について触れる。ADB(アジア開発銀行)の調査によれば、2011年、世界のコメ生産量は約7億2,200万トンに達し、1970年の約3億1,600万トンから約2.3倍にまで増加した。その中でアセアン諸国は、作付面積、面積当たり収量ともに世界平均を上回る成長を遂げた結果、生産量は1970年の約6...

2014年8月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

密かに活況を呈するネパールの証券市場とその課題

...により複数の証券会社(ブローカー)がNEPSEにて取引を行う仕組みが確立し、現代的な証券市場の構造が整った。上の図表はNEPSE設立後の、売買代金の推移を示したものである。NEPSEにおいては、2007年に至るまで、ブローカーが一堂に会するフロアで売買が成立する伝統的な市場運営がなされてきた。しかしながら、2000年代半ばから顕著となった市場の拡大に伴って取引効率の向上が課題となり、アジア開発銀行(ADB)の支援によって英国製の電子取引システムが導入された経緯がある。売買...

2013年3月14日大和総研フィードバック数:6社会/政治

ODAに期待される役割とは

...の長期円借款を新規に供与、②2003年4月以降に返済期日が到来した債務(元利合計1,274億円)については免除手続を再開する措置を実施している。①で新規に供与された「社会経済開発支援借款」は、ミャンマーの各種改革と経済成長の基盤強化を支援するプログラム・ローンであり、両国共同でモニタリングを継続する予定である。同月の世界銀行やアジア開発銀行、パリクラブのミャンマー延滞債務問題の解消を受けて、わが国政府は今年度中に500億円規模の円借款を新規に実行する見込みである。これはヤンゴン近郊に建設予定の「ティラワ経済特区」周辺...

2014年10月16日大和総研★フィードバック数:0社会/政治海外

ミャンマーの人口です。

ミャンマーで30年ぶりの人口センサス実施

..., 2014年10月1日閲覧)、国際連合の2010年推計値は5,193万人(Population Division of the Department of Economic and Social Affairs of the United Nations Secretariat, World Population Prospects: The 2012 Revision, 2014年10月1日閲覧)、アジア開発銀行の2013年推計値は6,160万人(Asia Development Bank, Key...

2013年5月27日第一生命保険★フィードバック数:0社会/政治

注目の高まるASEAN経済についてのレポートです。

アジアの経済成長の重心はASEANにシフト ~当面は域内主要国がけん引するも、中長期的には後発組の成長にも期待~

...低所得国であるカンボジアやミャンマー、低位中所得国のラオスやベトナムなど、域内において経済成長の度合いが相対的に遅れている国々の経済成長がけん引役になると期待される。これらの国々はインドシナ半島で隣接するなど距離的に近いことに加えて、ベトナムは向こう 10 年程度で人口が1億人を突破すると見込まれ、ミャンマーも 6000 万人を超える人口を擁するなど、比較的人口規模が大きいことも魅力である。さらに、ASEAN共同体の設立を支えるべく、日本やADB(アジア開発銀行)はインドシナ半島をまたぐ形でインフラ整備を進めており、タイ...

2015年4月8日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

用意周到さを示したインド準備銀 ~米利上げに対応の一方、追加利下げ実現の可能性を探る姿勢~

...自体に対しては依然として内容や計算方法などに関する不透明さは残るものの、足下ではADB(アジア開発銀行)をはじめとする国際機関なども同国の経済成長率の見通しを新基準に併せる形で上方修正しており、同国経済に対する見方は変わりつつある。さ(出所)CEIC, 政府資料より第一生命経済研究所作成。年度ベースらに、国内の石油消費量の約7割を輸入に依存する同国にとり、昨年後半以降の原油安によるインフレ圧力の後退や輸入鈍化は長年に亘って同国経済の懸案事項となってきたインフレ率の低下や巨額の経常赤字の縮小といった好影響をもたらしており、外部環境の変化という「棚ぼた」的な...

2013年10月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

東南アジアの行方と日本の関わり方 ~混乱再燃の可能性は残るが、中長期を見据えた関係構築の重要性は不変~

...アジアでは、日本やADB(アジア開発銀行)などが中心となりインフラ投資や投資環境整備の支援を行う取り組みが進んでおり、インドシナ半島などではこれを土台に「共同体」が進む動きもみられる。目下のところ、日本国内では「脱デフレ」への取り組みが最重要課題になっているが、中長期的な成長が期待されるアジア新興国との関係深化も成長戦略の重要なテーマになろう。東南アジア・南アジア諸国の経済成長を促す支援は日本経済の成長にも資すると見込まれ、その点で日本が協力可能な分野はまだまだ大きいと言えよう。以上...

ASEAN経済共同体に向けての作業進展状況 -第46回ASEAN経済大臣会議文書から-

... Ministry for Economic Cooperation and Development)、アジア開発銀行、世界銀行、IMF、東アジアASEAN経済研究センター(ERIA)があげられ感謝の意が表明されているが、日本への言及はない。1. The 46th ASEAN ECONOMIC MINISTERS’ (AEM) MEETING JOINT MDEIA STATEMENTKEY OUTCOMES OF THE 12TH AEC COUNCIL MEETING, 46TH ASEAN...

インドネシアにおける鉱石輸出禁止政策の動向(その3)-鉱物資源高付加価値義務化の概要-

...ドネシア中央銀行)。2 IMF統計による。3 Asian Development Outlook 2014 Supplement, アジア開発銀行, 2014年7月4 鉛・亜鉛精鉱と鉄精鉱については、現地企業がFCX社よりも早い2014年7月18日に政府と合意し、輸出を再開した。 おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レ...

2014年4月25日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

海外 経済指標予測とイベント予定(2014年4月28日~5月4日)

...しは予告なく変更されることがあります。また、記載された内容は、第一生命ないしはその関連会社の投資方針と常に整合的であるとは限りません。2発表日(日本時間)5.2当社予想イベント(経済指標、講演、等)コンセンサス、市場予想レンジ前月値(前回値)前回値)アジア開発銀行(ADB)総会(カザフスタン・アスタナ)(~5 日)(金)16:45 (伊)4 月PMI製造業52.6 - -52.416:50 (仏)4 月PMI製造業(確定値)50.9 - -50.916:55 (独)4 月PMI製造業(確定値)54.2 - -54.217:00...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度アジア産業基盤強化等事業(アジアものづくり生産性向上のための基礎調査),成果報告書

...書籍を調査した。② (現地国文献)新聞などの他、現地語による政府刊行物、政府、企業のホームページ、英語によるアジア開発銀行などの刊行物、ホームページを調査した。2) アンケート調査① 国内アンケート調査対象国において生産拠点を保持し、事業展開している日系企業を対象にし、地場の産業インフラ、製造実態、製造技術水準、人材の質及び資金環流などに関わる事項、生産性向上のために実施した施策を現地国で展開した事例などについて調査した。② 海外アンケート調査調査対象国の政府、大学、企業を対象に、例え...

2014年4月16日経済産業省フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

平成24年度アジア域内の知識経済化のためのIT活用等支援事業(ASEANスキームを活用した東南アジア情報セキュリティ機関構築プロジェクトに向けた事前調査)調査報告書

...な共通の枠組み及びミニマムスタンダードの策定により、ネットワークの統合、情報セキュリティ、データ保護、コンピュータ緊急対応チーム協力の促進を図る、としている。MPAC は、アジア開発銀行(Asian Development Bank)、東アジア・ASEAN 経済研究センター(Economic Research Institute for ASEAN and East Asia(ERIA))、東アジア経済研究所、アジア太平洋経済社会委員会(UN Economic and Social Commission for Asiaand...

2015年4月21日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度内外一体の経済成長戦略構築のための国際経済調査事業(ミャンマー産業化促進支援総合開発計画調査) 報告書(日本語版)

...後はほぼ横ばいで推移していく見通しとなっている。なお、1983 年以来 31 年ぶりにミャンマーで実施された 2014 年国勢調査では、総人口は約 5,100 万人(暫定値)と公表された。従来の推計よりも大幅に下方修正となる結果であり(国際通貨基金やアジア開発銀行は 6,100 万人~6,400 万人と推計していた)、この結果を踏まえ、各国際機関の予測も見直されていくことが予想されるため、留意する必要がある。120,000Population(Thousands)100,000Myanmar80,000ThailandVietnam60...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

平成23年度地球環境適応型・本邦技術活用型産業物流インフラ整備事業,円借款・民活インフラ案件形成等調査,インドネシア・スンダ海峡大橋・地域開発計画調査報告書(和文)

... General of RailwaysDirectorate General of Sea TransportationDesignated National Authority-CleanDevelopment MechanismBPNBPPTDGRDGSTDNA-CDM略-1日本語訳アジア開発銀行環境影響評価環境影響分析(EIA の一部)エアスピニング(吊橋の平行線ケーブルの架設工法の一つ)インドネシア環境管理庁(2000 年に廃止、BPLHD に移管)イン...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ