「アップサイド」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2013年9月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治

新興国マンスリー(2013年9月)「新興国通貨不安」は収束へ

...大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 新興国マンスリー(2013年9月)「新興国通貨不安」は収束へ~アップサイドリスクも~ ◆米国の量的金融緩和の巻き戻しは、同国経済の好転という実体的裏づけを伴いながら、数年に亘って行われる。その間、最近見られるリスク・オフが継続するのであれば、いずれ少なからぬ新興国が外貨の流動性危機に見舞われることになろう。しかし一方、米国の景気回復は市場にリスク・オンへの転換を促す要因である。今は...

2014年9月10日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Financial Trends リスクはアップサイド

...Financial Trendsリスクはアップサイド2014年9月9日(火)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-4523・米エコノミック・サプライズ指数が久方振りに明確なプラス圏に浮上。米経済のアップサイドリスクに反応し易いUSD/JPYや日本株の上昇を見込む向きにとって非常に心地良い状態と言える。エコノミックサプライズ指数が示すとおり米経済のリスクは上向きと判断され、それを織り込む格好で日本株は米株をアウトパフォームしつつ上伸、USD/JPYはコンセンサス(4Q...

2015年2月11日大和総研★★フィードバック数:0社会/政治

大和総研のレポートです。

日本経済見通し(2015-2024年度)

...でほぼ同時期に日本の金融緩和に技術的限界が見えてくる可能性が高い。こうした変化を受けて円安トレンドが終息することをメインシナリオとしている。◆アップサイドリスクとして、円安によりデフレ脱却の達成が見えてくる可能性がある。円安を継続することで円高期待を反転させつつ、水準としての円安をさらに進展させることで国際競争力を回復させ、同時に賃金上昇の慣性を取り戻すことで、「国際競争力悪化、賃金低下、円高」の悪循環を「国際競争力改善、賃金上昇、円安」の好循環に反転させる可能性に期待したい。◆名目GDP比の基礎的収支赤字を2015年度までに2010年度...

2015年2月12日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

大きなトピックの影響を見ています。

円安・原油安・法人税改正・消費税増税延期が日本経済に与える影響を検証する

...ではこれらの変化が日本経済に与える影響について議論するとともに、リスクシナリオを検討する。◆円安の効果に対する過度の期待は禁物である。国際化に伴う構造変化により「Jカーブ効果」は期待しがたい。結果として円安が国内景気に与えるプラスの影響も大きく低下している。またマクロでの「国内回帰」も、国際的な賃金水準が収斂するほどの円安が達成されない限りは期待しがたいだろう。ただしアップサイドリスクとして、円安の継続が中期的にデフレ均衡からの脱却を演出する可能性には一定の注意が必要である。◆原油価格の低下は日本経済全体で見た企業収益率の改善を通じて企業所得を改善する。企業...

2014年2月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Financial Trends 復帰予定は4月

...らは消費税率引上げの影響が市場のテーマとなりそうだが、それは既に織り込み済みと考えられる。ダウンサイドリスクは限定的だろう。寧ろ消費の落ち込みが想定以下だった場合のアップサイドリスクに注目したい。当社日本経済担当の大塚エコノミストは「公務員の給与削減措置終了が民間企業におけるベア以上のインパクトを持つ」と指摘した上で、それが消費を下支えすると言及している。消費が予想外の底堅さをみせれば、15年10月に予定されている消費税率引上げ第二弾に対する警戒も和らぎ、投資家センチメントは改善しよう。詳細は2/20付けEconomic Trends「公務...

2014年1月17日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

2014年のリスクシナリオ、死角は内外政治要因

...より、アベノミクスは円安・株高に依存しているだけに、リスクは引き続き、米国の減速、円高回帰、株安だろう。足元、日本でも政治要因が急上昇してきた。東京都知事選挙で自民党が推薦する以外の候補者が選挙で勝てば、反アベノミクスとして市場にダメージが生じることもあるだろう。ここに挙げたリスク要因に相応の蓋然性があるが、今年のリスクを考えるには、ダウンサイドだけでなく、過度な楽観による上振れリスクも重要ではないか。2000年代後半以降、グローバルな市場はリスク要因としてダウンサイドに注目してきたが、リスク要因にはアップサイド...

2015年2月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済中期予測(2015年2月)

...%と予測する。先進国間の方向感が異なる中、Fedの金融政策変更がもたらす影響は増幅される可能性がある。原油価格の急落が及ぼす影響は国・地域によって異なるが、世界経済全体としては押し上げ材料となろう。◆日米の金融政策の方向性の差異は当面、為替レートに円安圧力をもたらすだろう。しかし2018年頃に米国の金融引締めは一服し、他方でほぼ同時期に日本の金融緩和に技術的限界が見えてくる。結果として円安トレンドが終息すると想定している。◆アップサイドリスクとして、円安...

2015年2月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 4・7・10・なし(日銀追加緩和)

...ち込みを取り戻してなお余りある増加を示した(市場予想:+1.5%)。国内(+4.8%)、海外(+3.4%)がともに好調。財別では消費財(▲0.6%)が伸びを欠いた反面、資本財(+5.7%)、中間財(+2.8%)が強かった。この好調な結果は既発表のサーベイ指標が示唆していたことだが、改めて実体経済の再加速を裏付ける内容だ。本日発表の鉱工業生産もリスクはアップサイドにある。110WTI115独 製造業受注・製造業生産製造業受注10011090105807010060製造業生産9550904014/0714/09(備考)Thomson...

2013年10月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

Global Market Outlook そして、あのスペインも帰ってくる。あとは米経済の本格復帰を待つのみ

... Reuterにより作成。【注目点】13(年)新規受注在庫ギャップ(右)1112(備考)Thomson Reuterにより作成。-1513(年)~そして、あのスペインも帰ってくる。あとは米経済の本格復帰を待つのみ~市場は雇用統計の下振れというバッドニュースをグッドニュースに読み替えた。金融市場が悲観論に傾かずに余裕を見せるのは、FEDの金融緩和も去ることながら、欧州経済の持ち直しが大きいと筆者は考える。市場はアップサイドリスク増幅よりもダウンサイドリスク後退を好む。世界経済の13.5%(12年PPPベー...

2013年9月4日SMBC日興証券フィードバック数:0社会/政治

2013~2014年度の企業業績見通し

... がこのパスを辿った場合、2013 年度末には、予想 PER が 15 倍とすれば 1,300 ポイント超が視野に入ると見込まれる。2013 年度予想の確度が高まり、徐々に 2014 年度予想を織り込みに行く局面に移行すれば、日本株全体のアップサイドは依然大きいと判断している。SMBC NIKKO CAPITAL MARKETS LTDSMBC NIKKO SECURITIES AMERICA, INCSMBC日興証券株式会社SMBC日興...

2013年6月5日SMBC日興証券フィードバック数:1社会/政治

2013~2014年度の企業業績見通し

...に割高感はない。今期予想の確度が高まる、あるいは来期予想へと市場の目線が移るのであれば、日本株全体のアップサイドは依然大きいと判断している。また、NIKKO250 ベースの予想 ROEは 2013 年度予想基準で 8.4%、2014 年度基準で 9.7%に高まると予想され、その水準の PBR 上昇余地は大きいとみられる。NIKKO250 ベースの弊社業績予想を TOPIX に適用し、予想 EPS を計算すると、2013年度:75.2、2014 年度:87.6 となる。この予想が今後変化しないと仮定して、12 ヵ月...

東・南部アフリカの石油・天然ガス新興輸出国の展望

...数の有望構造を発見している。Tullow は Lokichar 堆油消費量は約8万2,000bbl/d(2011年推計、米エネルギー積盆地の推定資源量(gross mean resources)は約 6 億 bbl省)で、モンバサ製油所で原油を処理し不足分の石油製でさらに 1 7 億 bbl 以上のアップサイドポテンシャルがあ品を輸入しているが、同製油所は老朽化しているため石るとしている。ウガンダ同様 2 0 1 5 年末または 2 0 1 6 年油貯蔵ターミナルに改修し同国が加盟する東アフリカ共の投資決定を目指している。前述...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ