「アメリカEIA」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

プレゼン資料です。

日本を取り巻くLNG情勢と取引の流動性向上に向けた動き プレゼンテーション

...)6908501560900780890840360200450(→1800)1200525132013501650出所:各種情報を基にJOGMEC作成11日本のLNG輸入価格推移予測出所:原油価格予測は各機関および企業の発表値を参考に作成原油・LNG輸入価格実績は貿易統計を基に作成日本原油輸入価格予測値およびLNG価格予測値は筆者作成12北米産LNGの想定価格推移と予測出所:ヘンリーハブ価格実績及び予測値はアメリカEIAより作成想定LNG価格は液化コスト3ドル/MMBTU、輸送コスト3.5ドル/MMBTUとして試算13買い主は多様化を指向「多様化」・供給...

日本を取り巻くLNG情勢と取引の流動性向上へ向けた動き

...内のガス価格であるヘンリーハブ価格が指標になるとされており、これに液化コストや輸送費用が上乗せされる。ヘンリーハブ価格の動向はアメリカ EIA が予測を出しており、これに基づいて試算すると、こちらも 2016 年~2017 年局面での LNG 価格はやはり 11~12 ドル/MMBtu に収束することとなる。ただし、これらの価格見通しはあくまで現時点の環境を基にした試算価格であり、今後新たな契約の締結や買主・売主間の交渉、LNG を取り巻く環境の変化によって大きく変動する可能性がある。そして、何より現在、日本を初めてとする買主企業側が、より...

ヨーロッパのガス事情です。

欧州の天然ガス・LNG情勢を読む

...要因となっている。図 1 8 に、欧州地域のシェール層分布、表 3 にアメリカEIA が評価した欧州各国のシェール資源(ガス、オイル)の技術的回収可能量を示す。 EIA のレポートによると、欧州全体(ロ各国のシェール資源(ガス、オイル)の技術的回収表3 可能量シアを除く)としてのシェールガスの技術的回収可能資源量は 6 2 4Tcf であり、世界技術的回収可能量国名全体の技術的回収可能資源量 7,2 9 9Tcf のシェールガス(Tcf)シェールオイル(百万 bbl)約 9 %と見積もられている。各国...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ