調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > インドネシアベトナム

「インドネシアベトナム」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2017年2月10日総務省★★フィードバック数:0社会/政治

平成27年国勢調査 移動人口の男女・年齢等集計

...)男現住所▼韓国,朝鮮69.9中国33.8フィリピン33.1タイインドネシアベトナム25.49.522.76.038.29.368.216.9イギリス40.2アメリカ39.110.744.322.58.418.834.631.656.1その他 1)20.08.530.434.910.028.97.549.6ペルー6.173.828.2ブラジル18.6国外▼56.28.818.9他県▼36.214.014.2インド0.020.4自県内▼20.430.040.08.450.010.47.06.536...

2014年3月25日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度アジア産業基盤強化等事業(アジア地域における鉄鋼産業基盤戦略調査)報告書

...加盟を停止した。代わって、天然ガスは輸出余力があり、今後は海底ガス田由来の天然ガスが中心となっていくとみられるが、採掘コスト、メンテナンスコストが高く、安定供給には不安がある。ベトナムでは、かつて原油生産の7割を占めていた最大の Bach Ho 油田(1986 年商業生産開始)が、2002 年に日量 26 万バレルのピーク生産を達成した後、衰退期に入った。このため同国の原油生産は 2004 年をピークに減少傾向にある。1,400原油生産量(1,000バレル/日)1,2001,000インドタイマレーシアインドネシアベトナム...

2013年11月3日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

改善が際立つフィリピン経済~「アキノ改革」により高成長が続く見通し~

...ムーディーズがソブリン格付けを投資適格に引き上げた(図表2)。こうして、かつては「アジアの病人」とまで呼ばれたフィリピンに対する国際的な評価は高まっている。主要3機関はいずれも、格上げに至った要素として高い経済成長率を挙げるとともに、インフレが抑制されていることや経常収支が安定的に黒字を維持していることなどのマクロ経済の安定性を挙げている。図表 1図表 2各国の実質 GDP 成長率フィリピン7.5中国7.5主要 3 機関による格付け8Baa2BBB87BBB-BB+ 65.8インドネシアベトナム5.05Ba2BB- 44Ba33B14.4B+ 3...

2013年3月26日リクルート★フィードバック数:95キャリアとスキル

国際比較調査です。

Global Career Survey(20代、30代の大卒者入・転職実態調査)

...ドネシア(1.38)、マレーシア(1.34)と続く。反対にばらつきが小さいのは、日本(0.63)、韓国(0.74)。Box plot :箱の中の横線は中央値、箱の上線が75%値、下線が25%値、箱の中に年収の50%が入る■2011年の年収のBox plotと記述統計単位(US$)中国韓国インドタイマレーシア インドネシアベトナム日本サンプル数515523461488446458508581平均値(US$)15,68013,95222,29421,75010,7357,9616,1953,7817,4211...

2013年11月29日日本総研フィードバック数:0社会/政治

不安定な市場環境のもと、緩やかな回復が続く世界経済-米国で緩和的な金融環境が続くほか、中国も景気下振れ余地限定的

...新興国の貿易特化係数(%ポイント)2010年402011年302012年202013年310201▲10フィリピンタイ2012年↑競争力改善↓競争力低下▲20▲30(資料)各国統計、IMF(注1)2013年は直近値までの年率換算値。(注2)ベトナムの2010、2011年は未発表。ブラジルロシアアルゼンチンペルーチリコロンビア南アフリカインドマレーシア香港シンガポールインドネシアベトナムタイメキシコポーランドチェコフィリピントルコ韓国ハンガリー台湾マレーシアインドネシアミャンマーベトナム02005年(資料)IMF(注)貿易...

2015年3月12日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほアジア・オセアニア経済情報]2015年4月

...緩和策を実施する強まる国が増加している(図表 2)。アジア地域の政策金利は総じて相関が強い(図表 3)。この背景には①資源輸入国が多く国際市況の乱高下に国内物価が連動する、②製造業の輸出比率が高い国が多く為替による輸出競争力の維持を選図表 3政策金利の相関係数マトリックス中国韓国インドネシアベトナムインドタイマ レーシア台湾図表 4フィリピン中国韓国0.8インドネシア0.00.5ベトナム0.40.1 ▲ 0.3インド0.50.3 ▲ 0.10.3タイ0.50.80.70.10.5台湾0.80.90.40.00.40.7マ レーシア0...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ