調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > インバウンド観光客

「インバウンド観光客」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2015年2月4日メディアフラッグフィードバック数:0ビジネス

2014年度「業態別調査実施件数」報告

...ル店舗でのお客さまとのコミュニケーションを重視する姿勢を流通業全体が見せていると考えられます。※その他:出口調査、コンプライアンス調査など①飲食業態の伸長下記は特に前年比で増加幅の大きい飲食業態を更にカテゴライズした表です。特に、FF業態が飲食業態調査件数の約半数を占める結果となっております。外食から中食へのシフトが話題となっている昨今の世相を表す結果となりました。②インバウンド観光客への対応対前年で2番目に大きな伸びを示したのが「ホテル・旅行」。昨年実績で1300万人を超える観光客への対応への強化とも推測できる結果です。③業態を超えた競争近年CVSが商...

2015年5月31日国土交通省★フィードバック数:0企業情報システム

国交省のレポートです。

平成26年度「情報通信技術を活用した公共交通活性化に関する調査」報告書

...平成26年度「情報通信技術を活用した公共交通活性化に関する調査」報告書について 平成27年5月29日 活力ある地域社会の実現に向け、地域公共交通の活性化を図っていくためには、利用者の利用実態や、地域生活者又はインバウンド観光客の潜在的な移動ニーズをきめ細かに把握・分析し、公共交通サービスへ反映させることを通じて、新たな公共交通サービスの創出や公共交通の利便性向上を図っていくことが重要です。このため、本調査は、地方自治体や公共交通事業者が、公共...

2014年9月8日みずほ総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

オリンピック経済効果シリーズ(7)~訪日外国人の旅行消費増加~

...みずほインサイト日本経済2014 年 9 月 8 日オリンピック経済効果シリーズ⑦経済調査部エコノミスト訪日外国人の旅行消費増加03-3591-1242坂中弥生yayoi.sakanaka@mizuho-ri.co.jp○ 過去のオリンピック開催国では、オリンピック開催決定後インバウンド観光客数が増加する傾向にあり、東京オリンピック開催決定による訪日外客数押し上げ効果への期待が高まっている。○ 観光戦略が奏功したシドニーオリンピックの例を参考に試算すると、東京...

2015年8月12日関西福祉大学フィードバック数:0ライフスタイル

宗教施設における媒介蚊への対策とその可能性に関する調査

...衛生があげられています。この「いま既に存在し動いている仕組み」に対し、公的機関から正しい情報を提供することにより、リスクコミュニケーションの手段として活用できる可能性が考えられます。海外では、モスクの説法でMERS関連の情報提供が行われたり、メンタルヘルス分野でもスーダン・セネガル・ミャンマー等で宗教関係者の活用が行われています。■考察デング熱対策および国内発生が懸念されるチクングニヤ熱対策において、公園等と並んで神社仏閣教会等の宗教施設が重要となります。インバウンド観光客や国内旅行客、地元の人々が交わる一方で、その...

2014年1月24日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[緊急リポート]アベノミクス1年間の評価は70点~ビジネス環境No.1に向けた10の政策提言~(概要版)

...効果」をいかに極大化させるかが重要・ みずほ総研の試算によれば、オリンピック開催による直接的な経済効果(生産誘発額)は2.5兆円○ ビジット・ジャパン・キャンペーン(注)開始後の増加トレンドに復帰し、さらにシドニーオリンピック開催時のオーストラリアと同程度のインバウンド観光客数の上ぶれが実現すれば、2020年には2,000万人超、2030年には政府目標の3,000万人超の訪日外客達成も視野に入る(注)ビジット・ジャパン・キャンペーン : 2003年より国土交通省が中心となって展開している、外国...

2013年12月10日リクルートフィードバック数:0マーケティング

2014年のトレンドキーワード

...の現場でも、訪日外国人へサービスを提供する機会が増えている。日本のインバウンド観光客数も2020年には現在の3倍の2500万人を見込んでおり、五輪決定を機にその傾向がますます高まることは必至。そんななか、現場のサービス業従事者では、自身の語学力を向上させることで、より行き届いた「おもてなし」をしたいという意向が強まっている。なんと、サービス業従事者の9割近くが、業務のために語学力をアップさせたいと考えている。ただ、業務に則したフレーズの習得を希望しているため、各職種ごとに希望する内容は全く異なる。そん...

2017年8月8日鹿児島銀行フィードバック数:0ビジネス

第148回 県内企業・業況調査

...%)などが挙げられた。11.今期の業況 ~改善今期の業 況 D.I.は▲4 となり、前期(▲10)から改善した(図表 1)。昨年の熊本地震の影響からの反動増や、香港等からのインバウンド観光客が伸びたことにより旅館・ホテル(前期 0→今期 50)は大幅に改善した(図表 2)。コンビニエンスストアが好調な、その他小売(同▲22→10)も大幅に改善、プラス圏内に浮上した。また、スマートフォン向け、自動車関連等の受注が上向いている電機・電子部品製造(同▲28→16)も大幅に改善、プラス圏内に浮上した。一方...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ