「インフレ指標」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

ECBの量的緩和で何が変わったか~自律的回復の芽生え、ギリシャ問題への耐性~

...、実際に買入れを開始してから2カ月半が経過した。ECBの資産買入れは、これまでのところ目標通りのペースで行われ、バランス・シートは「2年間で1兆ユーロ」という目標に向け着実に拡大している。量的緩和は、その前段階からユーロ安、長期金利低下、株高をもたらしたが、4月下旬以降、反転し、イールド・カーブは急激にベア・スティープ化した。基調変化の主な要因は、ユーロ圏の景気・インフレ指標の改善にある。1~3月期のユーロ圏は原油安、ユーロ安、低金利の恩恵で、停滞が続いた仏伊も含めて好転、インフレ率も4月に...

2014年8月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 4-6月期の失速は一時的

...成長率を前回予想の+2.9%から+3.1%へ、2015年を同+2.3%から+2.5%へ上方修正する。内需好調にもかかわらず、物価上昇圧力は今のところ限定的である。英中銀(BOE)は8月のインフレーション・レポートでその原因は平均賃金上昇率が抑制されているためとし、同指数を今後の注目指標とした。金融市場は利上げ開始時期が先送りされると受け止め、長短金利は急低下したが、実はBOEも英国の景気の強さと、賃金上昇率の低さの乖離をどう判断するべきか迷っていると見受けられる。今後の景気、インフレ指標...

物価動向です。

価格上昇品目数は増加も、『2%』までは距離―品目別動向から見る消費者物価の行方

...%の物価上昇目標を導入してから、約20ヵ月が経過した。同年4月に量的・質的金融緩和を導入した際に掲げた「2年程度」の目標達成期限へのカウントダウンが迫る中、消費者物価指数(生鮮食品を除く総合、消費税の影響を除く、以下コアCPI)前年比は14年4月の1.5%をピークに、それ以降は1%台前半の圏内で推移している 。 コアCPI上昇率は政策目標である2%を達成できるのだろうか。本稿では、品目別に見た価格上昇率の分布や、代替的なインフレ指標を通じて検証を行う。▼ポイント▼ ●コアCPIは1%台前...

2014年4月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治

為替レートと輸出価格についての教科書的記述は現実に当てはまるか

...スパイレス方式のため、連鎖方式のコアPCE(Personal Consumption Expenditure:個人消費支出)デフレーターに比べ上方バイアスが生じ、インフレ指標としては後者が用いられるのが一般である。(※4)物価変動の差も考慮した実質為替レートは、competitiveness「競争力」と呼ばれることもあるが、輸出や輸入の通貨建てなどは考慮されておらず、今回は使用していない。(※5)関連して、基軸通貨国だけが為替レートを1ドルいくら(米)、1ポンドいくら(英)といった形で表す慣例がある。 この...

2013年12月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

デフレトークは一旦お預け ~中長期的なデフレリスクは否定できず~

...下落やディスインフレは歓迎されるが、それこそがデフレの始まりとなる。既に2年以上も物価下落が続くギリシャはデフレに陥っていると言えるほか、他の危機国でも小売価格の値下げ事例が散見される。こうした状況が続けば、企業は売上低迷と利益率の圧迫に苦しみ、家計にはデフレマインドが定着する。今のところユーロ圏全体の期待インフレ率が下方屈折し、人々の間にデフレの意識が広がっている様子は見られない(図表5)。ただ、この類の期待インフレ指標は物価統計とほぼ一致して動く。日本でも期待インフレ指標...

2015年5月21日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

日銀は夏も乗り切る

...一服感がみられていることを反映し「ほとんどの参加者は物価上昇率が中長期的には委員会が目標とする2%に達するとの見方を維持している」との記載があったほか、「何人かの参加者は、一部統計によると、最新の月次ベースのインフレ指標はいくらか底堅さを増したことを示している」との指摘もあり、物価には強気な見通しが示されていた。今回の議事録の収穫は6月利上げの可能性がほぼ消滅したことだ。・MBAモーゲージ申請指数(新規購入)は前週比▲3.7%と2週連続で減少。2月下旬からの著しい伸びが一服した形だが、それでも水準はTapering騒動...

マーケットレター【米国雇用統計とFRBの金融政策】

...らも上振れの公算が大きく、FOMCでは最近の経済指標の好調が認識されるでしょう。一方で、インフレ指標としてFRB が注目する個人消費支出デフレータは前年同月比0.7%の上昇、変動の大きい食品・エネルギーを除いても同1.1%の上昇と、目標値の2%を大幅に下回っている現状で、「雇用の最大化」と「物価の安定」の二つの責務を負うFRBが、経済指標のさらなる改善を待つ余裕は十分にあります。<財政協議にも注目>9月FOMCで量的金融緩和の縮小を見送った要因の一つは財政協議の不透明感でした。実際、10月前...

2013年12月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook ・インフレ指標以外「データは揃った」(Tapering) ・“独”走状態(PMI)

...Global Market Outlook・インフレ指標以外「データは揃った」(Tapering) ・“独”走状態(PMI)2013年12月17日(火) 第一生命経済研究所 経済調査部 藤代 宏一15:07 現在 <主要株価指数> 日経平均株価 NYダウ DAX(独) FTSE100(英) CAC40(仏) 上海総合※ <外国為替>※ ドル円 ユーロドル <長期金利>※ 日本 米国 英国 ドイツ フランス イタリア スペイン <商品> NY原油 NY金 終値 15278.63 15,884...

2014年8月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 昨年の反省を生かしてUSD/JPY115予想を据え置く

...とのタイムラグを考慮すると実際に賃金上昇圧力が高まってからでは遅いとの主張から予防的措置として現段階の利上げを提案。それに対して7名は据え置きを主張。インフレ指標を精査する限りインフレ圧力が高まっているとの証拠は不十分で、労働市場のスラックがなお残存していることを重視。当社欧米担当(田中)は「次回物価レポートが公表される11月までに利上げを正当化する十分な証拠が集まると考えるのはやや困難」との見解。来年2月の利上げ開始を予想。【国内株式市場・経済指標他】~日PMI:ポジティブサプライズ~・日本株は米株高・USD/JPY上昇を受けて高寄り後、上値追い。・8月ロイター短観の製造業DIは+20と...

2014年1月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インドの金融政策改革案、準備銀は改革前進を示唆か ~金融政策の最重要課題に物価抑制を据える意思がうかがえる~

...生命経済研究所経済調査部が信ずるに足ると判断した情報に基づき作成していますが、その正確性、完全性に対する責任は負いません。見通しは予告なく変更されることがあります。また、記載された内容は、第一生命ないしはその関連会社の投資方針と常に整合的であるとは限りません。2/3開催出来る体制とするほか、金融政策の透明性や信頼度を高めるべく、会議の2週間後には検討内容を公開することを求めている。これらの実現に向けては体制移行を含むことから、準備銀が取り組むべき課題をフェーズ分けすることにより、具体的なロードマップを示すなど実現可能性を重視した内容とされている。 インドにおいてインフレ指標...

2015年1月16日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インド準備銀、先月の『約束』通り緊急利下げを決断 ~原油安は勢いを失いかけたインド経済の「光明」になりつつある~

...改善が進んだ場合には年明けにも定例以外でも金融政策を変更する可能性はある」と緊急利下げの実施に含みを持たせていた。今回の決定はその考えに沿ったものであり、今週発表された 12 月のインフレ指標がいずれも低下トレンドにあることに素直に反応したと考えられる。会合後に発表された声明(出所)CEIC, インド準備銀より第一生命経済研究所作成文では、「昨年後半以降のインフレ率が原油をはじめとする商品市況の下落で見通し以上に下振れした」との認識を示すとともに、「足下の内需の弱さもインフレ圧力の後退に繋がった 」との見方を示している。その上で、先月中旬のこととして「 政府...

2015年1月22日国際協力銀行フィードバック数:0社会/政治海外

ベネズエラの動向レポート(2014年12月1日~12月31日)

...ズエラを強制的にデフォルトに陥れる計画が実行されている」として、格付け会社を強く批判している。12013 年 4 月の大統領就任時の支持率は 55%。ベネズエラ中銀が 12 月 30 日に発表した経済指標によると、第 1 四半期、第 2 四半期、第 3 四半期の GDP 成長率がそれぞれ▲4.8%、▲4.9%、▲2.3%のマイナス成長。インフレ指標も 2014 年 8 月以来初めて公表され、2014 年 11 月時点のインフレ率(年率)が+63.6%まで悪化。単月では 9 月、10 月、11 月のインフレ率がそれぞれ+4.8%、+5.0%、+4.7...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ