調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > インフレ率加速

「インフレ率加速」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2015年6月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

懸念が一つ消え、また一つ消え、サマーラリーの準備が整いだす

...%、前年比+1.7%)が予想よりも弱かった。コアサービスが前月比+0.2%と伸びを欠き、コア財が▲0.1%と4ヶ月ぶりのマイナス。CPIの約40%を占める住居費は前月比+0.20%、前年比+1.9%とやや伸びが鈍化。もっとも住宅在庫が適正水準を下回るなか、既往の低空室率が解消されていないため家賃の上昇は続く見込み。それがインフレ率加速に寄与するだろう。・新規失業保険申請件数は26.7万件と前週(27.9万件)から減少、4週移動平均は27.7万件となった。今回発表分は6月雇用統計調査週に重なるが、5月時...

2014年7月10日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook ドル安予想は少数派に

...ニカル的にも三角持合を上放れるなど上昇基調が鮮明だ。FEDの長期均衡政策金利見通しの下方シフト(4.0%→3.75%)を受けて5年フォワード金利が低下する一方、FEDの政策金利見通し引き上げ(15年:1.00%→1.13%、16年:2.25%→2.50%)や最近のインフレ率加速を反映して2年周りが上昇。議論の余地が大きい5年フォワード金利の低下はともかく、2年金利の上昇は利上げまで2年を切ったことを象徴する。かかる状況下、低金利通貨(JPY,EUR,CHF)のショートポジション構築は何ら違和感のない戦略だ。米景気拡大が崩れない限り、金融...

2014年11月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

金融政策と長期金利の中期見通し ~リスクプレミアムを外生化したフィッシャー方程式による長期金利とマクロ変数予測~

...労働力率の上昇によって潜在成長率が高まる。しかし、潜在労働投入量の増加が進むため、家計の稼ぐ力も上昇する。これは日本経済が生み出す家計所得にプラスに作用し、需要側から見た GDP も押し上げる。その結果、実際の経済成長率も 2016 年度からメインシナリオを上回り始める。また、TFP の上昇も潜在成長率を押し上げる。これが需給ギャップを安定させることで、2017 年度以降のインフレ率加速を抑え込む。同時に失業率もメインシナリオを下回る。・ 潜在成長率が押し上げられる一方、実質 GDP も押し上げられるということは、GDP ギャ...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ