「ウエート」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

BofAメリルリンチファンドマネジャー調査:2014年の世界経済を巡るセンチメントは良好

...査開始以来最多となりました。債券より株式を選好する傾向は依然高い水準にあります。12月の調査では、株式の「オーバーウエート」と債券の「アンダーウエート」の差が118%ポイントに達しました。1年前は76%ポイント、2012年7月はわずか19%ポイントでした。また、投資家は欧州と日本を強く選好している様子が浮かび上がりました。グローバル投資家の間では、この1ヵ月間に日本株とユーロ株の「オーバーウエート」が増加し、配分の一段の上積みに意欲的であることが示唆されました。一方、これ...

BofAメリルリンチファンドマネジャー調査:2014年の経済成長を巡る楽観論が強まり続ける

...ルリンチ日本証券 広報部03 6225 7550BofAメリルリンチファンドマネジャー調査:2014年の経済成長を巡る楽観論が強まり続ける割高感の強まりをよそに株式をオーバーウエート[ニューヨーク/ロンドン、2014年1月21日] – バンクオブアメリカ・メリルリンチが発表した1月のファンドマネジャー調査によれば、2014年に入り、投資家は世界経済の先行きへの楽観的な見方をますます強めています。楽観論の強まりは主として米国に対して顕著となっていますが、欧州に対する見方でも目立ってきました。世界経済は今年、「強く...

BofAメリルリンチファンドマネジャー調査:米国の量的緩和終了が迫る中、金融政策への懸念が広がる

...来の低水準となりました。新興国リスクとともに金融政策リスクを意識する投資家が増えました。こうした状況を受け、投資家はより高リスクのエクスポージャーの縮小に動いています。平均キャッシュ比率が4.9%に上昇する一方、投資スパンが短縮化し、株式を「 オーバーウエート」とする回答者が急減しました(前月比で差し引き13%ポイントの減少)。一方で、コモディティの「アンダーウエート」が増加し、エネルギーや素材など、コモディティの動きに敏感なセクターの配分が大きく修正され、差し引きで「アンダーウエート」となりました。回答...

BofAメリルリンチファンドマネジャー調査:米国債務問題の決着を受け、世界経済の成長期待が回復

...拡大の好循環)に達する呼び水となる可能性が最も高い要因について尋ねたところ、G7諸国の銀行貸出の伸び(31%)という回答が最も多く、次いで中国およびアジア諸国の経済加速(26%)という結果になりました。投資家は11月に株式の配分を若干増やし、差し引き52%が株式を「オーバーウエート」としました。一方、債券の「アンダーウエート」も増加しました。最も大きな変化はグローバル新興国株への配分の増加で、グローバル新興国株は差し引きで「オーバーウエート」に再び転じました。これに対し、ユーロ圏株と日本株の大幅な「オーバーウエート...

BofAメリルリンチファンドマネジャー調査:利上げとギリシャのユーロ圏離脱を巡る懸念を背景に「リスクオフ」に動く投資家

...クを圧縮しています。キャッシュ比率は5月の4.5%から4.9%に上昇。株式を「オーバーウエート」としている投資家の比率は差し引き47%から差し引き38%に低下。金利が上昇するとの見方が2011年5月以来最多となり、差し引き80%が短期金利の上昇を予想。過半数の回答者がギリシャに関する協議はネガティブな形で決着するとみている。15%が「ギリシャのユーロ圏離脱」、42%が「デフォルトし、ユーロ圏に残留」を予想。中国に対する懸念:10人中、7人の投資家が中国株式市場は「バブル」とみている。差し引き50%が中...

2013年2月8日東京商工リサーチフィードバック数:5ビジネス

証券会社118社 業績動向調査(単独決算ベース) ~ 2012年3月期は全体の6割で当期純損失を計上 ~

...、2011年が72社と推移し、厳しい経営状況を映し出した。2012年3月期での営業収益30億円未満の中小証券会社をみると、77社のうち58社(構成比75.3%)で当期純損失を計上し、企業規模による格差も広がっている。中小証券会社の廃業が相次いでいる。2012年度に廃業した証券会社は13社(2012年12月25日現在)となり、2009年度の14社を上回るペースで推移している。これは、証券業界の経営環境の悪化を反映した。特に、法人取引のウエートが大きい大手と比べて、個人...

2015年6月18日鹿児島経済研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

賞与に関するアンケート(平成27年夏)

...も増加しており、景気の先行 き不透明感等からボーナス支給を慎重に見極めようとする企業も多い。業種別にみると、「支給する」企業の割合は建設業(前年 59%→今年 61%)が前年をやや上回り、小売業が前年と同水準(同 82%→82%)であったものの、製造業(同 67%→60%)、卸売業(同 80%→74%)、その他産業(同 73%→68%)が前年を下回った。また、支給率について、全業種で「月給支給額の 1 カ月分超~1.5 カ月分以下」のウエートが最も大きかった。一 人 当たりの平 均 支 給 額 を みる と...

2013年5月24日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治

「世界大恐慌再来」はなぜ回避されたか

...見返りに中国を中心とした新興国が今や過大な負担を背負ってしまった可能性もある。図表では中国が、特に2008年以降日米欧の水準低下が続くなか、「3兆元対策」で大幅に先行指標の水準を伸ばし、日米欧のサイクルとは異なる対応で世界のアンカーになった。■図表:OECDの景気先行指標104103102101100999897米国96ユーロ圏9594日本中国9307080910111213(年/月)(資料)OECD次ページの図表は先進国と新興国のGDPシェアを示す。日米欧の先進国経済の連動が生じ始めた1980年代前後、新興国のウエートは20%台であり、それ...

2014年2月14日パイプドビッツ★フィードバック数:0社会/政治

投票後の調査です。

第15回政治山調査「2014年東京都知事選挙に関する意識調査2」

...氏と田母神氏は、自民党支持者が厚いという同様の傾向がみられたものの、同じ自民党支持者でも、舛添氏支持者は高齢世代、田母神氏支持者は若年世代の支持を集めていたことがわかりました。この支持者構造の違いは、今後の自民党内の政局動向にも影響を与える要素になるのではないでしょうか。 一方、大きなウエートを占めている無党派層においても、年代によって投票先に異なる傾向がみられました。細川氏は無党派層の中でも高齢世代に支持されており、田母神氏は大半が若年世代であることがわかりました。田母...

2013年2月6日みずほ総合研究所フィードバック数:18社会/政治

わが国サービス産業の現状と問題点

... 6 割程度からほぼ 7 割にまで高まっての下で調整を迫られる中、日本全体の成長力を高めいる。また、雇用の担い手としても、サービス産業るためには、非製造業、とりわけサービス産業の振の重要性は高まる一方である(図表 9)。日本では、興を図っていくことが重要である。なぜなら、付加就業者に占めるサービス産業のウエートも、80年の価値に占めるサービス産業のウエートは年々増大し5割強から、2010年には約7割にまで増大した。労働ているからである(図表 8)。日本のサービス産業者の1.4人に1人がサービス産業に従事している計算のウエート...

2015年1月29日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【日本総研主催シンポジウム 税制抜本改革を考える】第1部 問題提起 法人課税改革の在り方─ネット減税か税収中立か

...り社会保険料の話を避けて通れないといったことを強調しておきたいと思いますし、これは、外形標準課税を考えるうえでとりわけ重要であると考えております。 資料の5ページのグラフは、歳入全体に占めます社会保険料のウエートを時系列で見たものですが、J R Iレビュー 2015 Vol.2, No.21 7ごらんのとおり、わが国だけは、かつて全体の約4分の1だったものが、今は40%強までウエートが上がってきています。ほかの国を見ますと、低水準で横ばいであったり、かつては高水準でも緩やかに下がってきたりしておりますし、とくにフランスに関しては90年代前半に明らかにウエート...

2013年2月5日BBソフトサービスフィードバック数:20セキュリティ/ネットワーク

インターネット詐欺リポート(2013年1月度)

...クリック・不当請求詐欺は、支払い義務のないコンテンツやサービスに申し込んだように見せかけ、不当請求を行う手口で、高齢者を標的にしたオレオレ詐欺や振り込め詐欺のように古くから知られている詐欺手口のネット版といえます。聞いたことはあっても、実際に接触してしまうと冷静な判断を失い、個人情報を教えたり、お金を振り込まされるなど、金銭被害に遭うケースが多く見られます。ネット詐欺サイトの出現状況は、閲覧するプラットフォーム(OS)によって若干の違いが見られます。Windows OS(PC)では、ワンクリック・不当請求のウエート...

2015年2月25日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

個別品目からみる米国のサービス物価-物価動向をみるうえでは、賃金以外の要因も注視する必要

...他サービス<7.5>(資料) Bureau of Economic analysis(注1)各期間における各品目の前年比寄与度の平均値を図示。(注2)<>は2014年のコアPCEデフレータ全体に対するウエート。2日本総研Research Focus2.各品目の動向と先行き(1)家賃・帰属家賃まず、家賃・帰属家賃は、住宅の供給・在庫件数や消費者の持ち家に対する考え方(図表4)家賃のPCEデフレータと賃貸物件空室率家賃(前年比、左目盛)帰属家賃(〃)(%)など、需給要因に大きく影響される。リーマン・ショ...

第95回 “つわり 大丈夫でしたか? 2002.10.31~2002.11.06

... Sick」と言うけれど、私の場合はとにかく夜に気持ち悪くなった。しかもお腹がすく時ではなく、食べたら気持ち悪くなるという変わったつわりでした。食べたくないのに食べなくては…という固定観念にとらわれて17kgも太ってしまいました。ウエートレスをしていたので、毎日吐き気と闘いながら仕事していました。トマトにはまりました。いつもはそんなに食べないのに、来る日も来る日もトマトでした。しまいには買いに行くのがつらくて、野菜屋さんで箱で買って来て食べていました。だってそれしか食べられないんですもの。上の...

2013年4月1日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済/円安はどこまで進むのか~産業平均均衡レートから得られる示唆~

...一次金属電気機械輸送用機械化学一般機械40繊維電気機械一次金属輸送用機械繊維一般機械40化学電気機械一般機械一次金属繊維輸送用機械化学40(2011年)(注)1.均衡為替レートの試算は内閣府「平成21年度年次経済財政報告」の方法による。  2.1979年1∼3月期を基準点として、製造業6業種(繊維、化学、一次金属、一般機械、電気機械、輸送用機械)の単位中間投入コストと単位労働コストを考慮し、一物一価が成立するような為替レートを試算。  3.製造業6業種平均は輸出金額のウエートで加重平均したもの。なお、基準...

2015年2月2日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[みずほリサーチ]2015年2月号

...産業が直面するが、以上の事情から、自動車産業手順で試算した。まず、人件費等コストの代理指標16094②として挙げた人手不足による人件費上昇にはすべ100長期円安局面01990 92じるリスクを減じるだけでなく、損益分岐点の分子域別構成比をウエートに加重平均して「海外生産コスト指標」を作成する。それを日本の 1 人当たり名目GDP(ドルベース)を 100 として相対化し、海外生産の相対コスト指標とした(図表 3)。試算結果によれ ば、2013 年以降の円安局面でも輸送機械の相対コスを拡大する動きにつながりにくい。実際...

沖縄の産業についてのレポートです。

経済センサスからみた沖縄県の産業、企業等の動向に関する調査研究

...村の産業構造や事業所規模の分布、売上高や費用構成(国、都道府県)など、有用で精度の高い情報が得られるようになり、また、調査回数を重ねていくことで産業構造や各産業に属する企業の経営指標の変化なども把握できるようにな る。本調査では、経済センサスの詳細なデータにより、沖縄県の産業、企業、事業所の現状について分析し、また、全国や他の都道府県との比較を行うことにより、本県の産業構造や経済活動の特性についての統計情報を整理してみた。特にサービス産業のウエートが高い本県にとって、すべてのサービス産業も調査対象としている経済センサスは、同分...

2014年7月25日三重銀行フィードバック数:0大型消費/投資

海外からの誘客力強化が期待されるわが国観光~全国・中部・三重の観光産業の現状と今後の課題~

...きい傾向にあることが窺えます。これは、一般的に遠距離からの訪日外国人のほうが、滞在日数が多くなることにより、宿泊費や飲食費で支出額が伸びやすいことが一因と考えられます。一方、中国を含むアジア諸国からの訪日外国人の特徴として、支出における買い物代の占める割合が大きいことがあげられます。とりわけ中国は、買い物代が約10万円と、近隣国でありながら一人当たり支出額が非常に大きくなっています。全支出に占める買い物代のウエートという点からみると、米国や欧州からの訪日外国人の買い物代が平均33,614円で全支出中の17.9%にと...

2014年11月16日経済産業研究所★★フィードバック数:0社会/政治

セミナー資料です。

消費税引き上げ後の物価・景気

...物価指数の日常の動きを見てみたい。東大物価指数とは、日本全国のスーパーマーケット約300店舗で販売される約30万点の商品について、その価格が前年同日と比べて何%動いたかを計算した上で、その商品のその日における販売数量を踏まえたウエートを用いて、価格の変化率を加重平均して作成した物価指数である。東日本大震災の際には、買いだめのために水やパンの需要が高まり、物価は-0.5%から1.5%まで上昇した。需要にそれぐらい大きな動きがあれば、物価は2%ぐらいたちどころに上がるのである。ただし、数量は先に激しく動くが、物価...

2013年11月2日中央調査社フィードバック数:0マーケティング

統計検定と統計能力の評価

...回に比べて、男性の受験者数が変わらないのに対して、女性の受験者数が6割増加している。年齢別にみると、第2回試験では第1回試験に比べて、20歳代、30歳代前半の若年層が大幅に増加しており、中高年齢層の減少と対照的である。その結果、30歳代前半までで全体の50%近くを占めている。とくに、統計調査士のみ受験者に限定すると、学生の受験者が大幅に増加したこともあって、20歳代で40%近くを占める。第3回から統計調査士検定試験の参照基準と出題分野のウエートを変更した背景となっている。表3は筆...

消費再増税「1%ずつ」検討を

...占める法人税の比重を下げ、消費税や固定資産税にウエートを移していくのが改革の基本となる。こうした認識の下で当センターが考える法人税減税の骨格は以下のとおりである。(1) 法人実効税率を 2020 年までに 10%引き下げる。(2) 法人税のうち、主に地方税を軽減する。現在の地方法人税は、収益を高めた企業に負担させるという応能課税の色彩が濃い。地域での公共サービスの対価を負担するという地方税の原則に合致しないのに加え、税収格差を生む要因にもなっている。応益課税的な部分は残した上で、所得に連動する部分は縮小すべきだ。(3...

2013年4月23日日本総研フィードバック数:1社会/政治

【特集 地域からの日本再生】今後のインフラ投資の在り方を考える

...の軸足が新設投資の誘致 合戦に移り、全国に不要な施設が重複して設置された90年代末のインフラ投資拡大期と同様の状況に 陥る懸念がある。その結果、地域間格差の是正やわが国経済の押し上げ効果が期待できないばかりか、 将来的にインフラの維持・補修および更新にかかる費用が、歳出の大きなウエートを占めるようにな り、国や地方自治体の財政の一段の硬直化をもたらすことが危惧される。 5.人口減少下で、今後、既設インフラの維持・補修・更新費の急増が予想されるなか、持続的なイン フラ整備に求められる視点は、①新設抑制、②前倒し更新、③スト...

2013年6月4日みずほ総合研究所フィードバック数:2ビジネス

不動産担保貸出におけるLTV規制は有効か~不動産登記データに基づく実証分析~

...産市場に起因するリスクに直接的に対応するため、欧州システミックリスク理事会(ESRB)は LTV および LTI(loan-to-income)の上限規制がマクロプルーデンス政策手段の一つに含まれることを推奨する」と述べている。 4) この他、厳格な上限は設定しないが、自己資本比率規制におけるリスクウエートを通じて LTV 比率の低下を促す措置をとっている国もある(FSB(2011))。みずほ総研論集 2013年Ⅱ号ない5)。図表2は、LTV 規制を実際に採用しているの抑制という観点から LTV 比率に着目すると、フィ...

2013年2月6日みずほ総合研究所フィードバック数:5社会/政治

わが国サービス産業の生産性~2000年代後半の企業データを用いた生産性動向と高生産性企業の特性分析~

...平均いるため、より詳細な分析が可能となる。また、よりも生産性が高い)企業が事業撤退などにより退G R 型では式⑴の右辺第 1 項で計算される内部効果出したことが、非製造業の生産性上昇率を低下させのウエートとして雇用者数シェアの期間平均値を、たことが明らかとなっている。右辺第 2 項の再配分効果の計算で各企業の生産性水再配分効果については、1990年代後半の非製造業準を相対化する際に必要となる、産業ごとの労働生でマイナスとなっていた(金・権・深尾(2007)、権・産性平均値に期間平均値を用いている。それ...

2013年2月6日みずほ総合研究所フィードバック数:3社会/政治

わが国サービス産業の拡大と好循環メカニズム~内外サービス需要の拡大と成長力強化・デフレ脱却のシミュレーション~

...企業が進出を加速させているコアジアにおける所得水準の向上とそれに伴うサーンビニエンスストアの店舗も大きく増加する見込みビス需要の増加は、日本のサービス産業にとって大であり、日本企業にとって大きな商機となりそうだ。きなビジネスチャンスにつながると期待される。こサービス市場の拡大ペースも、今後は加速していうしたなかで、グローバル化の遅れが指摘されてきくことが予想される。過去の先進国の例に鑑みても、た日本のサービス産業においても、近年、海外展開1人当たり所得や1人当たり消費の増加に伴って、消が加速している(図表9)。費に占めるサービスのウエートは高まる傾向にあまた、海外...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ