「ウォン相場」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2013年2月20日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治海外

韓国の環境は日本の3年前、「失われた3年」に類似

...リサーチ TODAY2013 年 2 月 20 日韓国の環境は日本の3年前、「失われた3年」に類似常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創今日、韓国の輸出頼みの経済運営は転換を迫られている。これまで輸出の追い風となっていたウォン安の修正にも拍車がかかっている1。ウォン相場は2012年9月以降、米国の量的緩和に伴い韓国への資金流入が増加したことなどを受け、下記の図表のように、対ドル、対円いずれの通貨に対しても上昇傾向であった。さらに、米国が2012年11月に発表した為替政策報告書のなかで、韓国...

2014年12月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

中国のディスインフレ、原油安も後押し(Asia Weekly (12/8~12/11)) ~韓国中銀はウォン相場に中立姿勢も、外部からの追加利下げ圧力は残ろう~

...1/5ASIA Indicators定例経済指標レポート中国のディスインフレ、原油安も後押し(Asia Weekly (12/8~12/11))~韓国中銀はウォン相場に中立姿勢も、外部からの追加利下げ圧力は残ろう~発表日:2014 年 12 月 12 日(金)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522)○経済指標の振り返り発表日指標、イベントなど結果コンセンサス前回12/8(月) (中国)11 月輸出(前年比)+4.7%+8.0%+11.6%11 月輸...

2013年4月5日第一生命保険フィードバック数:2社会/政治海外

韓国を巡るリスクの高まり ~内需低迷が続く中で有事リスクも重なり、景気の不透明感は一段と高まる~

...家の同国に対するマインドは急速に冷え込むことが予想され、過去において緊張度合いが高まった時と同様に急激な資金流出が起こることも予想される。同国の対外債務に占める短期債務の割合はかつてに比べて低下しているが、依然として3割強に達している一方、外貨準備高は2月末時点で 3274 億ドルに積み上がっており、直ちに外貨流動性が枯渇する可能性は低い。しかし、昨年には日本との間の通貨スワップ枠が縮小されるなどセーフティーネットが縮小していることから、同国経済のリスクに対する耐性の低下が予想外の副作用を引き起こす可能性には注意が必要である。図 1 ウォン相場(対米...

2015年6月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

「一難去ってまた一難」の韓国経済 ~MERS感染拡大の長期化による悪影響に懸念~

...に伴う形で同国経済にとっては輸入に下押し圧力が掛かることになろう。同国通貨ウォン相場が高止まりしている背景には、弱い内需による輸入鈍化の影響で経常黒字が拡大するなど、新興国のなかでは相対的にファンダ(出所)CEIC より第一生命経済研究所作成メンタルズが強いとの見方がくすぶるなか、先進国による金融緩和の影響で世界的なマネーがかつてない規模に達するなか、いわゆる「マネーゲーム」の対象とされていることも影響している。先進国の金融政策を巡っては、年内にも米国ではFRB(連邦準備制度理事会)が利上げを実施するとの見方が強まっているが、日本銀行やECB(欧州中央銀行)につ...

2013年3月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国の製造業PMI はともに低下(Asia Weekly (2/25~3/1)) ~アジアでは商品市況の上昇がインフレ要因になりつつある~

...2ヶ月ぶりに前年を下回る伸びとなった。前月比も減少しており、春節の影響で中国をはじめとするアジア新興国向けが大幅に減少したほか、通貨ウォン相場が日本円に対して急上昇したことを受けて日本向けにも下押し圧力が掛かった。さらに、世界的なIT需要が鈍化しつつあることから欧米先進国向けも減少するなど、全体的に一服感が出ている。一方の輸入額も前年同月比▲10.7%となり、前月(同+3.9%)から2ヶ月ぶりに前年を下回った。前月比も減少しており、中国...

2013年3月19日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治海外

インド、コア物価低下は利下げを後押ししよう(Asia Weekly (3/11~3/15)) ~韓国銀行は追加利下げに含みを持たせる姿勢~

...第一生命経済研究所作成本資料は情報提供を目的として作成されたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。作成時点で、第一生命経済研究所経済調査部が信ずるに足ると判断した情報に基づき作成していますが、その正確性、完全性に対する責任は負いません。見通しは予告なく変更されることがあります。また、記載された内容は、第一生命ないしはその関連会社の投資方針と常に整合的であるとは限りません。3/5図 5 KR インフレ率の推移(出所)CEIC より第一生命経済研究所作成[豪州]図 6 KR ウォン相場(対米ドル、日本円)の推移(出所)CEIC より...

2015年6月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

NZ、韓国で利下げ局面が再始動(Asia Weekly (6/8~6/12)) ~アジアで再び利下げの動きが広がる可能性も~

...きについては追加的な利下げのハードルが高まっていると予想される。図 1 KR 雇用環境の推移(出所)CEIC より第一生命経済研究所作成図 3 KR ウォン相場(対ドル、円)の推移(出所)CEIC より第一生命経済研究所作成図 2 KR 政策金利の推移(出所)CEIC より第一生命経済研究所作成図 4 KR 家計債務残高の推移(出所)CEIC より第一生命経済研究所作成[ニュージーランド] ~NZ準備銀が予想外の利下げ、NZドル安誘導へさらなる利下げにも含み~11 日、ニュージーランド準備銀行は定例の金融政策委員会を開催し、政策金利であるオフィシャル・キャ...

2014年10月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国製造業の外需依存が一段と鮮明に(Asia Weekly (9/29~10/3)) ~韓国、一部に対策効果発現も景気を取り巻く状況は深刻なまま~

...少に転じており、金属加工関連や服飾関連、電子部品や電気機器、自動車など主要産業が軒並み生産減少に直面している。最大の輸出先である中国景気を巡る不透明感が高まっていることに加え、通貨ウォン相場は高値での推移が続くなど価格競争力が低下していることも、輸出の足かせとなり、生産の重石になっている。1日に発表された9月の消費者物価は前年同月比+1.1%となり、前月(同+1.4%)から加速した。前月比も▲0.06%と前月(同+0.17%)から3ヶ月ぶりに下落しており、足下...

2015年3月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

原油安の長期化でインフレ圧力は一段と後退(Asia Weekly (2/28~3/6)) ~春節の時期はアジアの貿易動向に影響~

...安による輸入減を受けて月次ベースの貿易黒字額は過去最高に~1日に発表された2月の輸出額は前年同月比▲3.4%と2ヶ月連続で前年を下回る伸びに留まり、前月(同▲0.7%)からマイナス幅も拡大した。当研究所が試算した季節調整値に基づく前月比も2ヶ月連続で減少しており、今年は春節(旧正月)の時期が例年から大きく後ずれしていることも影響したと考えられるものの、それ以上に最大の輸出相手である中国経済の減速が足かせになっている。さらに、ECB(欧州中央銀行)による量的金融緩和決定に伴いユーロ安圧力が強まるなか、通貨ウォン相場...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ