「ウォン相場」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2013年2月20日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治海外

韓国の環境は日本の3年前、「失われた3年」に類似

...リサーチ TODAY2013 年 2 月 20 日韓国の環境は日本の3年前、「失われた3年」に類似常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創今日、韓国の輸出頼みの経済運営は転換を迫られている。これまで輸出の追い風となっていたウォン安の修正にも拍車がかかっている1。ウォン相場は2012年9月以降、米国の量的緩和に伴い韓国への資金流入が増加したことなどを受け、下記の図表のように、対ドル、対円いずれの通貨に対しても上昇傾向であった。さらに、米国が2012年11月に発表した為替政策報告書のなかで、韓国...

2014年7月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

韓国 景気浮揚の芽が出ない内外環境 ~内需低迷が続くなか、ウォン高は外需に打撃~

...改善が中高年に集中することも消費を下押ししている。日本を上回るスピードで少子高齢化が進んでおり、社会保障負担の拡大が家計を圧迫することから、今後は一段と厳しい状況が予想される。 先進国の景気回復にも拘らず、中国経済の不透明感や通貨ウォン相場の相対的な高止まりは外需の足かせになっている。国際金融市場が落ち着くなかで、経常黒字を抱える同国への資金流入が続く上、金融機関の外貨建の資金調達もウォン高を招いている。足下ではウォン高を理由に輸出企業は生産拠点を海外に移すなか、裾野産業の薄さを勘案すれば、ウォ...

2014年12月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

中国のディスインフレ、原油安も後押し(Asia Weekly (12/8~12/11)) ~韓国中銀はウォン相場に中立姿勢も、外部からの追加利下げ圧力は残ろう~

...1/5ASIA Indicators定例経済指標レポート中国のディスインフレ、原油安も後押し(Asia Weekly (12/8~12/11))~韓国中銀はウォン相場に中立姿勢も、外部からの追加利下げ圧力は残ろう~発表日:2014 年 12 月 12 日(金)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522)○経済指標の振り返り発表日指標、イベントなど結果コンセンサス前回12/8(月) (中国)11 月輸出(前年比)+4.7%+8.0%+11.6%11 月輸...

2013年6月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

フィリピン、公共投資が景気を大きく押し上げ(Asia Weekly (5/27~5/31)) ~先行きは在庫調整圧力が高まる可能性もあり、下振れリスクはくすぶる~

...業生産と設備稼働率の推移(出所)CEIC より第一生命経済研究所作成図図 KR 出荷・在庫バランスの推移(出所)CEIC より第一生命経済研究所作成KR ウォン相場(対米ドル、日本円)の推移(出所)CEIC より第一生命経済研究所作成[タイ]図 KR 輸出額の推移(出所)CEIC より第一生命経済研究所作成~生産調整圧力が燻る中、中銀は政府による要求に対応する形で5回ぶりの利下げ実施を決定~28 日に発表された4月の製造業生産は前年同月比▲3.8%となり、前月(同+1.2%)から2ヶ月ぶりに前年を下回った。前月比も▲5...

2013年7月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

韓国経済を巡る○重苦 ~外需低迷、海外資金の流出に加えて、今夏も電力不足~

...市場では外国人投資家の売買が拡大する傾向が続いてきた。ただ、足下では中国の景気低迷の長期化が業績の下押し要因になることが懸念されているほか、主要産業であるIT関連や自動車などを中心に商品サイクルの過渡期にあることや、通貨ウォン相場が以前に比べて高水準で推移し、価格競争力が低下していることも重石になるとの見方が強まっている。さらに、同国の経常黒字は少数の財閥系(出所)CEIC より第一生命経済研究所作成企業が生んだ貿易黒字によってもたらされる一方、家計部門の貯蓄率の低さを理由に銀行セクターは資金調達を海外資金に依存せざるを得ず、景気...

2013年12月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

NZ準備銀、次の一手は「利上げ」明言(Asia Weekly (12/8~12/13)) ~豪雇用統計は底堅さがうかがえるが、先行きには不透明さも残る~

...では加速の動きがみられる物価については、「国際的な農産品価格の落ち着きを背景に当面は低水準での推移が続くが、足下の水準から徐々に上昇する」とみており、不動産市況は「首都ソウル周辺で横這いの状況が続く一方、その他の地域では上昇基調が続いている」とした。金融市場においては、米国のQE縮小観測により株価は調整し、長期金利は上昇基調が続く一方、経常黒字などを理由に通貨ウォンは上昇する動きが出ているものの、政府内で議論が盛んになっているウォン相場に関する言及はなされていない。その上で、先行きの金融政策については、外的リスクに注意しつつ、過去...

2013年5月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国、水増し疑惑は残るが外需に底堅さ(Asia Weekly (5/6~5/10)) ~韓国銀行は政府内で広がる利下げ要求に抗しきれず~

...活性化で政府と協調していくことが望ましい』と考えを一変させた。なお、金総裁は今回の決定が『6(25bp の利下げ)対1(据え置き)』で決定したことを明かしており、政策委員の中で意見が割れていることを示した。政府が強硬に利下げを求める背景には、日銀による『異次元』の量的・質的金融緩和の結果、通貨ウォンの対日本円為替レートの急上昇による輸出競争力の低下が影響しているとされる。しかし、今回の利下げ実施によりウォン相場は日本円に対して一時的に下落する可能性はあるものの、金融政策の方向感を鑑みればウォン高圧力が掛かりやすい展開が予想される。図 3...

2015年1月6日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

アジアマンスリー2015年1月号

...)<金融機関別家計向け融資残高の伸び率(前年同期比)>(%) 20JAPAN RESEARCH INSTITUTE 4ASIA MONTHLY2015 年 01 月 01 日(No.166)韓 国景気減速懸念が高まる<輸出(前年同月比)およびウォン相場>(%) 10 輸出 対円相場(右目盛) 対ドル相場(右目盛) (2012/1-2=100) 140■輸出は前年同月割れ 11 月の輸出(通関ベース)は前年同月比▲1.9%(以 下同じ)と前年割れとなった(右上図)。 品目別では、半導体(+16.7...

2013年9月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国の8月指標は良悪取り混ぜの様相(Asia Weekly (9/8~9/13)) ~インドネシア中銀は先月末の緊急利上げに続き利上げを断行~

...市況の高止まりにも拘らず、育児ケアの無料化政策や農産品価格の安定などにより今後も低水準での推移が続く」とみている。国際金融市場の混乱にも拘らず、中銀は「外国人投資家の資金流入を受けて株式相場や通貨ウォン相場は底堅く、長期金利の上昇も比較的小幅に留まった」としている。先行きについては、外的要因による影響に注意を払いつつ、過去の利下げや政府による景気刺激策の効果を見定めるとしており、今回の金利据え置きが全会一致で決定されたことを勘案すれば、しばらくは現行水準での据え置きが続くと予想される。本資...

2015年2月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

アジア(中国・インド・NIES・ASEAN5)経済見通し(2015年2月) ~概ね原油安の恩恵を受けるなか、堅調な景気拡大が続くであろう~

...の景気対策なども一過性の対策が中心になってきたことは全般的な景気の重石になっている。足下では通貨ウォン相場は米ドルに対して上昇が一服しているものの、日本円に対しては上昇基調が続くなか、ECBによるQE実施を経てユーロに対しても上昇基調を強めており、ウォンの名目実効レートは高止まりしている。なお、足下では低迷が続いてきた輸出に底入れの兆候が出つつあるなか、大手財閥を中心に巨額の設備投資計画を発表する動きが相次いでおり、仮にこれらが着実に進捗すれば景気の大幅な押し上げに繋がると期待される。しかし、比較的底堅い輸出と原油安と内需低迷による輸入下押しの影響で経常黒字基調が続くなか、ウォン相場...

2013年12月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国製造業の景況感は一進一退(Asia Weekly (12/1~12/6)) ~韓国の外需に不透明感、ディスインフレ圧力も徐々に強まる~

...の経済成長率に対する寄与度は変わらなかった。しかし、輸出鈍化を受けて設備投資は下方修正が行われており、足下の同国景気が民間部門による自律的な拡大ではなく、財政出動をはじめとする景気刺激策によって押し上げられている様子が鮮明になっている。図 2 KR 貿易動向の推移(出所)CEIC より第一生命経済研究所作成図 4 KR 小売売上高の推移(出所)CEIC より第一生命経済研究所作成図 6 KR 不動産価格(前年比)の推移(出所)CEIC より第一生命経済研究所作成図 3 KR ウォン相場(対ドル、円)の推移(出所)CEIC より...

2014年1月14日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国の輸出額は過去最高を更新(Asia Weekly (1/6~1/10)) ~インドネシア中銀は引き続きQE3縮小による悪影響を警戒~

...第一生命経済研究所作成図 9 KR 長期金利(10 年債利回り)の推移図 10 KR ウォン相場(対ドル、円)の推移(出所)CEIC より第一生命経済研究所作成(出所)CEIC より第一生命経済研究所作成[豪州]~過去の利下げや不動産価格上昇などがマインド改善に繋がり、個人消費を下支えしている~9日に発表された 11 月の小売売上高(季調済)は前月比+0.7%と7ヶ月連続で拡大しており、前月(同+本資料は情報提供を目的として作成されたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。作成時点で、第一...

2013年4月8日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国、製造業・サービス業ともに底堅さを確認(Asia Weekly (4/1~4/5)) ~インドを取り巻く状況は依然厳しさが続く~

...動向の推移図 10 KR ウォン相場(対米ドル、日本円)の推移(出所)CEIC より第一生命経済研究所作成(出所)CEIC より第一生命経済研究所作成[インドネシア] ~食料品価格の上昇でインフレ率は加速するも、コアインフレ率は依然低水準で推移~ 1日に発表された3月の消費者物価は前年同月比+5.90%となり、前月(同+5.31%)から加速した。前月 比も+0.63%上昇したものの、上昇ペースは前月(同+0.75%)からわずかに鈍化しており、食料品やエネル ギー...

2015年4月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インド、「サプライズ」のハードルはひとつ低下(Asia Weekly (4/13~4/17)) ~ただし、北部の大雨被害の影響には引き続き要注意~

...環境の悪化を受けて働き盛り世代を中心に職探し自体を諦めた可能性が考えられる。足下では中国の景気減速や通貨ウォン相場の相対的な高止まりが外需の足かせとなる状況が続いており、こうした状況をなかなか脱し得ないことを勘案すれば、当面の雇用環境は一段と厳しさを増すことも予想される。本資料は情報提供を目的として作成されたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。作成時点で、第一生命経済研究所経済調査部が信ずるに足ると判断した情報に基づき作成していますが、その正確性、完全性に対する責任は負いません。見通しは予告なく変更されることがあります。また、記載された内容は、第一...

2014年10月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国製造業の外需依存が一段と鮮明に(Asia Weekly (9/29~10/3)) ~韓国、一部に対策効果発現も景気を取り巻く状況は深刻なまま~

...少に転じており、金属加工関連や服飾関連、電子部品や電気機器、自動車など主要産業が軒並み生産減少に直面している。最大の輸出先である中国景気を巡る不透明感が高まっていることに加え、通貨ウォン相場は高値での推移が続くなど価格競争力が低下していることも、輸出の足かせとなり、生産の重石になっている。1日に発表された9月の消費者物価は前年同月比+1.1%となり、前月(同+1.4%)から加速した。前月比も▲0.06%と前月(同+0.17%)から3ヶ月ぶりに下落しており、足下...

2013年3月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国の製造業PMI はともに低下(Asia Weekly (2/25~3/1)) ~アジアでは商品市況の上昇がインフレ要因になりつつある~

...2ヶ月ぶりに前年を下回る伸びとなった。前月比も減少しており、春節の影響で中国をはじめとするアジア新興国向けが大幅に減少したほか、通貨ウォン相場が日本円に対して急上昇したことを受けて日本向けにも下押し圧力が掛かった。さらに、世界的なIT需要が鈍化しつつあることから欧米先進国向けも減少するなど、全体的に一服感が出ている。一方の輸入額も前年同月比▲10.7%となり、前月(同+3.9%)から2ヶ月ぶりに前年を下回った。前月比も減少しており、中国...

2013年3月19日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治海外

インド、コア物価低下は利下げを後押ししよう(Asia Weekly (3/11~3/15)) ~韓国銀行は追加利下げに含みを持たせる姿勢~

...生命ないしはその関連会社の投資方針と常に整合的であるとは限りません。3/5 図 5 KR インフレ率の推移 図 6 KR ウォン相場(対米ドル、日本円)の推移(出所)CEIC より第一生命経済研究所作成(出所)CEIC より第一生命経済研究所作成[豪州]~利下げの効果を受けて雇用を取り巻く環境は予想外に改善も、鉱業部門では頭打ちの兆候~14 日に発表された2月の失業率は 5.4%となり、前月と同じであった。ただし、失業者数は前月比+0.0 万 人とほぼ横這いであった一方、就業者数は同+7.1 万人と前月(同+1.3 万人)から増加ペースが加速してお り、雇用...

2014年8月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

アジア(中国・インド・NIES・ASEAN5)経済見通し(2014年8月) ~先進国主導の景気拡大は追い風だが、リスクを抱えたまま離陸の模様~

...を対象とした投資計画(通称474計画)を発表したほか、足下の景 気減速に対応して総額 41 兆ウォン規模の景気刺激策を打ち出し、中銀も利下げにより景気下支えを図る姿勢 をみせている。足下では同国の経常黒字を材料に海外資金が流入する状況が続き、通貨ウォン相場は上昇基調 を強めたことで周辺のアジア新興国に比べて輸出競争力が相対的に低下する事態に直面するなど、新たな課題 に直面している。また、家計部門の債務は過去最大規模に達する一方、資産の大半を占める不動産市況は弱含 んでおり、債務...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ