調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > エコカー補助金制度

「エコカー補助金制度」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

『エコカー』に関するアンケート

...カーを選んだ理由エコカー所有者の“エコカーを選んだ理由”は、「燃費がよい」が79.6%と圧倒的で、「環境に優しい」46.0%よりも30%以上多かった。燃費の良さはガソリン代の節約にも繋がる事を踏まえると、環境を重視して購入している人も多いが、コストを重視して購入した人も多そうである。また、「エコカー補助金制度」は45.1%、「エコカー減税制度」は44.1%と4割程度で、購入時のコストとは別に、購入後のコスト(燃費・ガソリン代)を考えて選んだ人も多そうである。 “エコカー”を選んだ理由はなんですか。(複数回答)エコカー 所有者 N...

2010年4月12日ネットエイジアフィードバック数:4大型消費/投資

「プリウス」と「インサイト」についての意識調査

...ネットリサーチ(モバイルリサーチ)なら、調査設計から集計・分析まで、インターネットリサーチ「ネットエイジアリサーチ」 ■2010年4月9日 「プリウス」と「インサイト」についての意識調査ネットエイジアリサーチ「プリウス」と「インサイト」についての意識調査〜日本経済の牽引役になってほしい車「プリウス」〜〜「エコカー補助金制度」の半年延長に関する認知率53.2%〜モバイルリサーチを展開するネットエイジア株式会社(本社/東京都中央区、代表取締役:三清 慎一郎、以下ネットエイジア)では、昨年...

2010年10月26日日経BPフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

エコへの取り組み「何もしていない」はわずか3.5%~エコ意識/行動調査(前編)

... 101 本調査がエコカー補助金制度の前倒し終了を大きく報じる時期と重なったことも理由として考えられるものの、自動車分野における「エコ」は確かに浸透しているようだ。 純粋想起の上位には、他に「太陽光発電」「エコポイント」「エコキュート」など家電や住宅設備に関するキーワードも並んだ。また、特定の製品やジャンルではなく「エコバッグ」「リサイクル」といった自身の取り組みから連想するキーワードを挙げた人も多かった。...

日銀短観(2013年3月調査)結果

...大企業製造業の景況感は改善、先行きにも期待 本日発表された日銀短観(3月調査)では、大企業製造業の業況判断DI(「良い」-「悪い」)は前回調査から4ポイント上昇の-8と、3四半期ぶりに改善した。昨年秋以降、生産は持ち直しが続いており、幅広い業種で景況感が改善している。とくに、「自動車」では、エコカー補助金制度終了後の落ち込みが一巡した上、円安の進行も輸出の採算改善を通じて収益の押上げに寄与し、業況判断DIは前回調査から+19ポイントと大幅に上昇した。先行きについては、世界...

2013年1月23日JEITAフィードバック数:1デジタル家電

民生用電子機器国内出荷実績(2012年12月分)

...年計は5,587千台(前年比114.6%)と過去最高実績となった。主な要因としては、2012年前半においてエコカー補助金制度により自動車販売台数が増加したことが挙げられる。ETC車載ユニットは273千台(前年比114.4%)と12ヶ月連続でプラスとなった。...

景気ウォッチャー調査13年2月~現状判断DIは10ヶ月ぶりに50を上回る高水準に

...景気ウォッチャー調査によると、景気の現状に対する判断DIは53.2となり、前月を3.7ポイント上回り4ヶ月連続の上昇となった。これは(1)「円安、株価上昇等に伴い景況感が改善している中、エコカー補助金制度終了直後の反動減が落ち着き、新型車効果から新車販売が好調なこと」(2)「中国の大気汚染問題が深刻化していることを受け、空気清浄機を中心とした家電製品の販売高が好調であったこと」(3)「安倍政権による金融緩和強化に伴い為替が円安に大きく振れたことで、製造業を中心に多くの企業の収益に改善の傾向が見られること」(4)「円安...

景気ウォッチャー調査13年1月~先行き判断DIは7年ぶりの高水準に

...の現状に対する判断DIは49.5となり、前月を3.7ポイント上回り3ヶ月連続の上昇となった。これは(1)「エコカー補助金制度終了に伴い落ち込んでいた自動車販売が持ち直してきたこと」(2)「円安、株価上昇等に伴い景況感が改善している中、高額品などの消費が強かったこと」(3)「住宅業界において消費増税による駆け込み需要が出始めてきたこと」(4)「安倍政権による金融緩和強化に伴い為替が円安に大きく振れたことで、製造業を中心に多くの企業の収益に改善の傾向が見られること」などが影響していると考えられる。一方、景気...

2012年1月27日オートックワンフィードバック数:1大型消費/投資

トヨタのコンパクトHV「アクア」に関するアンケート調査

...メッセージ 会社情報 事業紹介 広告掲載について 採用情報 トヨタのコンパクトHV「アクア」に関するアンケート調査インターネット自動車販売仲介サービス会社のオートックワン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:加登吉邦 以下、オートックワン)は、オートックワンのサイト上で、2011年12月27日~2012年1月10日までの間、トヨタのコンパクトHV「アクア」(以下、アクア)に関するアンケート調査を実施しました。エコカー補助金制度の運用スタート等もあり、安価...

自動車の維持費についての意識調査です。

車とコスト

...と維持費の経費負担の少ない、軽自動車などエコカーへの乗り換えを検討する。」(神奈川県・50代・男性)、 など代替手段を模索したいという折衷のご意見が多数、寄せられました。 エコカー減税・エコカー補助金制度を知っていますか? エコカー減税・エコカー補助金制度とは、国土交通省の定める、電気自動車・プラグインハイブリッド車・天然ガス自動車・燃料自動車・グリーンディーゼル車など、環境にやさしい自動車の税制優遇(自動車税・重量税・取得税)や、購入補助金の制度のことです。平成24年5月からは新エコカー減税制度が始まり、先述...

2013年2月28日共立総合研究所★フィードバック数:1マーケティング

主婦と家計についての調査です。

第15回『主婦の消費行動に関するアンケート』

...多。エネルギー価格の高止まり等でデフレの実感はない。2.インセンティブ政策に敏感に反応・高額商品の購入の回答率において、一般家電が低下し、自動車の購入が上昇した。一般家電においては、2010 年の「家電エコポイント制度」の後押しにより販売が大きく伸びたことの反動が続いている一方、自動車においては、エコカー補助金制度の復活が買い換えを促したといえる。特にシニア層での自動車購入の回答率の上昇が特徴的であった。3.「モノ(製品)消費」から「コト(体験)消費」へ・「国内旅行」「海外旅行」など...

エコカー補助金が及ぼした販売効果について(滋賀)

...-12.5-4.2-8.8-10.3-30.0-50.090年度91929394959697989900102030405060708091011㈱しがぎん経済センター エコカー補助金が及ぼした販売効果について5 / 65.第2回エコカー補助金では軽乗用車が好調滋賀県のエコカー補助金が開始された 09 年からの推移をみると、第1回エコカー補助金制度が始まった 09 年の4月から普通乗用車(3ナンバー)、小型乗用車(5ナンバー)、軽乗用車ともに徐々にマイナスからプラスに上昇した。最も上昇したのは 10...

2013年12月11日秋田経済研究所フィードバック数:0社会/政治

第29回秋田県消費動向調査

...」と比較すると、70歳以上で唯一、携帯電話・PHSの購入割合がスマートフォンを上回った。b 「乗用車」は、昨年調査(24.7%)を3.0ポイント下回った。消費税増税による駆け込み需要が生じ始めているものの、エコカー補助金制度が昨年9月に終了した影響が現れた。c 「洗濯機」は、昨年調査から4.6ポイント上昇。「冷蔵庫」や「掃除機」など他のエコ家電製品も割合が伸びており、消費電力を抑えた製品への買い替えが進んでいるようだ。 5 消費税増税の影響について(1) 来年4月の消費税増税を控え、下図...

平成24年度の自動車部品工業の経営動向

...債務危機による低迷が続き、中国やインドなど新興国の一部で成長が鈍化したものの、米国では積極的な金融政策に後押しされた景気回復基調が継続した。日本経済は、震災からの復興需要やエコカー補助金制度などが内需を押し上げたことに加え、年度末にかけて積極的な金融政策への期待感から円高修正・株高が進み、景気回復期待が高まってきた。 自動車工業会の発表による平成24年度の自動車国内生産は、955.4万台となり、3年連続で前年度を上回った(+28.7万台、+3.1%)。車種別では、乗用車+3.6%、トラック-0.6%、バス+12.2%とな...

2012年10月12日内閣府★フィードバック数:4社会/政治

個人消費について、エコカー補助金、高齢者消費、天候要因に注目して分析したレポートです。

最近の消費動向を巡る3つの論点と先行きについて

...経済減速が日本の輸出や生産に影響を及ぼすなかで、日本経済の先行きを見通すに当たっては、これまで日本経済を牽引してきた個人消費の動向が重要なポイントになっている。そこで本稿では、①エコカー補助金、②高齢者消費、③天候要因という3つの論点に焦点を当て、個人消費の最近の動向と今後の先行きについて考察する。2.エコカー補助金と自動車販売国内新車販売台数は、平成 23 年度第4次補正予算によりエコカー補助金が復活したことを背景に、2012 年に入ってから大幅に増加した。今回のエコカー補助金制度を前回のものと比較すると、主な違いとして、①予算...

2013年12月28日共立総合研究所フィードバック数:0社会/政治

2014年度・経済の見通し

...済産業省が研究会報告を発表。◆12月の日銀名古屋支店短観によれば、自動車工業の業況判断DIは、+20(現状)→+8(予測)と悪化を予想。◆ 中部経済産業局管内における10月(速報)の輸送機械工業生産指数(季調済)は前月比+0.1%と2ヵ月連続して上昇した。◆中国政府がエコカー補助金制度の2015年末までの延長を決定。は、2013年に国内スマートフォンの加入者数は5,105万人に拡大、駆け込み需要の反動減もあり自動車向けは苦戦が予想されるが、白モノ家 電が下 支えになる。06全国:2010年=100 岐阜県、愛知県:2005年...

2014年1月27日第一生命保険★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

自動車販売についてのレポートです。駆け込み需要もテーマになっています。

2014年度新車販売の行方 ~車体課税の見直しの効果はいかに?~

...ウォッチャー調査」○駆け込み要因を除いても足元の新車需要は強いまた、こうした駆け込み需要の影響を除いても、現状の(万台)(資料4)新車販売台数の推移(季調値)50新車需要は強い状態にある。一昨年にエコカー補助金制度が終了した後は、新車販売台数はリーマンショック前まで45の減少トレンドに回帰することが予想された。しかし実際40には、反動減後はトレンドを上回る水準で推移することと35なった(資料4)。背景には、株高等による消費者マイン30ドの改善を受けて、買い替え需要が喚起されたことがあると考えている。新車...

2013年3月25日商工中金フィードバック数:0社会/政治

2013・2014年度 経済見通し

... 年度前年度比+1.4%13 年度同+1.4%14 年度同▲1.0%個人消費は、エコカー補助金制度の終了とともに弱含んでいたが、2012 年 10-12 月期は実質で前期比+0.5%と 3 四半期振りのプラスとなるなど、消費者マインドの改善とともに下げ止まりの兆しがみられる。13 年度は、当面は所得環境の厳しさから低迷が見込まれるが、企業収益の回復とともに所得環境も緩やかに改善し、持ち直しへ向かう。さらに年度末にかけては、翌年...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ