調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > エネルギーシステム

「エネルギーシステム」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2013年6月14日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

海外における再生可能エネルギーにかかる公的研究機関に関する調査 報告書

...他 ....................................................................................................................... 732.5 フラウンホーファー研究機構太陽エネルギーシステム研究所:ドイツ.................. 742.5.1 機関概要 .................................................................................................................... 742.5.2 機関...

2014年4月22日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

タイ・ナコンナヨク県スマートシティ構想実現のためのバイオメタンエネルギーシステム

...平成 25 年度 貿易投資促進事業(実証事業・一般案件)タイ・ナコンナヨク県スマートシティ構想実現のためのバイオメタンエネルギーシステム事業報告書平成 26 年 3 月株式会社 関根産業目次第1章 事業の背景-------------------------------------------------- 3第2章 事業の目的-------------------------------------------------- 4第3章 実施...

2013年6月5日電力中央研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

家庭の節電は継続するか?

...期的には楽観視すべきではない。こうした点も考慮に入れながら、節電の継続性を引き続き注視していく必要があるだろう。電力中央研究所西尾健一郎社会経済研究所/ にしおエネルギー技術評価領域 主任研究員けんいちろう2002年入所。専門は省エネルギー技術・政策評価、エネルギーシステム工学。弱まる社会のために節電したいと思った(規範的動機)効果的な節電方法を知る機会が増えた(情報的動機)電気代を節約したいと思った(経済的動機)2011年夏よりも東電世帯強まる関電世帯節電のために我慢するようになった節電のために工夫するようになった節電に積極...

2014年11月14日みずほ情報総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

水素社会についての調査です。

国内における一般市民の水素社会受容性

...社会調査から得られた示唆国内における一般市民の水素社会受容性(1/2)本稿は、『水素エネルギーシステム』2014年、Vol.39、No.3 (発行:一般社団法人水素エネルギー協会、2014年9月30日発行)に掲載されたものを、同編集部の承諾のもと掲載しております。みずほ情報総研 環境エネルギー第2部 チーフコンサルタント 齋藤 文 1.背景・目的 水素は今日まで、一般市民にとって身近な物質ではなかった。日常生活において水素そのものを目にする、または触れる機会はほとんどなく、多く...

室温が家庭血圧に与える影響についての実証調査

...「住まいと健康」に関する共同研究 室温が家庭血圧に与える影響についての実証調査を実施 -足元付近の室温が10℃低下することにより、血圧は平均9mmHg上昇- オムロン ヘルスケア株式会社(本社所在地:京都府向日市、代表取締役社長:荻野 勲)と慶應義塾大学 理工学部(伊香賀俊治教授)、自治医科大学 循環器内科学部門(苅尾七臣教授)、住宅や建築物の省エネルギーシステムの開発・販売を行うOMソーラー株式会社(本社所在地:静岡県浜松市、代表取締役社長:飯田祥久)は、「住まいと健康」につ...

2013年9月19日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

省エネルギー技術開発と企業価値

...での製造業に属する上場企業の特許データを用いて分析を行った結果は、以下の2点に整理できる。第1に、無形資産の蓄積が企業価値に与えた影響に関する分析結果であるが、無形資産および省エネ技術を除く無形資産の蓄積は、企業価値を向上させることに寄与していることがわかった。これは先行研究とも整合的である。一方、省エネ技術に関する無形資産の蓄積は、企業価値を減少させていることが分かった。省エネ技術の研究開発の成果物は、開発した企業の属する産業以外にも、多くの産業分野であまねく利用される可能性が高い。また、発電技術やエネルギーシステムに係る技術のように、その...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

平成23年度 インフラ・システム輸出促進調査等委託事業(グローバル市場におけるスマートコミュニティ等の事業可能性調査:豪州リプリーバレースマーコミュニティ開発調査)

...に沿ったマテリアル・フローの作成、マテリアルフローに基づく必要システム規模の算定、必要システムの導入と運転に関する費用の試算、期待されるサービス等の提供価格の算定、机上での経済性の計算などを実施する。2検討を進めるシステム地域エネルギーシステムとして・地域電気・熱供給システム・再生可能エネルギー導入・自律型エネルギーシステム・デマンド管理/制御システム低環境負荷型ビルシステムとして・省エネ空調・照明システム・先進的な BEMS の導入、低環境負荷型交通システムとして・デマンド交通システム・カー...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

平成23年度インフラ・システム輸出促進調査等委託事業(グローバル市場におけるスマートコミュニティ等の事業可能性調査:中東欧におけるスマートコミュニティ構築)事業可能性調査報告書

...-443. 事業性検討 ......................................................................................................................................... 3-13.1 スマートエネルギーシステム...

2015年4月3日科学技術振興機構フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

炭素価格の導入における中国輸出貿易コストへの影響分析(その2)

...炭素価格の導入における中国輸出貿易コストへの影響分析(その2)2015年 3月31日顧 阿倫:博士、清華大学エネルギー環境経済研究所准教授略歴主な研究テーマはエネルギーシステム分析と気候変動政策。国家科学技術支援計画「国際社会の気候変動における各業界の排出削減と市場メカニズム中の主要問題に対する支援技術研究」に参加。 3 標準モデルによる測定結果 2005年から2007年にかけての中国の輸出製品のコストを検証すると、エネルギーコストは各年、輸出額の約13%を占めている。仮に、輸入...

2014年7月6日科学技術振興機構フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

中国の大気汚染は果たして「悪化の一途をたどってきた」のか?-データが示すPM2.5問題の背景と実態-(その2)

... 日本貿易振興機構アジア経済研究所副主任研究員 2007年4月 九州大学経済学研究院准教授(現在に至る)客員研究員等1999年8月~2002年3月 中国 清華大学技術・経済エネルギーシステム分析研究院 客員研究員1999年9月~12月、2000年7月~12月、2001年3月~6月、2003年9月~2004年3月 世界銀行短期コンサルタント2002年6月~2002年8月 国際協力銀行エネルギー経済専門家2006年5月~2007年3月 朝日新聞社アジアネットワーク(AAN)客員研究員2007年7月...

2014年1月16日JA共済総合研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

小水力発電についてのレポートです。

日本の小水力発電の現状と課題

...運転を開始した「賀 祥発電所」(最大出力260kW)の総事業費は3小水力発電の抱える課題は多く、個々の問億2,000万円だが、そのうち5,000万円は2012題への対処は重要だ。しかし、それと同時に、年に募集したとっとり県民債「ゲゲゲのふる分散型エネルギーシステムを基礎とする持続さと」で調達した資金10億円から、その他は可能な地域社会を構築するために、小水力を公営企業債の発行で賄われている。中国電力どのように活用してゆくべきか、という長期に全量を売電することで見込まれる収入的なビジョンが必要となろう。4,060...

2014年7月6日科学技術振興機構フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

中国の大気汚染は果たして「悪化の一途をたどってきた」のか?-データが示すPM2.5問題の背景と実態-(その1)

... 日本貿易振興機構アジア経済研究所副主任研究員 2007年4月 九州大学経済学研究院准教授(現在に至る)客員研究員等1999年8月~2002年3月 中国 清華大学技術・経済エネルギーシステム分析研究院 客員研究員1999年9月~12月、2000年7月~12月、2001年3月~6月、2003年9月~2004年3月 世界銀行短期コンサルタント2002年6月~2002年8月 国際協力銀行エネルギー経済専門家2006年5月~2007年3月 朝日新聞社アジアネットワーク(AAN)客員研究員2007年7月...

2013年4月11日電通★フィードバック数:5製造業/エレクトロニクス

消費者の環境問題についての意識調査です。

電通グリーンコンシューマー調査2013

...加。購入を検討したことがある人まで加えると、環境訴求商品に興味を示した人は 83%にも及ぶ。環境訴求商品の購買経験(%)購入を検討したことはあるが、購入したことはない購入したことがある(N)2012年(1000)2013年(1000)購入を検討したことはない463222562717【基数:対象者全員】・多少高くても、今後利用したい環境問題に配慮している商品やサービスは、1 位「住宅設備」(55%)、2 位「自動車」(54%)、3 位「家電製品」(53%)。・特に「住宅設備」「家庭用エネルギーシステム...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度太陽光発電無線送受電技術研究開発(マイクロ波による精密ビーム制御技術の研究開発)成果報告書

...一層その導入拡大を図ることが重要となっている。宇宙太陽光発電システム(SSPS:Space Solar Power System)は、地上での太陽光発電と異なり、昼夜や天候に左右されることなく発電が可能であることから、将来の新エネルギーシステムの一つとしてその実現が期待されているところであるが、実用化に至るまでには長期の研究開発と段階的な技術実証が必要である。宇宙基本計画(平成21年6月宇宙開発戦略本部決定)においても、最初に「エネルギー伝送について地上技術実証」をおこない、その後実証や検討を行った後に「軌道上実証」へ移...

2013年6月14日経済産業省フィードバック数:1ビジネス

平成24年度我が国情報経済社会における基盤整備「東日本大震災復興計画におけるIT活用・再生可能エネルギー導入によるBCP・DCP及び産業復興モデル構築の可能性調査」報告書

...入が多くの自治体で計画に盛り込まれている。この形態は、多数の人口規模を抱える 大都市から小規模な農村まで総じて高いニーズを有する。  9 (2)災害公営住宅等におけるエネルギー源としての導入  2番目に多い形態としては、新たに整備される災害公営住宅に、太陽光パネルなどの新 たなエネルギーシステムを導入しようとする形態である。  (3)被災した土地の有効活用のための導入  3番目に多い形態としては、被災により従来と同様の活用が困難となった土地を有効活 用するために、メガソーラーなどの再生可能エネルギー機器を設置し、そこから売電収入 を得...

2015年4月3日科学技術振興機構フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

炭素価格の導入における中国輸出貿易コストへの影響分析(その1)

...炭素価格の導入における中国輸出貿易コストへの影響分析(その1)2015年 3月30日顧 阿倫:博士、清華大学エネルギー環境経済研究所准教授略歴主な研究テーマはエネルギーシステム分析と気候変動政策。国家科学技術支援計画「国際社会の気候変動における各業界の排出削減と市場メカニズム中の主要問題に対する支援技術研究」に参加。 要旨 気候変動に対する政策はさまざまあるが、昨今、市場メカニズムを活用した手法が広範な政策ツールのひとつとして応用されている。国際排出量取引制度、たとえばEU ETS(欧州...

再生可能エネルギーの利用にあたっての様々な課題について

...力に依存することへの不安や地域に賦存する再生エネルギーの利用に関心が高まりや、そして、諸外国に比べ高い買取価格の設定により太陽光発電設備が過度なまでに普及していった。 これからの再生可能エネルギー源の利用について、国の「エネルギー基本計画」では、再生可能エネルギーの導入加速を推進していくため、経済性を確保できる風力・地熱の導入に向けた諸課題解決への取組み、また、太陽光や地域の多様な主体が中心となって設置する風力、小河川、農業用水などを活用した小規模水力発電などの小規模な再生可能エネルギー源を組み合わせた分散型エネルギーシステムの構築を加速していくよう、個人...

2013年7月25日経済産業研究所フィードバック数:5製造業/エレクトロニクス

再生エネルギーを軸とする地域成長戦略『八策』~提言『八策』&その実現に向けた地域ビジョン『八策』

...のバイオマスを活用したグリーン産業の創出と、太陽光・小水力等を組み合わせた地域循環型エネルギーシステムの構築を支援するバイオマス産業都市が構想されています。これによって、バイオマス産業を軸とした環境にやさしく災害に強いまちづくり・むらづくりを推進しようというものです。 提言「八策」第1の提言は、「再生エネルギー関連4大政策を契機に、真の自然資源大国・日本を目指そう!国土の9割を占める田畑・山林を"ガス田・油田化"する技術を磨こう!」です。廃棄物系バイオマスの年間発生量(2010年)は、下水汚泥7800万トン、食品廃棄物1900万トン、家畜...

2013年12月26日みずほ情報総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

水素エネルギーの活用に向けた日本の取組みと将来展望

...年までにFCV量産車の販売台数の見通しに応じて100箇所程度の水素供給インフラの先行整備」を目指すことを宣言したものである(10)。新しいエネルギーインフラ導入の際に常に問題になる「タマゴが先か、ニワトリが先か」という議論に対し、車もインフラも、どちらについても共同で普及に取組んでいくという姿勢が示された。 水素や燃料電池については、国内の産官学に渡るさまざまな機関が研究開発に携わっている。燃料電池については、1980年代から開発が進められてきた。水素に関しては、古くはニューサンシャイン計画の一環として実施された水素利用国際クリーンエネルギーシステム...

2014年7月23日経済産業研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

セミナー資料です。

最近のエネルギー情勢とエネルギー基本計画の概要

...火力や天然ガス火力の発電効率の向上、分散型エネルギーシステムの普及拡大、メタンハイドレート等の国産資源の開発、安全の確認された原発の再稼働、放射性廃棄物の最終処分問題やその減容化・有害度の低減等をしっかりと進めていかなければならない。 議事録エネルギー基本計画についてエネルギー基本計画は、エネルギー政策基本法(2002年(平成14年)公布・施行)に基づき、エネルギー需給に関して総合的に講ずべき施策などについて、関係行政機関の長や総合資源エネルギー調査会の意見を聴いて、経済産業大臣が案を策定し、閣議決定するものです。本年4月...

2013年4月2日みずほ情報総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

日本の省エネルギー政策の最新動向と今後求められる方向性

...の省エネ政策に求められる方向性は既に述べたが、これは部分最適なエネルギー以上で述べてきたことを踏まえると、今後の構築を志向していると言える。2.(2)節で紹介省エネ政策に求められる方向性としては以下のしたスマートコミュニティは全体最適なエネルものが重要である。ギーシステムの一例であり、今後の省エネ政策システムから全体最適なエネルギーシステムので目指すべき一つの形態である。(1)民生部門への対策強化省エネ法改正の変遷や今回の改正案を鑑みると、スマートコミュニティは、スマートメーターやBEMS、HEMS等を活用し、分散...

2014年6月17日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度省エネ家電買換えによる二酸化炭素排出削減計測・認証事業報告書

...ートホームの概念設計 ........................................................................................... 423.4.3 想定されるサービス ...................................................................................................... 463.4.4 サービスの受容性(アンケート調査) ......................................................................... 593.4.5 地域エネルギーシステム...

UK AD& BIOGAS 2014

...ことが重要かつ価値のある特徴であることは、ドイツが自国のエネルギーシステムにおける AD の重要性が示している。家庭や分散型で行われるエネルギー資源として、AD はエネルギー価格の高騰と供給の混乱に対するエネルギーの安全性を保証するための重要な役割を担う必要がある。また、AD は、農場のスラリーや廃棄物のリサイクル、そして、栄養源を多く含んだ肥料の生産によって、もっと多くの利益をもたらすことができる。我々の部門が先に述べてきた明らかな利点を持たなければ、ロンドン Whitehall にある 2 つの省庁の DECC と環境・食料・農村...

2015年4月16日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度二国間クレジット取得等インフラ整備調査事業(MRV等に関する人材育成)

...済産業省担当者等の日本政府関係者との意見交換等事業の対象国JCMの導入に関する二国間文書に署名した国を対象事業の対象分野我が国の低炭素技術・製品の普及に係る事業分野を対象対象分野の例:• JCM実現可能性調査(FS)等がすでに実施されており、具体的に実現可能性の高い事業分野• 対象国や近隣諸国において具体的な実例が少ない大型インフラ設備等の導入を伴う事業分野(例:石炭火力発電、排水・廃棄物処理、高効率送電網等)• 複数の先進的な技術の導入を伴う事業分野(例:ESCO事業、操業最適化、再生可能・分散型エネルギーシステムの構築等)事業...

2013年12月17日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

平成24年度国際石油需給体制等調査報告書(諸外国のエネルギー政策動向等に関する調査)

...網付帯施設の建設強化による風力発電の効果的な開発、太陽エネルギー、バイオマス、地熱等の新エネルギーの積極的な開発、分散型エネルギーシステムの普及と応用。1718李志東、「中国における天然ガス利用政策の動向」、2012 年 11 月、日本エネルギー経済研究所 HP 掲載。サーチナ中国株ニュース、2012 年 12 月 4 日付。17● 近代的送電網の構築、西電東送(西部の電気を東部に送電)の規模拡大、地域の主要幹線送電網の整備、UHV などの大容量、高効率、長距離の先進的送電技術の発展、スマートグリッド建設の推進、都市・農村...

2015年6月4日科学技術振興機構★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

科学技術振興機構のまとめです。

研究開発の俯瞰報告書2015年 システム科学分野

...は人々の価値の多様化に伴い、社会技術的側面がより重要視されている。システム科学技術分野 俯瞰図(2015年版)製品システムエネルギーシステム生産流通システム防衛システム上下水道システム交通システム防災システム(適合)社会通信システム医療システム健康システム介護福祉システムソフトウェアシステム年金システム行財政システムサービスシステムネットワーク論・サービス価値創造基盤システム・サービスシステムモデル・価値共創過程のモデリング・サービスデザイン・価値共創の測定・評価・製品サービスシステム・地域・コミ...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ