調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > エネルギー機関

「エネルギー機関」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

国際エネルギー機関のレポートの日本語版です。

「The Power of Transformaiton (電力の変革)」の日本語版

...合の拡大が目指されていますが、日本ではこれまで電力系統の制約条件を踏まえたVREの導入拡大の可能性について言及した書籍はほとんど見当たらず、ごく限られた専門家しか知り得ないという状況でした。そのような中、国際エネルギー機関(IEA)における「出力が変動する再生可能エネルギーの電力システム統合」(GIVAR(Gird Integration of Variable Renewables))プロジェクトの第三フェーズの結果を要約した“The Power of Transformation”が2014年に出版されました。日本...

原油を取り巻く環境は複雑多岐

...公表したエネルギー見通しの中で、在庫が増加する状況に変化が無いことから、原油価格がこの1-3月期も下落するとの見解を示しました。ただし、価格低下を受けてOPEC(石油輸出国機構)非加盟国、特に米国の原油生産の伸びが鈍化すると見込まれること(2014年:前年比+16%、15年:+7%、16年:+2%)などを背景に、需給関係は徐々に改善に向かうとして、在庫の増加は今年上半期がピーク、価格はこの1-3月期を底に、16年半ばにかけて上昇すると予想しています。16日には、国際エネルギー機関(IEA)も、OPEC非加...

足元の原油価格の動きとMLPの動向

...楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年5月8日2014年後半以降、下落基調が続いた原油価格( WTI原油先物価格)は、 3月中旬に約6年ぶりの安値をつけた後、足元で大きな反発を見せています。この背景としては、2015年4月にIEA(国際エネルギー機関)が世界の石油需要見通しを上方修正したほか、EIA(米エネルギー情報局)がシェールオイルの減産見通しを発表したことなどから、原油需給の改善に向けた期待感が高まったことなどが考えられます。そうしたなか、MLP価格...

米原油価格が約6年ぶり安値~原油を取り巻く環境の改善が期待される~

...楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年3月20日米原油価格が約6年ぶり安値~原油を取り巻く環境の改善が期待される~ 国際商品市場では、今月中旬以降に原油価格が再び軟調となっており、ニューヨークWTI原油先物価格は、足元で、およそ6年ぶりとなる1バレル=43米ドル台を付けました(終値ベース)。この背景には、米国で、エネルギー当局が2015年の米原油生産見通しを引き上げたことや、週間統計により原油在庫の増加が続いていることが確認されたほか、国際エネルギー機関が、原油...

足元で反発がみられる原油価格~持続的な回復に向けた条件とは?~

...需給の改善見通しが相次ぎ発表されたことや、米国原油の生産ペースに鈍化がみられたことなどが挙げられます。原油は近年、新興国での需要が減少する一方、米シェールオイル生産が急増するなか米国在庫は過去最高水準の積み上がりとなっており、世界的な需給バランスの悪化が続いてきました。しかし、原油価格の急落により、米国での原油リグ(掘削設備)稼働数が今年に入って急減したことなどを受け、米当局が同国原油生産の減少見通しを発表したほか、IEA(国際エネルギー機関)が世界の石油需要見通しを上方修正したことなどから、足元...

2014年11月11日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

何が"first fuel"となるか?

...大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日本の3氏がノーベル物理学賞を受賞したニュースは、喜ばしいニュースとして日本を沸かせた。少ない電力で青色に光る発光ダイオード(LED)の発明が、省エネルギー業界に与えた影響は大きい。LED電球のエネルギー効率は、従来の白熱電球と比較して6倍程度高く(LED蛍光管の場合は従来型と比較して2倍程度)、高い水準の省エネルギーを可能にした。IEA(国際エネルギー機関)によると、世界の電力需要の約20%を照...

2015年1月28日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

気候変動対策と国際競争力

...ートラルな世界では勝つ」、そうしたシナリオに賭けているようにもみえる。IEA(国際エネルギー機関)の試算によれば、大気中の温室効果ガス濃度を450ppmで安定化させるためには、省エネおよび低炭素エネルギー技術への投資額を2035年に現状の6倍まで増やす必要がある。新興国を含め、世界中で省エネ・低炭素技術の需要が拡大する可能性がある。わが国企業の高い技術力を活かし、これらの需要を取り込む戦略も必要だ。これから策定されるわが国の「約束草案」の議論では、短期的なコストを考慮するのみでなく、2050年のカーボン・ニュ...

2013年7月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

オバマ政権の気候変動対策

...り方をめぐる国際交渉を有利に進めることにある。MEFで中国やインド等から将来枠組みに参加しやすい条件を引き出すことができれば、UNFCCCにおける米国の影響力は強まっていくであろう(図表2)。今後の気候変動交渉の動向が注目される。図表2 主なMEF参加国・地域の二酸化炭素排出量推移 (出所)国際エネルギー機関(IEA)資料から大和総研作成 (※1)「大統領気候行動計画」および演説動画は米国政府ウェブサイト(※2)EPAウェブサイト(※3)EPAウェブサイト(※4)参加国は、日本、米国、英国、フランス、ドイツ、イタリア、カナダ、ロシア、中国、イン...

2015年6月7日国際環境経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2030年度電源構成のなかの再生可能エネルギー(再エネ)比率の意味を考える(その4)

...の一次エネルギー換算量の把握が必要である(見落とされているエネルギー科学技術の常識) いま、避けようとしても避けられない日本経済の貿易赤字を少しでも削減するために、化石燃料の輸入金額を節減する際に留意しなければならないことは、電力の生産に使われている化石燃料資源量よりも大きな量の化石燃料が電力以外として使われていることである。すなわち、一次エネルギー資源として化石燃料の保有エネルギー量で表した場合の電力のエネルギー量の比率、電力化率の値を、IEA(国際エネルギー機関)のデータ(日本エネルギー経済研究所(エネ研データ、文献4-1))から...

水素社会を拓くエネルギー・キャリア(3)

...らから得られる電力の発電コストに跳ね返る。2011年のIEA(国際エネルギー機関)の調査によると、日本の太陽光発電の発電コストは世界の約2倍(日本 0.376$/kWh:世界 0.187$/kWh)注2)、風力(陸上風力)の発電コストは約3倍(日本 0.124$/kWh:世界 0.04$/kWh)注3)となっている。発電コストの絶対値は技術進歩による機器の効率向上や価格の低下により下がる可能性があるが、資源量の質や量に起因する日本の太陽、風力エネルギーのコスト面での劣位は如何ともしがたい。 最近、FIT(再生...

2014年4月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

金融危機5周年、米経済に変革の兆し-シェールガス革命が復興の鍵に

...輸出では液化施設や専用船等、時間とコストを要する。そのため、海外との価格差は大きく、米国の生産地価格は、欧州の輸入価格の1/3、日本の1/5と低く、今後も一定の価格差が残される。また、天然ガスの埋蔵量は消費の100年分とされ、豊富で低価格の天然ガスを利用できる米製造業の優位性は大きい。昨年11月発表のIEA(国際エネルギー機関)報告では「ロシアの生産次第では2013年中に最大の産出国となり、2035年にはエネルギーの国内自給が可能」と指摘しているが、米エネルギー庁(EIA)の見通しでは2035年のエネルギー自給率は90%とす...

2014年7月6日科学技術振興機構フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

中国の大気汚染は果たして「悪化の一途をたどってきた」のか?-データが示すPM2.5問題の背景と実態-(その2)

...~2009年1月 国際エネルギー機関(International Energy Agency)コンサルタント2008年4月~2010年3月 東京大学社会科学研究所・客員准教授2009年1月~2010年1月 総合資源エネルギー調査会臨時委員2011年4月~2012年3月 東京大学社会科学研究所・非常勤講師 第12次五カ年計画(12・5計画)では環境対策は更に加速 すなわちNOxこそが未だ対策の手が届かない、元凶である。先の北京大学によるPM2.5排出源推計は2006年のものであり、その...

2014年7月6日科学技術振興機構フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

中国の大気汚染は果たして「悪化の一途をたどってきた」のか?-データが示すPM2.5問題の背景と実態-(その1)

...~2009年1月 国際エネルギー機関(International Energy Agency)コンサルタント2008年4月~2010年3月 東京大学社会科学研究所・客員准教授2009年1月~2010年1月 総合資源エネルギー調査会臨時委員2011年4月~2012年3月 東京大学社会科学研究所・非常勤講師 はじめに 中国各地で煙霧(スモッグ)が頻発、ニュースや記事では視界がほとんどない都市の風景写真を掲げ、大気汚染が深刻な状況を伝えている。もちろん中国の大気がひどい汚染状況であることは否定しない。しか...

Co2削減、エネルギーについてのレポートです。

2050年、05年比でCO2、6割削減は可能

...原油価格は実質横ばい原油価格の高止まりの継続20015010050(年)0198019701990200020102020203020402050(資料)国際エネルギー機関「World Energy Outlook 2014」などを参考に想定エネルギー消費量――GDPの1%投資で4割減(電力は3割減)毎年、GDPの1%相当額を省エネに投資するとした。その結果、石油ショック後から 2013 年度までの省エネ進展のトレンドが各部門で継続すると仮定した。そのほかに 50 年度には現在の米国のGDP構成...

2015年6月25日トレンダーズフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

「日本における気候変動や地球温暖化対策への意識」に関するレポート

...供給といったこれらの課題に対して官民連携で真摯に取り組まなければ、再生可能エネルギーの飛躍的な普及は難しいです。また、こうした再生可能エネルギーの課題を考慮すると、「安全性が大前提にはなりますが、原子力発電所の再稼動がなければ温室効果ガスの削減目標の達成は難しい」のが実情ではないかと思います。確かに事故のリスクを抱えているものの、原子力発電は大量の電力を安定的に供給できる低炭素電源であることをIPCCやIEA(国際エネルギー機関)は提唱しています。しかし、福島事故後4年経った今も、原子力発電は安全性やリスク管理の観点において、国民...

2015年5月19日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度エネルギー需給緩和型インフラ・システム普及等促進事業(グローバル市場におけるスマートコミュニティ等の事業可能性調査:英国におけるアンシラリーサービス提供を目的としたグリッド・ストレージ事業の実現可能性調査)

...運用者が確保すべきアンシラリーサービスの価値が高まっており、短周期での出力変動に対応できる大容量蓄電池の市場規模拡大が見込まれる。また IEA(国際エネルギー機関)は、電力系統用途の大容量蓄電池の導入ポテンシャルについて、欧州における需要増の牽引により世界全体で 2020 年までに約 50GW まで拡大すると予測しており、この状況を事業機会と捉え、蓄電池によりアンシラリーサービスを提供するグリッド・ストレージ事業の展開を構想する企業も出現している。本事業では、欧州...

2014年5月21日国立国会図書館フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

廃棄物発電の現状と課題

...)と比べ、発電施設数は少は連邦レベルで FIT を導入するものであり、電ないが総発電能力では上回っている。(39)。前述した我が力事業者に対し、再生可能エネルギー発電等を国際エネルギー機関(International Energy Agen-行う小規模事業者(適格認定設備(Qualifying Fa-cy: IEA)の統計によれば、米国における廃棄物cilities:QFs)) から、電力事業者が自ら発電し発電の総発電量(2012 年) は、都市廃棄物(再た場合、または QFs 以外...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ