調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > エネルギー経済

「エネルギー経済」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2015年6月25日原子力委員会★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

エネルギー情勢についてのレポートが含まれます。

第25回原子力委員会定例会議資料

...平成27年6月23日(火)14:30〜中央合同庁舎4号館12階共用1202会議室 議題原子力利用の「基本的考え方」について(日本エネルギー経済研究所 理事長 豊田正和氏) IFNEC(国際原子力エネルギー協力フレームワーク)運営グループ会合の結果概要について...

豪州の資源・エネルギー分野の主要プロジェクト

...豪州の資源・エネルギー分野の主要プロジェクト 〜資源エネルギー経済局発表「Resources and Energy Major Projects, October 2014」より〜  2014年11月26日、豪州連邦政府・資源エネルギー経済局(BREE)は「Resources and Energy Major Projects, October 2014」を発表した。同発表資料には、資源・エネルギー分野の主要プロジェクト件数及びプロジェクト価値(投資額)等が記載されている。 本稿では、当該...

2015年1月14日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度 発電用原子炉等利用環境調査(原子力産業動向調査)報告書

...平成25 年度発電用原子炉等利用環境調査(原子力産業動向調査)報告書平成26年3月一般財団法人 日本エネルギー経済研究所本書は、「平成25年度発電用原子炉等利用環境調査」として経済産業省から一般財団法人日本エネルギー経済研究所が受託して実施した『原子力産業動向調査』の報告書である。目次第一部 国内...

2015年6月4日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度二国間クレジット取得等インフラ整備調査事業(CDM・JIの運用に係る国際的枠組に関する調査)報告書

...平成 26 年度二国間クレジット取得等インフラ整備調査事業CDM・JIの運用に係る国際的枠組に関する調査報告書平成27年3月一般財団法人 日本エネルギー経済研究所はじめに2012 年に京都議定書第 1 約束期間は終了したが、我が国は引き続きカンクン合意に基づき温暖化対策に取組むことが求められている。途上国における温暖化対策の取組みを支援する上で、京都メカニズムは、今後も重要な位置を占めるとともに、我が国の優れた技術の国際的な普及の観点においても、CDM(クリーン開発メカニズム)及び JI(共同...

2014年3月27日日本総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

【新エネルギー基本計画検証シリーズ No.3】わが国省エネ戦略の方向性-オイルショックからの示唆

...,000707580859095200005原単位要因構造要因10 年度1973-1977年度(資料)(財)日本エネルギー経済研究所「EDMC/エネルギー・1979-1983年度(資料)(財)日本エネルギー経済研究所「EDMC/エネルギー・経済統計要覧」により、日本総合研究所作成経済統計要覧」により、日本総合研究所作成(注)PJ は 1015J のこと(注)PJ は 1015J のこと図表 10 わが国粗鋼生産量の推移(見掛消費量イメージ)図表 9 製造業のエネルギー消費量変化の要因分解(第 1 次オイルショック)億トン1001.450...

2014年10月5日科学技術振興機構フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

中国科学技術月報2014年10月号(第96号)

...・・・ 西岡 哲(株式会社地圏環境テクノロジー 代表取締役社長)・・・ 呂 正(日本エネルギー経済研究所研究員)・・・ 白石 和良(元農林水産省農業総合研究所海外部長)・・・ 辻野 照久(科学技術振興機構研究開発戦略センター 特任フェロー)取材リポート中国の法律事情・・・ 屠 錦寧(中国律師(中国弁護士))・・・ 伊藤 ひなた(中国弁護士、アクトチャイナ(株)代表取締役社長)文化の交差点・・・ 朱 新林(山東大学(威海)文化伝播学院 講師)中国実感・・・ 河崎 みゆき(上海...

2014年4月4日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

民生用灯油小売価格調査

...)日本エネルギー経済研究所 石油情報センター単位:円/18㍑地域販売形態月北 海 道 局青 森岩 手宮 城秋 田山 形福 島東北局茨 城栃 木群 馬埼 玉千 葉東 京神 奈 川新 潟長 野山 梨静 岡関東局愛 知岐 阜三 重富 山石 川中部局福 井滋 賀京 都奈 良大 阪兵 庫和 歌 山近畿局鳥 取島根岡山広島山中口国局徳島香川愛媛高知四 国局福   岡佐 賀長崎熊本大分宮崎鹿 児 島九州局沖縄局全 国 平 均店頭価格121,6141,5441,5481,5321,5411,5451,5601...

2030年度電源構成のなかの再生可能エネルギー(再エネ)比率の意味を考える(その2)

...)に掲載された値で、エネルギー経済統計エータ(以下、エネ研データ、文献2-1)による値とは一致しない。例えば、原発発電量と火力発電の合計の総発電量に対する比率が、それぞれ、29%と61%となっているが、エネ研データ(文献2-1)から、電力事業者と自家発合計での比率は、24.9%と66.7%と計算される。3.11の原発事故以来、脱原発を訴える人々は、再エネ電力を利用すれば、原発は不要としている。表2-1に示す経産省の2030年度再エネ比率22~24%から、2030年度の総発電量が2010年度...

世界と日本の人口問題:食料とエネルギーの需給の問題に関連して(その1)

...が自給できない国があるが、それは主として内乱など政治の問題とみなしてよさそうである。一方で、工業先進諸国では、経済の発展による女性の職場進出など社会構造の変化に伴い、合計特殊出生率(TFR、一人の女性が生涯に産む子供の数)が、人口の維持に必要な値2.07を割るようになり、人口増加比率が減少し始めている。この傾向は、人口の多い中国やインドなどの発展途上国でも起こっており、今世紀中に、アフリカの人口増加を相殺して、世界人口は減少に転じるであろうとの推定もなされている(文献2 参照)。エネルギー経済統計データ(文献3)から、世界...

2015年6月4日国際環境経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2030年度電源構成のなかの再生可能エネルギー(再エネ)比率の意味を考える(その3)

...)排出削減率の値が、4月30日に、2013年度(国際的には西暦年が使われているが、国内のエネルギー統計(日本エネルギー経済研究所(エネ研)データ(文献3-1)では西暦でも年度が用いられているので、ここでは、年度で記す)に対して26%減との具体的な数値が提示された。このCO2削減率の値が、その2日前の4月28日に発表された表3-1に示す2030年度の電源構成(案)をもとに計算されたとされている(朝日新聞2015/5/1)。表3-1 経産省の2030年度の電源構成比率案、2013年度との比較 (朝日...

2015年6月3日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

アジアにおけるグリーン成長

...大学大学院工学研究院都市システム工学講座教授)九州大学大学院工学研究科修士卒業、米国ロードアイランド大学大学院博士(経済学専攻)。PhD(経済学)。サウスカロライナ州立大学ビジネススクール講師、東京農工大学大学院助教授、 横浜国立大学経営学部准教授、慶應義塾大学経済学部特別招聘助教授、仏ISEGマネジメントスクール客員教授、東北大学災害科学国際研究所准教授、東北大学大学院環境科学研究科環境・エネルギー経済部門准教授を経て、2015年4月より現職。地球環境戦略研究機(IGES)フェロー、RIETIファカルティフェ ロー、東京...

2015年3月3日トレンダーズフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

“エネルギー自給率”と“エネルギーセキュリティ”に関するレポート

...ルギーセキュリティの重要性今回のアンケート調査からは、人々の想像以上に低い日本の“エネルギー自給率”についての認識の実態が明らかになりました。その実態を知った人たちからあげられたのは、現在の“エネルギー自給率”に対する不安の声です。電力の安定供給にとって重要な要素となる“エネルギー自給率”。その「“エネルギー自給率”の向上」も含め、エネルギーの安定供給のために様々な方策を講じることを「エネルギーセキュリティ」と呼びます。この“エネルギーセキュリティ”について、日本エネルギー経済研究所の小山 堅氏にお話をうかがいました。◆ 国際...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度世界の原油市場を取り巻く環境と価格形成に影響を与える諸要因に関する調査報告書

...平成23年度石油産業体制等調査研究世界の原油市場を取り巻く環境と価格形成に影響を与える諸要因に関する調査報告書平成24年2月財団法人日本エネルギー経済研究所12はじめに堅調な途上国における石油需要の伸びや、リビアを始めとした中東・北アフリカの政情不安の影響による供給途絶、そして今年に入ってからはイランの核開発をめぐる国際的な緊張の高まりなどの要因を受け、世界の原油価格は高止まりの状態が続いている。特に、リビ...

2014年12月4日資源エネルギー庁★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

見やすくまとまっています。

「日本のエネルギー2014」(簡易リーフレット版)

...分以外の排出量は減っています。2010 年度2011年度2012 年度製造業のエネルギー消費原単位の推移出典:日本エネルギー経済研究所「エネルギー・経済統計要覧」、資源エネルギー庁「総合エネルギー統計」、経済産業省「鉱工業指数」を基に作成(指数)1001973 年度1002012 年度56.21990 年代以降は、目立った改善に至らない80日本はこれまで、一生懸命に省エネに取り組んで60石油ショックを受け大幅な省エネルギーを実現40います。が・・・(年度)10052020200095191990851919198073197520...

2015年6月7日国際環境経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2030年度電源構成のなかの再生可能エネルギー(再エネ)比率の意味を考える(その4)

...の一次エネルギー換算量の把握が必要である(見落とされているエネルギー科学技術の常識) いま、避けようとしても避けられない日本経済の貿易赤字を少しでも削減するために、化石燃料の輸入金額を節減する際に留意しなければならないことは、電力の生産に使われている化石燃料資源量よりも大きな量の化石燃料が電力以外として使われていることである。すなわち、一次エネルギー資源として化石燃料の保有エネルギー量で表した場合の電力のエネルギー量の比率、電力化率の値を、IEA(国際エネルギー機関)のデータ(日本エネルギー経済研究所(エネ研データ、文献4-1))から...

2017年4月14日パーク24フィードバック数:0ライフスタイル

「ガソリンスタンド選びと給油」についてのアンケート

...で快適なドライブを楽みましょう。※1 出典:経済産業省 資源エネルギー庁 「平成28年7月12日 揮発油販売者数及び給油所数の推移(登録ベース)」 ※2 出典:一般財団法人 日本エネルギー経済研究所 石油情報センター「セルフSS出店状況について(平成28年9月末現在)」 ※3 パーク24グループのタイムズレスキュー株式会社が提供するロードサービス出動実績(2016年10月期) ■調査概要調査対象:タイムズクラブ会員(2015年12月5日以降に入会し、直近でタイムズ駐車場・タイムズカープラス・タイ...

2014年3月30日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度石油産業体制等調査研究(各国のエネルギー関係企業・機関等の動向を踏まえた石油関連産業の分析) 報告書

...平成24年度石油産業体制等調査研究各国のエネルギー関係企業・機関等の動向を踏まえた石油関連産業の分析報告書平成25年3月一般財団法人日本エネルギー経済研究所はじめに現在国内及び国際エネルギー市場は大きな変化に直面しており、エネルギー関連企業もこれに伴い企業行動を変化させようとしている。まず国内では震災後、電力需給逼迫が大きな課題となるとともに、その市場のあり方については電力システム改革の議論の中で見直されようとしている。天然ガスについては、ガス...

2015年3月3日中国電力フィードバック数:0社会/政治

エネルギア地域経済レポート 2015年3月(No.488)

...緩和や価格低下といった短期的な見通しにより投資額が必要水準に届かず,結果,供給力不足により価格が高騰することが懸念されると指摘している。13 ■エネルギア地域経済レポート No.488 2015.3解 説(3)日本エネルギー経済研究所(IEEJ)と向かい,長期的には低コストで開発可能な石油IEEJ では,日本の CIF 価格(船積み価格に輸資源を有する OPEC 諸国による供給が増加して送コストや保険料を含めた輸入価格)について分いくとしている。析を行っており,2040 年断面で 127 ドル/バレルまた原油貿易については,日本・韓国・台湾...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

平成23年度民活インフラ案件形成等調査,タイ・マエモ石炭ガス化・電力事業調査報告書,和文報告書

...平成 23 年度民活インフラ案件形成等調査タイ・マエモ石炭ガス化・電力事業調査報告書平成24年3月経済産業省委託先 :財団法人日本エネルギー経済研究所三菱商事株式会社千代田化工建設株式会社禁転載ま え が き本報告書は、経済産業省から財団法人日本エネルギー経済研究所、三菱商事株式会社、及び千代田化工建設株式会社が平成 23 年度の事業として受託した「民活インフラ案件形成等調査」の成果をとりまとめたものです。本調査「タイ・マエモ石炭ガス化・電力事業調査」は、タイ王国マエモにおいて、マエ...

2014年7月6日科学技術振興機構フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

中国の大気汚染は果たして「悪化の一途をたどってきた」のか?-データが示すPM2.5問題の背景と実態-(その1)

... 日本貿易振興機構アジア経済研究所副主任研究員 2007年4月 九州大学経済学研究院准教授(現在に至る)客員研究員等1999年8月~2002年3月 中国 清華大学技術・経済エネルギーシステム分析研究院 客員研究員1999年9月~12月、2000年7月~12月、2001年3月~6月、2003年9月~2004年3月 世界銀行短期コンサルタント2002年6月~2002年8月 国際協力銀行エネルギー経済専門家2006年5月~2007年3月 朝日新聞社アジアネットワーク(AAN)客員研究員2007年7月...

2014年7月6日科学技術振興機構フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

中国の大気汚染は果たして「悪化の一途をたどってきた」のか?-データが示すPM2.5問題の背景と実態-(その2)

... 日本貿易振興機構アジア経済研究所副主任研究員 2007年4月 九州大学経済学研究院准教授(現在に至る)客員研究員等1999年8月~2002年3月 中国 清華大学技術・経済エネルギーシステム分析研究院 客員研究員1999年9月~12月、2000年7月~12月、2001年3月~6月、2003年9月~2004年3月 世界銀行短期コンサルタント2002年6月~2002年8月 国際協力銀行エネルギー経済専門家2006年5月~2007年3月 朝日新聞社アジアネットワーク(AAN)客員研究員2007年7月...

2014年4月4日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度石油産業体制調査研究石油製品需給、価格動向及び石油流通に関する実態調査―アジアの石油流通の現状及び価格形成メカニズム調査―

...平成 24 年度石油産業体制調査研究石油製品需給、価格動向及び石油流通に関する実態調査―アジアの石油流通の現状及び価格形成メカニズム調査―平成 25 年 3 月(一財)日本エネルギー経済研究所石油情報センター はじめに石油は一次エネルギー供給の約 5 割を占め、そのほぼ全量を海外からの輸入に依存するわが国において、国内石油精製業の経営基盤や国際競争力を強化し、国内における石油の安定供給を図ることはエネルギー安全保障の観点から極めて重要である。一方、わが...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度京都メカニズム推進基盤整備事業 CDM・JIの運用に係る国際的枠組に関する調査

...平成 23 年度京都メカニズム推進基盤整備事業CDM・JI の運用に係る国際的枠組に関する調査報告書平成 24 年 3 月財団法人日本エネルギー経済研究所はじめに我が国では、京都議定書目標達成計画で示されているように、着実かつ費用効果的な目標達成のために京都メカニズムを活用することとされており、我が国の優れた技術の国際的な普及の観点においても、CDM(クリーン開発メカニズム)及び JI(共同実施)を積極的に推進することは極めて重要な政策的課題である。CDM に関する国際ルール・手続...

2015年6月24日経済産業省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

エネルギー需給の調査です。

平成26年度エネルギー環境総合戦略調査(エネルギー需給動向調査)

...平成26年度エネルギー環境総合戦略調査(エネルギー需給動向調査)―経済産業省資源エネルギー庁委託調査―平成27年3月(一財)日本エネルギー経済研究所計量分析ユニットま え が き本報告書は、平成26年度に経済産業省資源エネルギー庁長官官房総合政策課の委託を受けて、当研究所で調査研究を行った結果をまとめたものである。資源エネルギー庁では、我が国への輸入又は国内での生産といった形で供給された各種のエネルギー源が、どのように転換され、最終的にどのような形態で、どの...

2013年6月14日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度発電用原子炉等利用環境調査(核燃料サイクル技術等調査)報告書

...平成24年度発電用原子炉等利環境調査(核燃料サイクル技術等調査)報告書平成25年3月一般財団法人 日本エネルギー経済研究所本書は、「平成24年度発電用原子炉等利用環境調査」として経済産業省から一般財団法人日本エネルギー経済研究所が受託して実施した『核燃料サイクル技術等調査』の報告書である。目次第 1 章 海外の核燃料サイクル施設の現状及び役務動向1.1-11-21-31-41-51-61-71-81-91-101-111-121-131-141-151-16ウラ...

2014年5月23日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度地球温暖化問題等対策調査(平成24年度実績に基づく自主行動計画の削減効果評価等事業)調査報告書

...項総変化分製造業【素材系】におけるエネ需要変動要因 簡易要因分析(80-12)10~10kcal150,000100,00050,0000-50,000-100,000-150,000原単位要因図 6生産要因 (IIP)総変化分製造業【合計】におけるエネ需要変動要因 完全要因分析(1970-2012)(出所)日本エネルギー経済研究所、EDMC エネルギー・経済統計要覧 2014 より、みずほ情報総研が作成13・素材系製造では、’92 年頃までのエネ消費原単位改善、その後、2000...

2013年12月28日中東協力センターフィードバック数:0社会/政治海外

イラク・クルディスタンの変わりゆく権力構図

...イラク・クルディスタンの変わりゆく権力構図   第4回議会選挙の結果から  (一財)日本エネルギー経済研究所中東研究センター         主任研究員 吉 岡 明 子はじめにれまでに実施された選挙結果を分析することに⑴ イラク北部の自治区 であるクルディスタンよって,政党間パワーバランスの変化とその背地域で,2013年9月に選挙が行われた。自治区景を明らかにする。そして今後のイラクに与えの国会にあたるクルディスタン議会の選挙である影響を考察したい。る。自治区で初の選挙が実施され,自治...

中国の動向です。

中国:石油・天然ガス消費鈍化の要因と今後の見通し

... 21 日に日本エネルギー経済研究所と CNPC 経済技術研究院が共同で開催したシンポジウムにおいて、CNPC の発表者は軽油需要鈍化の原因について鉄道の電化や天然ガス自動車の隆盛など石油から他のエネルギーへの転換を指摘した上で、低成長は 2030 年頃まで続く見通しと述べた。天然ガス自動車は改造車があり全体像を把握することは難しいが、「油ガス報告」によると 2005 年の 9.7万台から 2014 年に 230 万台に増加(主に CNG 車、LNG 車は推計 14 万台)しており、充填...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:2ビジネス

平成23年度政策評価調査事業諸外国における国営企業・特殊会社形態の企業体のあり方に関する調査

... de la Politique Energétique、LPOPE)2005-781は、フランスにおけるエネルギー政策の優先順位供給の安全性、原子力発電所の役割の再確認、競争力のあるエネルギー価格、温室効果ガス排出対策ならびに社会的および国家的団結)を規定している。エネルギー需要の管理(EDM)に関して、LPOPEは、国内規制により定義されるエネルギー経済証書(CEE)のシステムを導入した。EDFを含むエネルギー供給者は、省エネ対策と引き換えに、また...

2014年4月29日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成22年度東アジア低炭素化技術普及研究事業(クリーン・コール・テクノロジーの普及事業)

...平成 22 年度東アジア低炭素化技術普及研究事業(クリーン・コール・テクノロジーの普及事業)平成 23 年 3 月(委託先) 財団法人 日本エネルギー経済研究所はじめに埋蔵量が多く、他の化石燃料と比較して安価で安定的な供給が期待できる石炭は、今後とも必要不可欠なエネルギーである。近年、新興国において経済成長に伴いエネルギー需要が増大している。特に中国やインドを擁する東アジアにおいては、エネルギー源として石炭を利用する割合が高く、石炭需要は今後も増加することが予想されている。しかしながら、石炭...

2015年3月4日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度新エネルギー等導入促進基礎調査(海外における新エネルギー等導入促進施策に関する調査)報告書

...風力では最短距離の連系ポイントの容量制約のため、より遠い連系ポイントに接続しなければならなくなってきている)2)保険3)管理費4)燃料費(主燃料(バイオマス)、補助燃料)●生成熱量(クレジットとして)*7出所:各再生可能エネルギーの技術報告書 (Vorbereitung und Begleitung der Erstellung des Erfahrungsberichtes 2011 gemäß § 65 EEG)より日本エネルギー経済研究所作成*1:系統接続コストについては、連邦環境・自然保護・原子炉安全省(BMU)での...

Co2削減、エネルギーについてのレポートです。

2050年、05年比でCO2、6割削減は可能

...)試算14012010080604020脱原発ケース原発15%ケースCCS活用ケース実質GDPの水準0199020001020304050(年度)(注)63%削減のCCS活用ケースは脱原発でも原発維持でも、両者の差で発生する火力発電所のCO2はすべてCCSで吸収するので、排出削減量は同じ。脱原発は 30 年度以降、徐々に原発を廃炉にし、2050 年度にゼロ。原発維持は 30 年度以降、発電量の 15%を維持。(資料)日本エネルギー経済研究所データベース、国民経済計算より予測、実質GDPは「グロ...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成23年度内外一体の経済成長戦略構築にかかる国際経済調査事業(モンゴルにおける鉱物資源エネルギー分野への日本企業の海外進出事業環境整備に係る調査及び多角的分析報告書)

...平成23年度内外一体の経済成長戦略構築にかかる国際経済調査事業モンゴルにおける鉱物資源エネルギー分野への日本企業の海外進出事業環境整備に係る調査及び多角的分析報告書2012 年 3 月(財)日本エネルギー経済...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ