調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > オフィスビル需要

「オフィスビル需要」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2015年2月23日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

人手不足に対する企業の動向調査

...査とともに行った。■調査期間は2015年1月19日〜31日、調査対象は全国2万3,402社で、有効回答企業数は1万794社(回答率46.1%)調査結果 企業の37.8%で正社員が不足していると回答。「情報サービス」が6割近くに達しているほか、「建設」や「医薬品・日用雑貨品小売」など専門知識・スキルを必要とする業種で人手不足が深刻となっている。とりわけ、「金融」「旅館・ホテル」「メンテナンス・警備・検査」など、金融緩和による円安の好影響やオフィスビル需要の拡大を受けた分野で不足感が急拡大している 非正社員では企業の24...

シェール革命の影響がオフィスの賃料上昇にも拡がる米国

...の主要都市では力強いオフィス賃料の上昇が見込まれています。世界最大級の不動産サービス会社であるクッシュマン社*によると、テクノロジーやエネルギー、メディア関連企業などが米国のオフィスビル需要を牽引することで、オフィスの空室率が抑制され、2014年から2015年(以下、今後2年間)の賃料は大幅な上昇が継続すると予想されています。この傾向はサンフランシスコやボストンでは顕著となるほか、エネルギー関連企業の隆盛は、シェール革命に沸くヒューストンとダラスにも恩恵をもたらし、特にダラスでは空室率が高水準にも関わらず賃料が上昇するとみられています。また、ニュ...

2014年1月17日内閣府★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

内閣府のレポートです。

先行指標から見た設備投資

...性の優れたオフィスビルへ移転する企業が増加したことがあると考えられる。2013 年は新規供給が半減する一方、新規需要が増加するため、需給バランスが改善し、空室率は低下していくと予測されている。図9から空室率と新規供給の関係を見ると、空室率が低下した後、2∼3年後に新規供給が増加する傾向がある。このため、新規供給は 2014 年に増加した後も、2015 年∼2016 年にかけて増加基調で推移すると見込まれる。12図9500東京 23 区のオフィスビル需要(1,000坪)(%)8(予測)74003006200100504-1003-200-300-400-5002新規...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ