調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > カラーマネジメント

「カラーマネジメント」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年7月30日日本印刷技術協会フィードバック数:0マーケティング

デジタル販促の技術・サービスの導入意向が強く、リモートプルーフの満足度が高い

...査回答企業の平均従業員規模は119名、1社当たりの平均売上高は26億円であり、中堅クラスの印刷会社が中心である。【表1.現在導入率の高い順】表1.現在導入率の高い順表1は現在導入が多い順に並べたものである。第1位はカラーマネジメントシステムで73.7%、第2位がバリアブルデータ印刷の64.6%、第3位が高精細/高色域印刷で55.6%、以下電子出版/電子カタログが43.4%、メディアユニバーサルデザイン34.3%となっている。上位5つの項目は昨年から変わりがない。ただし、バリアブルデータ印刷、高精細/高色域印刷、メデ...

2014年12月12日アイティメディアフィードバック数:0デジタル家電

2014年下半期の「ディスプレイ」おすすめ“7選+α”

...スペースも広がるわけだが、今度は視点移動の距離が長くなり、上を向くシーンが増えて目や首、肩に負担がかかりやすくなってくる。日本の住環境を考えても、40型を超えるような4Kディスプレイをデスクに置いて使えるユーザーは限られるだろう。そう考えると、31.5型の4Kディスプレイは実用的なハイエンド環境と言える。 31〜32型の4Kディスプレイは他にも複数存在するが、FlexScan EV3237はノングレアのIPSパネルを搭載し、(カラーマネジメント対応のColorEdgeほど厳密な調整ではないが)1台ず...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成23年度我が国経済社会における基盤整備,印刷産業におけるビジネスモデルの調査研究事業報告書

... ソフトウェアの開発が米国ほど活発でなく、出荷本数自体が多いとはいえないが二桁の高い成長との見方が有力だ。BtoB‐W2P は市場全体を押し上げるほどの規模は形成していないが、米国と比べれば我が国BtoB‐W2P の市場は成長期に入りつつある黎明期の可能性が高い。今後3年以内に導入予定の新技術・サービス・システムWebToPrint電子書籍カーボンフットプリントJDFワークフローバリアブルデータ印刷カラーマネジメントシステムJDF対応MISデジタルサイネージリモートプルーフXML自動組版0.0%2...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ