「カード情報」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2015年7月31日オウチーノ★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Webサービス利用時の個人情報登録に関する意識調査

...個人情報を登録する際、抵抗を感じる情報は何ですか?」という質問をしたところ、68.2%の人が「クレジットカード情報」と回答した。次に、「個人情報を登録するに当たって、情報を取得する会社がどのような会社であれば信頼できますか?」という質問をしたところ、62.6%の人が「会社名を知っている」と回答した。68.2%が、「クレジットカード情報」の入力に抵抗を感じると回答! まず、「Web上に個人情報を登録する際、抵抗を感じる情報は何ですか?」という質問をした。最も多かったのが「クレジットカード情報」で68.2%、次に...

2015年2月6日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

情報セキュリティ10大脅威 2015

...威執筆者会メンバーの投票により選出した10大脅威の順位と概要は下記になります。第1位 インターネットバンキングやクレジットカード情報の不正利用 ウイルスやフィッシング詐欺により、インターネットバンキングの認証情報やクレジットカード情報が窃取され、利用者本人になりすました攻撃者による不正送金や不正利用が行われた。2014年は、個人口座だけでなく法人口座からの不正送金被害が急増した。 なお、2月6日にプレスリリースした「情報セキュリティ10大脅威 2015」の順位を発表では、タイトルを 「オンラインバンキングやクレジットカード情報...

2017年2月12日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

情報セキュリティ10大脅威 2017

...」という異なる視点で10大脅威を選出しています。IPAは、本資料が、読者自身のセキュリティ対策への理解と、各企業・組織の研修やセキュリティ教育等に活用されることにより、セキュリティ対策の普及の一助となることを期待しています。 ■「情報セキュリティ10大脅威 2017」 インターネットバンキングやクレジットカード情報の不正利用 スマートフォンやスマートフォンアプリを狙った攻撃 内部不正による情報漏えいとそれに伴う業務停止 インターネット上のサービスを悪用した攻撃攻撃のビジネス化(アン...

2014年10月15日BBソフトサービスフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

インターネット詐欺リポート(2014年9月度)

...なコピー品、粗悪な商品が送られてくるだけでなく、商品が送られず代金を搾取されるなどの被害が報告されています。また、最近は犯罪者が入手したクレジットカード情報を使って物品を購入し、それを転売して現金化したり、クレジットカード情報そのものをブラックマーケットで売買したりするなどの手口も確認されており、2次的な被害に発展する可能性もあります。今回の新製品の発売に便乗した偽販売サイトの増加は、今後もしばらく続くと予想されます。「Internet SagiWall™」は、ウェ...

2014年11月19日BBソフトサービスフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

インターネット詐欺リポート(2014年10月度)

...のネット詐欺種類検知率ハロウィーンに便乗した詐欺サイトを検知ハロウィーンの仮装用衣装販売を装った詐欺サイトを検知しました。85%オフという大きな値引きで注意を引く手口で、購入しても商品が送られてこないだけでなく、個人情報を盗み取られる被害に遭う可能性があります。ハロウィーンは日本でも数年前から定着し、多くのメディアで仮装パーティーの模様が取り上げられるようになり、犯罪者集団のターゲットになったものと想定されます。このような詐欺サイトは廉価販売によって集客を行い、違法なコピー品、粗悪な商品が送られてくるだけでなく、商品が送られず代金を搾取されるなどの被害が報告されています。また、最近は犯罪者が入手したクレジットカード情報...

2017年2月11日IPA★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

情報セキュリティ10大脅威 2017

...発生した社会的に影響が大きかったと考えられる情報セキュリティにおける事案から、IPAが脅威候補を選出し、情報セキュリティ分野の研究者、企業の実務担当者など約100名のメンバーからなる「10大脅威選考会」が脅威候補に対して審議・投票を行い、決定したものです。(*1) 2017年も昨年同様に「個人」と「組織」という異なる視点で10大脅威を選出しています。「情報セキュリティ10大脅威 2017」個人別・組織別 順位  昨年に引き続き「個人」、組織の1位に変動はなく、個人は「インターネットバンキングやクレジットカード情報の不正利用」、「組織」は「標的型攻撃による情報流出」でし...

2012年4月25日Sofosフィードバック数:35セキュリティ/ネットワーク

Macのマルウェアに関する調査

.../Invo 3.0% 7. Troj/Wimad 2.6% 8. Mal/Iframe 1.5% 9. Mal/JavaGen 1.4% 10.その他 61.2%また、ソフォスのアナリストは、全体の2.7 パーセント(36 台に 1 台)の Mac PC に、Mac OS X マルウェアが入りこんでいることも確認しています。 Mac PC で検出された Mac OS X マルウェアの上位は、全世界で60 万台以上のMac が感染し最近話題になったトロイの木馬 Flashback botnet や、クレジットカード情報...

2009年8月12日アイシェアフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

『スキミング』『フィッシング』の知名度は8割半以上~ネット決済で暗証番号項目の有無「気にしたことがない」2割半

...め、セキュリティ保護ほど暗証番号の有無は重視されていない様子がうかがえた。また、機械を使ってカードの磁気情報を盗み取る『スキミング』、偽のウェブサイトのURLを張りつけたメールを送りつけカード情報を登録させる『フィッシング』、新たなカード犯罪である『クレジットマスター』についてそれぞれの内容を提示した上で聞いたところ、『スキミング』は89.6%、『フィッシング』も86.1%が「知っている」と回答。クレジットカード利用者ではどちらも9割を超える知名度で、『スキミング』と『フィッシング』は有...

2016年10月12日トレンドマイクロフィードバック数:0マーケティング

想定される賠償額は約2千万円、ECサイトのセキュリティ課題とは?

...想定される賠償額は約2千万円、ECサイトのセキュリティ課題とは? 大手企業が運営するモール型の ECサイトが普及し、多くのショップが実店舗での販売だけでなく、ネット販売を行うようになりました。こうしたネット販売が一般的になったことで、モール型の ECサイトだけでなく、自社で ECサイトを構築し、ビジネスを行う企業も増えています。こうした ECサイトを運営する企業は、顧客の個人情報やクレジットカード情報を取り扱うため、そういった情報を狙ったサイバー犯罪者に標的とされる可能性があります。万が...

インターネットショッピングに関する動向調査2012

...を確かめてから支払ったほうが安心だから(23.4%)2位 コンビニで支払えるから(16.2%)3位 クレジットカード情報の不正利用の心配があるから(12.4%)代引きを選んだ理由1位 支払の手間がかからないから(87.7%)2位 ポイントなどの特典が受けられるから(52.1%)3位 現金がなくても利用できるから(29.3%)利用したい支払い方法がなければ、「購入自体をやめる」が24.2%、 「利用したい支払い方法が用意されている他のサイトで購入する」が49.5%。 実に73.7%の人が、利用...

2015年3月16日総務省★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

訪日外国人も調査対象です。

公衆無線LAN利用に関する情報セキュリティ意識調査

...時の基本的なセキュリティ対策が十分なされていないアクセスポイントのSSID※1や暗号化、SSL※2通信の確認等の基本的な情報セキュリティ対策について、日本人の実施率が2〜3割と極めて低い。※1 SSIDとは、接続しているアクセスポイントの名称。※2 SSLとは、ウェブサイトで入力する個人情報やクレジットカード情報などを暗号化し、安全に送受信する技術調査結果のポイント及び詳細については以下の公表資料をご参照ください。 3.公表資料・別紙1 「公衆無線LAN利用に係る調査結果(概略版)」・別紙2 「公衆無線LAN利用に係る調査結果(詳細版)」(参考) 無線LANを安...

2016年2月18日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

情報セキュリティ10大脅威 2016

...分類で10大脅威を選出しました。また、その上で、個人と組織の総投票数から従来の総合的な10大脅威を選出しています。IPAは、本資料が、読者自身のセキュリティ対策への理解と、各企業・組織の研修やセキュリティ教育等に活用されることにより、セキュリティ対策の普及の一助となることを期待しています。 ■「情報セキュリティ10大脅威 2016」 個人別・組織別 順位( )内は総合順位、(-)は総合順位でのランク外です。 インターネットバンキングやクレジットカード情報の不正利用(1位)ランサムウェアを使った詐欺・恐喝...

2014年8月28日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

eコマースに関するグローバル調査

...ジットカード利用の際のオンラインセキュリティは依然として東南アジア地域全体で主要な懸念事項となっており、カード情報をインターネット上で提供することに関する懸念の度合いは東南アジア6市場のうち5市場において世界平均を超えています。クレジットカードでのオンライン決済に最も慎重なのはフィリピンで(67%がオンラインでは安心してカード情報を預けられないと回答しています)、続いてタイ(62%)、インドネシア(60%)、ベトナム(55%)、マレーシア(52%)そしてシンガポール(41%)がこれに続いています。消費者の世界平均は49%です。チェンはこう述べています。「オン...

2015年12月17日トレンドマイクロフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

個人に関する情報のセキュリティ意識調査

...%)」、「クレジットカード情報(74.3%)」という「金融関連」の情報との紐づけが不安なユーザが7割以上に上りました。現在、マイナンバーの利用用途の拡大について議論が進められていますが、マイナンバーを取扱う事業者は、取得したマイナンバーの情報をどのように管理・保管を行い、セキュリティ対策を実施しているのか利用者に明示することが重要です。●グラフ2:マイナンバーと紐づけされると不安な情報(n=1,035、複数回答) Q:マイナンバーと、他の「あなた」の情報について、紐づけされると不安がある情報は何ですか。該当...

2008年12月9日NRIセキュア★★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

NRIセキュアによるセキュリティに関するまとまった調査です。

企業における情報セキュリティ実態調査2008

...らの調査結果の公表を通して、広く社会の情報セキュリティ意識の向上に寄与してまいります。※PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard):クレジットカード情報および取引情報の安全な管理を目的に、国際カードブランドによって2004年12月に策定されたクレジットカード業界におけるセキュリティ実装基準。対策が具体的に示されていることから、クレジットカード業界以外でも採用・準拠する動きが広がっている。ニュースリリースに関するお問い合わせ先NRIセキ...

2014年3月17日IPA★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

IPAのまとめです。

2014年版 情報セキュリティ10大脅威

...からの攻撃により大量のユーザー情報が流出する被害が、会員制のウェブサービスで多発した。クレジットカード情報等の個人情報を大量に保持しているサービスから情報が流出してしまうと、影響が広範囲に及ぶため、十分な対策が求められる。第5位 オンラインバンキングからの不正送金 2013年は、オンラインバンキングの不正送金の発生件数、被害額が過去最大となり、世間でも注目が集まった。フィッシング詐欺やウイルスにより、ユーザーのパスワードが盗まれ、本人に成りすまして、不正送金が行われる。第6位 悪意あるスマートフォンアプリ 魅力...

2014年2月28日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

モバイル向けマルウェアの進化

...モバイル向けマルウェアの大半は金銭の詐取が目的フィッシング、クレジットカード情報の詐取、および銀行口座からの金銭の詐取を目的としたモバイル向けマルウェアの変種の数は、約 20 倍に増加しました。2013年、カスペルスキーのモバイル向け製品は2,500 回ものバンキング系トロイの木馬による攻撃をブロックしました。*1バンキング系トロイの木馬は、モバイル向けマルウェアの中でも群を抜いて危険です。2013 年には、被害者のモバイルアカウントからよりも、銀行口座から金銭を盗むことに照準を合わせたケースが増えました。これにより、今後、被害...

2013年6月5日BBソフトサービスフィードバック数:5セキュリティ/ネットワーク

インターネット詐欺リポート(2013年5月度)

...請求の割合が多い状況ですが、5月度は各OSでフィッシング詐欺サイトの検知が増加しました(前月比Windows® 2.53ポイント、Android™ 0.12ポイント、iOS 3.08ポイント増加)。マイクロソフトの正規代理店をかたったフィッシングサイトを検知5月度にWindows®で、マイクロソフト製品を販売している詐欺サイトを検知しました。マイクロソフトの正規代理店であるとかたり、送料無料や70%以上のディスカウント金額を掲載して、購入後に送られてくるプロダクトキーが偽物であったり、入力したクレジットカード情報...

2014年11月10日トレンドマイクロフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク要登録

脅威予測―2015年とその後 潜在する脅威の顕在化

...ッシング詐欺やモバイル向け不正アプリなど複数の攻撃手法を組み合わせた、巧妙な攻撃も増加するでしょう。 また、2014年に発表されたAppleの「Apple Pay™」やGoogleの「Google Wallet」に代表される決済システムの普及とともに、モバイル決済システムの欠陥を狙ったサイバー犯罪被害が引き起こされる懸念があります。その他、ICチップと暗証番号の組み合わせによるクレジットカード決済(Chip-and-PIN)の普及が進まない先進国を中心に、クレジットカード情報を狙う脅威がさらに増加するでしょう。 ※1 トレンドマイクロ セキュリティブログ:また、オー...

2013年12月12日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

インターネットユーザーの約3分の1が銀行を装った偽メールを受信

...物をしたりするたびに自動的に起動されます。Kaspersky Labの高度なアンチフィッシング技術は、ユーザーから金銭にかかわる機密情報を手に入れようとする偽の Web サイトを検知し、ブロックします。また、金融機関や電子決済サイトのセキュリティ証明書を検証することにより、金融取引の保護をさらに強化します。特別なセーフブラウザーモードは、ユーザーのオンライン作業を悪意のある攻撃から守ります。キーボードの入力情報保護技術やセキュリティキーボード技術は、入力中のパスワードやクレジットカード情報を傍受できないようにし、機密データの傍受から保護します。また...

「NP後払い」の累計利用者数が1億人、年間流通総額が1400億円を突破

...の受取り後に中身を確認した上で、別送または商品と同梱で届く払込票を利用して最寄りのコンビニ・銀行・郵便局で支払いができます。「NP後払い」はクレジットカード情報の登録が不要で、商品受取り後の支払いが可能な決済のため、ネットショッピング利用者は安心して買い物を楽しむことができます。導入することにより、ネットショップの来訪者の購入率(コンバージョン率)が向上し、売上向上効果を見込むことが出来ます。導入企業数は2万3千社、累計ユーザー数は1億人を超えています。 株式...

2016年6月3日Tripwire★フィードバック数:0社会/政治

ビジネスパートナーのセキュリティがもたらす影響をITプロフェッショナルは軽視

...のサプライヤーがセキュリティ要件を満たしているかを評価していないと回答。回答者の半数は、一部のパートナーにセキュリティ上の例外や特別な基準を設けている。ビジネスパートナーやサプライヤーに内在するサイバーセキュリティ上の弱点は、ビジネスに破滅的な影響を及ぼす可能性があります。第三者企業のセキュリティの脆弱性が、重大なセキュリティ侵害の大きな要因になる場合があります。パナマ文書の事件およびTarget社のカード情報漏洩事件はその端的な例です。この調査の詳細については、次のリンクをご参照ください。Tripwireは企業、サービスプロバイダ、政府...

2015年11月30日シマンテックフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ノートン サイバーセキュリティ インサイト レポート

...日本におけるネット犯罪の被害総額は、2,258億円 被害者1人あたりの損失額は2万8,697円 - ノートン調査 常に安全なパスワードを使用している日本人は、世界平均を下回る5人に1人未満 セキュリティソフト「ノートン」は本日、消費者調査「ノートン サイバーセキュリティ インサイト レポート」を発表し、ネット犯罪の最新動向と日本の消費者へ及ぼす影響を明らかにしました今回の調査で、全世界の消費者の62%がクレジットカード情報...

2015年10月19日NTTレゾナントフィードバック数:0モバイル

あのスマホが中古市場から消えた? 9月の中古端末

...いろ番狂わせが起きた今月のランキングですが、果たして来月以降もXperiaは上がってこないのか、au端末人気が続くのか、そのあたりに注目していきたいと思います。(文:空色ぐらたん) この記事の執筆者2013年10月にSIMカード情報の専門メディア「SIM通」を開設。以来、格安SIM・格安スマホに関する最新情報やSIMフリー端末のレビュー、インタビュー取材などの記事を配信してきました。「ITライフch」でも、SIM・MVNOに関する記事執筆を続けていきます。 「教えて!goo ITライフch」は、IT・家電...

2015年1月4日日本クレジット協会フィードバック数:0大型消費/投資

クレジットカード不正使用被害の集計結果について

...平成26年12月26日クレジットカード不正使用被害の集計結果について一般社団法人日本クレジット協会一般社団法人日本クレジット協会(会長 大森 一廣)は、クレジットカードの不正使用の実態を明らかにするため、クレジットカード発行会社を対象としたクレジットカード不正使用被害実態調査を継続的に実施しており、このたび、平成26年第3四半期(7月~9月分)の集計値をとりまとめました。本年の調査から新たに、対象を4社追加して計45社から回答を得るとともに、偽造カード等を作成することなく不正に取得されたカード情報...

2010年9月7日NTTフィードバック数:62セキュリティ/ネットワーク

インターネット利用における不安に関する国際比較調査

...ターネット利用に対して抱く「安全」と「安心」の意識の構造を明らかにすることを目的として、インターネット利用に際してのクレジットカード情報の悪用やウイルスなどの被害経験など、「安心」「不安」の感覚について、世界 10 カ国を対象とした国際比較調査を行いました。従来の調査と異なり、今回の調査では、ウイルス感染など様々なネットの脅威に対する「被害経験の有無」と「不安の有無」を同時にヒヤリングすることで、安全と安心がどのような関係にあるかを詳細に得ることが出来ました。その結果、セキュリティ対策などの技術的な「安全」が確...

2014年6月29日楽天リサーチ★フィードバック数:0モバイル

スマートフォンの利用についての調査です。

スマートフォン利用に関する調査

...をしたことがないと回答したユーザーに、その理由について聞いたところ、「商品の画像が見にくいから(53.8%)」、「商品を探しにくい/比較しにくいから(46.6%)」がそれぞれ約半数で、スマートフォンの画面の小ささが原因での使い勝手が悪いことが理由としてあげられた。また「スマートフォンで個人情報やカード情報などを扱うことに不安があるから(24.1%)」と、セキュリティ意識の観点から利用していない方も少なからず存在するようだ。◇スマートフォンでECを利用しない理由(n=498)複数選択 単位:% アプ...

2013年3月14日マカフィーフィードバック数:17セキュリティ/ネットワーク

カップル間のデジタルプライバシー調査 in ニッポン

...ートナーや友人とプライベートのメールや写真を共有しており、男性は27.5%に留まりました。クレジットカード情報が入るオンラインショッピングサイトのIDやパスワード、銀行口座番号をシェアしているカップルは未婚者より既婚者のほうが5倍高い結果が出ました。また、自身のモバイル端末にパスワードロックをかけている回答者は36.9%で、暗証番号は誕生日など推測しやすい暗証番号にしているのは実に55%と高い結果になりました。交際相手や友人など、相手が自身の存在に近づくほど、壁がなくなり個人の情報をシェアする割合が高くなることがわかります。相手...

2015年1月14日エムオーテックス★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Webサービスのパスワードについての調査です。

Webサービス×パスワード管理 利用実態調査

...ト利用時は会員情報と合わせてクレジットカード登録を行い、Web上でクレジット決済をするケースは少なくない状況です。しかしパスワードが漏れてしまい、ログインを突破されてしまうと登録した個人情報やクレジットカード情報が盗まれてしまい、大きな被害を被るリスクがあります。パスワードの使い回しに伴う、情報漏えいのリスクは非常に高い中、ユーザー自身が始められる対策として、パスワード設定の見直しはとても重要です。徳丸先生の調査総括パスワード設定において、一般的には「英数記号を混ぜた、意味を持たない文字列(8文字以上)」が理想だと言われています。しかし、全て...

2015年4月2日日本クレジット協会フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

クレジットカード不正使用被害の集計 平成26年第4四半期(10月~12月分)

...平成27年3月31日クレジットカード不正使用被害の集計結果について一般社団法人日本クレジット協会一般社団法人日本クレジット協会(会長 大森 一廣)は、クレジットカードの不正使用の実態を明らかにするため、クレジットカード発行会社を対象としたクレジットカード不正使用被害実態調査を継続的に実施しており、このたび、平成26年第4四半期(10月~12月分)の集計値をとりまとめました。平成26年の調査から新たに、対象を4社追加して計45社から回答を得るとともに、偽造カード等を作成することなく不正に取得されたカード情報...

使わなくなった携帯電話をどうしているのかに関する独自調査

...えた方に質問します。携帯電話をネットで売らない主な理由はなんですか?その他【638】50%金額が安い【44】3%面倒くさい【122】10%ネットで売る事が信頼できない【43】3%ネットで売ることが信頼できない【43】3%個人情報の取り扱いが心配【426】33%◆個人情報の管理が最も心配されている!!撮影した画像、メール、人によってはクレジットカード情報や住所まで携帯電話に登録していることもあるため個人情報の漏洩などの不安があります。また、自分では初期化方法がわからない、デー...

2016年2月2日カスペルスキー★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

数字で振り返る2015年のサイバー脅威

...動すると、Marcherはクレジットカード情報の入力を求める偽のウィンドウを表示し、そこに入力された情報を犯罪者に送信します。モバイルバンキングアプリを起動した場合も、同様の手口でユーザー情報を窃取します。ただし、「従来型」のサイバー金融犯罪が減少したわけではありません。2015年、カスペルスキー製品はコンピューター上でオンラインバンキングから金銭を窃取するマルウェアの起動を、約200万(1,966,324)回ブロックしました。これは2014年の1,910,520回から2.8%の増加です。王座...

2014年12月10日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2014年第3四半期の脅威レポートならびに 2015年の脅威予測

...性、重要性の拡大:セキュリティ機能が最初からアーキテクチャーに組込まれている場合を除き、IoTデバイスの急速かつ大規模な導入や普及により、セキュリティとプライバシーの確保という優先事項が置き去りにされています。こうした急速な導入と普及に加え、これらのデバイスで収集、処理、共有されるデータの価値の向上により、2015年にはIoTを攻撃対象とした注目すべき最初の攻撃が起こると予測しています。ヘルスケアなどの分野でIoTデバイスの普及が進んだことにより、悪意ある集団が、クレジットカード情報...

2014年10月24日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

コンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況および相談状況 [2014年第3四半期(7月~9月)]

...はゲーム内の課金アイテムを不正購入されていました。前四半期と同様、金銭被害を伴う不正ログインが発生しており、原因はパスワードの使いまわしが考えられます。 オンラインゲームに限らず、パスワードの使いまわしは様々なサービスで不正ログインのリスクが高まります。特にショッピングサイトのようなクレジットカード情報を登録するサイトにおいて、利用者は“パスワードを使いまわさない(*8)”、“二段階認証などのセキュリティオプションを積極的に利用する”ことが推奨されます。一方、事業者においても“二段階認証”のような安全な仕組みを採用することが求められます。 また...

2017年2月13日トレンドマイクロ★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業におけるECサイトのセキュリティ実態調査 2016

...、「顧客のクレジットカード情報(カード番号、カード名義、有効期限など)の漏えい(28.6%)」など、ざまざまな機密情報がECサイトから漏洩していることが分かりました。(図4)「自社が展開しているECサイトがサイバー攻撃を受けた結果、どのような実害に繋がりましたか」(複数回答。対象者: n=227)5. サイバー攻撃の実害に対する総被害金額は、32.9%が1000万円以上と回答サイバー攻撃の結果、「実害があった」と回答した227名を対象にその総被害金額について調査しました。100万円未満が22.5%と一...

2014年12月16日アイレップ★フィードバック数:0マーケティング

アイレップによるレポートです。

自然検索上位表示サイトの変遷調査レポート

...ジットカード」と検索した時に、あるユーザーは数多あるクレジットカードを多様な切り口から紹介する比較系が含まれている検索結果を「関連性が高い」と評価するかもしれない。一方で、情報比較サイトではなくて、クレジットカード発行会社の公式サイトが多数表示される画面を「関連性が高い」と評価するユーザーもいるだろう。もしかしたら、マイレージがたくさん貯まるカード情報を期待していたために、先述したいずれの検索結果画面も満足しないと答えるユーザーがいるかもしれない。つまり関連性とは主観的であり、意見は十人十色である。全員...

2016年10月12日マカフィーフィードバック数:0マーケティング

2016年版「インターネット検索で最もリスクの高い有名人」

...リンクはクリックしないでください。comedycentral.comなどの正規のサイトからコンテンツを入手することで、悪意のあるコンテンツのクリックを回避できます。P2P型ファイル共有“torrent”という検索ワードは他のどの用語よりもはるかに危険 サイバー犯罪者はtorrentを使用して正当なファイル内にマルウェアを埋め込むため、ファイルの安全性を判断しにくくなります。他にも合法で安全なストリーミング方法があるので、torrentの使用は避けたほうが安全です。個人情報の保護 サイバー犯罪者は常に個人情報を盗み取ろうとしています。クレジットカード情報...

クレジットカード、デビットカードについての調査です。

ショッピングでの支払いに関する意識調査

...ジットカードを利用していての不満点・不安点は、「年会費がかかる」44.0%、「カード情報漏洩などセキュリティの問題」28.7%、「お店によって使えないところがある」20.3%という結果になりました。 クレジットカード未保有者、持たない理由の1位は「使いすぎる心配があるから」。クレジットカード未保有者にクレジットカードを持たない理由を尋ねたところ、最も多い理由は「使いすぎる心配があるから」の42.3%という結果となりました。 「Visaデビット」「J-Debit」の認知度、約1割。クレジットカードに続き、「デビットカード」につ...

2012年6月18日シマンテックフィードバック数:1セキュリティ/ネットワーク

シマンテックインテリジェンスレポート: 2012年5月

...ンをクリックすると、さらに詳しい個人情報を要求するページにリダイレクトされる。このページの説明によれば、9 豪ドル相当のディスカウントカード(これがユーザーに進呈される)を使えば、オーストラリアのApple Store または Apple サイトで 100 豪ドル分のクレジットを受け取れることになっている。この特典を利用するためと称して、ユーザーは個人情報とクレジットカード情報の入力を求められる。個人情報はフルネーム、住所、生年月日、運転免許証番号などであり、クレジットカード情報としてはカード番号、有効期限、3 桁の...

2015年3月30日デルフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

アンダーグラウンドのハッカー市場動向調査レポート

...たりの価格は下がります。 偽造運転免許証は、小切手詐欺やクレジットカード詐欺など多くの種類の詐欺に使われています。ž 2014年9月、米国の法執行機関は、偽造運転免許証を作成および販売していた3人の詐欺犯を逮捕しました。これらは、不正現金引出を目的として使用されたと米連邦捜査局(FBI)から報告されています。ハッキングやATMスキミングによって入手した盗難クレジットカード情報などが偽造クレジットカードにエンコードされ、被害者の口座から現金を盗むために使用されました。FBIによれば、2013年12月30日から2014年6月...

2013年7月20日アサヒビールフィードバック数:0マーケティング

ネットショッピングしていますか?(2010/10)

...いの方法ではないでしょうか。そこで皆さんは、日ごろどんな決済方法でネットショッピングをしているのでしょう。最も回答が多かったのは「クレジットカード」(71.2%)でした。「カード会社のポイントと、ネットショップのポイントも貯まるので一石二鳥」(女性40代)など、決済の利便性と共に効率的にカードポイントを貯めるなら、「クレジットカード」の利用が一番という声が多数寄せられました。中には「大手で信用の置けるところ。セキュリティがしっかりしていると思われるサイトでしか買わない」(女性60代)など、カード情報の漏洩等のリスクから、セキ...

2013年6月21日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成24年度商取引適正化・製品安全に係る事業(決済代行業等に関する実態調査)報告書

...感やシステムの不具合、予想していたサービスと異なるといった理由により、サービスを解約し返金を受けたいという相談である。③ 情報商材情報商材においては「商品・サービス提供後の解約希望」が 86.0%と、トラブルの大半を占めている。これは、消費者は購入した商品の内容に不満があり返品したいが、加盟店が返品を受付けず、トラブルになるというものである。④ アダルトサイトアダルトサイトでは、「ワンクリック請求」に係るトラブルが多く、31.3%を占めている。これは、年齢確認のためなどと称してクレジットカード情報...

2015年1月26日IPA★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

年間のまとめです。

コンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況および相談状況 [2014年年間]

...にカード番号等を入力させる画面が出てきた。Windowsの「システムの復元」機能でパソコンの状態を3日前に戻したら、その見慣れない画面は出てこなくなった。これでもうパソコンはいつも通り使ってもいいのか。 そのカード番号等を入力させる画面は、パソコンのウイルス感染が原因で表示される偽の画面です。入力してしまうと第三者にカード情報が渡ってしまうため、そこで何も入力しなかったのは賢明な判断でした。 偽の画面は「システムの復元」を実施後に出てこなくなったため、偽画面を表示させるウイルスは削除されたと考えられますが、別の...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ