調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > キャンセル発生

「キャンセル発生」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2019年1月18日TableCheck★フィードバック数:0ビジネス

飲食店の無断キャンセル・ノーショーに関する意識調査

...もテーブルチェックでは、飲食店や消費者の実態調査や、その調査から明らかになった課題を解決するサービスを提供することで、業界課題である無断キャンセルの撲滅に努めるとともに、さらなる業界の発展と飲食店と消費者双方の満足度と利便性の向上に貢献してまいります。【主な調査結果】※詳細な調査結果はこちら: https://goo.gl/zmoHUq #01:4割を超える飲食店が無断キャンセル被害を経験、毎月無断キャンセルが発生する飲食店も年間の無断キャンセル発生回数について聞いたところ、41.5%の飲食店が1回以...

2018年5月16日VESPER★フィードバック数:0ライフスタイル

飲食店の無断キャンセルに関する消費者意識調査

...店への予約手段として、年齢層によっては「電話予約」がいまだ根強く支持されていることや、飲食店予約サービスの大半はキャンセル料を支払う(徴収する)仕組みがないため、消費者は飲食店の予約をキャンセルした際に発生するキャンセル料を支払いにくいのが現状です。たとえ飲食店側からキャンセル料を請求されても、キャンセル料を支払う手段が銀行振込など、消費者にとって負担となる手法に限られているのです。このように、消費者が飲食店側にキャンセル料を簡単でスムーズに支払える仕組みが整っていないことが、無断キャンセル発生...

2019年1月23日TableCheckフィードバック数:0ライフスタイル

第2回「飲食店の無断キャンセルに関する消費者意識調査」

...あえず場所確保のために予約した」(37.4%)や「予約していることをうっかり忘れた」(37.4%)がトップとなり、予約のキャンセルし忘れや確認漏れが無断キャンセル発生の原因となっていることがわかりました。昨今ネット予約は飲食店予約の主流になっていますが、予約内容の確認画面でキャンセルポリシーへの同意を求めたりSMSやEメールによる予約リマインドを行うことで、手軽であるために希薄になりがちな予約への意識向上を図るなど、無断キャンセルを発生させない仕組み作りが急務です。今後もテーブルチェックでは、飲食店や消費者の実態調査の実施、また...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
 

お知らせ