調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > クロスチャネル

「クロスチャネル」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2017年10月4日アドビ システムズ★★フィードバック数:0マーケティング

Adobe Digital Survey 消費者動向調査「商品購入においてネットがどう影響しているのか?」

...Blog Post:~カスタマージャーニーで高まるデジタル体験の重要性~ 最新のAdobe Digital Survey 消費者動向調査「商品購入においてネットがどう影響しているのか?」によると、商品購入までにおける体験プロセス、いわゆるカスタマージャーニーにおいて、デジタル体験が及ぼす影響力が益々高まっていることが分かりました。一方、デジタル体験の重要性が増す中で、クロスチャネルでコミュニケーションを実施できている企業ほど、ブランドに対する信頼度が高まる傾向が判明しました。調査...

デジタル広告業界関係者への業界動向に関するアンケート調査

...◆ アドテクノロジーの定義に含まれるサービス、最も多く認識されているのは、DSPとDMP◆ 認識している“動画広告元年”、最も多いのは2014年◆ 2015年のスマートフォン広告市場の主なトレンドは、“ターゲティング広告配信技術の進化”、“広告主層の拡大”、“クロスチャネルトラッキングと最適化配信”◆ ネイティブ広告に対して感じている“新しさ”は一部、従来手法という認識が大勢を占める 株式会社シード・プランニングのデジタル領域専門の市場・サービス評価機関、デジタルインファクト(本社:東京...

メール&クロスチャネルユーザー動向調査2016

...ニュース - 2016年エクスペリアンジャパンおよびエクスペリアンに関するニュースやプレスリリースをご紹介します 企業からの情報取得・閲覧には「メール」が安定した人気~メールは95%以上。SNS全体が伸びる中、LINEは対前年約2倍の伸び~このたび、エクスペリアンジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 CEO:有田道生、以下エクスペリアンジャパン)は、「メール&クロスチャネルユーザー動向調査2016」を発表しました。本レポートは、10~60代の...

2016年5月28日オラクルフィードバック数:0マーケティング

The Age of Brand, Agency & Customer Collaboration: 4 Keys to Success in Translating Marketing Visions Into More Engaged Customers(「ブランド、代理店、顧客」三位一体の時代:顧客とのエンゲージメントを深めるための4つのヒント)

...スペリエンスの提供:回答者の3分の1以上(36パーセント)が、ブランド/代理店と協力してマーケティング・ビジョンを基にターゲットを絞ったクロスチャネルのプログラムを開発する際、あまり効果的に実施できていないと述べています。 コンテンツのパーソナライズ:回答者の38パーセントが、特定の顧客に合わせたコンテンツを効果的に作成し、タイムリーに提供することができないと答えています。 データの有効活用:回答者の4分の3以上(81パーセント)が、印象的で新しいマーケティング・プロ...

2017年3月25日Finsightフィードバック数:0マーケティング

企業・ブランドからの情報を受け取るプッシュ型チャネルへの意識調査

...ケティングオートメーション(MA)が普及する中でプッシュ型チャネルを横断したクロスチャネルマーケティングの重要性が増していることから、プッシュ型チャネルで企業・ブランドから情報を受け取る事への意識調査を行いました。今回の調査対象としたプッシュ型チャネルは、Eメール、SMS(ショートメッセージサービス)、LINE、アプリのプッシュ通知、DM(ダレクトメール)、電話の6チャネルです。【調査概要】・調査対象 :全国の20歳~69歳男女(20代、30代、40代、50代、60代 各性年代50名)・有効回答数:500サンプル・回答...

「The 2015 Digital Marketer」日本語版

...[] 「The 2015 Digital Marketer」 日本語版掲載概要■チャネルを横断したマーケティングの実現を妨げる障壁複数のチャネルやデバイスを自由自在に使いこなす現在の消費者に対して、マーケターは、チャネルやデバイスを超え、あらゆるタッチポイントにおいて消費者一人ひとりに最適化され、ブランドとして一貫した文脈が維持されたメッセージを提供する必要があります。本調査では、このようなクロスチャネルマーケティングの実現を妨げる大きな要因として、散在...

2017年2月15日Marketo★フィードバック数:0マーケティング

優先するテクノロジーにおいて米国と米国以外のマーケターの著しい相違が判明 どの地域のマーケターも顧客との新しいタッチポイントに期待しているが 2017年に導入すべきものに関しては意見が分散

...以外のマーケターで同様の懸念を示したのはわずか14%でした。この要因は、米国のマーケターの26%が、多数のタッチポイントの管理に不可欠なものとして、クロスチャネルコミュニケーションの改善を求めていることからうかがえます。同様に回答した米国以外のマーケターはわずか15%でした。 将来のテクノロジーに関する調査結果について詳しくは、こちらのブログをご覧ください。 本件に関するお問合せ先株式会社マルケトPR担当:大槻祥江TEL:03-4510-2395(直通)Email:japanpr@marketo.com マルケトは、顧客...

2016年10月25日アイレップ★フィードバック数:0マーケティング

Webサイト流入最大化のためのFacebook広告の最適な予算投下量

...会社アイレップ、Facebook Japan株式会社調査実施:Facebook Japan株式会社 アイレップでは今後も、広告主のデジタルマーケティングにおける広告効果の最大化に貢献するために、クロスチャネルによるベストソリューションを追究していきます。以上Facebook, Inc.についてFacebookは、誰もが安心して情報をできる、オープンでつながりのある世界を実現するため2004年に設立されました。人々はFacebookを使って友達や家族と常につながり、世界で何が起きているか発見したり、自分...

市場データです。

2015年 スマートフォン広告市場動向調査

...全体の活性化に寄与することが予想されます。広告商品別では、検索連動型広告が1,440億円(前年比120%)、ディスプレイ広告2,291億円(前年比139%)、成果報酬型広告172億円(前年比107%)と予測します。2015年は、スマートフォン向けの広告商品ラインナップの拡充や、PC向け広告とのクロスチャネルによる最適化された広告配信技術が普及し始めることにより、広告主のスマートフォン広告出稿ニーズが順調に増加することが予想されます。検索連動型広告市場は、ユーザーの検索利用の増加を背景に市場の成長は継続するものの、成長...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ