調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > グジャラート州首相

「グジャラート州首相」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

経済発展に向けてインフラ整備に動き出すインド

...業などその他の産業の持ち直しで景気回復の大きな流れは続くと思われます。実質GDP成長率の推移( 2007年1-3月期~2014年4-6月期)(前年同期比、%)12108642020072008200920102011201220132014( 出所:トムソン・ロイター データストリームより大和投資信託作成 )<モディ首相の指導力に期待>モディ首相は政権発足時に閣僚の人数を前政権より4割程度も減らし、自らが重要課題に対して陣頭指揮を執る意向を示しました。モディ首相は2001~2014年にグジャラート州首相として、インフラ整備、製造業の誘致、公共...

総選挙を受けて上昇基調を強めるインド株式

...現首相および与党インド国民会議派は高水準の経済成長率を維持できず、インフラ整備計画の遅れ、政府内の汚職などの問題が噴出していました。加えて、財政収支と経常収支の双子の赤字や失業率の悪化などの問題も抱えており、今回のBJPの勝利には、次期首相となるモディ氏への期待が込められていると考えられます。その背景として、モディ氏は、2001年より北西部グジャラート州首相を務め、州内の電力や交通などのインフラ整備、投資手続きの簡素化を進めることによる企業誘致などで実績を上げていたことが挙げられます。今後インド全土の統治においても、州首相としての経験を活かし、雇用...

2014年7月10日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

インドのモディノミクスに過度な期待は禁物

...リサーチ TODAY2014 年 7 月 10 日インドのモディノミクスに過度な期待は禁物常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創インドでは2014年5月16日に開票された下院総選挙で最大野党が大勝し、30年ぶりに単独過半数を有する安定政権が成立した。その結果、市場では前政権のもとで悪化した経済を、強力な新政権が改革によって立て直すとの期待が高揚している。特に、グジャラート州首相時代に同州の経済改革を推進した実績をもつモディ新首相の経済政策は「モディノミクス」とされて期待を集めている。みず...

2014年3月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インド景気は依然「底」を抜け出せず ~総選挙を巡る不透明感は残る中、政治動向は経済の命運を握る~

...性に対する責任は負いません。見通しは予告なく変更されることがあります。また、記載された内容は、第一生命ないしはその関連会社の投資方針と常に整合的であるとは限りません。3/3る「台風の目」になる可能性は高まっている。一方、同党の政策は電気料金や水道料金の強制引き下げなどのバラ撒き政策のほか、外資企業の排斥など構造改革に後ろ向きの姿勢が強く、同党が政権中枢で一定の発言力を得た場合には財政・経済状況が一段と悪化するリスクもある。さらに、BJPは首相候補として現グジャラート州首相のナレンドラ・モディ氏を据えているが、同氏...

2013年12月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

2014年は新興国の「終わりの始まり」になるリスク ~主要新興国で「政治の季節」、経済の行方を大きく左右することは不可避~

...ドでは総選挙が予定されており、現時点では与党国民会議派を中心とする現政権から最大野党のインド民主党(BJP)への政権交代が起こるとの見方が有力視されている。BJPは北西部グジャラート州首相として経済運営の実績を挙げるナレンドラ・モディ氏を首班に挙げ、経済的な手腕を前面に押し出した選挙戦を繰り広げており、経済界を中心に支持を集めている模様だ。しかし、地方自治の強い同国において「グジャラート・モデル」とも称されるモディ氏の構造改革が全体に広がるかは未知数なほか、BJPが単独過半数を取れず地方政党などとの連立政権樹立に動けば、構造...

政権発足後の初の外遊先に日本を選んだインドのモディ首相~独立記念日に「強いインド」の復活を国民に訴える~

...の独立記念日における恒例の首相スピーチから政策の重点に着目し、2014年度予算では主な特徴と9月初めの首相訪日の意義について概観して見たい。独立記念日に「トップ公僕」が語り掛けるモディ首相は西部のグジャラート州首相として改革や成長に実績を上げてきたが、国政は初めてでその点が危惧されていた。そのためか、スピーチでもデリーは初めてであるけれど、これからはプライム・ミニスター(首相)としてではなくプライム・サーバント(トップの公僕)として職務に就き、みんなが日に12時間働けば自分は13時間働く、14時間働くなら15時働くといった比喩でインドのために尽くす意向を、国民...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ