調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > グローバル金融

「グローバル金融」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年2月23日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

需要ショックと雇用調整-2008-09年グローバル金融危機の下での輸出企業の従業員構成変化-

...ノンテクニカルサマリー 需要ショックと雇用調整-2008-09年グローバル金融危機の下での輸出企業の従業員構成変化- 滝澤 美帆 (東洋大学) 鶴 光太郎 (ファカルティフェロー) 細野 薫 (学習院大学) このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済...

2015年2月5日マーサー ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル海外

グローバル金融サービス報酬サーベイ

...マーサー、「グローバル金融サービス報酬サーベイ」調査結果を発表本ウェブサイトではご利用者のユーザーエクスペリエンス向上のためにクッキーを使用しております。本ウェブサイトご利用によってクッキー使用の同意をいただいたものとみなします。詳細については「個人情報に関する公表事項について」をご参照下さい。 プレスルーム マーサー、「グローバル金融サービス報酬サーベイ」調査結果を発表、賞与の上限設定(bonus caps)により基本報酬の大幅な増額傾向は見られず(英文)Mercer Global...

関西の高生産性企業のイノベーションの源泉 -組織・人事への取組-

...企業の財務データを使用して定量的な分析により各企業の生産性の伸び率を算出し、グローバル金融危機や東日本大震災といった大きなショックが発生した2009年度から2011年度について全国の平均的な企業よりも生産性の伸びが高い関西企業を抽出したことです。第2に、抽出された関西企業を対象にヒアリング調査を施し、何が高生産性をもたらしたのか定性的な分析を行った点です。高生産性企業ではさまざまなイノベーションが打ち出されていることがわかりましたが、さらにイノベーションを推進する上で優秀な人材をいかに確保し、企業組織内でどのように活用しているのかという点についても検討を加えました。その...

2014年7月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国マンスリー(2014年7月)「新興国悲観論」克服から成長再開への道筋

...大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 新興国マンスリー(2014年7月)「新興国悲観論」克服から成長再開への道筋~問われる政治的意思~ ◆ウクライナ、アルゼンチン、イラクなど局所的な危機が少なからず進行する中で、グローバル金融市場は安定、むしろリスク・オン的な状況となっている。その背景にあるのが、原油価格と米国景気、及び米ドルの関係の変化であろう。米国の原油価格の上昇に対する耐久力が高まり、イラ...

2013年3月1日大和総研フィードバック数:1社会/政治海外

中国新指導層は「国進民退」を改革できるか

...上はむしろ「国退民進」にもかかわらず、特に近年「国進民退」が叫ばれる背景には、経済規模全体が拡大するパレート改善プロセスを主として民間セクターが担い、国有企業の比重は相対的に低下してきた一方、実態上、国有セクターは引き続き経済の基幹的な部分を支配し、私企業の参入から保護され特権的な地位を享受していること、「選択と集中」のプロセスを経て残った国有企業はより大規模かつ強力になったこと、さらにはグローバル金融危機の影響、それへの対応等の面で現れた国有企業の優位性といった要因が指摘できる。◆今後...

2013年12月17日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

「オルタナティブ投資」についての調査です。

金融法人及び年金基金におけるオルタナティブ投資・バーゼルⅢの実態調査

...イナンス(コンティンジェント・キャピタル、カバード・ボンド)再生可能エネルギー投資アジア・エマージング投資リアルアセット投資(不動産を除く)ヘッジファンド投資不動産投資プライベートエクイティ投資クレジット・ストラクチャード投資(証券化商品等) ◆金融法人では、ヘッジファンドが7年連続減少する一方、REIT投資は大きく増加し、グローバル金融危機以前の水準近くまで回復したことが確認された。特に年金基金も含めて私募REITへの需要の高さが目立った。また...

2013年10月15日日本銀行★フィードバック数:0社会/政治

大口から小口まで、日銀によるレポートです。

決済システムレポート2012-2013

...日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 決済システムレポー 2012-20132013年10月11日 日本銀行はじめに「決済システムレポート」は、わが国の決済システムを巡る動きを概括するとともに、決済システムの安全性・効率性の改善に向けた日本銀行ならびに関係機関の取組みを紹介することを目的としている。この「決済システムレポート2012-2013」では、主として2011年7月から2013年9月までの出来事を扱っている。グローバル金融危機以降、国際的には、決済...

2014年6月11日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

いま、グローバル金融機関が注目するものは何か?

...リサーチ TODAY2014 年 6 月 11 日いま、グローバル金融機関が注目するものは何か?常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創今回は昨日に引き続き、欧州の出張記録第2弾である。今回、筆者の欧州出張の最大の目的はIIF(TheInstitute of International Finance) 内にあるグループの1つ、The Market Monitoring Group (MMG)がロンドンで開催した定例会合への出席にあった。IIFは1983年に...

APIR Commentary No.45<グローバル化における地域志向のすすめ>

...り上げ、個別企業の財務データを使用して定量的な分析により各企業の生産性の伸び率を算出し、グローバル金融危機や東日本大震災といった大きなショックが発生した2009年度から2011年度について全国の平均的な企業よりも生産性の伸びが高い関西企業を抽出したことです。 第2に、抽出された関西企業を対象にヒアリング調査を施し、何が高生産性をもたらしたのか定性的な分析を行った点です。高生産性企業ではさまざまなイノベーションが打ち出されていることがわかりましたが、さら...

2014年10月20日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

金融システムレポート(2014年10月号)

...のグローバル化に伴ってわが国の金融システムが海外との結びつきを強めるもとで、抜本的な国際金融規制改革、グローバル金融システムの構造変化が進行している。これらの要素も、中期的にはわが国金融システムの安定性、機能度に影響を及ぼしていく可能性がある。以上のような点を踏まえ、将来にわたって金融安定を確保していくうえでの金融機関経営の課題は次の3点である。これらへの取組みが、先行きの金融機関の健全性や収益力を規定する重要なファクターになっていくと考えられる。第一に、金融機関は、景気回復に伴う資金需要への適切な対応に加え、国・地域の産業活力向上への貢献が期待されている。成長...

2014年1月6日三菱東京UFJ銀行★フィードバック数:0社会/政治海外

2014年展望です。

経済レビュー:2014年海外経済の展望

...かながらも回復が続いた 1 年であったといえる(第 1 図)。牽引役となったのは先進国で、中でも 2008 年のグローバル金融危機の震源地となった米国は、5 年の歳月を経て、住宅や家計債務などの構造調整に目処をつけ、世界経済のリーダーとして復活した感がある。また、政府債務危機の影響で 2011年以降、景気後退を余儀なくされた欧州は、4-6 月期に実質 GDP 成長率が前期比プラスに転換、リーマンショック以降続いた「世界的な金融危機モード」の解除を示した。これとは対照的に、グローバル金融危機前に世界経済の牽引役、危機...

2014年7月6日財務省フィードバック数:0社会/政治

金融市場に対する非伝統的な金融緩和政策の影響―日米英の中央銀行の国債買入政策に関する分析―

... は資産買入ファシリティの数値。-1-1.はじめに日本銀行は、政策金利をほぼゼロにまで引き下げた後、2001 年 3 月以降、量的緩和政策(2001 年 3 月-2006 年 3 月)など、政策金利の引き下げ以外の手段によって金融緩和を行う、いわゆる非伝統的な金融緩和政策を実施してきている。また、グローバル金融危機以降、日本以外の主要国の中央銀行もゼロ金利制約に直面し、非伝統的な金融緩和政策を採用してきている。中央銀行による国債買入は、非伝統的な金融緩和政策の実施手段の 1 つである。日米...

2013年7月17日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:1社会/政治海外

BTMU ASEAN TOPICS:パキスタン経済の現状と展望~第3次シャリフ政権発足、民間主導の成長加速に向け構造改革が始動~

...スタン政府も、従来のタリバン支援から米国への支援姿勢へ方針転換したことから、米国との関係が緊密化、国際支援や海外からの資本流入を追い風に成長ペースが加速した。2005 年度(2005 年 7 月~2006 年6 月)の実質 GDP 成長率は前年比+9.0%と過去最高を記録、2002~06 年度の 5 年間の平均成長率は同+6.0%と比較的高水準を達成した(第 2 図)。しかし 2007 年度以降、国際商品価格の高騰に伴うインフレの進行や経常収支の悪化、グローバル金融...

2017年2月18日Bain & Company★フィードバック数:0大型消費/投資

金融市場におけるブロックチェーン - 競争優位を獲得するには

...場構造に与える影響を無視することはできない」と言う。また、「企業はイノベーションラボの域を超えてDLTに対する評価を下さなくてはならない。大切なのはボトムアップの実験を補完するようなトップダウンの戦略的な視点が必要という点だ」と付け加えている。 グローバル金融市場に対するベネフィットどのような選択をしたとしても甚大なリスクは存在する。ベインが行った調査によると、グローバルの金融市場エコシステムにおける年間のランニングコストおよび資本コストの削減額は、合計で150~300億ドル(もしくはグローバルの総運用資産の2ベーシスポイント)に達...

2013年3月23日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Topics:3月FOMC~資産買入は当面継続

...合時から小幅上方修正。景気全体については、昨年後半の停滞局面から緩やかな成長軌道へ回帰したと評価したほか、労働市場については、ここ数ヵ月改善の兆しをみせているとした。一方で、財政政策の制約は幾分強まったとの文言が加わった。景気の先行きについては前月から不変。適切な金融緩和の下、緩やかな経済成長が続き、失業率も緩やかに低下するとしている。また、景気見通しには下振れリスクがあるとしつつも、「グローバル金融市場のストレス」という文言は削除された。経済予測~小幅...

2014年3月30日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度石油産業体制等調査研究(石油等資源獲得競争分析に関する調査事業) 報告書

...探査投資総額に占める石油・ガスの割合は 2009 年時点で、78.4%と圧倒的に多く、貴金属が 7.7%、ダイアモンドが 2.4%で、その他の鉱物資源の探査支出は 2%未満である。131.1.1. 経済概況1.1.1.1. 最新の経済概況ロシア経済は、1998 年の金融危機を底に 10 年間にわたり右肩上がりの拡大を続けたが、2008~2009 年のグローバル金融危機の打撃を受けて 2009 年にマイナス成長に転じた。このグローバル危機により、石油および原油高に依存するロシア経済の脆弱性が再び露呈した。石油や天然ガス、ウラ...

2015年2月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Financial Trends 追加緩和ある?なし?いつ? Q&A

...金融政策のベクトル相違を印象付けることによって緩和効果を高めることができる、と日銀が判断する可能性がある。その場合、FEDが利上げした直後の会合で追加緩和を発動するというシナリオが浮上する。QQE2が、QE3終了から(日本時間で起算すると)僅か1日半後に決定されたことを思い出されたい。FEDの利上げが6月なら7月会合、9月なら10月会合が有力視される。こうした政策変更は、為替市場に強烈に働きかけるほか、FEDのタカ派傾斜で収縮する緩和マネーを日銀の緩和が補うことでグローバル金融市場のリスク選好が保たれるという副次的効果が期待できる。FEDが利...

2014年10月7日みずほ総合研究所フィードバック数:0ビジネス

小額投資は創業を活性化させるか~クラウドファンディングの意義と課題~

...を興そうとする個人や法人が、インターネット上に開設されたクラウドファンディングのためのウェブサイト(「プラットフォーム」と呼ばれる)にて、事業内容や事業にかける熱意を不特定多数の投資家に伝えて、資金を募るものである。クラウドファンディングは、ソーシャルメディアが発達・普及したことや、グローバル金融危機後に欧米で多くの創業企業が資金調達難に直面したことを背景に、近年急速に拡大してきた。調査会社Massolutionによれば、クラウドファンディングによる資金調達額は、欧米を中心に2013年に51億ド...

2013年4月7日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:17社会/政治海外

BTMU ASEAN TOPICS:カンボジア経済の現状と展望~インフラ改善を追い風に日系企業の進出が加速~

...トの両面で生産拡大に対応可能なインフラを強化することが不可欠である。Page1Economic Research (Singapore)1.経済概況(1)縫製品輸出、観光収入増加を中心に堅調な成長が持続カンボジア経済は堅調な成長が続いている。グローバル金融危機後、米国向け縫製品輸出や観光客の減少、投資の低迷などを受け、2009 年の実質 GDP 成長率は前年比 0.1%と低迷したが、2010 年以降は輸出や観光客の増加などを背景に持ち直しに転じ、2011年は内外企業の投資や大型のインフラ投資の活発化などを追い風に同 7.1%と 4 年ぶりの高成長を記録、2012 年以降も 6∼7%程度...

2013年7月19日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:2社会/政治海外

BTMU China Economic TOPICS:中国36地区の地方政府債務の現状とリスクについて

...)- Page 1経済調査室 (香港)Economic Research Office (Hong Kong)2008 年末にグローバル金融危機へ対応策として中国政府が 4 兆元の景気刺激策を打ち出して以降、投資資金調達のため地方政府の債務残高が急増した。2011年 6 月、審査署(日本の会計検査院に相当)は、2010 年末の地方政府の債務残高は 10.7 兆元との調査結果を発表した。その後、2012 年後半の地方政府の幹部人事交代に伴い投資ブームが再び発生した。地方...

2014年10月2日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

みずほリサーチ 2014年10月号

...ザーズ破たんから 6 年が経過した。その間、グローバル金融危機に対する反省を踏まえ、一貫して規制強化の方向で国際的な金融規制改革が進展してきた。金融システムの中核を担う銀行に高い健全性を求めるバーゼルⅢは、昨年の日本に続き、今年は米国・欧州連合(EU)でも導入され、2019 年の完全実施に向けての階段を昇り始めた。そのほかにも、危機後に見直しが必要とされた分野の大半で国際的なルール作りが進み、各国で規制の具体的な導入または導入準備に入り始めている。一方の銀行サイドも、実務的な対応が残っている部分も多いが、大半...

2014年3月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度国際エネルギー使用合理化等対策事業(スマートコミュニティ等海外展開モデルの構築調査事業)報告書

...った。2003~2008 年の期間では大差はないものの、1 次エネルギーのEU域内総エネルギー消費量(Gross Inland Consumption)は、グローバル金融経済危機を主因に 2009 年に 5.4%の大幅減となり、2010 年に 3.3%増と回復している。EU加盟 27 ヵ国の中で最大の消費国はドイツ(19.1%)で、フランスの 15.3%、英国の 12.1%、イタリアの 10.0%と続き、上位 4 ヵ国で全体の 56.4%の消費割合となっている。1 次エネルギーに占める燃料別割合は、原子...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0ライフスタイル海外

新興国(特にインド)における医療機器システムの展開可能性及び海外主要医療機器メーカーの海外展開戦略の調査

...録をつけ、2006/2007 年度が 9.6%、2007/2008 年度が 9.3%と高成長を続けている。2008 年秋のリーマンショックに続くグローバル金融システムのメルトダウンで、2008/2009 年度の実質 GDP 成長率は 6.8%まで下落したものの、2009/2010 年度に 8.0%、2010/2011 年度が8.5%の高成長を維持している1。第 2 次 UPA 政権は、2011/2012 年度~2016/2017 年度の期間中に 10%成長を目指す方針を示している。インド準備銀行(RBI)によ...

2013年11月3日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[みずほリサーチ]2013年11月号

...後内需が勢いを欠くなかで、結局は従来以上に輸出に依存する回復パターンをたどることになった。その結果、一部の輸出型製造業の好調と、内需型非製造業の低迷という二極化が生じ、回復期間は長いが全体としての回復実感が乏しく、「かげろう景気」(2009 年に当時の与謝野馨経済財政担当大臣が評したもの)とも揶揄された。そして結局は原油高による交易条件悪化の影響などから景気は2008 年 2 月にピークアウト、グローバル金融危機を受けた輸出激減と深刻な景気後退で、デフレ脱却の夢はついえることになった。輸出...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度商取引適正化・製品安全に係る調査研究,「諸外国におけるデリバティブに関する制度の調査研究」報告書

...情報蓄積機関がデータを集積・頒布するに当たっての法的障害に対処するための立法上の措置を提案すべきであること、全ての OTC デリバティブ取引を正確かつタイムリーに取引情報蓄積機関に報告するよう求めるべきこと、各国当局が FSB 作業グループが作成中の報告書における勧告を検討し、グローバル金融システム委員会、国際決済銀行、OTC デリバティブ監督者グループ(OTC Derivatives SupervisorsGroup:ODSG) 及び OTC デリバティブ監督当局者会合と協議すべきであることの 5 点が...

2015年5月24日三井住友信託銀行フィードバック数:0社会/政治

調査月報 2015年6月号 No.38

...時点におけるシャドーバンキング経由の資金仲介は約 71 兆ドル、銀行経由のおおよそ半分に達し、足元でも拡大が続いており、金融システムを不安定化させるリスクファクターは銀行部門からシャドーバンキングへシフトしつつあると指摘、シャドーバンキングに対する監督・規制やデータ整備の必要性を訴えている。確かに今日のグローバル金融状況を俯瞰すると、シャドーバンキングの拡大を後押しするものになっていると言える。先進各国はリーマン・ショックを機に超金融緩和策を実施したものの、景気や物価の上昇には弾みがつかず、同政策は強化かつ長期化、金利...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

平成23年度インフラ・システム輸出促進調査等事業(インド、インドネシアにおけるインフラファンド組成に関する調査)

...フラファンドによる資金供給が注目されている。経済産業省においても、インフラ整備に於いて民間の活力を活用する観点から、我が国の年金基金・機関投資家によるインフラファンドへの投資を促すため、平成21年度にアジア産業基盤強化等事業(PPP推進のためのグローバル金融メカニズムの開発調査)、22年度にアジア産業基盤強化等事業(インフラ整備のためのインフラファンドの活用促進調査)を行い、インフラファンドへの投資手法について一定の理解が得られたところである。インフラファンドの創設と安定的な運用には、関連法制度の整備や優良案件の選定に加え、投資...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ