調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > コストプッシュ

「コストプッシュ」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2013年12月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

消費動向調査(2013年11月) ~単月では上昇も基調はやや軟調~

... 1997 年の増税時も消費税率引き上げを前に消費者マインドの低下がみられたが、今回も増税に対する消費者の不安感が現れている可能性がある。また、円安を背景としたコストプッシュ型の物価上昇も実質賃金の低下をもたらしており、マインドに悪影響を与えている可能性も指摘できよう。消費者態度指数の構成項目に含まれない「資産価値の増え方」は、前月差+1.2pt と上昇した。株価の上昇などから単月では上昇となったものの、均してみればこのところは横ばい圏での推移となっている。同時に調査を行っている家計の1年後...

2014年1月21日商工中金★フィードバック数:0社会/政治

物価動向です。

物価目標に立ちはだかる壁~物価動向分析~

...いた上で前年比+2%の物価上昇を達成することは難しい。達成するためには、①一段と円安が進行することによる輸入物価の上昇や、②大幅な賃上げにより需要を喚起し、需給ギャップが縮小されることが必要となる。①はコストプッシュ・インフレであることや円安誘導は海外からの批判を招きかねないため、必ずしも望ましい物価上昇とは言えない。今後は、企業経営者に対して直接的に賃上げを要請するという安倍首相の行動にも表われているように、②の所得増加によるディマンドプル・インフレを期待したい。≪物価目標を阻む要因≫円安効果の一巡≪方策...

2013年9月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook PMIが日本株の底打ち示唆

...業種で意図せざる在庫増が発生している可能性がある ことがやや懸念されるが、先行きは輸出の増加基調に沿う形で増産基調 を辿るものと考えられる。 7月コアCPIは前年比+0.7%と前月(+0.4%)から一段と上昇。今月 も電気代を中心としたエネルギー価格要因の寄与が大きかったが、非エ ネルギー品目でも被服及び履物、教育娯楽用耐久財、パソコン、テレビ、 宿泊料などでデフレ圧力が緩和しており、一概にコストプッシュ型のデ フレ脱却では無くなってきている。コアコアCPIも▲0.1%まで下落幅が 縮小してきており、年内のプラス転化はほぼ確実とみられる。為替...

2013年11月3日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[QE予測・解説]2013年7~9月期1次QE予測

...需要デフレーターは個人消費デフレーターが前年比上昇に転じることや住宅投資・設備投資・公共投資のデフレーターが高まることにより、前年比+0.3%(4~6月期同▲0.3%)と2008年7~9月期以来のプラス圏に浮上するとみられる。足元の個人消費デフレーターはガソリン・電気代や食料品、投資デフレーターは輸入資材価格や建設業人件費の上昇によって押し上げられるなど、コストプッシュの色彩が強い。今後、より加工度の高い消費財などに価格転嫁が進み、企業業績が回2復する中で名目賃金も上昇するというデフレ脱却に向けた流れが定着するかが注目される。10~12月期の成長率は年10~12月期...

2013年10月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 日本とスイスは本当によく似ている

.../06 13/07 13/08 13/09(年/月)【国内マーケット・経済指標】(年/月)(備考)Bloombergにより作成。(備考)Bloombergにより作成。~内容はともあれ「さらばデフレ通貨」~27日の東京株式市場、日経平均株価は反落。前日比▲39.05円の14760.07円で取引を終了。前日に配当落ちをこなしたうえで急伸した反動もあり調整が進んだ。N225採用銘柄の入れ替えも若干下押し要因となった。8月コアCPIは前年比+0.8%と前月(+0.7%)から加速。相変わらずエネルギー価格上昇に起因するコストプッシュ...

2013年10月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

消費税と賃金上昇 ~賃金上昇を後押しする消費税の使い方~

... 月の消費者物価上昇率は総合・前年比 1.1%、除く生鮮食品・前年比 0.7%と、これまでにないコストプッシュ圧力が生じている(図表 1)。この流れは 2014 年度に入ってもしばらく続きそうな気配である。そうなると、生活者目線でみて、2014 年度の生活水準は、相応に賃金上昇が起こらなければ、実質切り下げを余儀なくされると感じられる。本当に、2014 年度から十分な賃金上昇が進み、消費税負担の増大がこなされていくのであろうか。(参考)年金生活者の支給額スライド多くの高齢者は、公的...

2014年2月4日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

岡山市における最近の物価動向について

...に、販売価格判断 D.I.も、水準としては 未だ 「下落」 超を脱していないものの、 「下落」 超幅が縮小している (図表8、 図表9) 。 こうした両 D.I.の動きは、上記の需給ギャップの改善に加え、コストプッシュ効果が 企業側の利鞘縮小によって減殺されつつも、 物価の押し上げ要因となっていることを示 唆している。5(図表8)輸入物価と国際商品指数(全国)160(2010年=100)輸入物価(円ベース)輸入物価(契約通貨ベース) 日本銀行国際商品指数140 120100 8060 4020 0 1...

2014年3月17日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

春闘を受けた賃金上昇 ~期待される中小企業への波及~

...の価格設定スタンスに依存する部分が大きい。すなわち、企業が賃上げなどのコストプッシュ分を価格に転嫁して利益を取り戻せるかどうかにかかっている。賃金だけ引き上げて、販売価格を据え置くようでは、賃上げの原資はいずれ乏しくなる。本来の姿は、製品競争力を背景に販売価格を引き上げて付加価値を増やすことだ。賃上げの動きが一過性のものにならないように、次なる壁が何であるかも十分に理解していく必要がある。本資料は情報提供を目的として作成されたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。作成時点で、第一...

2013年7月30日第一生命保険フィードバック数:2社会/政治

消費者物価(全国13年6月、東京都区部13年7月) ~先行きも緩やかにプラス幅が拡大する見込み~

...リン価格は前月比では横ばいにとどまったが、昨年の同時期に大きく下落していたため、前年の裏が出る形で押し上げ要因になっている。このように、今月のCPIプラス転化の主因はエネルギー価格の上昇であり、コストプッシュ的な色彩が濃い。もっとも、エネルギーの影響が含まれない「食料・エネルギーを除く総合(米国型コア)」を見ても前年比▲0.2%と、前月(▲0.4%)から下落幅が縮小している。依然マイナスではあるが、2月の▲0.9%をボトムとして着実な改善がみられている。足元の物価上昇がエネルギー主導であることは確かだが、それ...

2013年10月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

消費者物価(全国13年8月、東京都区部13年9月) ~年内に+1%超えへ。米国型コアは9月にマイナス圏脱出の見込み~

...ラス寄与が大きくなっている。原油価格上昇によりガソリン価格が大きく上昇したことが影響している。また、電気代(前年比寄与度:7月+0.36%Pt→8+0.32%Pt)は、前年の裏が出た関係でプラス寄与が前月から縮小したが、引き続き物価押し上げ要因になっている。このように、足元のCPI上昇はエネルギー価格の上昇によるところが大きく、コストプッシュ的な色彩が濃い。もっとも、エネルギーの影響が含まれない「食料・エネルギーを除く総合(米国型コア)」でも改善の動きが出ていることは注目される。8月は前年比▲0.1%(7月:▲0.1%)と依...

2014年4月1日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治

最近の物価動向について

...総合研究所 (http://www.jkri.or.jp/)分けした場合、円安による部分(コストプッ シュインフレ)が約5割、天候や一時的要因 など経済と無関係な部分が4割、駆け込み需 要を含めた景気回復による部分(ディマンド プルインフレ)が残りの1割、という色分け になるだろう。消費(需要)増加の結果とし ての「良い物価上昇」というより、家計にと って負担となる「悪い物価上昇」の部分が大 きいように思われる。 では、このところの物価上昇の最も大きな 要因になっている円安によるコストプッシュ イン...

2015年6月16日みずほ銀行★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

みずほのレポートです。

需給動向レポート(2015年6月)(8)不動産・住宅 ~良好な業界環境が継続~

...初月契約率は好不況判断の目安と言われる 70%を超えて推移しており(【図表 8、9】)、販売環境はこれまでのところ概ね良好である。但し、用地価格の高騰と、建設コストの高止まりという難しい環境下、着実に価格転嫁を進めていくのは難しく、特に立地に劣る物件についてはコストプッシュの影響を免れないものと思われる。デベロッパー各社にとっては今後、いかに優良な用地を厳選して仕入れ、エリアの需給を見極めつつ効果的に供給を進めていくかがポイントである。株式会社みずほ銀行3/6【図表 5】住宅着工戸数の推移【図表 6】分譲マンション供給戸数の推移(万戸...

2014年11月18日みずほ銀行★フィードバック数:0大型消費/投資

市場分析です。

需給動向レポート(2014年11月)(8)不動産・住宅 -概ね良好な業界環境なるも、マンション分譲各社は案件の確保に苦戦-

...であった前年のハードルが高く、足許のラップを踏まえ、概ね 2012 年並を見込むも、マンション分譲各社は開発用地の不足による用地費の高騰や建設コストの上昇によるコストプッシュから、採算のとれる案件の確保に苦戦している模様。不動産売買(投資)市場は引き続き活況。1.不動産地価の動向~2014 年 9 月に公表された基準価格(2014 年 7 月基準)は、マイナス幅が▲1.2% にまで縮小。三大都市圏では 2 年連続のプラスとなった。三大都市圏は 2 年連続となるプラス、地方圏もマイナス幅が縮小。2014 年 9 月に...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0ライフスタイル海外

新興国(特にインド)における医療機器システムの展開可能性及び海外主要医療機器メーカーの海外展開戦略の調査

... 月来、非食料の製造業部門まで拡大してコストプッシュをもたらし、高インフレが全般 的に広がり一般庶民の不満の種となっている。2011 年 8 月 6 日現在の卸売価格指数(WPI) は、 食料品が 9.03%、 基礎的項目が 11.64%で、 7 月のインフレ率は 9.22% (6 月は 9.44%) となっている。 2009 年 12 月以降、 インド準備銀行はインフレ抑制のための金融引き締め策を講じてきて いるが、高インフレの持続はインド準備銀行の安心できる水準を超えている。2011 年度...

2013年8月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2013~2015年度日本経済見通し ~14年、15年に追加経済対策を想定したことで、14年度の成長率見通しを上方修正~

...料は情報提供を目的として作成されたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。作成時点で、第一生命経済研究所経済調査部が信ずるに足ると判断した情報に基づき作成していますが、その正確性、完全性に対する責任は負いません。見通しは予告なく変更されることがあります。また、記載された内容は、第一生命ないしはその関連会社の投資方針と常に整合的であるとは限りません。13年6月の全国消費者物価指数(生鮮食品除く総合)は前年比+0.4%とプラスに転じた。押し上げに寄与したのは電気代やガソリン代といったエネルギー価格が中心であり、コストプッシュ...

2013年11月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2013~2015年度日本経済見通し ~消費税率引き上げ後も景気回復は途切れず~

...しは予告なく変更されることがあります。また、記載された内容は、第一生命ないしはその関連会社の投資方針と常に整合的であるとは限りません。けば、14年度が+1.0%(同+1.0%)、15年度が+1.2%(同+1.2%)となる。13年9月の全国消費者物価指数(生鮮食品除く総合)は前年比+0.7%と、4ヶ月連続のプラスとなっている。足元のCPI押し上げに寄与しているのは電気代やガソリン代といったエネルギー価格が中心であり、コストプッシュ的な色彩が強いことは否めない。だが、エネルギーの影響が含まれない「食料・エネルギーを除く総合(米国...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ