調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > コストプッシュ

「コストプッシュ」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2013年10月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

物価上昇圧力、消費増税後の行方 ~需給ギャップ改善の流れは続く~

...経済研究センター「ESP フォーキャスト調査」によれば、7 月時点で前年比 0.34%だった。その後、エコノミストたちの予想は、8月 0.45%、9月 0.54%、10 月 0.67%と、月ごとに上方修正を重ねている(図表 2)。毎月の統計データを要因分解していると、コストプッシュによる物価上昇の姿しか見えないが、達観してみると物価上昇圧力が働いている範囲が徐々に予想以上に広がってきているのが実情だ。目先の 10-12 月の消費者物価(除く生鮮食品)の前年比は 1%を超えて、2014 年 1-3 月も 1%強に...

2014年9月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

スタグフレーションの可能性 ~需要不足の日本では所得の海外流出によるデフレリスクの方が高い~

...は無視できない。● 原油入着価格の上昇により、物価の持続的な上昇と経済活動の停滞が共存すれば、スタグフレーションに陥ることになる。供給面に問題があった過去の英米では規制緩和等の改革を中心にスタグフレーションを克服してきた。しかし、GDPギャップがまだマイナスの現在の日本には当てはまらない。むしろ、需要不足の状態にある現在の日本では、スタグフレーションよりも、2000 年代後半に生じたようにコストプッシュの中でも所得の海外流出に伴う実質購買力低下によりデフレに陥るリスクのほうが高い。● 需要...

2013年12月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

消費動向調査(2013年11月) ~単月では上昇も基調はやや軟調~

... 1997 年の増税時も消費税率引き上げを前に消費者マインドの低下がみられたが、今回も増税に対する消費者の不安感が現れている可能性がある。また、円安を背景としたコストプッシュ型の物価上昇も実質賃金の低下をもたらしており、マインドに悪影響を与えている可能性も指摘できよう。消費者態度指数の構成項目に含まれない「資産価値の増え方」は、前月差+1.2pt と上昇した。株価の上昇などから単月では上昇となったものの、均してみればこのところは横ばい圏での推移となっている。同時に調査を行っている家計の1年後...

2014年4月23日みずほ総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

賃金は上がり始めたか、企業行動に転換の兆し

...圧縮のデレバレッジが基本だった。同時に、円高でも生き残るべく、価格上昇を抑制し、コストカットのリストラを実施してきた。こうした動きは固定費となる正社員の雇用を抑制し、変動費となる派遣の雇用を頼りとしてきた。今日の環境はそうした従来の企業財務の姿勢に変化が生じていることを示すものだ。すなわち、バランスシート圧縮と経費圧縮のリストラモードからの転換である。労働需給の改善のなかで賃金の引上げが続けば、消費税率引上げにともなう実質賃金の低下を補うものとなる。さらに賃金上昇は需要の下支えとコストプッシュ...

2014年1月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

強くなる企業収益体質 ~労働コストに対する耐久力~

...データを調べてみると、今のところは価格転嫁が進んでいて、売上原価/売上の比率も落ち着いている。同じように素材価格、エネルギー価格が高騰した 2008 年に比べても、現在の方が原価率は低くなっているのが実情である。これは、最近は、デフレ環境が改善してコストプッシュ圧力を価格に転嫁できているため、売上・経常利益といった名目値がスライドして押し上げられているためだ。価格転嫁ができていることは、変動利益の圧縮を回避して、売上が増えるほど利益を出しやすい構造をつくっていると理解できる。また、固定費に関しても、人件費、減価...

2014年1月21日商工中金★フィードバック数:0社会/政治

物価動向です。

物価目標に立ちはだかる壁~物価動向分析~

...いた上で前年比+2%の物価上昇を達成することは難しい。達成するためには、①一段と円安が進行することによる輸入物価の上昇や、②大幅な賃上げにより需要を喚起し、需給ギャップが縮小されることが必要となる。①はコストプッシュ・インフレであることや円安誘導は海外からの批判を招きかねないため、必ずしも望ましい物価上昇とは言えない。今後は、企業経営者に対して直接的に賃上げを要請するという安倍首相の行動にも表われているように、②の所得増加によるディマンドプル・インフレを期待したい。≪物価目標を阻む要因≫円安効果の一巡≪方策...

2013年9月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook PMIが日本株の底打ち示唆

...)INDBにより作成。を辿るものと考えられる。7月コアCPIは前年比+0.7%と前月(+0.4%)から一段と上昇。今月32ネルギー品目でも被服及び履物、教育娯楽用耐久財、パソコン、テレビ、11213(年)コア(コア)CPI(%)も電気代を中心としたエネルギー価格要因の寄与が大きかったが、非エ110宿泊料などでデフレ圧力が緩和しており、一概にコストプッシュ型のデ-1フレ脱却では無くなってきている。コアコアCPIも▲0.1%まで下落幅が-2縮小してきており、年内のプラス転化はほぼ確実とみられる。為替への-3...

2013年7月30日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

GlobalMarket Outlook 内容はともあれ、さらば「デフレ通貨」

...が目指している賃金上昇を伴ったディマンド・プル型のインフレとは異なる。賃金の上昇は一部の大企業製造業が臨給を引き上げたに留まっており、需要サイドからの物価上昇圧力に多くは期待できない。とはいえ、曲がりなりにもヘッドラインの数値はプラス転化した。金融市場では中長期的な円安要因として意識される可能性がある。購買力平価の算出もしかり、一般的に通貨の実力を測る際には、ディマンドプル型かコストプッシュ型かは問われない。そのため、内容はともあれ「物価上昇=通貨安」の関係が意識されよう。今後もCPIは前年比プラス基調を維持すると予想されるため、円に...

2014年1月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

企業物価指数(2013年12月) ~上がっているのはエネルギー価格だけではない~

...下幅が縮小傾向にあること、自動車生産の持ち直しや公共事業・住宅建設の増加などを背景に「鉄鋼」(同:+0.28%pt)が伸び幅を高めていることも押し上げ要因になっている。足もとの企業物価の上昇は、円安によるコストプッシュのみでなく、需給環境の改善に支えられている面もある。この点はポジティブに評価すべきだ。なお、12 月の円安進展などを背景に、前月比では+0.3%の上昇となった。原油価格の上昇に伴い、ガソリンなどの「石油・石炭製品」(前月比寄与度:同+0.14%pt)が上昇したほか、豚肉などの「農林水産物」(同+0.05%pt...

2015年4月13日日本総研フィードバック数:0社会/政治

正念場迎える日銀の異次元緩和

...システム不安と利払い負担増による財政赤字の急拡大という深刻な問題を惹起しかねないことに留意が必要だ。第 3 に、こうした事態を防ぐために、日銀がさらに国債買い取りを増加させれば、出口はますます遠のいていく。市場では、止めることのできない大幅な円安加速が生じ、その結果として、コストプッシュ型の悪性インフレが加速、実質賃金がマイナスとなって実体経済は景気後退に陥り、深刻なスタグフレーションが生じる。実際、ハイパー・インフレまでいかずとも、3%台の普通のインフレになっただけで、日本経済は景気後退に見舞われた。2017 年度には 10%への消費税率引き上げを控えており、その時点で 3 度目...

2013年10月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

消費者物価(全国13年8月、東京都区部13年9月) ~年内に+1%超えへ。米国型コアは9月にマイナス圏脱出の見込み~

...ラス寄与が大きくなっている。原油価格上昇によりガソリン価格が大きく上昇したことが影響している。また、電気代(前年比寄与度:7月+0.36%Pt→8+0.32%Pt)は、前年の裏が出た関係でプラス寄与が前月から縮小したが、引き続き物価押し上げ要因になっている。このように、足元のCPI上昇はエネルギー価格の上昇によるところが大きく、コストプッシュ的な色彩が濃い。もっとも、エネルギーの影響が含まれない「食料・エネルギーを除く総合(米国型コア)」でも改善の動きが出ていることは注目される。8月は前年比▲0.1%(7月:▲0.1%)と依...

2013年8月30日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

消費者物価(全国13年7月、東京都区部13年8月) ~年内に+1%超えの可能性も。米国型コアも秋にプラス転化へ~

...製品の寄与度も7月は+0.34%Pt と、6月の+0.21%Pt から拡大し、CPIを押し上げた。原油価格上昇の影響が出ていることに加え、昨年の同時期に大きく下落していた裏が出ていることも押し上げ要因になっている。このように、足元のCPI上昇はエネルギー価格の上昇によるところが大きく、コストプッシュ的な色彩が濃い。もっとも、エネルギーの影響が含まれない「食料・エネルギーを除く総合(米国型コア)」を見ても前年比▲0.1%と、前月(▲0.2%)から下落幅が縮小している点に注目したい。依然マイナスではあるが、13...

2013年7月30日第一生命保険フィードバック数:2社会/政治

消費者物価(全国13年6月、東京都区部13年7月) ~先行きも緩やかにプラス幅が拡大する見込み~

...リン価格は前月比では横ばいにとどまったが、昨年の同時期に大きく下落していたため、前年の裏が出る形で押し上げ要因になっている。このように、今月のCPIプラス転化の主因はエネルギー価格の上昇であり、コストプッシュ的な色彩が濃い。もっとも、エネルギーの影響が含まれない「食料・エネルギーを除く総合(米国型コア)」を見ても前年比▲0.2%と、前月(▲0.4%)から下落幅が縮小している。依然マイナスではあるが、2月の▲0.9%をボトムとして着実な改善がみられている。足元の物価上昇がエネルギー主導であることは確かだが、それ...

2014年3月17日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

春闘を受けた賃金上昇 ~期待される中小企業への波及~

...の価格設定スタンスに依存する部分が大きい。すなわち、企業が賃上げなどのコストプッシュ分を価格に転嫁して利益を取り戻せるかどうかにかかっている。賃金だけ引き上げて、販売価格を据え置くようでは、賃上げの原資はいずれ乏しくなる。本来の姿は、製品競争力を背景に販売価格を引き上げて付加価値を増やすことだ。賃上げの動きが一過性のものにならないように、次なる壁が何であるかも十分に理解していく必要がある。本資料は情報提供を目的として作成されたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。作成時点で、第一...

2014年2月4日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

岡山市における最近の物価動向について

...)。こうした両 D.I.の動きは、上記の需給ギャップの改善に加え、コストプッシュ効果が企業側の利鞘縮小によって減殺されつつも、物価の押し上げ要因となっていることを示唆している。5(図表8)輸入物価と国際商品指数(全国)160(2010年=100)輸入物価(円ベース)140輸入物価(契約通貨ベース)日本銀行国際商品指数120100806040200 1年 0 20304050607080910111213(資料)日本銀行「企業物価統計」、「日本銀行国際商品指数」(図表9)販売価格判断 D.I.と仕...

2014年4月1日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治

最近の物価動向について

...(需要)増加の結果としいない。最終時価格は08年年央に前年比2%ての「良い物価上昇」というより、家計にと台まで上昇したが、その時期を除けばゼロ近って負担となる「悪い物価上昇」の部分が大辺での推移が続いており、最近もほとんど上きいように思われる。がっていない。原材料や半製品の価格が上昇では、このところの物価上昇の最も大きなしても、最終製品への価格転嫁については、要因になっている円安によるコストプッシュ難しい状況であることがわかる。つまり、円インフレは今後も続くだろうか。安に...

2014年4月28日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

実質賃金の低下 ~物価上昇に対して賃金上昇が追いつかないとき~

...ルギーに購買力を吸収される物価上昇によって、企業が恩恵をフルに享受したような印象を受けるかもしれないが、企業には労働分配を躊躇するような悪影響も受けてきた。エネルギー価格の上昇である。2013 年以降の物価上昇は、円安とエネルギー価格の影響を強く受けていた。原油等でコストプッシュされた部分は、産油国など海外に流出してしまうので、企業の利得にはならない。鉱物性燃料の輸入金額は 2013 年度28.4 兆円と、10 年前(9.1 兆円)の 3.1 倍にも膨らんでいる(図表 6)。鉱物...

南アフリカPGM産業におけるストライキの影響

... 2014*2014年の「その他」は北米、ジンバブエを含む。50.0自動車触媒0.0-50.0投資用2009 2010 2011 2012 2013 2014出典:Johnson Matthey*2014年の「産業用」は化学、歯科材料、電機、その他を含む。21供給に影響を及ぼしうるファクター・人件費、電力コスト増加・MPRDA法やBEE比率見直しの動きもあり。Eskomによる電力料金の引き上げ計画(大口需要家向け)1.コストプッシュ要因 南アでの人件費増(今後2年間で1.4倍) 電力コスト増加(本年...

2013年11月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2013~2015年度日本経済見通し ~消費税率引き上げ後も景気回復は途切れず~

...しは予告なく変更されることがあります。また、記載された内容は、第一生命ないしはその関連会社の投資方針と常に整合的であるとは限りません。けば、14年度が+1.0%(同+1.0%)、15年度が+1.2%(同+1.2%)となる。13年9月の全国消費者物価指数(生鮮食品除く総合)は前年比+0.7%と、4ヶ月連続のプラスとなっている。足元のCPI押し上げに寄与しているのは電気代やガソリン代といったエネルギー価格が中心であり、コストプッシュ的な色彩が強いことは否めない。だが、エネルギーの影響が含まれない「食料・エネルギーを除く総合(米国...

2013年8月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2013~2015年度日本経済見通し ~14年、15年に追加経済対策を想定したことで、14年度の成長率見通しを上方修正~

...料は情報提供を目的として作成されたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。作成時点で、第一生命経済研究所経済調査部が信ずるに足ると判断した情報に基づき作成していますが、その正確性、完全性に対する責任は負いません。見通しは予告なく変更されることがあります。また、記載された内容は、第一生命ないしはその関連会社の投資方針と常に整合的であるとは限りません。13年6月の全国消費者物価指数(生鮮食品除く総合)は前年比+0.4%とプラスに転じた。押し上げに寄与したのは電気代やガソリン代といったエネルギー価格が中心であり、コストプッシュ...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ