「コスト圧縮」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年11月25日パイプドビッツフィードバック数:0ビジネス

第3回「SDPパートナー表彰制度」ランキング

...キュリティを担保しながら、案件の工数短縮や調達コスト圧縮できるなど、開発者の皆様にメリットを感じていただいております。 <プログラムの主な内容>・開発/自社利用アカウントの提供・クライアント向けアカウントを特別価格で提供・各種スクールの開催とデベロッパー様向け無料サポート・パイプドビッツ直販案件の開発/制作相談・Web、フォーラムでのデベロッパー様紹介「スパイラル®」とは「スパイラル®」は、官公庁、金融、サービス、教育機関など、幅広い業種・業態のお客様にご利用いただいている国内最大規模の情報資産プラットフォームです。販売...

2013年2月14日みずほ総合研究所フィードバック数:5社会/政治

「デレバレッジ-デフレマインド-草食系企業行動」転換は

...ほ総合研究所今日の日本企業の財務面の優位性は、バランスシート調整の厳しい環境を生き抜くため、筋肉質な財務力を20年にわたって作り上げた結果である。その個別の企業の行動パターンは、財務的にはデレバレッジに伴う負債圧縮、価格設定の行動は、円高でも競争力強化の観点から値上げをせず常に価格引下げを志向し、そのためにコスト圧縮やリストラで賃金上昇を抑制することだった。こうした対応を「草食系進化」として筆者は議論してきた。ただし、その結果生じたマクロ的経済現象が、デレバレッジでの資産価格下落、デフレマインド、デフレ状態の長期化となった。すなわち、安倍...

2014年5月21日MM総研★フィードバック数:0デジタル家電

市場データです。

2013年度通期国内タブレット端末出荷概況

...)、2016年度:1,130万台(同9.7%増)となり、2015年度には1,000万台規模に達すると予測する。増加傾向は続くが、増加ペースは徐々に落ちていくだろう。キャリアによる家族利用やマルチデバイス利用を意識した新たな料金プランが登場したが、月額利用料金が発生するセルラータブレットの成長にはキャリアによる販売施策が重要となる。想定される利用シーンによっては、SIMフリータブレットとMVNO SIMカードの組み合わせにより、常時インターネット接続とコスト圧縮...

2015年7月21日エコンテフィードバック数:0マーケティング

Googleペナルティ実態調査

.../サービス業)、「迅速だから」(60歳・女性/建設・不動産・住宅関係)という自社での作業で問題ないという声のほか、「費用をかけないため」(58歳・男性/飲食業・宿泊業)、「コスト圧縮」(51歳・男性/電気通信業)というコスト削減という面や、「自社でSEOに詳しい人材を育てるため」(44歳・男性/メーカー)という人材育成の面から、自社対応する企業が多いようです。外部委託した理由としては、「社員のスキル不足」(30歳・女性/サービス業)、「どう対処してよいかが分からなかったため」(32歳・男性/製造...

2013年7月5日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

消費の持続性が年後半も続く鍵はなにか?

...に、円高不安も続くなか、損益計算書(P/L)では、バブル崩壊後の20年にわたり生き残りを賭けてコスト圧縮、マージン削減という行動原理が定着し、「草食系的進化」を遂げたことが分かる。以上の「進化」の出発点は、先行き不安と円高の定着不安にあった。今後の改善には、円高環境の不安の払拭、首相が毎年変わるような環境からの転換も不可欠になる。7月21日の参院選では漸くねじれ状態の解消が期待されるだけに、今後3年にわたる政権の安定期待も生じうる。同時に、為替の円安への流れから半年が経ち、しか...

2013年4月1日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済/円安はどこまで進むのか~産業平均均衡レートから得られる示唆~

...スの均衡レートの水準が円高方向に推移し比べ相対的に進んだとみられる。ただし、2011 年のていること自体、日本企業が米国企業に比べて相対実勢レートはそれらの業種における均衡レートをも的にコスト圧縮を進めてきたことを意味している。大きく上回る円高水準となっている。実際、日米両国の単位中間投入コストと単位労働コストの変化をみてみると、日本は米国以上にコスト2 種類の均衡為替レートの乖離は日本企業の利益マージン圧縮を示唆削減の企業努力を行ってきたと判断できる。米国のコスト減少ペースが徐々に日本に追いついていく中で、両国の差は縮小しているが、直近 2005 年から次に、2...

2013年2月28日内閣府フィードバック数:194社会/政治

デフレ脱却の意義と課題

...の増加により、経済の新陳代謝が促され、生産性も向上することが期待される。また、諸外国との物価上昇率格差が解消されることにより、過度の円高・デフレ下で生じていた空洞化リスクも低下していくと期待される。さらに、名目物価がプラスの領域で変動することで様々な調整コストが吸収しやすくなり、デフレ状況下で生じていた売上減少圧力に起因するコスト圧縮が軽減され、米国で見られるように、我が国においても労働生産性上昇の果実が着実に賃金上昇へとつながっていくことが期待される。しかし、こうしたメリットを享受する前に、物価...

2014年7月1日経済産業省フィードバック数:0企業情報システム

平成25年度電子経済産業省構築事業(オープンデータの利用に係る民間、地方公共団体の連携基盤の開発・活用実証事業)調査報告書

...プンデータの新たな利用モデルやビジネスの創出を狙う■官民データ連携の推進: 公共データをオープン化するだけでなく、民間のデータと連携・融合することによる効果を検証する 官民データ連携による行政業務の効率化や情報到達コスト圧縮の実現 官民データ連携による既存ビジネスの高度化/新規ビジネスの創出■具体的なアクションプラン(案)の策定: モデル実証やコンテスト等を通じて明らかとなった課題を整理し、今後オープンデータを更に推進するために必要となる施策案を提示する IT 戦略工程表で示されたロードマップや G8 のオープンデータ憲章に従い、今後...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ