調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > コンセンサス予想

「コンセンサス予想」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年1月17日大和総研フィードバック数:0社会/政治

これからは純輸出もGDPの押し上げ要因に

...大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 これからは純輸出もGDPの押し上げ要因に現れ始めたシェール革命の好影響 2014年1月16日ニューヨークリサーチセンター エコノミスト 笠原 滝平 土屋 貴裕◆2013年10-12月期の実質GDP成長率は、コンセンサス予想よりも上振れする可能性がある。理由として、貿易赤字の縮小が挙げられる。◆輸出は海外経済の回復によって拡大し、輸入も国内の成長により拡大したものの、石油...

2013年5月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

欧州経済指標コメント:4月ユーロ圏消費者物価(速報) ~エネルギー要因だけでは説明できない物価の下振れ~

...EU Indicators欧州経済指標コメント:4月ユーロ圏消費者物価(速報)発表日:2013年4月30日(火)~エネルギー要因だけでは説明できない物価の下振れ~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527・ 2013年4月のユーロ圏の消費者物価の速報値(EU統一基準)は前年比+1.2%と前月(同+1.7%)から大幅に上昇率が縮小。事前のコンセンサス予想(同+1.6%)を大きく下回った。国別・費目別の内訳は5月16日発表の確報値の結果を待つ必要があるが、原油...

2014年11月10日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:9月ドイツ鉱工業生産・貿易収支 ~反発はしたけれども・・・~

...EU Indicators欧州経済指標コメント:9月ドイツ鉱工業生産・貿易収支発表日:2014年11月7日(金)~反発はしたけれども・・・~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527・ 9月のドイツの鉱工業生産は前月比+1.4%と前月(同▲3.1%)の落ち込みから反発した。事前のコンセンサス予想(同+2.0%)を下振れしたが、8月値が上方修正(改定前は同▲4.0%)されており、概ね予想通りの結果であったと言える。ただ、8月の落ち込みが響き、7-9月期...

2013年11月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済諸指標:10月ユーロ圏消費者物価(速報) ~デフレの足音、高まる利下げ観測~

...EU Indicators欧州経済指標コメント:10月ユーロ圏消費者物価(速報)発表日:2013年11月1日(金)~デフレの足音、高まる利下げ観測~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527・ 2013年10月のユーロ圏の消費者物価の速報値(EU統一基準)は前年比+0.7%と前月(同+1.1%)から一段と上昇率が縮小。事前のコンセンサス予想(同+1.1%)を大きく下回った。国別・費目別の内訳は11月15日発表の確報値の結果を待つ必要があるが、エネ...

2014年2月21日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:英国労働統計 ~判断の拠り所が欲しいから、やっぱり失業率に注目~

...回ったことと、過去2ヶ月が僅かに上方修正され(10月:7.00%→7.01%、11月:7.36%→7.38%)、事前のコンセンサス予想(7.1%)対比でやや悪化した。・ 12日に発表された新たなフォワード・ガイダンスでは、①失業率が閾値の7%に到達した後も、需給ギャップが完全になくなるまでは利上げをしない、②需給ギャップを測る指標として、従来の失業率だけに頼らずに幅広い経済指標から判断する方針が示された。これにより失業率の重要度は低下した筈だが、需給ギャップを単一で測る“便利な”経済指標がある訳でもなく、市場...

2014年9月23日みずほ総合研究所フィードバック数:0ビジネス

主要日本企業の2014年4~6月期決算動向

...予想がない企業については東洋経済予想を採用。(注3)アナリスト予想は8月21日時点の日経QUICKコンセンサス予想を集計。(資料)日経FQ、QUICK5益は維持されるも小幅な伸びとなっており、保守的な企業の姿勢は継続している(図表6)。但し、非製造業を中心に駆け込み需要の反動減から減益となった業種も総じて期初の会社予想を維持しており、消費増税による悪影響はひとまず企業の想定を超えるものではなかったと見られる。アナリストの予想の平均値であるQUICKコンセンサスについても集計してみると、全体で増収率3.7%、経常利益増益率6.9%と会...

2013年11月6日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

利下げすべきか、すべきでないか、それが問題だ ~11月は材料不足、12月会合での利下げを予想~

...緩和余地が限られるなかで利下げカードを温存したいとの思惑が働くことからも、今回は利下げを見送ると考える。■ 物価下振れが持続的なものかどうかの判断には追加の材料が必要利下げ予想のきっかけとなった10月のユーロ圏の消費者物価の速報値は、前年比+0.7%と前月(同+1.1%)から一段と上昇率が縮小し、事前のコンセンサス予想(同+1.1%)を大きく下回った(図表1)。ECBは中期的な物価安定を「統一基準によるユーロ圏の消費者物価指数(HICP)の前年比上昇率が2%をやや下回る水準」と定義しており、1%を下回る物価上昇率は低位安定の域から、デフ...

2015年4月24日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

レアル相場を読む3つの論点~「双子の赤字」問題と通貨安に対する耐性~

...ロブラスやヴァーレなど資源関連企業の投資抑制により、今後も低迷が続くと予想される。ブラジル中銀が取りまとめている実質 GDP 成長率予想は、下方修正が続いている(4月 17 日時点:2015 年▲1.0%)。ブラジル政府は、2015 年予算の前提となる成長率について、▲0.9%とコンセンサス予想に沿った現実的な想定を置いたうえで、1.2%の黒字目標を掲げている。政府の財政緊縮姿勢が堅持されるのであれば、最終的に財政黒字目標を達成できるか否かは景気に依存する部分が大きい。成長率の下振れが、財政...

2013年3月25日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ欧州経済情報]2013年3月号

...のメンバーは利下げを主張したようだ。ドラギ総裁は「コンセンサス」により据え置きを決定したと述べ、全会一致の決定ではなかったことを明らかにした。但し、ECBメンバーのとは言え、ECBメンバーの大部分は追加の政策発動に消極的とみられる。ド多くは追加緩和に消極的ラギ総裁は一部の諸国を中心に雇用悪化が深刻化していることや金融市場の分断であり、当面、様子見が化現象が十分に解消されないことに懸念を示したが、同時に、こうした問題に対続くと予想されるして「ECBに出来ることはほとんど無い」とも述べた。ECBの見通しは市場のコンセンサス予想やIMF...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ