「サマーズ」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2013年9月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

GlobalMarket Outlook 敢えてこのタイミングで欧州に注目

...%%%%%%%%15350(円)99.5ドル/円相場99.0106.59 ㌦1317.80 ㌦▲ 1.62 ㌦9.40 ㌦98.5※は右上記載時刻における直近値。図中の点線は前日終値。(出所)Bloomberg【海外株式市場・経済指標】~金融相場復活~16日の米国株式市場、NYダウ平均株価は続伸。前日比+118.72㌦の15494.78㌦で取引を終了。サマーズ氏が候補辞退を受けて金融相場(米金利低下・米株上昇)が復活。欧州では独DAXが史上最高値更新。9月NY連銀製造業景況指数は6.29と、前月(8.24)から...

2013年9月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook Tapering:「覚悟はできた!」ようだ

....067 %105.42 ㌦1309.40 ㌦▲ 1.17 ㌦▲ 8.40 ㌦日経平均NYダウ155501550015450(円)ドル/円相場99.499.299.0※は右上記載時刻における直近値。図中の点線は前日終値。(出所)Bloomberg【海外株式市場・経済指標】~金融相場復活~17日の米国株式市場、NYダウ平均株価は続伸。前日比+34.95㌦の15529.73㌦で取引を終了。米経済指標は強弱まちまちだったが、FOMCの結果発表を翌日に控えるなか、買いが優勢。サマーズ...

2013年8月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook バブルモニタ(ドーマー条件) 条件成立が濃厚に

...工業生産指数は年初来前年比が+9.4%と市場予想(同+9.2%)を上回った。7月固定資産投資(除農村部)は年初来前年比が+20.1%と市場予想(同+20.0%)を上回った。7月小売売上高は年初来前年比が+12.8%と市場予想に一致。オバマ大統領は、FRB議長後任人事について「サマーズ氏とイエレン氏は、極めて優れたFRB議長の候補者と考える。ただ、ほかにも何人か大変有能な候補者がおり、秋に決定するつもりだ」と述べたほか、「足もと、インフレは課題ではない。あまりにも多くの国民が過度に長期間、失業...

2013年8月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook タカ派議論で米金利低下も

...派議論のみがフォーカスされる可能性は否定できない。その場合、米株安を受けた「リスクオフの米金利低下」も考えられる。金融市場のリスク選好が削がれているため、「タカ派=米金利上昇」という単純な展開にならない可能性も想定しておきたい。また、サマーズ氏の議長就任観測が台頭する前の議事録であるため、ハト派的な議論(WSJが報じたフォワードガイダンス強化)に目が向かう可能性は低いかもしれない。ロイター通信の報道によると、アイルランドのオンラインベットサイトではサマーズ氏の就任を予想する見方が優勢、とのこと(筆者未確認)。ドルインデックス10年金...

2015年2月25日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

長期停滞 理論と現実に差

...文脈が違うところもあるのでそれぞれ説明したい。 ◆◆◆まず長期停滞論は、1938年の米国経済学会の講演でアルビン・ハンセン会長(当時)が唱えた、大恐慌後の米国経済の停滞は平永久的に続くという仮説である。実際は第2次世界大戦の特需で米国経済は急成長し、仮説は忘れられたが、2013年に米ハーバード大学のローレンス・サマーズ教授が米欧の現状を論じるために持ち出し、再び脚光を浴びることになった。現在論じられている長期停滞論には、サプライ(供給)サイドの議論とデマンド(需要)サイドの議論がある。供給サイドの議論は、12年に米ノースウエスタン大学のロバート・ゴー...

2015年6月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

多極化に向かう世界-パクス・アメリカーナの行方

...は日本を抜いて、世界第二の経済大国に躍り出た。IMFが4月に発表した最新の予測では、2016年には中国の経済規模がユーロ圏を上回り、2020年には日本経済の3倍を超えるようになるとしている。2013年には輸出入金額の合計で中国はアメリカを抜いて世界一になり、貿易面での存在感は既に極めて大きなものになっている。2013年末に、IMFのセミナーでサマーズ元財務長官が、アメリカ経済が長期的な停滞に陥っているのではないかという疑問を投げかけ話題になった。バブル崩壊後に日本経済が長期停滞したのは例外だとみていたが、先進...

多極化に向かう世界~パクス・アメリカーナの行方~

...起きたリーマンショックによる経済の大幅な落ち込みからなかなか抜け出すことができず、その間に中国は急速な経済発展を遂げた。中国の経済規模は2010年には日本を抜いて、世界第二の経済大国に躍り出た。IMFが4月に発表した最新の予測では、2016年には中国の経済規模がユーロ圏を上回り、2020年には日本経済の3倍を超えるようになるとしている。2013年には輸出入金額の合計で中国はアメリカを抜いて世界一になり、貿易面での存在感は既に極めて大きなものになっている。2013年末に、IMFのセミナーでサマーズ元財務長官が、アメ...

新しい酒は新しい皮袋に~経済成長に求められる変革~

...は前年同月比1.6%の上昇となり、長年悩まされてきたデフレからの脱却も見えてきたようだ。一方、欧米では物価上昇率が低下し、日本のような長期経済低迷に陥るのではないかという不安が高まっている。昨年11月のIMFコンファレンスで、サマーズ元米財務長官が欧米はリーマンショック以前から長期停滞に陥っていたのではないかと発言したことは、論争を巻き起こしている。ITバブル崩壊後に金融緩和が長すぎたことが住宅バブルを引き起こしたと考えられているが、先進国経済が長期低迷に陥っているのであれば、深刻...

2014年4月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

新しい酒は新しい皮袋に-経済成長に求められる変革

...も言われる長期低迷を続けてきたが、状況が大きく変わる兆しも見える。消費者物価は2014年1月には前年同月比1.4%の上昇となり、長年悩まされてきたデフレからの脱却も見えてきたようだ。一方、欧米では物価上昇率が低下し、日本のような長期経済低迷に陥るのではないかという不安が高まっている。昨年11月のIMFコンファレンスで、サマーズ元米財務長官が欧米はリーマンショック以前から長期停滞に陥っていたのではないかと発言したことは、論争を巻き起こしている。ITバブル崩壊後に金融緩和が長すぎたことが住宅バブルを引き起こしたと考えられているが、先進...

2013年9月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 投資をしないことの機会費用は高まっている

...円は一日を通してみるとほぼ横ばい。やや軟調な米経済指標を受けて米金利が低下するなか、主要通貨は全般的に軟調。Tapering見送り後の急速なドル安(円以外)の反動とみられる。ユーロドルは独Ifo指数の予想対比下振れを受けて下落。米10年金利は5bp低下の2.66%。サマーズ氏議長就任観測が台頭する前の水準まで低下している。独10年金利は米金利低下やIfo景況感指数を受けて大幅低下(▲7bp、1.85%)。GIIPS10年金利も追随したが、対独スプレッドはワイドニング。ただ、独金...

自然失業率および自然利子率の低下と金融政策

...してご覧いただけます。ローレンス・サマーズ元米財務長官は、2013年11月に「長期停滞論」を展開し始めたが、その一つの証拠がマイナスの自然利子率であった。新古典派成長理論によれば、自然利子率(均衡実質利子率)がマイナスであれば、一人当たり実質消費の伸びはマイナスになっているはずだからだ。米国のみならずユーロ圏や英国ですら自然利子率がマイナス領域に陥っている可能性を排除できない。仮に自然利子率がマイナスのまま推移すると仮定すると、インフレ期待が2%で安定している下では、名目政策金利(フェデラルファンド・レート)の上限は2...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ