調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > ストレージベンダー

「ストレージベンダー」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

企業におけるファイル転送とオンラインストレージの業務利用と期待

...ル発行の市場調査レポート「ITR Market View:ファイル共有・転送/コンテンツ管理市場2014」(2014年9月発行)の2013年度、企業間ファイル転送アプライアンス市場でベンダーシェア1位の「GIGAPOD(ギガポッド)」を提供するオンラインストレージベンダーです。(※1)(※1)「ITR Market View:ファイル共有・転送/コンテンツ管理市場2014」について ITに係る意思決定に関するリサーチ・コンサルティングサービスを提供する、業界中立的な立場であるITRのアナリストが、国内ファイル共有・転送/コン...

2017年9月23日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内外付型エンタープライズストレージ市場 産業分野別予測

...-Defined Storageやクラウドサービスへのシフトがいっそう進む一方で、外付型でもテクノロジーの変化を契機とした新たなビジネス機会があるとみている。ストレージベンダーは、産業分野ごとに異なる需要動向と新たなテクノロジーへの期待を理解することで、より確実なビジネス機会の獲得を進めるべきである」と分析しています。※外付型エンタープライズストレージシステム市場規模の算出には、ベンダー売上額(Vendor Revenue)にチャネルマージンを加算した支出額(Value)を使用しています。今回の発表はIDC...

2017年8月24日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内テープストレージ市場予測

...のデータやコンテンツが増加し、それらをアーカイブ(長期保存する)ストレージとして、低コスト、長期保管、低消費電力などの特徴を持つテープストレージの見直しが進むと予測されるためです。IDC Japan エンタープライズインフラストラクチャ/PCsのグループディレクターである森山 正秋は「低コスト/大容量/長期アーカイブニーズの拡大に伴い、低いGB(ギガバイト)単価、低消費電力、長期保存性に優れたテープストレージの再評価が進みつつある。ストレージベンダーはテープストレージのメリットを生かしたソリューションの提案によって、ディ...

2017年8月3日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内クラウド向けエンタープライズストレージ市場予測

...にビジネスモデルに応じてパブリッククラウドとオンプレミスを使い分けるハイブリッドクラウドが主流になるとIDCでは考えている。ストレージベンダーがストレージインフラのビジネスを拡大するためには、ハイブリッドクラウド時代のデータ管理の課題を解決するソリューションを提案していくことが求められる」と分析しています。今回の発表はIDCが発行したレポート「国内クラウド向けエンタープライズストレージシステム市場予測、2017年~2021年(JPJ41768617)にその詳細が報告されています。本レポートでは、国内クラウド向けエンタープライズストレージシステム市場の2015年~2016年の実績と、2017年...

2017年3月24日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内外付型エンタープライズストレージ市場 2016年第4四半期および2016年通年実績

...外付型エンタープライズストレージシステムは前年の反動もあり市場が縮小する中で、テクノロジーのシフトが進んだ。HDDからフラッシュストレージへのシフトはその代表である。ストレージベンダーは、ストレージ市場におけるテクノロジーの変化をビジネス機会に生かす能力によって、そのシェアが大きく変わってくる」と分析しています。※外付型エンタープライズストレージシステム市場規模の算出には、ベンダー売上額(Vendor Revenue)にマージンを加算した支出額(Value)を使用しています。今回の発表はIDCが発行した「国内エンタープライズストレージシステム市場 2016年第4四半...

2016年9月11日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内ストレージソフトウェア市場実績および予測

...平均年間成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は2.1%、2020年の市場規模を1,015億7,400万円と予測しています。ITインフラの運用をソフトウェアの導入によって効率化、自動化しようとする流れは継続しており、ストレージ運用についてもユーザーが高度なソフトウェア機能を利用する機会は増えていますが、その一方で、ストレージベンダーの販売戦略としてはソフトウェアの標準バンドル、無償化が進んでおり、国内市場の売上規模は低成長傾向となっています。ただし、低成...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ