「スポーツ参加」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年10月9日マクロミル★フィードバック数:0マーケティング

マーケティング視点でのスポーツです。

【速報】2014年スポーツマーケティング基礎調査

...【速報】2014年スポーツマーケティング基礎調査 ~スポーツ参加市場規模は約2.7兆円に復調~ 2014年10月9日スポーツ参加市場規模は約2.7兆円に増加。「観戦」「施設利用・会費」市場の増加による。スタジアム観戦の支出額:年間37,429円で、昨年より35.5%増。スポーツ関連メディア市場は2,615億円で、昨年より13.8%増。最も好きなスポーツは野球。錦織選手の活躍でテニスの人気が上昇。スポーツブランドでは、ナイキ、アディダス、ニューバランスなどの海外ブランドが人気。好き...

2015年10月9日マクロミル★★フィードバック数:0エンタテインメント

2015年スポーツマーケティング基礎調査

...【速報】2015年スポーツマーケティング基礎調査 ~スポーツへの関心が薄まり、スポーツ参加市場が縮小~ 2015年10月9日スポーツ参加市場規模は約2.5兆円に縮小。「観戦」「施設利用・会費」市場の減少による。スタジアム観戦の支出額:年間32,408円で、昨年より13.4%減。スポーツ関連メディア市場は2,475億円で、昨年より6.6%減。最も好きなスポーツは野球。テニス、バレーボールの人気が上昇。スポーツブランドでは、アディダス、ナイキ、プーマなどの海外ブランドが人気。好き...

2013年10月25日マクロミル★★フィードバック数:0マーケティング

スポーツ関連市場についてのまとまった調査です。

【速報】2013年スポーツマーケティング基礎調査

...【速報】2013年スポーツマーケティング基礎調査 ~スポーツ参加市場規模は約2.6 兆円に縮小~ 2013年10月25日スポーツ参加市場規模は約2.6 兆円に縮小。「観戦」「用品購入」「施設利用・会費」市場全てが減少。スタジアム観戦の支出額: 年間27,624円で、昨年より7%増。スポーツ関連メディア市場は2,297億円で、昨年より21%減。最も好きなスポーツは野球。自分でするスポーツとして自転車の人気が上昇。スポーツブランドでは、ナイキ、アディダスの海外ブランドが人気。好き...

2012年10月11日マクロミル★フィードバック数:5エンタテインメント

スポーツについての多様な調査です。

2012年スポーツマーケティング基礎調査

...2012年10月11日スポーツ参加市場規模は約3.0兆円に増加。「観戦」「施設利用・会費」市場が増加に転じる。スタジアム観戦の支出額:一回あたり7,818円、年間では25,769円に増加。24.4%がスポーツ関連メディアへ支出。スポーツ関連メディア市場は約2,918億円に増加。最も好きなスポーツは野球。よく観るスポーツでは、サッカーが野球を抜く。スポーツブランドでは、ナイキ、アディダスの海外ブランドが人気。好きなスポーツ選手は9年連続でイチロー選手が1位。体操の内村選手が2位へ躍進。ロン...

2011年10月13日マクロミルフィードバック数:0マーケティング

2011年スポーツマーケティング基礎調査

...2011年10月13日スポーツへの関心度合いはやや回復。スポーツ参加市場規模は約2.9兆円と初の3兆円割れ。「観戦」「用品購入」「施設利用・会費」市場ともに減少。スタジアム観戦の支出額:一回あたり7,059円、年間では23,245円に減少。25.3%がスポーツ関連メディアへ支出。スポーツ関連メディア市場は約2,600億円。最も好きなスポーツは「野球」。よく観るスポーツとして、サッカーが野球に追いつく。スポーツブランドでは、ナイキ、アディダスの海外ブランドが人気。好きなスポーツ選手は8年連...

2016年10月25日マクロミル★フィードバック数:0マーケティング

2016年スポーツマーケティング基礎調査

...【速報】2016年スポーツマーケティング基礎調査 ~リオオリンピックで日本人選手が活躍するも、スポーツ関連の消費拡大につながらず~ 2016年10月20日スポーツ参加市場規模は約2.4兆円に縮小。「観戦」「施設利用・会費」市場の減少によるスタジアム観戦の支出額:年間29,471円で、昨年より9.1%減スポーツ関連メディア市場は1,971億円で、昨年より6.1%減最も好きなスポーツは野球。サッカーがやや持ち直す。テニス人気は継続スポーツブランドでは、海外...

2010年10月19日マクロミルフィードバック数:7マーケティング

2010年スポーツマーケティング基礎調査

...2010年10月18日スポーツへの関心度合いが減退。スポーツ参加市場規模は約3.3兆円。「観戦」市場は増加するも、「用品 購入」「施設利用・会費」市場が減少。スタジアム観戦の支出額:一回あたり7,367円、年間では28,538円。最も好きなスポーツは「野球」「サッカー」。ゴルフは近年伸長。アディダス、ナイキの海外ブランドが人気。好きなスポーツ選手は7年連続でイチロー選手が1位。ワールドカップで活躍した本田圭佑選手は8位に。ワールドカップ効果により、サッカー日本代表ファンは、約3,800万人...

【速報】2017年スポーツマーケティング基礎調査

...マクロミルの調査専用パネルに対して実施し、男性1,000名、女性1,000名、計2,000名の回答を得ました〔調査期間:2017年9月15日(金)~9月17日(日)の3日間〕。本調査は2004年から始め、今回で14回目になります。調査結果概要◆スポーツ参加市場規模は約2.0兆円。◆中古スポーツ用品の購入経験を1/4が有する。◆スタジアム観戦の支出額:年間34,068円で昨年より15.6%増。競技場・スタジアムで無線LANを使いたいという要望が多い。◆野球の人気が上昇。サッカーとの差がひらく。◆スポーツブランドではナイキ、アデ...

2017年12月15日笹川スポーツ財団フィードバック数:0エンタテインメント

『諸外国における障害者のスポーツ環境に関する調査』(イギリス・カナダ・オーストラリア)報告書

...降、障害者のスポーツ参加を促す様々な施策が導入され、地域での障害者の受け入れ態勢は1995年の「障害者差別禁止法(Disability Discrimination Act)」制定以降に加速した。DDAは障害者の地域におけるスポーツ施設やスポーツクラブの利用を促進させるなど、イギリスの障害者スポーツに多大な影響をもたらした。DDAから15年後の2010年、DDAを引き継ぐ形で「平等法(Equality Act)」が制定され、障害者に対する差別以外に、年齢・性別・宗教・人種・性的...

2014年3月17日第一生命保険フィードバック数:0ライフスタイル

医療分野における可能性と課題(上編) ~医療費膨張の未来に先手を打て~

...民がスポーツ活動をしている総時間のうち、60 歳以上のメンバーは何割くらいを占めているであろうか。NHK「日本人の生活時間」を使い、人口構成を加重平均して、60 歳以上のメンバーの構成比を調べてみた。すると、2000 年 34.6%、2005 年39.5%、2010 年 48.7%と割合が年々高まっていることがわかった(図表3)。スポーツをする理由は、若い人はダイエットかもしれないが、シニア層は健康状態を保つことが主目的であろう。1人当たりのスポーツ参加の時間も増えている。ところで、筆者はスポーツジムに行って思うのは、ジム・施設...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ