「スマート農業」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2016年11月23日矢野経済研究所★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

スマート農業に関する調査を実施(2016年)

...2016年11月14日 スマート農業に関する調査を実施(2016年) ~2018年度以降、農機の無人運転を実現する精密農業により、市場は拡大推移と予測~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内におけるスマート農業について調査を実施した。1.調査期間:2016年7月~9月2.調査対象:スマート農業参入事業者、農業法人<水稲/農園芸(野菜・果樹・花き)/酪農・畜産>、関連団体・協会、管轄官庁等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mail等に...

2017年11月9日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

スマート農業に関する調査を実施(2017年)

...2017年10月27日 スマート農業に関する調査を実施(2017年) ~農業データ連携基盤が2017年度に始動し、スマート農業に関するデータ共有化が進展~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内におけるスマート農業について調査を実施した。1.調査期間:2017年7月~9月2.調査対象:スマート農業参入事業者、農業法人<水稲/農園芸(野菜・果樹・花き)/酪農・畜産>、関連団体・協会、管轄官庁など3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mail等に...

2015年4月16日矢野経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

スマート農業に関する調査結果 2015

...2015年04月16日 スマート農業に関する調査結果 2015 ~更なる生産の効率化や農作物の高付加価値化に向けて拡大基調~ 調査要綱矢野経済研究所では、情報通信技術を利用した農業・畜産業の動向を踏まえ、国内におけるスマート農業について調査を実施した。1.調査期間:2014年12月~2015年3月2.調査対象: スマート農業参入事業者、農業法人、全国農業協同組合連合会(JA)、関連団体・協会、管轄官庁など3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mail等に...

スマート農業分野のIT市場 市場規模予測

...市場調査とコンサルティングのシード・プランニングスマート農業分野のIT市場 市場規模予測 スマート農業分野のIT市場は、◆ 2020年に約700億円の市場規模になると予測2014年 (131億円) の5.3倍に成長◆ 農業クラウドサービスとセンサ・ネットワーク・環境制御が牽引する 市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、スマート農業分野のIT市場について調査を行い、このほどその結果をまとめました。 スマート農業...

2014年12月10日参議院フィードバック数:0社会/政治

立法と調査 359号(平成26年12月9日)

...環境安全事業株式会社法改正案- (PDF file 464KB)自由論文等スマート農業の推進 -ICT・ロボット等を活用した農業の取組- (PDF file 3,030KB)気候変動国際交渉の経緯と我が国の課題 -2020年以降の新たな国際枠組みの2015年合意に向けて- (PDF file 885KB)海外調査レポート国会キーワード<おことわり> 論文等において、意見にわたる部分はであり、執筆者の所属する室・組織の公式的な見解を示すものではありません。なお、執筆者の肩書は、執筆当時のものです。PDFファイルには一部機種依存文字が含まれております。...

農業IT化の市場予測

...することなどを通して、生産性の向上・収益向上・人材育成等に取り組むとしています。 また、農場から食卓までをデータでつなぐトレーサビリティ・システムを整備して、安心・安全なジャパンブランドの確立を図ることとしています。 このような背景のもと、本調査では、農業のIT化に取り組む企業の製品概要や先進的な活用事例を取材し、今後の農業IT 化の市場性と将来性を明らかにしました。 なお、本調査結果の詳細は、調査研究レポート 「農業IT化・スマート農業の現状と将来展望 農業IT化レポート:2016年版」 とし...

2015年6月28日富士通フィードバック数:0企業情報システム

知創の杜 2015 Vol.4 農業とICT、交差の点と線─水と油の関係はこうして変わり始める─

...プレーヤーの動きで大きく構造が変わっていこうとしています。国内だけではパイは広がらないので、海外に向けて農産物を持って行くとい8若林 毅(わかばやし たけし)富士通株式会社 イノベーションビジネス本部 シニアディレクター1983年、富士通株式会社入社。金融業界向けソリューションビジネスの推進に従事。2007年、社長直下のサーバ戦略プロジェクトに参画以降、クラウドビジネスやソーシャルクラウドの事業開発を担当し現在に至る。社外委員として内閣府総合科学技術会議「地域資源戦略協議会」や農林水産省「スマート農業の実現に向けた研究会」などに参画。長堀 その...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ