「ゼロ金利解除」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2013年8月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

FOMC:QE3早期縮小観測を牽制、次の展開へ

...トップレポート・コラム経済分析米国FOMC:QE3早期縮小観測を牽制、次の展開へ ここから本文ですFOMC:QE3早期縮小観測を牽制、次の展開へQE3終了後のゼロ金利解除時期を見越した市場との対話が始まるサマリー◆7月30日から31日にかけて開催されたFOMC(連邦公開市場委員会)では現行の金融政策を維持。事実上のゼロ金利政策と、いわゆるQE3(量的緩和第3弾)の買い入れ規模の継続が決まった。◆声明文では、米国経済の現状評価がやや慎重になった。懸念材料として、これまでの財政問題に加え、住宅...

イングランド銀行のフォワード・ガイダンス-失業率7%が超低金利政策解除の目処-

...ダンスを導入した。最新の「インフレ報告」では、失業率は3年後の段階でも7%を上回る確率が高いと予測しており、すでに4年を超えた超低金利政策を、向こう3年間維持することが示唆されたことになる。但し、フォワード・ガイダンスは、1年半から2年先のインフレ率がインフレ目標の2%+0.5%ポイント(=2.5%)など物価や金融の安定に対するリスクの高まりを示す3つの「ノックアウト」条件のいずれかに適合した場合は停止する。BOEのフォワード・ガイダンスは、実質ゼロ金利解除の目処に失業率7%、インフレ率2.5%を掲げる現在のFRB...

【2014年12月米FOMC】利上げに向けた慎重な地均しを開始

...合)に引き続き、タカ派のフィッシャー(ダラス連銀総裁)とプロッサー(フィラデルフィア連銀総裁)、およびハト派のコチャラコタ(ミネアポリス連銀総裁)が、それぞれよりタカ派的、よりハト派的な変更を求めて反対しており、FOMC参加者間で金融政策に対するスタンスに幅があることを示した。(声明の詳細はPDFを参照)。今回のFOMCでは、金融政策の変更は予想されていなかったことから、声明文でどの程度政策金利引き上げに向けた地均しをしてくるか注目された。すなわち、従前のゼロ金利解除までの「相当な期間」との...

2014年7月17日大和総研フィードバック数:0社会/政治

推進力が必要な日本株式市場

...のヒストリカルボラティリティの平均的な水準が年率25%程度であることを考えると、数字だけを見れば、日本株式市場が急激に落ち着いたと評価できるが、足元の薄商いを含めて考えると単純に動くための推進力を失ったと言った方が正しそうである。海外におけるリスク要因がトリガーとなって、日本の株式市場が落ち着きを失って大きく崩れることは、「郵政相場」の後に訪れた2007年の世界金融危機で経験済みである。FRBは年内に量的緩和を終了、来年の早い段階にゼロ金利解除が視野に入る可能性がある。それに加えて、ウクライナやイラクの情勢、中国...

2014年11月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州を襲う日本型デフレ危機~ドラギマジックの賞味期限~

...のゼロ制約に阻まれた金融緩和そもそもデフレとはどういった状況を指すの限界、政策の失敗(行き過ぎたバブル退治のだろうか。インフレ率が一時的にマイナスや拙速なゼロ金利解除)、継続的な円高進行に転落したり、一部の商品価格が下落し続けと産業空洞化、人口動態の変化など、様々なたとしても、それはデフレとは呼ばない。デ物価への下押し圧力が働いてきた。フレは、個別の財価格(相対価格)が下落するだけでなく、経済全体の物価(一般物価)資料2.ユーロ圏と日本のコア消費者物価指数の推移レ時には、消費者物価を構成する6割以上の(前年比、%)43が持続的に下落する現象を指す。日本...

2013年12月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 好機逸すべからず ~財政協議と減額開始を巡る連立方程式~

...及復活が決まった場合、1月の雇用統計での失業率の低下は一時的な要因による下振れとし、基準値引き下げと減額開始を急ぐ必然性はなくなる。以上、見てきた通り、財政協議の進展により量的緩和の減額開始の条件は整いつつある。財政合意に関連した上院での法案採決を巡る不透明感を考えれば、さすがに12月17・18日のFOMCでの減額開始は時期尚早に思えるが、債務上限を巡る議会審議が早期に進展したり、EUCの打ち切りでゼロ金利解除の条件変更を急ぐ必要が出てきた場合には、1月の減額開始の確率も高まる。今後の両協議の行方に注視が必要だ。以上...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ