調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > ターゲット企業

「ターゲット企業」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2018年1月17日Intralinksフィードバック数:0ビジネス

白紙にされた買収

...開企業をターゲットにするディールの長期的な平均失敗率はわずか3.7%。なお、全体の平均ディール失敗率は5.7%。公開企業をターゲットにするディールの失敗率は、5つの重要な予測指標によって影響を受ける:「ターゲットの企業の違約金(ブレークアップ・フィー)」、「ターゲット企業と買収企業の規模」、「ディール公表に対するターゲットの初期対応」、「買収企業が用意するディールの財務および法務アドバイザーの数」、「買収企業からターゲット企業の株主へ提示される対価の種類」公開企業を買収ターゲットにするディールの失敗率を引き下げる要因:「ターゲットの違約金」、「ターゲット企業...

2018年1月5日Intralinksフィードバック数:0社会/政治

「白紙にされた買収:ディールが破談する理由」

...重要な指標と非公開企業のM&Aディール失敗率を予測する4つの重要な指標 ディールが失敗する落とし穴を回避するため、買収企業とターゲット企業がそれぞれ使用できる戦略 地域、国、業種別の買収失敗率の違い 想定外の出来事がディール成立に及ぼす影響ディールが失敗に終わると、買収する側にもされる側にもずっしりと重いダメージがあり、評判を失うという代償を負います。最も顕著な予測指標を特定したこの研究は、ディールの成立を成功させるチャンスを高めるため、取引において両当事者の助けとなるでしょう フィリップ・ウィ...

2017年2月18日Intralinksフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

年次M&A情報漏えいレポート

...ール情報漏えいによる評判の失墜や規制機関からの圧力の脅威が高まる可能性があります。したがって、最近のディール情報漏えい件数は増加しましたが、長期的に見るとディール情報漏えいは減少し続ける傾向にあるものと予想します」 レポートの入手方法 本研究の結果に関する詳細は、こちらからレポートをダウンロードしてご覧ください。 本調査の分析手法について 入札の発表に至るまでの期間では、ターゲット企業の株式における重要な取引がディールに関する情報漏えいを示す可能性があります。 個別のディールにおいて情報漏えいの決定的な証拠を示すものではありませんが、膨大なサンプルの中からSPAT...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ