「テロ戦争」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年10月9日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国住宅市場の供給制約は小さく、景気回復余力あり

...経済の全般的状況については安心感が増してきたと評価される。一方、地政学的には米国が「イスラム国」に対する軍事行動の拡大に踏み切ったことは、対テロ戦争の終結を公約としてきたオバマ政権にとっては重大な方針転換であり、今後の米国政治・政策に大きな影響を与えうる2。中間選挙を11月4日に控え、内外の政治的環境は不透明感を強めているが、経済面では2015年に向け米国経済の回復が世界をリードする状況にある。世界経済全体には足踏み感が生じているが、米国経済は次第に回復感を強めており、それがドル高の一因にもなっている。12山崎亮「米国の建設従業員は足りないのか」(みず...

2014年10月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中間選挙が示唆する米国の論点~そして2016年大統領選挙への扉が開く~

...える割合が急増している(図表3)。そもそも米国では、同時多発テロ後もテロに対する懸念は根強かった。そうした中でイスラム国が急速に台頭、米国は既定路線だった対テロ戦争の終息から転換し、逆に軍事行動を拡大せざるを得なくなった。ウクライナを巡るロシアとの緊張の高まり等、冷戦時代を想起させるような出来事も発生している。安全保障面でSecurityへの意識が高まるのは自然だろう。図表 2ニュースに注目した割合(世論調査)エボラ出血熱の流行「イスラム国」への軍事行動拡大シークレットサービスの不祥事中間選挙0102030(資料)Pew...

2014年11月5日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

みずほ総研Highlights 2014年11月 vol.15

...ト冷戦に代わる新たな不安定が日常化しつつとはありえません。それどころか、中国や韓国との関係あることを示しています。悪化は、海外投資家などから見れば、いま日本が直面す 「世界の警察官」といわれてきた米国のプレゼンスの低る重大な地政学リスクにほかなりません。下も、背景の一つにあると考えられるでしょう。同時多 こうした世界の構造的対立は、残念ながら決して短期発テロ後の 10 年にわたる対テロ戦争で疲弊した米国民に間で解消するものではありません。経済力という意味では内向き志向が目立ちます。リーマン・ショックへの対は、現時点でも米国が最も安定しており、向こう 10...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ