調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > ディフュージョン

「ディフュージョン」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2013年3月16日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

BTMU Focus USA Diary:雇用統計(2月)

...働省統計より三菱東京UFJ銀行経済調査室作成(前月比、万人)403020100-10-20-30-40-50-60-70-80-90070809▲30.0 万人と大幅に減少。2 ヵ月連続の横這いで推移していた労働参加率は、同▲0.1%ポイントの 63.5%となった。雇用ディフュージョン指数は同▲1.4%ポイント低下の 63.3%と 2 ヵ月連続で低下した。同指数の 50%は雇用が増加した産業と減少した産業が同数であることを示している。非農業雇用者数の内訳をみると、民間サービス部門は同+17.9 万人と、前月の約 10...

2014年1月16日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary(2014年1月10日):雇用統計(12月)

...、建設業は非住宅関連の雇用が減少したことを受けて同▲1.6 万人と大幅に減少。労働統計局の発表によると、一部地域での記録的寒波が影響した模様。製造業は同+0.9 万人と引き続き増加となったが、10 月、11 月の伸びからは鈍化した。政府部門は同▲1.3 万人と 11 月の増加から再び減少。うち、連邦政府、州政府はそれぞれ同▲0.2 万人、また、地方政府は教育を中心に同▲0.9 万人減少した。業種間の雇用増の拡がりを表す雇用ディフュージョン指数は同▲4.4%ポイントのEconomic...

2011年9月4日環境省★フィードバック数:3製造業/エレクトロニクス

エネルギー・環境ビジネスについての調査結果です。

平成23年6月環境経済観測調査

...では省エネルギー自動車が最も発展しているとみられているほか、10年先にかけては、再生可能エネルギーや、スマートグリッド、蓄電池等のエネルギー関連産業等が有望とみられており、東日本大震災以降の再生可能エネルギー促進に関する議論が影響したものとみられる。(2)環境ビジネスに係る「現在」(6月)の業況DI(ディフュージョン・インデックス:「良い」と回答した割合−「悪い」と回答した割合、%ポイント)は+3と、前回の平成22年12月調査から横ばいにとどまったが、引き続き全産業(業況DI 昨年12月−10、6月−11)を上回る景況感を示したほか、10年先...

2013年10月3日日本旅行業協会フィードバック数:0大型消費/投資

第46回JATA旅行市場動向調査~国内(2013年9月期)

...市場動向調査」は、現況・先行き(3ヵ月後)についてのアンケートを実施し、旅行市場の動向を把握することを目的としております。調査では各質問事項に対し「良い」「普通」「悪い」「取り扱っていない」で評価を求め、回答数から「取り扱っていない」(無回答を含む)への回答を除いたものを母数として各回答のシェアを算出し、「良い」を選んだ割合(%)から「悪い」を選んだ割合(%)を引いて、「DI」(=Diffusion Index ディフュージョン・インデックス)という景気動向指数に加工して発表しています。DI値の範囲は、全て...

2014年3月2日環境省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年12月環境経済観測調査(環境短観)

...ともに引き続き業況は良くなるとの見通しであり(半年先のDI「19」、10年先のDI「25」)、環境ビジネスの4大項目(環境汚染防止分野、地球温暖化対策分野、廃棄物処理・資源有効利用分野、自然環境保全分野)の中では、特に地球温暖化対策分野の業況DIが、全体を牽引した。また、業況判断の要因として、多くの企業が、現在においては取引先(顧客)からの受注増加を見込んでおり、半年先及び10年先においては国内市場の発展を見込んでいる。※DIはディフュージョン・インデックスで、「良い」と回答した割合−「悪い」と回答した割合、%ポイント。 2.現在...

2013年9月5日環境省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年6月環境経済観測調査(環境短観)

...大項目(環境汚染防止分野、地球温暖化対策分野、廃棄物処理・資源有効利用分野、自然環境保全分野)の中では、地球温暖化対策分野の業況DIが、全体を牽引した。※DIはディフュージョン・インデックスで、「良い」と回答した割合−「悪い」と回答した割合、%ポイント。2.現在発展していると考える環境ビジネス 現在発展していると考えるビジネスについてはとなった。今後(半年先、10年先)発展が期待できると考えるビジネスについては、半年先にも「省エネルギー自動車」が第1位となり、10年先は「再生可能エネルギー」(太陽...

2013年2月25日環境省★フィードバック数:3製造業/エレクトロニクス

エネルギー関連に期待が集まっているようです。

平成24年12月環境経済観測調査

...国の環境ビジネスについて、今後の発展を見込んでいる企業が引き続き大勢を占めた。半年先までは「省エネルギー自動車」と「太陽光発電システム(関連機器製造)」は発展が有望とみられており、10年先にかけては「再生可能エネルギー」(太陽光発電を除く)や、「スマートグリッド」、「蓄電池」等のエネルギー関連産業等が有望とみられている。(調査結果 P2参照) (2)環境ビジネスの業況自社のに係る「現在」(12月)の業況DI(ディフュージョン・インデックス:「良い」と回答した割合−「悪い」と回答した割合、%ポイント)は、前回の平成24年6...

2013年12月28日日本旅行業協会フィードバック数:0大型消費/投資

第47回JATA旅行市場動向調査~海外(2013年12月期)

...いてのアンケートを実施し、旅行市場の動向を把握することを目的としております。調査では各質問事項に対し「良い」「普通」「悪い」「取り扱っていない」で評価を求め、回答数から「取り扱っていない」(無回答を含む)への回答を除いたものを母数として各回答のシェアを算出し、「良い」を選んだ割合(%)から「悪い」を選んだ割合(%)を引いて、「DI」(=Diffusion Index ディフュージョン・インデックス)という景気動向指数に加工して発表しています。DI値の範囲は、全て良い(100)から、全て悪い(-100)の間...

2009年4月6日日本旅行業協会フィードバック数:0大型消費/投資

JATA旅行市場動向調査:2009年3月期

...いてのアンケートに答えていただいたものから旅行市場の動向を把握することを目的としております。調査では各質問事項に対し「良い」「普通」「悪い」「取り扱っていない」で評価を求め、回答数から「取り扱っていない」(無回答を含む)への回答を除いたものを母数として各回答のシェアを算出し、「DI」(=Diffusion Index ディフュージョン・インデックス)という景気動向指数に加工して発表をいたします。DI値の範囲は、全て良い(100)から、全て普通(0)、全て悪い(−100)の間の評価となります。 業態別区分について「旅行市場動向調査」では、各業況を業態別に分析しています。各業...

2013年12月28日日本旅行業協会フィードバック数:0大型消費/投資

第47回JATA旅行市場動向調査~国内(2013年12月期)

...対象として、四半期ごとに「旅行市場動向調査」を実施し、その結果を発表しております。 「旅行市場動向調査」は、現況・先行き(3ヵ月後)についてのアンケートを実施し、旅行市場の動向を把握することを目的としております。調査では各質問事項に対し「良い」「普通」「悪い」「取り扱っていない」で評価を求め、回答数から「取り扱っていない」(無回答を含む)への回答を除いたものを母数として各回答のシェアを算出し、「良い」を選んだ割合(%)から「悪い」を選んだ割合(%)を引いて、「DI」(=Diffusion Index ディフュージョン...

2013年10月3日日本旅行業協会フィードバック数:0大型消費/投資

第46回JATA旅行市場動向調査~海外(2013年9月期)

... Index ディフュージョン・インデックス)という景気動向指数に加工して発表しています。DI値の範囲は、全て良い(100)から、全て悪い(-100)の間の評価となります。調査概要調査地域:全国調査対象:JATA会員各社の経営者など調査方法:インターネット調査調査期間:2013年8月1日(木)〜8月23日(金)設定数:605社回収数:305社回収率:50.4% 業態別区分について「旅行市場動向調査」では、各業況を業態別に分析しています。各業態の定義と今回調査での回答件数は下記の表の通りとなっています。全国...

2013年11月11日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:雇用統計(10月)、個人所得(9月)

...連続で増加している。業種間の雇用増の拡がりを表す雇用ディフュージョン指数は同+4.0%ポイントの61.5%と 2 月の水準まで上昇した。労働時間及び賃金をみると、民間部門全体の週当たり労働時間は 34.4 時間と 9 月から変わらず。うち、製造業は 40.9 時間、製造業残業は 3.4 時間と、それぞれ 3 ヵ月連続で不変となった。一方、建設業は同▲0.2 時間の 38.9 時間へ減少した。民間部門の時間当たり平均賃金は 24.10 ドルと 3 ヵ月連続で上昇している。前年比では再び 2.2%となり、消費...

2013年4月4日日本旅行業協会フィードバック数:0大型消費/投資

2013年3月期(第4回)旅行市場動向調査

...市場の動向を把握することを目的としております。調査では各質問事項に対し「良い」「普通」「悪い」「取り扱っていない」で評価を求め、回答数から「取り扱っていない」(無回答を含む)への回答を除いたものを母数として各回答のシェアを算出し、「良い」を選んだ割合(%)から「悪い」を選んだ割合(%)を引いて、「DI」(=Diffusion Index ディフュージョン・インデックス)という景気動向指数に加工して発表しています。DI値の範囲は、全て良い(100)から、全て悪い(-100)の間の評価となります。調査概要調査地域:全国調査対象:JATA会員...

2015年5月12日ザイマックスフィードバック数:0ビジネス

オフィス賃貸マーケット指標2015年第1四半期

...合を計算。③ ②で求めた「上昇」の割合から「下落」の割合を引いた数値を成約賃料DI(ディフュージョン・インデックス)としている。・フリーレント期間: 契約開始日と賃料発生日の間の日数・フリーレント付与率: 新規契約(館内拡張・再契約などを除く新規入居契約)のうち、賃料免除期間のある契約の割合・平均フリーレント月数(全契約): 賃料免除期間がないものも含む、すべての契約におけるその期間の単純平均・平均フリーレント月数(FRあり契約): 賃料免除期間があるものにおけるその期間の単純平均※共益...

2013年7月3日日本旅行業協会フィードバック数:1大型消費/投資

2013年6月期(第1回)旅行市場動向調査

...」(=Diffusion Index ディフュージョン・インデックス)という景気動向指数に加工して発表しています。DI値の範囲は、全て良い(100)から、全て悪い(-100)の間の評価となります。調査概要調査地域:全国調査対象:JATA会員各社の経営者など調査方法:インターネット調査調査期間:2013年5月23日(木)〜6月7日(金)設定数:622社回収数:337社回収率:54.1% 業態別区分について「旅行市場動向調査」では、各業況を業態別に分析しています。各業...

2015年6月26日日本旅行業協会フィードバック数:0大型消費/投資

2015年6月期(第1回)旅行市場動向調査

...価を求め、回答数から「取り扱っていない」(無回答を含む)への回答を除いたものを母数として各回答のシェアを算出し、「良い」を選んだ割合(%)から「悪い」を選んだ割合(%)を引いて、「DI」(=Diffusion Index ディフュージョン・インデックス)という景気動向指数に加工して発表しています。DI値の範囲は、全て良い(100)から、全て悪い(-100)の間の評価となります。◆調査概要調査地域 :調査対象 :調査方法 :調査期間 :設定数  :回収数  :回収率  : 全国 JATA 会員...

2016年1月6日日本旅行業協会フィードバック数:0大型消費/投資

2015年12月期(第3回)旅行市場動向調査

...市場動向調査」は、現況・先行き(3ヵ月後)についてのアンケートを実施し、旅行市場の動向を把握することを目的としております。 調査では各質問事項に対し「良い」「普通」「悪い」「取り扱っていない」で評価を求め、回答数から「取り扱っていない」(無回答を含む)への回答を除いたものを母数として各回答のシェアを算出し、「良い」を選んだ割合(%)から「悪い」を選んだ割合(%)を引いて、「DI」(=Diffusion Index ディフュージョン・インデックス)という景気動向指数に加工して発表しています。DI値の範囲は、全て...

2009年3月9日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

TDB 景気動向調査 -2009年2月調査結果-

...以上を対象に月次で実施する統計調査(ビジネス・サーベイ)で、2002 年 5 月から実施している。■調査先企業の選定調査先企業は全国全業種、全規模を対象とし、調査協力の承諾が得られた企業を調査先としている。■DI 算出方法DI(ディフュージョン・インデックス〈Diffusion Index〉)は、調査先企業による 7 段階の判断に、それぞれ下表カッコ内の点数を与え、これらを各回答区分の構成比(%)に乗じて算出している。1.調査対象(2 万 451 社、有効回答企業 1 万 658 社、回答率 52.1%)(1)地域北海道東北 (青森...

ノムラ個人投資家サーベイ(2013年9月)

...答時の日経平均株価(DI)8070ノムラ個人市場観指数(左軸)市場観指数の過去平均(左軸)回答時の日経平均株価(右軸)(円)22,00020,0006018,0005016,0004014,0003012,0002010,000108,000006/4 06/10 07/4 07/10 08/4 08/10 09/4 09/10 10/4 10/10 11/5 11/11 12/5 12/11 13/56,000(年/月)(注 1) 『ノムラ個人市場観指数(Nomura I-View Index)』は、サーベイ結果の株価見通しに対する見方をディフュージョン...

2014年3月13日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Monthly(2014年3月)-米国の経済・金融情勢

... 万人と依然減少が続いている。業種間の雇用増の拡がりを表す雇用ディフュージョン指数は同▲1.3%ポイントの 59.3%と、前月の上昇から再び低下した。労働時間及び賃金をみると、民間部門全体の週当たり労働時間は 34.2 時間と、2011 年 1 月の水準まで減少した。天候要因により建設業の労働時間が 38.0 時間と 2011 年 3 月以来の低水準となり、全体の労働時間を押し下げた格好。製造業の労働時間は 40.7 時間と 1 月から不変となったが、残業時間は 3.3 時間と 2 ヵ月...

ノムラ個人投資家サーベイ(2014年2月)

... 13/116,000(年/月)(注 1) 『ノムラ個人市場観指数(Nomura I-View Index)』は、サーベイ結果の株価見通しに対する見方をディフュージョンインデックス(DI)形式で指数化したもので、以下のように計算される。{〔(3 カ月後の株価が上昇するとの回答数)-(3 カ月後の株価が下落するとの回答数)〕÷(全回答者数)}×10010 年 1 月のみ「横ばい」との項目を調査したが、同月は全回答者数から「横ばい」を除いて指数を計算している。(注 2) 『ノムラ個人市場観指数』は...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ