調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > デリバティブ取引

「デリバティブ取引」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年7月29日大和総研フィードバック数:0社会/政治

非清算店頭デリバティブ取引の証拠金規制案

...トップレポート・コラム法律・制度金融規制(バーゼル規制その他)非清算店頭デリバティブ取引の証拠金規制案 ここから本文です非清算店頭デリバティブ取引の証拠金規制案【金融庁内閣府令案・監督指針案】BCBS/IOSCO合意を概ね踏襲サマリー◆2014年7月3日、金融庁は、金融商品取引業者等に対して、一定の非清算店頭デリバティブ取引について、証拠金の預託を受けるなどの所定の措置を講じていないと認められる状況を禁止する旨の新規制の導入案(証拠金規制案)を公表している(コメント提出期限は2014年8月4日...

2019年1月18日マネックス証券フィードバック数:0大型消費/投資

個人投資家向け税制に関するアンケート

...「金融所得課税一体化の範囲拡大」で個人投資家の動向は? ~個人投資家向け税制に関するアンケート~ 平成30年8月に金融庁、経済産業省および農林水産省が公表した平成31年度税制改正要望において、 「金融所得課税一体化(金融商品に係る損益通算範囲の拡大)」として、「上場株式等」と「デリバティブ取引等(先物・オプション取引、FX、商品先物等)」との損益通算を認めることが挙げられました。このたび本税制改正要望に賛成する合計11社の賛同企業は、本要望に関する個人投資家の皆さまの意識調査を行うべく「個人...

2016年12月18日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

「為替」関連倒産(11月)

...同月13件)で、3カ月連続で前年同月を下回った。一方、「円高」関連倒産は1件(前年同月1件)発生した。過去の円高時のデリバティブ取引の損失などを主な原因とするケースで、2カ月連続の発生になった。11月のドル円相場は1カ月間に10円超の急激な円安が進んだ。為替変動の大きな振れはコストアップ要因になり、中小企業の経営に与える影響が大きいため、今後の為替相場の動きからは目が離せない。最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ電話・FAXでのお問い合わせ株式会社東京商工リサーチ 情報部最寄りのTSR支社...

2017年1月18日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

「為替」関連倒産(12月)

...倒産は3件(前年同月8件)で、4カ月連続で前年同月を下回った。一方、「円高」関連倒産は1件(前年同月ゼロ)だった。過去の円高時のデリバティブ取引の損失などを主な原因とするケースで、3カ月連続の発生になった。2016年12月のドル円相場は1ドル=117円前後の円安で推移した。為替変動の大きな振れはコストアップ要因になり、中小企業の経営に与える影響が大きいため、今後の為替相場の動きからは目が離せない。最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ電話・FAXでのお問い合わせ株式会社東京商工リサーチ 情報...

わが国債券流通市場構造の近時の特徴を探る

...とも,海外投資家そしてヘッジファンドによる取引の主体は国債と国債のデリバティブ取引である。PDFの閲覧にはAdobe Readerが必要です。 お探しの出版物が見つからない場合は「出版物検索」ページでキーワードを入力してお探しください。 本ホームページの内容は、日本証券経済研究所の許可なく転用・複製等する事を禁じます。Copyright(C)2001 Japan Securities Research Institute. All Rights Reserved....

2013年10月15日日本銀行★フィードバック数:0社会/政治

大口から小口まで、日銀によるレポートです。

決済システムレポート2012-2013

...システムの安全性の向上を目指して様々な規制強化や国際基準の整備が図られた。店頭デリバティブ取引については、G20ピッツバーグ・サミットでの方針に沿って、各国に対して清算機関の利用や取引情報蓄積機関への報告義務付けなどが求められた。また、国際決済銀行支払・決済システム委員会と証券監督者国際機構専門委員会は、2012年4月、決済システム等のオーバーサイトに関する国際基準を包括的に見直した「金融市場インフラのための原則」(FMI原則)を公表した。わが国でも、各金融市場インフラにおいて、FMI原則を踏まえたリスク管理の強化が進められた。店頭デリバティブ取引に関しては、CDSや金...

2017年7月20日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

「為替」関連倒産(6月・上半期)

...のどちらにも材料がない中で、じりじりと円高傾向が進み、1ドル=111円台付近の動きになった。5月末には、米国の景気減速懸念による株価下落や長期金利低下を背景に、ドルを売って円を買う動きが優勢で、円相場は1ドル=110円台で取引された。企業倒産全体の沈静化が依然として続き、6月の「円安」関連倒産は1件にとどまった。また、過去の円高時のデリバティブ取引の損失などを原因とする「円高」関連倒産が2カ月ぶりに発生なし(前年同月ゼロ)だった。主要国の中央銀行が利上げに前向きな姿勢をみせ、日本との金利差拡大からドル高・円安...

2014年1月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

厳しすぎたバーゼル規制に緩和の流れ

...の報告書は、レバレッジ比率のエクスポージャー額(分母)を修正する内容となっており、実質的に厳しすぎたレバレッジ比率規制を緩和する方向性が示唆された。◆一連の修正の中で、レポ取引等の証券金融取引(SFT)、デリバティブ取引に関して、特定の条件を満たせば、一部ネッティングが許容されたことが特筆すべき点であろう。今回の緩和の決定に対しては、これまで(短期流動性資産等でバランスシートを調整するなど)経済実態上無意味な対応に翻弄されていた銀行関係者にとってようやく収束の糸口が見えた格好だ。◆とり...

2011年12月9日東京商工リサーチフィードバック数:2ビジネス

2011年「円高」関連倒産動向 ~高水準の円高が続くなか、11月は今年最多の10件~

...が13件(前年同期15件)にとどまった。歴史的な円高水準が続くなか、今年の「通貨デリバティブ損失」倒産が増えない背景の一つには、金融ADR制度(金融分野における裁判外紛争解決制度)の利用による企業の救済申請の急増が大きい。金融庁によると、今年9月までの1年間で申請件数が1,320件にのぼった。さらに大手銀行を中心にして、為替系デリバティブ取引で損失を被った企業には経営実態に合わせ、決済資金や融資等の資金繰り支援に積極的に対応していることも効果を発揮しているとみられる。 10月以降の「円高」関連...

2015年6月24日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電力先物市場に関する調査報告書

...制対象とする一方で7、ダークプールなどの新たな取引基盤や OTC デリバティブ取引を規制対象としておらず、2008 年以降の金融危機に際して透明性等の観点から問題が指摘されていた。このような背景から、欧州委員会は、国際的議論8を踏まえつつ規制強化について検討しており、2011 年 10 月に改正金融商品市場指令(MiFID Ⅱ)の最終案を発表した。2014 年 1月には欧州議会及び理事会により最終合意されており9、同年 4 月には、欧州議会が、MiFIDⅡ10及びその規則である MiFIR(Markets...

新興国市場の投資機会:水面下に注目を

...ポートフォリオの運用実績は、組入れられた金融商品等の値動きの変化による影響を受けます。また、金融商品取引業者等と取引を行うため、その業務または財産の状況の変化による影響も受けます。デリバティブ取引を行う場合は、これらの影響により保証金を超過する損失が発生する可能性があります。資産の価値の減少を含むリスクはお客様に帰属します。したがって、元金および利回りのいずれも保証されているものではありません。運用戦略や商品によって投資対象資産の種類や投資制限、取引市場、投資対象国等が異なることから、リスクの内容や性質が異なります。また...

減速する新興国市場での成長銘柄発掘

...れられた金融商品等の値動きの変化による影響を受けます。また、金融商品取引業者等と取引を行うため、その業務または財産の状況の変化による影響も受けます。デリバティブ取引を行う場合は、これらの影響により保証金を超過する損失が発生する可能性があります。資産の価値の減少を含むリスクはお客様に帰属します。したがって、元金および利回りのいずれも保証されているものではありません。運用戦略や商品によって投資対象資産の種類や投資制限、取引市場、投資対象国等が異なることから、リスクの内容や性質が異なります。また、ご投...

2014年5月27日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【特集 内外金融機関が抱える課題と将来】欧米の主要な総合金融機関におけるビジネスモデルの方向性

...に沿い、欧州金融監督システム(ESFS)や欧州システミック・リスク評議会(ESRB)設立。リーカネン・レポート銀行の構造改革に関する報告書。ハイリスクのトレーディング業務等のリテール銀行業務からの分離等を提言。銀行同盟単一監督制度(SSM)、単一破綻処理制度(SRM)、共通預金保険制度を主要3要素とする銀行同盟の提案。金融取引税域内居住者による(居住地原則)または域内で発行された(発行地原則)株式や債券等の取引に対し、最低0.1%、デリバティブ取引には最低0.01%課税することを検討。参加に同意した11...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
 

お知らせ