「データ技術」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2012年4月24日矢野経済研究所★フィードバック数:22企業情報システム

2011年度はBIを中心に1,900億円とのことです。

ビッグデータ市場に関する調査結果 2012

...ートシティのインフラへ発展ビッグデータ市場が成長するシナリオと市場への影響を、短期・中期・長期の3段階に分けて作成した。現在と2020年ではビックデータの位置づけや役割は大きく変わる。①短期(2011年度~):データ分析を中心に、売上向上、スピード経営を狙った投資が活発化する②中期(2015年度頃):ビッグデータを使い、競争優位を狙う投資が促され業界構造変革につながる③長期(2017年度頃):ビッグデータ技術がスマートシティのインフラに活用されるなど、社会の無駄や余剰の最適化が実現するこのシナリオ通りに進展すると、2017年度のビッグデータ市場規模は6,300億円...

2017年1月31日IDCフィードバック数:0ビジネス

国内ITオペレーション分析ソフトウェア市場動向調査

... Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内ITオペレーション分析ソフトウェアに関する調査結果を発表しました。ITオペレーション分析ソフトウェアは、ログデータをはじめ、PCやサーバー、ネットワーク機器、アプリケーションなど様々なIT資産から生成される大量のマシンデータをビッグデータ技術によって分析することで、IT環境のモニタリングと最適化を行うソフトウェアとIDCでは定義しています。世界のITオペ...

2016年2月2日NTTデータ★★フィードバック数:0ビジネス

NTT DATA Technology Foresight 2016

...の商標または登録商標です。株式会社NTTデータ技術開発本部企画部松下、野村TEL:050-5546-2308E-mail:rdhkouhou@kits.nttdata.co.jp ニュースリリースに掲載されている、サービス内容、サービス・製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、ニュースリリースにおける計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。 過去...

2017年7月12日■■■富士経済フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

ビッグデータ・IoT関連ビジネスの国内市場を調査

...業における人手不足や熟練技術者の技術継承などの課題解決を実現できるため、今後の大幅な需要増加が予想される。セキュリティは、監視カメラと画像認識技術やビーコンを活用し、犯罪者や不審者などの検知・追跡を行うソリューションである。現在は検証レベルの案件が多いが、画像認識技術と人工知能を用いたソリューションの導入が2018年頃から本格化し、首都圏を中心に東京五輪に向けて導入が増えるとみられる。スマートファクトリーは、工場(生産ラインや機械設備など)や製品から収集したデータを、リアルタイム処理技術、ビッグデータ技術、シミュレーション技術、人工知能などの最新ITの活用により、製造...

2017年2月2日NTTデータ★★フィードバック数:0マーケティング

NTT DATA Technology Foresight 2017

...いてお客さまとともに未来像を描き、その未来を実現するために必要となる技術やサービスを開発することで、新しいビジネスの創出や社会の発展に貢献していきます。また、開発した新技術や新サービスの実現性や有効性を確認するため、今後もお客さまと共同で実証実験に取り組んでいきます。 文中の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。株式会社NTTデータ技術開発本部企画部松下、野村TEL:050-5546-2308E-mail:rdhkouhou@kits.nttdata.co.jp ニュースリリースに掲載されている、サー...

2015年4月24日デルフィードバック数:0企業情報システム

デルの調査により、情報管理体制が急速に変化しているにもかかわらず、依然、構造化データが情報インフラの基盤であることが明らかに

...将来これらの新しいプラットフォームの採用がさらに普及する可能性を示唆する数々の指標が明らかになりました。新しいデータベース管理システムの採用を推進するための最も重要な要素として、ますます増加する非構造化データやビッグデータ技術に関わる新しい分析事例への対応の必要性を挙げており、次いで、より優れた柔軟性と高い性能の必要性が僅差で挙げられています。さらに、MongoDBが利用率の高い上位5つのシステムに入ったことは、NoSQL技術の採用が増加していることを示しており、中でも特に大規模な企業組織でそうした傾向が見られました。注目すべき結果は以下のとおりです。MongoDBを利用している回答者の約70...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ