「トン数ベース」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2015年6月23日笹川平和財団フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

わが国内航船舶の国際的な中古船売買の展望

...支援や税金の優遇などメリットは多い。この共有制度を利用して建造された内航船舶は、1959(昭和39)年開始され、以来半世紀の間に約4,000隻(旅客船1,005隻、貨物船2,967隻)にのぼる。また、最近の内航船舶の建造におけるJRTT共有船のシェアは、総トン数ベースで、旅客船で42%、貨物船では49%であり、内航船舶建造におけるJRTTの果たす役割の大きいことがわかる。海外売船に新たな展開を内航海運の効率的な船隊整備のためには、早急に老朽船を新造船に代替しなければならない。しかしながら、多くの場合、法定償却(11年、13年)内に...

2014年12月9日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

『海事レポート2014』による外航海運の現状

...した中、フルコンテナ船は隻数ベースで前年比 5%増の 290 隻、総トン数ベースでは前年比8%増の 14.9 百万トンとなっている。また、フルコンテナ船の 1 隻当たりの平均総トン数では 2011 年に比べ 11.9%増となっており、大型化が進展している(表 1)。5表1 我が国商船隊船種別1隻当たりの平均総トン数(千トン)20112011201220132013年伸び率ばら積船49.151.251.75.3%自動車専用船46.548.849.25.8%フルコンテナ船45.950.051.411.9%一般...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ