調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > ニューディール

「ニューディール」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2015年3月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

回復に向かう欧州が引きずるギリシャ問題

....4%も低い水準にあり、デフレ圧力は根強い。このギリシャのGDPの減少幅は、1930年代の大恐慌時代の米国のそれに近く、ニューディールによる財政政策で回復した当時の米国と異なり、緊縮政策を続けざるを得ないギリシャ経済の混迷は深い。注目点は、6月末までに再交渉されるギリシャへの財政支援を巡り、EUとギリシャ政府が妥協点を見いだせるかどうかにある。結果次第ではギリシャのユーロ圏離脱という不確実性が高まる可能性がある。 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポ...

2013年6月3日大和総研フィードバック数:1社会/政治

国土強靭化の焦点

...トップレポート・コラム政策分析地方創生・地方経済国土強靭化の焦点 ここから本文です国土強靭化の焦点~大規模な更新投資が必要なインフラ群~『大和総研調査季報』 2013年春季号(Vol.10)掲載サマリー自公政権による予算編成では公共投資の増額が注目されている。その基礎理念ともいえる自民党の「国土強靭化」、公明党の「防災・減災ニューディール」は、共に公共投資を志向したものと捉えられるが、単なる新規投資ではなく、維持補修や更新投資を視野に入れた考え方である。足元の予算においては、維持...

2011年2月6日MM総研フィードバック数:5ビジネス

2010年国内パソコン出荷概要

...と予測11年の国内パソコン市場は、個人市場、法人市場とも減少、全体では前年比6.4%減の1,430万台を見込む。1~3月期のスクールニューディールの反動、入れ替えの一巡といった点で過去最高の出荷を記録した10年の反動で台数規模はやや伸び悩むと見られるが、それでも堅調な買い替え需要に支えられて年間の出荷台数は、10年に続き、過去2番目の規模となる。テレビ、スマートフォン、タブレット型デバイス、携帯ゲーム機・書籍端末などインターネット接続端末が多様化するなかで、パソコンも即時起動、操作性の向上、クラ...

2014年5月18日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

国民経済の強靭性と産業、財政金融政策の関連性についての実証研究

...した経済ショックに対する対策の1つとして、公共投資が議論されることがしばしばである。たとえば、1929年の世界大恐慌時の米国のニューディール政策や、2008年のリーマンショック時のアメリカの巨額の財政政策などがその典型的な事例である。そして、こうした財政政策における公共投資を進める際に、その具体的内容を検討する際に、各種の公共計画が重大な役割を担うことと考えられる。つまり、経済ショックに対する対策方針が、必然的に公共計画の財政的枠組みを決定していく事を通して、公共...

太陽光発電の市場動向と普及ロードマップ

...太陽電池でグリッドパリティ(既存電力と等価になること)を達成したと発表。シリコン価格が低下傾向にあることから、太陽光発電市場全体の価格が低下し、普及を促進している。2010年以降は、米国の「グリーン・ニューディール政策」により太陽光発電の導入が進むと見られており、世界市場も大きく伸びることが期待される。発電コストに関しては、2010年に、薄膜シリコン太陽電池でグリッドパリティに到達すると見られている。2011〜12年には薄膜系のCIS系太陽電池がグリッドパリティに達すると見られる。これにより、薄膜...

定置用蓄電システムの市場予測

...用がけん引しながら、2020 年度には5,300 億円の規模に成長することが見込まれる。電力自由化による電力の利用方法の多様化、太陽光発電システムの普及とグリッドパリティによる自家消費の増加、蓄電システムの価格低下などが普及を後押しする。 公共産業用現在のグリーンニューディール基金に伴う、防災拠点への再生可能エネルギーや蓄電システムの導入促進は、現状では2015 年度までを中心に交付され、2016 年度には助成が終了する予定であるが、その後も、再生可能エネルギーの普及や系統安定化対策に対して、助成...

2015年4月7日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治海外

『新常態』下の中国経済

...流域の行政区画を超えた“長江経済ベルト構想”やユーラシア大陸の陸と海の両方を跨がる“一帯一路(One Belt and One Road)”戦略構想も始動しています。また、上海住貿易実験区(FTZ)の更なる拡大実験(天津、広東、福建)は、新たな制度設計を意味します。原則として、法律で禁止されていなければゴーサインであるという時代への実験といえます。 中国の「新常態」経済への評価「新常態」経済は、習近平のニューディール政策といえるでしょう。「新常態」経済下の中国は、新しい制度設計に基づいて、1つの安定器(雇用創出)と2つの...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ