調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > バックアップデータ

「バックアップデータ」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2012年3月28日アイティメディアフィードバック数:2セキュリティ/ネットワーク

バックアップデータを“きちんと”リストアできる自信は?

...バックアップデータを“きちんと”リストアできる自信は? Facebookのプロフィール写真、もし公開するなら?Facebookのプロフィール写真は「現在の自分」という人が81%、「3年目の自分」という人が19%という結果に。圧倒的に「現在の自分」派が多くなった。「現在の自分」派では、FacebookなどのSNSを真摯に利用しているなら、最新の写真を掲載するのが当然、というコメントが多く見られた。「3年前の自分」派のコメントでは、昔の写真のほうが過去の仲間から認識されやすく、出会...

2014年7月3日アイティメディア★フィードバック数:0企業情報システム

データ転送ツールについての調査です。

業務での大容量データ活用は日常的 ただしメール貼付での転送に課題あり

...タ転送の現状と課題について、業務で大容量(目安として1メガバイト以上)のデータ転送を行っているかを聞いたところ、回答者全体の38.6%が「日常的に行っている」、同45.3%が「たまに行うことがある」と答えており、現在の企業の業務環境では大容量データ転送が日常化していることが分かった。転送する大容量データの内容に関しては、全体の79.1%が「Excel/PowerPointなどのオフィス書類」を挙げており、以下、「音声・画像・動画データ」(32.5%)、「バックアップデータ」(29.4%)と続いた。図1 業務...

2011年8月16日アイティメディア★フィードバック数:7セキュリティ/ネットワーク

キーマンズがバックアップについての調査結果を公表しました。

バックアップツールの導入状況

...%、「必要性を感じない」と回答したのが7.0%という結果となった(図1-1)。この結果を従業員規模別に見ると、101名〜1000名の中堅企業、1001名以上の大企業においては約8割の企業が既に導入済みとなった。従業員が多ければ取り扱うデジタルデータ量も増大するなどの背景はもちろん、J-SOX法やIFRS(国際会計基準)などへの対応による内部統制や証拠保全の観点からも、バックアップデータの世代管理は企業規模が大きいほど必要になってくるようだ。次にバックアップツールを導入済み・導入...

2016年10月24日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

McAfee Labs脅威レポート 2016年第2四半期

...したものもスキャンするように確保する。不要なプログラムとトラフィックをブロックする。多くのランサムウェア制御サーバーは、Torを使って暗号化キーを取得しています。このトラフィックをブロックできれば、暗号化プロセスを遮断できます。ネットワークをセグメント化し、治療に必要な重要機器は汎用ネットワークから切り離す。バックアップは運用ネットワークから完全に分離し、ランサムウェアのペイロードにバックアップデータを破壊させないようにする。なるべくローカル ディスクに機密データを保存しない。バックアップ データがクリーンであれば、安全...

2017年6月2日デルフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

中堅企業向けバックアップ関連動向調査 デル

...名規模の企業が最も多く95.9%、続いて200-299名規模の企業が94.1%となっています。また、ひとり情シスは95.7%と全体と比べるとその傾向は高い。一方、ふたり以上の情シスを抱える企業はひとり情シスの企業と比べて投資の減少傾向が5.9ポイント高く、投資可能なタイミングで企業として求める水準まで一気にバックアップ環境を整備することを推奨します。◆バックアップデータ種別ごとに時間の定義が存在復旧に求める時間として、基幹業務(アプリケーション・データベース)が4時間という回答が最も多く、メー...

ランサムウェアに関する理解度に関する 実態についての調査

...ックチェーンを保存先とするデータへのフィンガープリント生成)・スマートサーモスタットや監視カメラ、テレビ、オーディオ機器といったインターネット接続された物理的デバイス(IoT)の安全性に関する懸念■調査結果1. 個人データの安全性に懸念を抱いているとした回答者が71%2. そうしたデータのいずれも失うわけにはいかないとした回答者が41%3. ランサムウェア攻撃でデータが喪失したりデータが人質になったりした場合に、それらのデータを復元できる備えがないと答えた回答者が56%4. またバックアップデータが安全に保管され、改ざ...

2013年7月21日ノークリサーチフィードバック数:5企業情報システム

2013年中堅・中小企業のオンラインストレージサービス活用に関する調査報告

...の機器の背後で自動的に処理が行われる」が多く挙げられていることがわかる。PCバックアップでオンラインストレージサービスを利用する場合、各PCが直接クラウドサービスとやりとりする形態ではネットワークに大きな負荷を与えてしまう。そこで部門単位でバックアップサーバを稼働し、各PCのバックアップデータを一旦そこに集め、必要に応じて重複排除も行った上で自動的にオンラインストレージサービスへ転送するといった二段構えの仕組みを検討する価値がある。この仕組みであれば社内のバックアップサーバから各PCのバ...

2011年10月27日アイティメディアフィードバック数:24ライフスタイル

カレー vs ラーメン…3日間食べ続けるとしたら多かったのは?

...運営に必要なデータが失われれば、復興もままならなくなるという不安を抱えているようだが、ここは「バックアップ」が先決という判断か。災害時に電力や回線が断絶すると、リモートアクセスが不能になるだけでなく、遠隔地のバックアップデータを利用することも不能になることを指摘するコメントは両派で見られた。 【リモートアクセスの仕組み派のコメント】社内ITリソースのすべてがアクセスできるわけではなく、そのあたりの調整も非常に難しいことが判明した。(40代・男性)遠隔地にデータバックアップしておいても、それ...

2014年7月8日アイティメディア★フィードバック数:0ビジネス

キーマンズがオンラインストレージについての調査結果を公開しました。

オンラインストレージの利用状況(2014年)

... AppsユーザのためGoogleドライブ推奨だが相手にGmailアカウントが必要など利便性が今ひとつ」「バックアップデータのリストアに難あり」といったコメントが見受けられた。 ※会員登録いただくと図をご覧いただけます。 会員登録はこちら(無料) 会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。 「オンラインストレージ/オンラインストレージの利用状況(2014年)」関連の情報を、チョイスしてお届けします ※キーマンズネット内の「オンラインストレージ」関連...

2016年11月7日ノークリサーチフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年中堅・中小企業におけるバックアップ製品/サービスの導入社数シェアと今後のニーズ

...に合った設定を支援するツールやテンプレートがある」「自社における現状を評価/点検するサービスを利用できる」<>「バックアップ対策に関する手作業を自動化できる」 (※)「ネットワークに負荷をかけずにPCバックアップを実施できる」 (※)「OSを含めたシステム全体もバックアップできる」 (※)「バックアップ元と異なる機器にOSを含むシステム全体を復元できる」 (※)「バックアップ保存先として他社のクラウドサービスを選択できる」 (※)「バックアップを保存するクラウドサービスが標準で含まれている」「バックアップデータ...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ