調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > バックオフィス業務

「バックオフィス業務」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

第四回 クラウド型会計ソフトの利用動向調査

...金融機関との連携や、企業のバックオフィス業務に関連する様々なクラウドサービス事業者と連携を進めております。これにより、クラウド型会計ソフトは企業業務に対してより浸透性の高いサービスへと進化を遂げ、着実に普及を進めています。デジタルインファクトは、引き続き高い成長性が見込まれるクラウド型会計ソフトに関する利用動向調査を実施しました。本調査は、2014 年11 月に実施して以降、第四回目となります。 ※過去の調査結果は下記よりご参照ください ◆パッケージ型・クラウド型を合わせた会計ソフト利用率は34.0%、会計...

2016年2月4日A.T. カーニーフィードバック数:0ビジネス

グローバル・サービス・ロケーション指数調査 A.T. カーニー

...[] 経営コンサルティング会社A.T. カーニー(本部:米国イリノイ州シカゴ、東京オフィス:港区)は、『2016年度グローバル・サービス・ロケーション指数調査』を実施し、世界のアウトソーシング対象国(オフショア市場)の魅力度ランキングを発表した。本調査は、2004年より継続的に実施されており、企業のITサービス、コールセンター、バックオフィス業務などの海外移転先であるオフショア市場の選択の指針となる各国の魅力度を評価し、さらにグローバル・サービス産業の現状と今後の展望を分析したもの。「経済...

2016年6月13日Concur Technologies★フィードバック数:0ビジネス

サラリーマンの経費精算に関する実態調査

...データから見る日本のサラリーマンと「経費精算」の関係 https://www.concur.co.jp/resources/salaryman_keihiseisan株式会コンカーについて企業向け業務SaaSベンダーとしては世界第2位の規模である米国 Concur Technologiesの日本法人です。2011年2月、資本金4億円で設立されました。コンカーは出張・経費管理の分野でグローバルスタンダードである『Concur Expense』『Concur Travel』『Concur Invoice』をはじめとする従業員のバックオフィス業務...

2015年3月13日Concur Technologiesフィードバック数:0ビジネス

領収書の電子化と経費管理に関する調査(日本CFO協会実施)

...企業全体にとっても業務効率化と国際競争力強化に直結する規制緩和であると考えています。株式会コンカーについて企業向け業務SaaSベンダーとしては世界第2位の規模である米国 Concur Technologiesの日本法人です。2011年2月、資本金4億円で設立されました。コンカーは出張・経費管理の分野でグローバル スタンダードである『Concur Expense』『Concur Travel』『Concur Invoice』をはじめとする従業員のバックオフィス業務を支えるサービス群を提供します。コンカーの詳細については www.concur.co.jp をご覧ください。Concur...

2011年3月31日IPA★フィードバック数:3社会/政治

IPAによる公共機関の情報システムに関する調査結果です。

地方自治体における情報システム基盤に関する調査

...テム調達の最適化やオープンな標準に基づく採用技術の判断・調整を行っていることがわかりました。図1 システムの検討時における、業務見直し(BPR)の取組み状況(CIO有無別)  アンケート調査において、「サービス調達に対する取組み状況」という設問に、約半数(51.9%)の団体が、ホームページや施設予約の申請届出受付等の住民・企業向けサービスや、バックオフィス業務等の職員向けサービス等、「自団体で独自に検討した分野について採用している」ことがわかりました。規模別にみると、現時点では大規模団体ほどサービス調達を推進しています。一方、「今後...

2017年8月7日Concur Technologiesフィードバック数:0ビジネス

改正電子帳簿保存法、企業の取り組み状況の実態調査

...いて企業向け業務SaaSベンダーとしては世界第2位の規模である米国Concur Technologiesの日本法人です。2011年2月に設立されました。コンカーは出張・経費管理の分野でグローバル スタンダードである『Concur Expense』、『Concur Travel』、『Concur Invoice』をはじめとする従業員のバックオフィス業務を支えるサービス群を提供します。お問い合わせ...

2016年4月7日MM総研フィードバック数:0ビジネス

クラウド給与計算ソフトの利用状況調査

...な操作を実現するユーザーインタフェースやクラウドを活用した業務の自動化、無償のサポートなどで評価を得て、わずかな期間で同市場においてシェアを獲得。クラウド会計ソフトにおいても高いシェアを持ち、中小企業におけるバックオフィス業務の分野でプレゼンスが高まっている。2位の「給与ワークス」は、2016年1月にリニューアルを実施。マイナンバー関連機能への対応や画面デザインの変更などによる利便性の向上を図り、首位のfreeeを追う。クラウド給与計算ソフトの導入メリットは、セキュリティの向上とコスト削減 クラウド給与計算ソフトの導入目的として「セキュリティの向上」が筆頭(29.0...

「NISA(=少額投資非課税制度)及びジュニアNISA」に関する調査

...と生活者のコミュニケーション課題を解決する「LABOLIS」で行ったさまざまな調査結果を活用し、お客さまと共にジュニアNISAの開設・運用を検討する生活者の目線に立ち、分かりやすく制度を伝えるためのコミュニケーションツールを提供します。また、制度開始後は口座開設申し込みの受付やデータ入力、コールセンターでのお問い合わせ対応など、さまざまなバックオフィス業務を受託することで、お客さまの業務効率化をサポートしていきます。調査概要調査手法 : 株式会社ネオマーケティングによるWEBアンケート方式で実施対象者 : お子さん・お孫...

2014年4月2日Concur Technologiesフィードバック数:0ビジネス

経費精算の現状と課題意識

...にガバナンスやコンプライアンス強化が求められる中、戦略的な間接費管理によって企業は大きな競争力を確保できるようになるでしょう。」本調査結果の詳細は、をご覧ください。■株式会社コンカーについて SaaSプロバイダーとしては世界第2位の規模である米国 Concur Technologies(NASDAQ上場企業)の日本法人です。2011年2月、資本金4億円で設立されました。コンカーは出張・経費管理の分野でグローバル スタンダードである『Concur Expense』『Concur Travel』『Concur Invoice』をはじめとする従業員のバックオフィス業務...

Analytics Trends 2015

...、ヒト、場所、環境など、生活の中の様々なモノ=デバイスがインターネットに接続され、大量のデータが収集され・利活用される現象を指す。IoTは、日々膨大な量の構造化・非構造化データを生成しており、これに伴い「膨大な量の雑多なデータから価値を発掘・発見する」という新たな機能がビッグデータ・アナリティクスに求められている。優れたアナリストの手にかかれば、こうしたデータから生産性の向上、オペレーション上のリスク検知、異常値の検出、バックオフィス業務の工数削減、さら...

2011年8月24日トランスコスモスフィードバック数:5マーケティング要登録

海外ソーシャルコマース最新動向(2011/08)

...アード・サービス・センター)に外部リソースを積極的に活用したり、進んだBPOソリューションを導入する動きが見られるが、日本でのこうした取り組みは遅れている状況にある。市場規模で見ても、世界最大のBPO市場は米国であり、2008年の米国のBPO市場規模は約690億ドルであるのに対し、日本国内のBPO市場規模は、米国の約3割程度であり、特にバックオフィス業務では、日本は米国の約5%程度に過ぎない。しかしながら、リーマン・ショック以降の抜本的なコスト削減策に迫られ、日本でも2010年に入ってからは、一部...

2014年7月16日経済産業研究所★フィードバック数:0大型消費/投資

セミナー資料です。

決済システムの未来

...的には、口座番号と企業番号の共通化、指図フォーマットの標準化、クロスボーダーと国内の送金手数料の統一などを行います。SEPAは、振り込みについては2008年、引き落としについては2009年から導入されており、本年8月以降、ユーロ圏の銀行は、これ以外のレガシーシステムを変更または廃上し、SEPAに準拠することが義務付けられます。これによって、企業サイドには、資金管理の効率化やバックオフィス業務のスリム化などの経済効果があり、EU委員会の委託調査の結果では、2013年末時点で97万人...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ