調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > バリュエーション

「バリュエーション」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

J-REIT市場の現状と今後の見通し

...による公募増資などによるエクイティ・ファイナンスが相次ぎ、需給面での重しとなっていたことも、市場の上値が抑えられた要因とみられます。<当面の見通し>J-REIT市場の懸念材料としては、各種バリュエーション面での割安感が薄れつつあることや、比較的高水準のエクイティ・ファイナンスが続いていることが挙げられます。一方で、現在の不動産市況は新規大型ビルの供給が減少し、東京都心5区のオフィス・ビル空室率の低下基調が定着しつつあり、オフィス賃料も回復傾向が続いていることなど、ファンダメンタルズの改善が続いています。また、断続...

エマージング10~投資10ヵ国についての四半期コメント~

...問題への対応が強化されると見込まれます。z 政治面では、政府による統制が依然維持されているものの、国民がより多くの中国問題点について発言力を強めており、政治リスクは以前より高まっているとみています。z 価格抑制など当局からの引き締め圧力に加え、賃上げの負担がかかっていることから、2014年の企業収益は、緩やかな伸びにとどまると予想しています。z 人民元は、対米ドルで強含みで推移してきましたが、今後数ヵ月間における上昇余地は限定的とみています。z 当四半期、同国の株式市場は軟調に推移しました。バリュエーション面からみて、株価...

「日興新世代新興国株式ファンド/愛称:ネクストBRICs」各国の投資環境と市場見通し

...通貨安と賃上げ圧力などに伴なうインフレ圧力の高まりなどを背景に、次第に利上げを視野にいれつつあると考えられます。【株価/為替】企業業績の上方修正が株式市場の支援材料となってきたものの、南アフリカ株式はバリュエーション面からみて割高な水準に達しつつあると判断されます。構造改革の進展に期待メキシコ【経済】4-6月期のGDP成長率は、前年同期比+1.5%と前期(同+0.6%)から加速したものの市場予想を大きく下回りました。輸出の減速が、メキシコの短期的な成長見通しを押し下げているものの、下期には成長加速が見込まれます。注目すべき点は、今秋...

マーケットレター【底打ちしつつある米国リート市場】

...トの事業環境は総じて良好な状態にあり、2014年も安定的なキャッシュフローや配当の成長が見込めるとみています。加えて、リート価格は保有する不動産の評価額と比べて過熱感のない状況が続いており、バリュエーション面での魅力も高いと考えます。従って、リート市場は中長期的には上昇基調をたどると予想します。以上※1ページ目の「当資料のお取り扱いにおけるご注意」をよくお読みください。2/2...

中国株式市場について~目先、調整が続く可能性はあるが、出遅れ・割安感に注目

...まで他国の株式市場に比べて出遅れていた中国株式の上昇に対する投資家の期待や、株価バリュエーション面での魅力などを背景に、更に中国株式の注目度が高まると期待されます。 (信頼できると判断したデータをもとに日興アセットマネジメントが作成)※上記は過去のものであり、将来を約束するものではありません。 当資料は、日興アセットマネジメントが市況等についてお伝えすることを目的として作成したものであり、特定ファンドの勧誘資料ではありません。また、弊社ファンドの運用に何等影響を与えるものではありません。なお、掲載されている見解は当資料作成時点のものであり、将来...

2013年6月6日大和総研フィードバック数:2社会/政治海外

アセアン諸国(アジア新興国)のM&Aとバリュエーション(上)

...大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 アセアン諸国(アジア新興国)のM&Aとバリュエーション(上) 2013年6月5日コンサルティング・ソリューション第二部 主任コンサルタント 矢幡 静歌 内山 和紀近年、アジア新興国への日本企業の進出(M&Aや現地法人設立など)に関する報道をよく目にするようになった。これは、日本企業が成長戦略を進めるうえで新興国の成長市場への進出を重視するとともに、当該...

2013年12月22日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

米量的緩和縮小と市場動向~QE3縮小決定後になぜ株価は上昇したのか~

...ートは成功といえるが、今後長期金利が予期せぬ形で上昇をするリスクは拭いきれない。その場合は米国株に調整圧力が掛かることは免れないであろう。また、S&P500指数採用企業の業績見通しは改善基調が続いているが、2013年の株価は総じてこれを上回る水準で上昇してきた。これは、リーマン・ショック以降、成長期待の低下からバリュエーション上割安に放置されてきた株価が正常化する過程の動きと捉えられる。足元の12カ月先予想PERは過去の平均的水準である14~15倍の上限を超えてきており、バリュエーション...

2013年8月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook タカ派議論で米金利低下も

...数日の大幅下落からの自律反発が意識されるなか、買戻しの動きもあり底堅い展開となった。TOPIXのPERは13倍台半ばまで低下しており、バリュエーションは(騰落レシオ)騰落レシオ190(TOPIX)TOPIX(右)1300魅力的だ。過去の業績拡大局面あるいは金融緩和局面との比較では170低すぎるレベルだ。S&P500のPERが14倍近傍で推移していることを勘15011001301000案すれば、日本株が過小評価されていると考えるのが自然ではない110900だろうか。また、需給面の調整一巡も示唆されている。騰落レシ908007070050600オ...

2013年11月29日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

再び上昇基調強める日本株~ボラティリティの高まりに警戒~

...には日本株に対する関心の高さや日本株投資を再開する材料が徐々に整ってきていたことなどが挙げられよう。○ 市場の予想利益によるバリュエーションでみると足元の株価は概ね適正水準だが、目先は先物主導で割高な水準まで一段高となる可能性があり、その際は変動リスクの高まりに警戒が必要。1.日本株は半年振りにレンジ相場を上抜け日本株の上昇基調が再び強まっている。日経平均は5月の調整以降レンジ相場を続けていたが、レンジの上限として意識されていた14,800円を上抜け、25日の終値は年初来高値にあと8円まで迫った(図表1)。11月8日から25日までの日経平均の上昇幅は1,500円を超え、上昇率は11%に達した。上昇...

株式市場の分析です。

手放しで評価できないアベノミクス下の株高―2000年代半ばの上昇局面から、リスク許容度は高まらず―

...ント ▼ ●第2次安倍政権における株式市場は、大胆な金融緩和、それによる円安進行を背景に急成長を遂げた。この上昇トレンドは2000年代半ばの株価上昇の推移と似ている。 ●もっとも、株価のバリュエーション指標である予想PER(株価収益率)は過去と比べて低水準。これは、株式リスクプレミアムの高止まりと、低い期待成長率が要因であり、手放しでは肯定的に評価できない。 ●現在は外国人投資家が最大の株式保有主体。ただし、外国人が認識しているドルベースの日経平均株価はNYダウ平均株価の動きと乖離していないため、グロ...

2013年5月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 4年目の正直、“Sell In May”を崩す

...から17倍台まで低下したことでバリュエーション面の割高感は和らぎつつある(図)。日銀の金融政策決定会合も「現状維持」がコンセン予想PER(TOPIX)(倍)2520サスで失望売りのリスクは極めて低い。米国を中心とする海外経済によほどのネガティブサプライズが出ない限りにおいて投15資家のリスク選好が消失するとは考え辛いが、目先、国内外に主だったリスク要因は見当たらない。今週も過熱感のみが上値1012/01抑制要因となり、基本的にはリスク選好が継続すると思われる。(備考)Bloombergによ...

2013年6月19日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

GlobalMarket Outlook 出口は“遠くてゆっくり”、市場も“ゆっくり”を取り戻すかも知れない

....12円で取引を終了。前週末の米国株は下落したものの、5.23ショック以降の底打ち感も意識され、堅調な展開となった。5.23以降の急落でTOPIXの予想PER(14日)は13.4倍まで低下した。これは、06-07年の業績拡大局面の平均(18.7倍)と比TOPIXと予想PER(TOPIX)(PER)190040TOPIX予想PER(右)1600較した場合、魅力的なバリュエーションと言える。30なお、6月15日付け日経新聞(朝)によると、日銀はREITの買い入れを「今年末の残高1400億円...

2014年4月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook やっぱり下落シナリオは描きづらい

...けの日本株は小幅下落に踏みとどまった。騰落レシオが昨年8月以来となる80割れを記録したほか、TOPIXのPERが13倍割れになるなど、需給・バリュエーションの両面で押し目買いを正当化する材料が揃ったことが背景とみられる。【注目点】~やっぱり下落シナリオは描きづらい~・先週、米株安・USD/JPY下落が進行するなか、日経平均は1100円下落した。足もとのリスクオフは、3月雇用統計が市場予想に届かなかったことで強気ポジションが巻き戻されたものと考えられるが、日本株を更に売り込むには米指標が足踏みし、USD/JPY上昇...

2015年5月7日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

G・Wはやわかり

...上昇を受けた)イールドスプレッド縮小が嫌気され軟調。時期的に“Sell in May”も意識されたとみられる。そうしたなかで6日にイエレン議長が「急速な信用増大などバブルの兆候は見えない」としつつも「株式相場のバリュエーションは非常に高い」と発言。イエレン議長は昨年7月、SNS株とバイオ株を中心とした小型株に限定した形で牽制球を投じた経緯があるが、今回は市場全体を対象としており、その点でバブルに対する認識が若干タカ派傾斜した印象だ。利上げに向けた地均しと認識しておくべきだろう。為替はUSD/JPYこそ...

米国リートの投資環境について -足元の米国リート市場の動向と今後の見通し-

...ル・エクイティ・リート(配当込み)、2013年末を100として指数化 金融危機以降の記録的な低金利環境は、借り入れコストの低下とバリュエーションの下支えに貢献 前回の利上げ局面での米国リートと米国10年債利回りの推移し、米国リートもその恩恵を享受してきました。今6.0%後、米国では利上げが意識されるにつれ、長期金 250利の上昇による調達コストの上昇と利回り商品と5.0%しての相対的な魅力の低下が、米国リートにとっ 200てマイナス材料になり得ると懸念されています。 しかし、政策...

2013年6月5日SMBC日興証券フィードバック数:1社会/政治

2013~2014年度の企業業績見通し

...、弱気予想を見立てているのは、証券・商品先物取引業(-34.8%)、海運業(-29.5%)、その他金融業(-10.7%)、保険業(-9.6%)等である。本文中では、弊社カバレッジ銘柄で、2012 年度本決算後に弊社アナリストが業績予想を見直したもののうち、2013 年度営業利益についての弊社予想がコンセンサス予想を 2%以上上回り、かつ投資評価「1」を付与している銘柄を掲載した。 業績予想に基づく TOPIX-EPS、バリュエーション今回の弊社業績予想に基づくと、足元での NIKKO250 ベー...

2014年12月3日SMBC日興証券★フィードバック数:0社会/政治

企業業績の見通しです。

2014~2015年度の企業業績見通し

...、2015 年度とも弊社予想が強気である。弊社カバレッジ銘柄で、2014 年度 7~9 月期決算後に弊社アナリストが業績予想を見直したもののうち、2014 年度営業利益についての弊社予想がコンセンサス予想を 2%以上上回り、かつ投資評価「1」を付与している銘柄を掲載した。 弊社業績予想に基づく TOPIX-EPS、バリュエーション今回の弊社業績予想に基づくと、足元での NIKKO250 ベースの予想 PER は、2014年度予想基準で 15.9 倍、2015 年度予想基準で 14.5 倍と...

2014年6月17日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

企業決算から見た株式相場見通し~2014年3月期決算は大幅改善したが2015年3月期企業の見通しは慎重姿勢~

...増税による景気下振れの影響を見極めたいとの見方や低位に留まっている米金利を受けた円高地合いなども相場の重荷となっている。しかし、前述の円高修正や景気回復期待の高まりに加え、6 月下旬に安倍政権が発表する予定の成長戦略や夏場から秋にかけての年金積立金管理運用行政法人(GPIF)の運用方針の見直しなどをきっかけに日本株の上昇期待が高まる見込みである。実際、5 月 22 日以降の直近約 3 週間は、円高の一服もあり、法人減税や GPIF を巡る動きを材料とし、日本株の先高感から買い戻しの動きが広がっている。また、これらの政策的要因に加え、①日本企業の株主還元策への取り組み、②日本株のバリュエーション...

2015年4月23日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日銀のETF購入と株式市場~日本株の下支え効果の検証と内包するリスク~

...で述べた日本株の下支え効果について、一部に公的年金の株式への資金流入と併せて日本の株式相場を「官製相場」と指摘する向きもあるが、需給の操作により価格形成が歪められる可能性がない訳ではない。株価指数は個別企業の業績を反映した株価から構成される。現在の株価指数の水準はPER(株価収益率)等のバリュエーションから見ても適正な水準であり、個別企業の業績等の実体から説明可能であるものの、将来的には実体とかい離した株価指数の上昇に繋がり得る点は気がかりである。第二には、日銀図表 3(営業日)日経平均株価と日銀のETF購入...

2015年3月17日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日経平均株価2万円が視野に~海外投資家の日本株買いは本物か~

...や原油安は日本の特に上場企業にとってはトータルでプラスの影響が出やすいことが挙げられる。みずほ総合研究所では、原油安と円安によって2015年のマクロベースでみた大企業の利益は3.8兆円押し上げられると試算している。2015年の米企業の業績見通しが下方修正されているのとは対照的に日本企業の業績予想に関しては更なる上方修正余地があるといえよう。バリュエーション面からみても、米英に比べて日本株やドイツ株には割高感は乏しく、業績見通しの上方修正を踏まえれば、更に上昇余地が生まれることになる(図表5)。三点目については、安倍...

2015年4月3日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

2015年度金融市場展望~株式・債券相場とも底堅く、ドル高基調継続~

...PERなどのバリュエーション面から米株にやや割高感が台頭していることや利上げ前後には株価が調整圧力を受けやすいといったことも米株の上昇を慎重にみている理由である。日本株についても、年明け以降の上昇ペースが速かったことから、米株の調整局面などで利益確定売りが出やすく、年度半ばにかけての上昇ペースは慎重にみている。年度半ば頃に大型のIPOが予定されていることも需給面から株価の上値抑制要因となろう。ただし、日銀の追加緩和と円安進行などを背景に徐々に下値を切り上げ、年度後半には日経平均2万円...

2017年4月12日アクセンチュア★★フィードバック数:0大型消費/投資

アジア・パシフィック地域がフィンテック投資の世界市場を牽引

...ったと言えるでしょう。投資ブームへの懸念、バリュエーションの上昇、大手フィンテック企業のビジネスモデルに疑問符がつくなど、従来のフィンテック・ハブにおける大型投資が減少しました。政治動向も、フィンテックベンチャー企業の市場参入や事業機会に対する懸念を呼び起こし、金利や為替動向についての懸念も続きました。その一方で、グローバル全体で考えるとフィンテック市場は毎年200億ドル超もの資金が定常的に流入する市場にまで成長したとも捉えられます。このことは、従来...

エマージング市場の動向と投資見通しについて

...株式については住宅市場価格の回復、個人消費の拡大、設備投資の本格的な伸びなどが寄与し、2014年はトレンドを上回る成長を達成すると見ています。また、欧州と日本においては企業業績の改善が株式の上昇をもたらすと予想しています。 新興国株式:国ごとに経済情勢は大きく異なっており、アクティブ運用による選択的な投資がより重要になってきていると考えています。具体的には先進国市場の回復から強く恩恵を受ける韓国や、規制改革などで今後も堅調な経済成長が期待されるメキシコなどが魅力的だと考えています。また、バリュエーション...

2015年3月4日SMBC日興証券★フィードバック数:0社会/政治

企業業績の見通しです。

2014~2015年度の企業業績見通し

...業績予想に基づく TOPIX-EPS、バリュエーションNIKKO250 ベースの弊社業績予想を TOPIX に適用し、予想 EPS を計算すると、2014 年度:92.7、2015 年度:103.1 となり、連続で過去最高益を更新する見込みである。一方、今回の弊社業績予想に基づくと、足元での予想 PER は、2014 年度予想基準で 17.3 倍、2015 年度予想基準で 15.5 倍と計算される。現在の日本株は、来期を含めたボトムアップ予想ベースの業績拡大を既に織り込んだ水準と捉えられる。弊社では、今後...

Industry Eye 第10回 メディア(前編)

...企業で行われてきた意思決定ルールや組織文化は維持する。この手法を活用している最たる例はリクルートである。同社は2012年にindeedという人材採用メディアを買収したが、買収後は「とにかく任せる」マネジメントを行い、従来型の採用メディアに対し、社内では出来なかったような破壊的なイノベーションを仕掛け続けている。3 もう1つの解決策:コーポレートベンチャーキャピタルメディア業界における新規事業開発手法として、最近注目されているのはコーポレートベンチャーキャピタル(以下、CVC)である。新興のWEBメディアを買収しようとしても、バリュエーション...

2014年4月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

FRBが注視する米金融市場動向~議事録に記された債券、株式、商品、貸付への懸念~

...の参加者からはいくつかの懸念すべき動きが指摘されている。具体的には、①クレジット・スプレッドの縮小、②株式市場における証拠金債務残高の増大やバリュエーションの上昇、③商品取引への顕著なシフト、④信用度の低い消費者に対する信用拡大である1。まず、債券市場の動きから確認していこう。図表1は米国ハイイールド社債(投資適格未満の企業の債券)の利回りと米国債10年利回りとの差を示したものである。同指標でみると、クレジット・スプレッドはまだ過去最低水準(211bp、1994/3/30)を更新してはいないが、歴史的にみてもすでにかなり低い水準であることが分かる。クレ...

グローバル給与調査2016

...シエイトレベルの若手人材の需要が最も多くなりました。日本語を話さない会計士の採用は、プロダクトコントロールやバリュエーションなどの特定の技術または製品に特化した知識・スキルが必要なポジションが中心となりました。保険業界では、アクチュアリーの人材不足が深刻で、特に日本の公認会計士や税理士資格を併せ持つ人材が求められました。正社員ポジションにつく金融プロフェッショナルが増えた結果、派遣・契約社員の人材が不足してきています。2016年は、職務内容をより簡素化して若手人材を採用する企業も出てくると予想されます。ただ、こう...

2014年6月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 QE3の縮小を継続する一方、「慎重な」金融政策スタンスを維持(14年6月17、18日FOMC) ~FF金利の中立水準の中央値がこれまでの4%から3.75%に下方シフト~

...者の発言から利上げと同時期、あるいは利上げ開始後に変更されると考えられる。より慎重な出口戦略となりそうだ。また、MBSの売却の可能性が低いことも改めて指摘しており、MBSは満期まで保有する方針。また、議長は現在の株価のバリュエーションは歴史的な正常値から逸脱していないとの見方を示し、最高値を更新する株式市場をさらに後押しする発言を行った。FRBは、金融市場の過剰な反応によって経済・金融の正常化が遅れることを回避するために、経済情勢が金融引き締めの必要な状況になるまで、現在...

2014年2月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

...業績の拡大見通しが強まれば、株価バリュエーションに割高感がないことも支援材料となり、堅調な株式市場の展開が期待できると考えています。(ポイント)MSCI中国とMSCI豪州 (現地通貨ベース)(ポイント)1,20080MSCI 中国(左軸)MSCI 豪州(右軸)【チェックポイント】株価上昇要因緩和的な金融環境の継続市場予想を上回る企業業績堅調な世界景気回復株価下落要因インフレの高まり金利の急上昇政局不透明感の高まり701,100601,0005013/1※ MSCI株価指数は、MSCI Inc.が開...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ