「バーナンキFRB」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

市場の沈静化に期待 ~マーケット・カルテ7月号

...市場の沈静化に期待 ~マーケット・カルテ7月号 | ニッセイ基礎研究所 市場の沈静化に期待 ~マーケット・カルテ7月号 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 5月下旬以降、市場の風景が一変した。バーナンキFRB議長の議会証言を受けて米量的緩和第3弾(QE3)の早期縮小観測が高まり、金余り相場の転換が意識され、世界...

2013年7月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

金融市場の動き(7月号)~ドル高の死角

...高シナリオ自体が崩れることも考えられる。“自滅型”“外圧型”“ブーメラン型”など複数のシナリオが考えられ、世界経済の耐久力が問われることに。(日米欧金融政策) 6月は日米欧中銀ともに金融政策を現状維持としたが、バーナンキFRB議長がFOMC後の会見において条件付きながら年内のQE3縮小を示唆。米国と日本・欧州との間で金融政策の方向感の違いがますます際立っている。(金融市場の動き) 6月の金融市場は、円高ドル安、ユーロドルと長期金利は若干上昇した。QE3縮小観測を発端とした金融市場の動揺も一旦収まりつつあり、基本...

「新興国・地域からの資金引き揚げ」と警戒すべきリスク

...「新興国・地域からの資金引き揚げ」と警戒すべきリスク | ニッセイ基礎研究所 「新興国・地域からの資金引き揚げ」と警戒すべきリスク 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2013年5月にバーナンキFRB議長(当時)が量的緩和策の縮小に言及して以降、経常赤字国を中心に新興国・地域の通貨が大きく下落し、特に「外国人投資家による新興国・地域...

2013年9月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

強気見通し維持:日経平均17000円へ

...は米国サイドのドル高時点(8/5)で 14,258 円まで回復している。圧力(QE縮小)と日本サイドの円安圧力(金5.23 ショックの背景にあったのは、それまで融緩和継続)が相互に作用することで円安・ドの過熱感とFRBによるQE3縮小観測だ。Qル高基調が続くと考えるのが自然だろう。これE3は、12 年9月FOMCで発動されて以来、は、日本株にとって極めてポジティブだ。世界的な株高に貢献してきたが、バーナンキFRB議長は5月 22 日に「今後数回のFOMCで資産購入ペースを縮小する可能性がある」と年末に向けて 17,000...

2013年8月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

海外経済 ~拙速なQE3減額は出口を遠ざける~

...海外経済 ~拙速なQE3減額は出口を遠ざける~経済調査部市場との対話失敗で想定外の大幅な金利上昇桂畑 誠治~+2.6%、失業率が13年10~12月期の平均値でバーナンキFRB議長が6月19日のFOMC7.2~7.3%となっている。これに概ね沿った動き(連邦公開市場委員会)後の記者会見で「資産購となれば、FRBは年内にQE3の減額を行う可入に関してFOMCの現在の予測通りに経済成長、能性があるとしている。FOMCの予想通りとな雇用の改善が持続すれば、年内にもQE3(量的...

2014年1月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 資産購入額を100億ドル縮小し月額650億ドルに(1月FOMC予想) ~ファワードガイダンスは変更しない見込み~

...U.S.Trends米国 資産購入額資産購入額を100億100億㌦縮小し縮小し月額650月額650億650億㌦に(㌦に(1月FOMC予想FOMC予想)予想)~ファワードガイダンスはファワードガイダンスは変更変更しないしない見込見込み変更しない見込み~発表日:201発表日:20142014年1月28日28日(火)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 桂畑 誠治0303-52215221-5001○ バーナンキFRB議長が参加する最後のFOMCが1月 28、29 日に開催される。経済...

2013年12月22日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

米量的緩和縮小と市場動向~QE3縮小決定後になぜ株価は上昇したのか~

...先物の動きとの関係からも見て取れる(図表1)。量的緩和縮小の可能性を示唆した5月のバーナンキFRB議長講演後や縮小決定が予想されていた9月のFOMC前など、FF先物金利が上昇基調を強めた局面で株価には下落圧力が掛かっている。11月後半以降もFF先物金利が再び上昇し始めた中で株価はやや上値の重い展開となった。ただし、ハト派といわれるイエレン次期FRB議長の下では低金利が長期化し易いとの期待感から、FF先物金利の水準が9月に比べて低かったこともあり、株価への下落圧力も限定的であった。一方、QE3縮小...

2013年7月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2013年7月22日~) ~ねじれ解消により政策遂行期待は高い、はず~」

...)     ・全国・総合(6月)     ・全国・コア(6月)-ミシガン大学消費者センチメント(7月確報)--★万戸+0.7% 前月比▲9,964 億円・未季調48.647.6万戸48.2前年比前年比前年比前年比(注)市場コンセンサス、予測レンジは各種ベンダー調査に基づく   注目度は筆者【債券市場】:図表は3~4ページ先週は、金利は低下。バーナンキFRB議長の議会証言では、QE3縮小のタイミングについて決まっていないとされたことで、市場の前のめりな見方が修正、米国を中心に金利は低下した。日本では、米金...

2013年2月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2013年2月25日~) ~TPP、FRB議会証言は株にとってプラスも、見えない財政の崖

...リア総選挙(~25日)米国 アトランタ連銀総裁講演2年債入札他 中国HSBC製造業PMI(2月速報)日本 月例経済報告欧州-米国 S&Pケースシラー住宅価格指数(12月)連邦住宅局(FHFA)住宅価格(12月)CB消費者信頼感(2月)5年債入札バーナンキFRB議長議会証言他 イラン核協議再開日本 商業販売統計:小売業販売額(1月)欧州 3年物LTRO二回目実施分繰り上げ返済開始ドラギECB総裁講演米国 耐久財受注(1月)・除輸送機器バーナンキFRB議長議会証言ダラス連銀総裁講演7年債入札日本 鉱工業生産(1月...

底入れ時期を探る米国リート市場

...国債利回りの上昇(債券価格の下落)→リートの下落」と連想されやすい状態になっています。今回のような金融政策の転換局面でのリート市場の動向については、量的緩和の縮小時期をめぐり、リート市場が下落した2013年の市場動向が思い出されます。この時は、2013年5月22日(現地、以下同様)に当時のバーナンキFRB(米国連邦準備制度理事会)議長が量的緩和の縮小についてはじめて言及したため、長期国債利回りが上昇し、リート市場の下落局面が始まりました。その後、市場では量的緩和の縮小時期をめぐり様々な思惑が広がり、米国...

2013年9月4日日本総研フィードバック数:0社会/政治

為替相場展望2013年9月号 ドル円:当面は方向感を欠くものの、徐々に円安ドル高基調へ。ユーロ:ユーロの上値が重い展開が続く見通し

...が金融危機以降断続的に続けてきた量的緩和から脱却し、その後利上げ局面に移行していく入口になる公算大。こうしたなか、米国の金融政策の正常化は日米金利差の拡大等を通じてドル高要因になるという見方が強まっていたものの、バーナンキFRB議長がQE3縮小の可能性に言及した5月下旬以降、逆に大幅な円高への揺り戻しが発生。その後も、FRBの量的緩和策縮小を巡る思惑が交錯するなか、ドル円相場は足許にかけて方向感を欠いた展開が持続。そこで、日米金利差とドル円相場の関係を改めて検討。まず、FRBの過去2回の量的緩和終了局面を振り返ってみると、過去2回と...

2013年3月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

今までとは違う欧州発のリスクオフ

....002▲ 0.005▲ 0.086▲ 0.133▲ 0.034日経平均NYダウ1410014000%%%%%%%%139000.13 ㌦▲ 19.50 ㌦91.513800(円)93.5ドル/円相場92.590.5※は右上記載時刻における直近値。図中の点線は前日終値。(出所)Bloomberg【海外株式市場】~バーナンキ議長発言、耐久財受注~27日の米国株式市場、NYダウ平均株価は大幅続伸。前日比+175.24㌦の14075.37㌦で取引を終了。米経済指標が良好な内容だった事に加え、バーナンキFRB...

2013年8月6日日本総研フィードバック数:0社会/政治

為替相場展望2013年8月号 ドル円:当面は方向感を欠くものの、徐々に円安ドル高基調に復帰へ。ユーロ:ユーロの上値が重い展開が続く見通し。:相場見通し、ユーロ相場見通し

...年8月)1.ドル円、ユーロ相場の回顧<7月のドル円相場>良好な米雇用統計等を背景に、FRBの量的緩和早期縮小観測が強まり、8日にかけて101円台まで円安ドル高が進行。もっとも、その後は バーナンキFRB議長発言等を受けて、利上げを急がないというFRBの姿勢が明確になったことから、97円台まで円高ドル安が進行。<7月のユーロ相場>ユーロは130円前後で一進一退の展開。月初は、ECBのフォワード・ガイダンス導入等を受けた低金利長期化観測から、10日にかけて128円台までユーロが下落。その後、ユー...

2013年9月27日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[経済指標解説]主要な経済指標の発表予定と予測(9月30日~10月4日)

...)10/2(水) 米 バーナンキFRB議長講演(セントルイス)欧 ECB政策理事会10/3(木) 中 非製造業PMI(9月)米 非製造業ISM指数(9月)失業保険新規申請件数(~9/28)10/4(金) 日 日銀金融政策決定会合(3・4日)日銀総裁定例記者会見中 HSBCサービスPMI(9月)米雇用統計(9月) 失業率 非農業部門雇用者数 時間当たり賃金(全従業員ベース)前月差前月比予想:[ ]はみずほ総合研究所予想、それ以外はコンセンサス(Bloomberg 等)。予定...

英国サッチャー首相の時代、そして今~当時の世界の指導者が成し遂げたこと

...の通貨危機や経済危機が発生したが、発展途上国の経済発展は、中国、NIEs、ASEAN、中国を含むBRICsと広がり、先進国と発展途上国間のいわゆる「経済格差」「内外価格差」「賃金格差」の是正が着実に進んでいる。一方、先進国にとって、格差の是正は、発展途上国への生産シフト、発展途上国からの輸入の増加などからデフレ要因の一つとなり、中でも円高が伴った日本はその圧力を最も被ったといえる。○異次元の金融緩和のゆくえは格差の是正が進行する中、先進国は様々な課題に直面し、低成長、高失業に喘いでいる。それらへの対策のひとつとして、米国バーナンキ...

2013年3月22日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治

主要な経済指標の発表予定と予測(3月25日~3月29日)

...比前年比前年比前年比[▲0.5%][▲0.3%][▲0.6%][▲0.6%]▲0.3%▲0.2%▲0.9%▲0.6%▲0.1%▲0.2%▲0.5%▲0.5%[4.2%]4.2%4.3%[0.85倍]0.85倍0.83倍新築住宅販売件数(2月)カンファレンスボード消費者信頼感指数(3月)週間小売売上高(~3/23)2年国債入札バーナンキFRB議長講演(ロンドン)3/27(水) 米 中古住宅販売留保指数(2月)5年国債入札3/28(木) 日 大型小売店販売額[既存店](2月速報)小売業販売額(2月速報)2年利...

2013年5月14日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

主要な経済指標の発表予定と予測(2013年5月13日~5月17日)

...・エネルギーを除く]5/16(木) 日GDP(1~3月期1次速報)5年 利付国債入札米消費者物価指数(4月) [食品・エネルギーを除く]住宅着工件数(4月)住宅着工許可件数(4月)フィラデルフィア連銀製造業業況指 数(5月)失業保険新規申請件数(~5/11)5/17(金) 日機械受注(3月)  [船舶・電力を除く民需]前月比前年比米 ミシガン大消費者信頼感指数(5月速 報)バーナンキFRB議長講演(マサチ ューセッツ)予想:[ ]はみずほ総合研究所予想、それ以外はコンセンサス(Bloomberg 等...

2013年12月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

海外 経済指標予測とイベント予定(2013年12月30日~2014年1月10日

...チモンド地区連銀総裁が講3:30演(メリーランド州ボルチモア)(米 )バーナンキFRB議長が講演(バーナンキFRB議長が講演 (ペンシルベ4:30ニア州フィラデルフィア)ニア州フィラデルフィア)7:00 (米)12 月自動車販売台数(月自動車販売台数(百万台)百万台)1.4(土)前月値(前回値)前回値)+1.4%+2.4%62.0 62.0(60.7~64.0)62.616.0 16.0(15.5~16.5)16.3(米)プロッサー・フィアデルフィア地区連銀総裁、コチャラコタ・ミネアポリス地区連銀総裁、0:15 ダド...

2013年7月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2013年7月8日~) ~業績相場移行への足掛かりができた~

...%84.8▲1.0~+0.5%0.0~+0.8%0.0~+0.3%81.5~88.0+0.4% 前月比+0.5% 前月比+0.1% 前月比84.1日本 国際収支(5月)・経常収支景気ウォッチャー(6月)・現状判断DI欧州 独鉱工業生産(5月)ユーロ圏財務相会合米国-日本-欧州 EU財務相会合米国 3年債入札他 中国消費者物価(6月)日本 企業物価指数(6月)・国内第3次産業活動指数(5月)消費動向調査(6月)欧州-米国 バーナンキFRB議長講演10年債入札FOMC議事録(6/18-19分)他 中国...

2014年11月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

円安誘導はどこまで進むか ~次なる目途は1ドル120円か~

...成を狙っていると考えられる。当面は、1ドル 120 円が目途となり、期限である 2015 年度内にはさらなる円安を望んでいると考えられる。緩和のバトンはFRBから日銀へ日銀が 10 月 31 日に追加緩和に打って出たことは、為替レートの円安を促すところに力点がある。ちょうど、FRBが 10 月 29 日にQE3の終了を発表した直後だっただけに、日銀発の緩和マネーが市場に資金を供給し続けるとしたメッセージは、世界的金融緩和の継続を改めて印象付けた。思い出してほしいのは 2013 年 5 月に当時のバーナンキFRB議長...

2014年1月10日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2014年の市場見通し ~世界経済回復明確化により、円安と株高加速を予想~

...欧の先進国の金融政策は極端な緩和政策を余儀なくされた。グローバルマーケットは、超低金利と溢れるマネーに支えられ、株高・債券高という状態を保ってきた側面がある。もっとも、こうした金融相場がバブルを生んでいるという批判は当たらない。主要株式市場のPERは、おおむね15~20倍の範囲にとどまっており、マネーがリスクを顧みずに株価を“説明できないほど”押し上げているとは言えない。FRBのテーパリング開始の影響を懸念すべきは債券市場であり、あるいは金利が上昇した場合に米国経済がどのような影響を受けるのかであろう。昨年5月にバーナンキFRB議長...

2014年1月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2014年1月27日~) ~FOMC結果次第で新興国市場も決まる~

...値米国 実質GDP(10-12月期)・速報値5年債入札7年債入札他 中国HSBC製造業PMI(1月改訂)ニュージーランド金融政策委員会日本 消費者物価・東京・総合(1月)     ・東京・コア(1月)     ・全国・総合(12月)     ・全国・コア(12月)家計調査(12月):全世帯完全失業率(12月)有効求人倍率(12月)鉱工業生産(12月)住宅着工(12月)欧州 欧失業率(12月)欧消費者物価(1月):速報値米国 バーナンキFRB議長任期満了他 中国、韓国など休場他 中国製造業PMI(1月...

2013年12月27日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

2013年12月(日本)

...金利は、米国金利の動向等に影響されて足元でやや上昇しているが、日銀による大量の国債買入れに伴う需給の引き締まりが意識され、引き続き 0.6%~0.7%程度という低水準での推移となっている。(2)為替円ドル相場は 12 月入り後、長らく続いていた 1 ドル 90 円台後半での取引から抜け出し、足元では 104 円前後で推移している(第 3 図)。現行水準は 5 月後半に円安が進んだ際と概ね同じだが、マクロ環境の裏付けは今の方が強いといえる。5 月後半の円安進行時には、バーナンキ FRB 議長...

2013年5月7日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

海外 経済指標予測とイベント予定(2013年5月6日~5月10日)

... - -16.8G7財務相・中央銀行総裁会議(英アイルズベリ、11 日まで)※ (香港)1-3 月期GDP(前年比)15:00 (独)3 月貿易収支(10 億ユーロ、原数値)(米)エバンズ・シカゴ地区連銀総裁がシカゴ地21:25区連銀の会合で挨拶(シカゴ)(米)バーナンキFRB議長が銀行の構造と競争22:30 に関するシカゴ地区連銀年次会合で講演(シカゴ)(米)ジョージ・カンザスシティー地区連銀総裁3:00 が米経済について講演(ワイオミング州ジャクソンホール)3:00 (米)4 月財政収支(10 億ド...

2013年3月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2013年3月4日~) ~イタリア問題+米歳出強制カットで冴えない動き

...不明である。また、前週末に発効した米国の歳出強制カットについては、超党派の話し合いがつかない限り継続する。こうした不透明要因がいつ解決するのかも見えてこない状況では、投資家のリスク許容度が持ち直すとは考えにくい。【株式市場】:図表は5ページ先週は、株価は上昇。イタリア総選挙の結果を受けて、一時株価は大きく下落する場面もみられたものの、米経済指標が総じて好調だったことや、バーナンキFRB議長の議会証言からはQE3早期打ち切りなどの懸念は小さいとみられたことなどをきっかけに、株価は上昇に転じた。今週は、株価...

2014年1月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

海外 経済指標予測とイベント予定(2014年1月25日~2月2日)

...%19:00 (ユーロ)12ユーロ)12 月失業率+0.5% - 12.1% - -19:00 (ユーロ)1ユーロ)1 月消費者物価(月消費者物価(前年比、速報値)前年比、速報値)+0.9% - -+0.8%(中国、韓国、台湾、香港、シンガポール、インドネシア、フィリピン、マレーシア))休場:旧正月フィリピン、マレーシア※ (米)バーナンキFRB議長の任期満了※ (ロシア)10-12 月期GDP(前年比)17:00 (西)1 月消費者物価(前年比、速報値)12.1%本資...

2013年11月29日日本総研フィードバック数:0社会/政治

不安定な市場環境のもと、緩やかな回復が続く世界経済-米国で緩和的な金融環境が続くほか、中国も景気下振れ余地限定的

...)。現状では、実質マイナス金利の弊害も小。住宅価格は2012年入り以降上昇傾向が明確化しているものの、所得や金利差、物価動向からみてほぼ適正水準にあり、現状緩和的な金融環境を早急に見直す必要はないのが実情(図表2-3)。(3)こうした状況下、少なくとも2014年の終盤まではFRBのバランスシートの拡大が続く見込み。5月のバーナンキFRB議長発言直後のように、量的緩和縮小観測から一時的に金利が上昇する可能性はあるものの、FRBの国債買入が続くなか、利上げが視野に入らない限り、大幅...

2013年5月31日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治海外

[みずほ欧州経済情報]2013年5月号

...の財政目標は遵守する方針。減税等の財源は議南欧の国債利回り格差キプロス支援策合意(3/25)400バーナンキFRB議長議会証言、FOMC議事録発表(5/22)360320280イタリア総選挙(2/24・25)24013/1員歳費削減など歳出削減等により捻出する計画13/213/3イタリア10年国債(注) イタリア経済財政省、各種報道よりみずほ総合研究所作成13/4スペイン13/5(年/月)(注) ドイツ10年国債との利回り格差。   (資料) Bloomberg2みずほ欧州経済情報(2013 年 5 月号)2.ユー...

2013年12月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

アジア経済マンスリー(2013年12月) ~QE3縮小であらためて考える中長期的なアジアの成長の道筋~

...邦市場公開委員会(FOMC)において、来年1月から量的金融緩和第3弾(QE3)に基づく資産買入規模の縮小に動く方針を決定した。米国によるQE3実施以降国際金融市場では過剰流動性が一段と拡大し、これに伴うリスクマネーの一部は比較的高い経済成長が期待されるアジアをはじめとする新興国に流入する動きが続いてきた。しかし、今年5月のバーナンキFRB議長による年内のQE3縮小を巡る発言以降、リスクマネーが縮小するとの思惑に伴って多くの新興国では資金流出の動きが広がり、これによる信用収縮が実体経済にも悪影響を及ぼす事態となった。その...

2014年8月26日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国の長期金利低下の「謎」を探る

...する市場参加者の期待の変化が大きく影響していると考えられる3。2.FRB の超低金利政策の長期化観測昨年に比べて早期利上げ観測は抑制市場参加者の最大の関心事は、いつから FRB の利上げが始まるかという点であろう。市場参加者の将来の政策金利の予想経路を推測する方法として、FF 金利先物レートを用いる方法がある4。ここでは、FF 金利先物レートが初めて 0.5%(初回の利上げで想定される FF 金利の誘導目標水準)に達する月を市場参加者の利上げ時期のコンセンサスと考え、その推移についてみると、昨年5月にバーナンキ FRB 議長(当時)が量...

2013年3月16日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

ASEAN・インド月報(2013年3月)

...に連れた上値トライの動きは、40.600近辺で中銀と思しき相当量のペソ売りドル買い介入に阻まれた格好。一方、イタリア総選挙の結果を巡る政局の不安定化を嫌気したユーロ売りによるリスク選好の後退や、今後の債券購入の縮小あるいは停止の必要性を示唆したFRB議事録がエマージング市場への資金流入が細るとの懸念も、債券購入継続を示唆したバーナンキFRB議長の議会証言等を好感し、下値も限定的。結局、先月末比0.025ペソ高の40.660で取引を終えている。月中の値幅も0.225ペソと極めて狭いレンジで推移した1カ月であった。3月の...

2014年7月6日財務省フィードバック数:0社会/政治

金融市場に対する非伝統的な金融緩和政策の影響―日米英の中央銀行の国債買入政策に関する分析―

...債買入を増加させる数ヶ月前より、国債買入政策や追加緩和策の実施を示唆していることから、国債買入の実施に先んじて市場がその影響を織り込んだ可能性が考えられる 15。15QE1 における国債買入の実施前の 2008 年 12 月 1 日に、バーナンキ FRB 議長(当時)は“the Fed couldpurchase longer-term Treasury or agency securities on the open market in substantial quantities.”と発言している- 10 -図表 6 FRB...

2014年9月2日信金中央金庫フィードバック数:0社会/政治

内外金利・為替見通し No.26-6  国内金利環境:14年度の日本経済は、減速しつつも回復基調を維持

.../209/1312/1213 年 12/18FRB、政府機関債の買切りオペ(上限 1,000 億ドル)と政府機関の保証が付いた MBS の買切りオペ(上限 5,000 億ドル)の実施を発表(その後、上限を 2,000 億ドル、1兆 2,500 億ドルに拡大)FF レートの誘導目標を 1.00%から 0.00~0.25%に引下げ(事実上の量的緩和政策)長期国債を向こう6か月間で最大 3,000 億ドル購入することなどを決定出口戦略に関するバーナンキ FRB 議長の議会証言の原稿公表FRB、公定歩合を 0...

2013年7月22日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:1社会/政治

経済マンスリー:2013年7月(全体版)

...どで顕著に深化してきたところ。例えば、米国の名目輸出額に占める中国向けの割合は 2000 年頃の 2%程度から直近 7%台へ、実質 GDP に占める中国向け輸出の割合も同期間に 0.2%程度から約 1%へ高まっている(第 1 図)。このような貿易面に加え、金融面などでの結び付きも強まっており、中国経済の動向には細心の注視が必要だ。金融政策に関しては、FRB 高官から、6 月 FOMC 以降の「市場における利上げ予想の前倒し」や「長期金利の上昇」を牽制する発言が相次いでいる。バーナンキ FRB議長は 7 月 10 日の...

2013年11月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

2013・14年度 内外経済見通し

...)(欧)ECB政策理事会(5日)日・ASEAN首脳会議(東京、13∼15日)(米)FOMC(17・18日)(日)金融政策決定会合(19・20日)(欧)EU首脳会議(19・20日)2014年 (欧)ラトビアがユーロ導入(1日)1月(欧)ECB政策理事会(9日)(米)暫定予算期限(15日)(日)金融政策決定会合(21・22日)(米)FOMC(28・29日)(米)バーナンキFRB議長任期(31日)2月(米)イエレンFRB議長就任(1日)(欧)ECB政策理事会(6日)(米)政府債務上限免除期間終了(7日...

2013年9月30日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

景気減速局面のメキシコ経済~テキーラ・ショックの再来はあるのか~

...。2.トピックス①:米国の量的緩和政策(QE3)縮小の影響(1)QE3縮小観測とメキシコ金融・為替市場の動向バーナンキFRB議長が2013年5月22日にQE3の縮小を示唆して以降、メキシコの金融・為替市場も他の新興国と同様に調整圧力にさらされてきた。とはいえ、ブラジル・レアルや株価(ボベスパ指数)がバーナンキ発言後の最安値で約2割下落し、リーマン・ショック以来4年ぶりの安値をつけたのに比べれば、メキシコ市場の調整は相対的に軽微である。バーナンキ発言後の最安値でも、メキシコ・ペソ、株価(IPC指数...

2013年12月27日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

2013年12月(全体版)

...金利の動向等に影響されて足元でやや上昇しているが、日銀による大量の国債買入れに伴う需給の引き締まりが意識され、引き続き 0.6%~0.7%程度という低水準での推移となっている。(2)為替円ドル相場は 12 月入り後、長らく続いていた 1 ドル 90 円台後半での取引から抜け出し、足元では 104 円前後で推移している(第 3 図)。現行水準は 5 月後半に円安が進んだ際と概ね同じだが、マクロ環境の裏付けは今の方が強いといえる。5 月後半の円安進行時には、バーナンキ FRB 議長が資産買入れ策の縮小開始を示唆したことを切っ掛けに、大き...

2012年12月25日内閣府★フィードバック数:1社会/政治

「財政の崖」についてのレポートです。

山場を迎える「財政の崖」問題

...況感に影響を与えるとして指摘がなされている業種(企業)のコメントのうち、ISMが代表的なものとして公表しているコメントであり、すべての指摘が反映されているわけではない。一方、12 月の連邦公開市場委員会(FOMC)後の記者会見でバーナンキFRB議長は「FOMCメンバーの経済見通しについて、『財政の崖』が解決される部分とそうでない部分とが混在した上でのもの」といった趣旨の発言をしており、国際機関等においても「財政の崖」の多くが解決されることを前提とした経済見通しを提示している(表6)。しかしながら、「財政の崖」による財政の引締めは、アメ...

2013年6月26日日本総研フィードバック数:0社会/政治

アベノミクス、半年間の評価

...体に鞘寄せされる形で調整されたものといえる。そこに米国の金融政策の変更観測が台頭し、市場の動きが増幅されている。米国経済が堅調に推移するもとで、5月 22 日のバーナンキFRB議長の発言を受けてQE3の縮小観測が台頭し、緩和マネー縮小への懸念から、「安全通貨」円買いが先行され、株価が下落したのである。これにより、アベノミクスは期待先行・市場先導の第1フェーズは終焉し、実体経済そのものの改善が問われる第2フェーズに入りつつあるといえよう。以上のような流れとしてとらえたとき、これまでの金融政策主導であったアベノミクス・第1フェーズからは、以下...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ