「パック旅行」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2013年6月6日経済産業省フィードバック数:0大型消費/投資

22年以降の観光関連産業の動向についての考察

...旅行業者の旅行取扱状況速報」の旅行総取扱額を消費者物価指数により実質化して作成している。同調査では、旅行のうち、募集型企画旅行(以下「パック旅行」という。)については、旅行取扱額と- 18 -産業活動分析(平成25年1~3月期)併せて、旅行取扱人数についても調査している。旅行全体の総取扱額とパック旅行取扱額の動向は必ずしも一致していないが 5 、参考までに、「国内旅行」、「海外旅行」、「外国人旅行 6」のパック旅行の旅行取扱額、取扱人数、旅行単価の伸び率(前年同期比、実質ベース)の推移を見てみると、震災...

2014年2月20日博報堂フィードバック数:0大型消費/投資

新大人研レポートXIV いま高齢社会は“新しい大人社会”へと大きく変化(7) 旅行は従来の名所観光高齢者から妻優先で自由に滞在の “エスコートダンディ”へ

...女に対する調査を実施し、分析を行った結果、高齢社会が“新しい大人社会”へと転換する「兆し」が見えてきました。新しい大人世代、とりわけ、リタイアした60代の団塊世代が、今ようやく動き出し、日本の高齢社会そのものが、生活者の力で大きく転換しようとしています。調査結果から読み取れる変化の兆しを、生活のさまざまな角度からご報告します。その⑦は、「旅」です。エルダー世代の定年後の楽しみのひとつは「旅行」です。今までの高齢者は、子供の手が離れ、お互いの長年の慰労もかねて、様々な観光名所へと夫婦二人でパック旅行...

2013年3月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1社会/政治

消費者物価(全国13年1月)~コアCPIの下落率はいったん拡大した後、13年度前半には上昇へ

...:前年比3.9%→1月:同7.5%)の上昇幅が拡大したため、エネルギー価格の上昇率は12月の前年比3.4%から同3.9%へと高まった。コアCPI上昇率のうち、エネルギーによる寄与が0.34%(12月は0.30%)、食料品(生鮮食品を除く)が▲0.11%(12月は▲0.09%)、その他が▲0.43%(12月は▲0.41%)であった。13年2月の東京都区部のコアCPIは前年比▲0.6%(1月:同▲0.5%)となり、下落率は前月から0.1ポイント拡大した。外国パック旅行が1月の前年比▲6.2%から同8.2...

2015年2月1日Yahoo!★★★フィードバック数:0マーケティング

シニアのネット利用についてのしっかりしたレポートです。

高齢者のインターネット利用に関する意識調査2015

...主の年代別に支出金額をみてみると、「航空運賃」「宿泊料」などは、60代未満と60代以上にさほど差はみられません。しかし、「パック旅行費(国内、外国)」と「スポーツ施設使用料」の項目では、大きな差がみられました。単純に「高齢者は旅行を楽しんでいる」という考察以外に着目したいのが、パック旅行への需要の高さです。パック旅行は、航空券やホテルの手配の手間が減る分、割高になるケースがありますが、多少高くなっても面倒が少ない方がいい、と考える高齢者が多いのではないでしょうか。インターネット利用率年齢階層別インターネット利用率(個人):平成21...

2012年7月30日リクルート★フィードバック数:4大型消費/投資

国内旅行についての調査です。

じゃらん宿泊旅行調査2012

...費は14,900円→14,600円へと300円減少した。旅行手配は、個人手配旅行の比率がさらに高まり、全体の89.3%となった。※4 1回の宿泊旅行にかけられた1人あたり平均費用・・・1回の宿泊旅行にかけた費用について、個人旅行の場合、1人あたりの宿泊費・交通費・現地小遣いの合計、パック旅行の場合、1人あたりのパック費・現地小遣いの合計。20歳未満の子供を連れた旅行の場合は、全員でかかった費用を同行した大人の人数で割っている。※5 個人旅行・・・個人で宿を手配した旅行で、旅行...

2013年11月29日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[経済指標解説]主要な経済指標の発表予定と予測(12月2日~12月6日)

...%、12月同+2.1%)となっており、予測指数どおりなら10~12月期は前期比+2.5%(7~9月期同+1.7%)と4四半期連続の増産となる。全国コアCPIは2カ月ぶりにプラス幅拡大29日に発表された10月の全国消費者物価指数(生鮮食品を除く総合、コアCPI)は前年比+0.9%(9月同+0.7%)とプラス幅が拡大した。原油価格の落ち着きを受けてガソリン価格の伸びが鈍化した一方で、傷害保険料や外国パック旅行、食品などの値上げがプラスに寄与した。また、物価の基調を示す、食料(酒類を除く)及び...

2013年10月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[経済指標解説]主要な経済指標の発表予定と予測(10月21日~10月25日)

...年比プラス幅は縮小する見通しである。一方、10 月の都区部コアCPIは、外国パック旅行や食料品などの値上げを受けて、前年比上昇幅が拡大するとみられる。1図表 150図表 2輸出入金額の推移(前年比、%)予測(前年比、%)0.8400.6輸入金額30消費者物価(全国)の推移テレビ除く米国基準コアCPIテレビ食料(生鮮食品・酒類除く)エネルギーコアCPI予測0.4200.2100.00▲ 0.2▲ 0.4▲ 10▲ 0.6輸出金額▲ 2010/110/711/111/7(資料)財務省「貿易統計」12/112/713/113/7▲ 0...

盛り上がる高齢者の消費~高品質なサービスへの高まるニーズ

...い水準になっている(図表1)。加えて、総務省「家計消費状況調査」(平成24年)においても、高齢者(60歳以上)の旅行への支出額は他の年代と比べ多くなっている(図表2)。既に生活する上で必要な「モノ」を保有している高齢者は、健康維持・増進や精神的な満足が得られるレジャーなど「サービス」を重視している傾向が窺える。さらに、高齢者の旅行は国内外問わずパック旅行のウェイトが高いが、一昔前に比べ自由旅行へのニーズが高まるなど選択の自由を楽しむ傾向もあるようだ1。また、「シニア・高齢者の嗜好性と購買行動に関する調査」((株)ジー...

2015年6月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

消費者物価(全国15年5月、東京都区部15年6月) ~食料品の値上げが続く~

...生命ないしはその関連会社の投資方針と常に整合的であるとは限りません。に大きく値上がりしていた反動から前年比ではマイナス転化し、CPIの押し下げ要因となっている(前年比寄与度:4月+0.10%Pt→5月+0.02%Pt)。電気代と都市ガス代で4月対比 0.11%Pt の下押しである。一方、押し上げ要因になったのが米国型コアと食料品。米国型コアは前年比+0.4%と、4月の+0.2%(消費税要因除く)から 0.2%Pt の改善となっている。4月に下振れた外国パック旅行や宿泊料などが5月は反発し、全体を押し上げている。また、エア...

2013年12月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

消費者物価(全国13年11月、東京都区部13年12月) ~当面、+1%超えで高原状態の推移を予想。正念場は14年度~

...比寄与度、10 月:▲0.02%Pt→ 11 月:0.00%Pt)など、耐久財の改善が目立った。パソコン等の上昇も継続しており、このところの耐久財価格の改善トレンドが続いている。なお、家庭用耐久財や教養娯楽用耐久財などを合わせた「耐久消費財」価格は 11 月に前年比+0.3%とプラスに転じている。耐久消費財価格がプラスになるのは 1992 年9月以来のことである。そのほかの品目では、外国パック旅行や宿泊料がプラス寄与を拡大させたほか、前年の値下げの裏が出たことで携帯電話機(前年比寄与度、10 月:▲0.01...

2013年7月23日リクルート★★フィードバック数:0大型消費/投資

じゃらんによるまとまった調査です。

じゃらん宿泊旅行調査2013

...小遣いの合計。パック旅行の場合、1人あたりのパック費・現地小遣いの合計。20歳未満の子供を連れた旅行の場合は、全員でかかった費用を同行した大人の人数で割っている。※5 個人旅行・・・個人で宿を手配した旅行で、旅行会社を通して宿を手配した場合も含む。◇宿泊旅行にかけられた費用総額(推計値)0%20%40%60%69,299億円宿泊旅行にかけられた費用の総額80%100%〈参考〉(100.0%)04‐12年度比較(推計値)宿泊旅行にかけられた費用の総額(億円)個人旅行とパック旅行の内訳費目別の内訳個人旅行58...

2014年12月19日日本政策投資銀行★フィードバック数:0大型消費/投資

インバウンドについての調査です。

東北におけるインバウンド(アジア8地域)意向調査(平成26年版)

...経験者全体と比較してもほぼ変化がなく、70%以上がパック旅行を利用している。・「航空券とホテルを個別に手配」もしくは「航空券のみ出発前に手配」と回答した人たちのホテルの手配方法として、東北訪問経験者は「インターネット(ホテルの web サイト)」を多く利用している。・東北訪問経験者は、日本到着後に観光地や観光スポットを決定する人が多数。宿泊先に関しても、18.0% が日本到着後に決めている。・オプショナルツアーを利用している人が「29.3%」と、訪日経験者全体に比べ約 2 倍近く多い。・現地...

2012年1月26日マイナビ★フィードバック数:0大型消費/投資

卒業旅行についてのまとまった調査結果です。

卒業旅行に関する調査

...旅行に関する調査」を実施しました。本調査は2007年卒から実施しており、今回で6回目です。【TOPICS】■「海外のみに行く」学生が前年比14.5pt増加。スケルトンツアーを利用した海外旅行が人気■人気旅行先は海外・国内とも上位に大きな変動はなし。一方で、「台湾」の人気が上昇■卒業旅行の目的は「学生時代を共に過ごした友人との、思い出作りの場」<調査結果の概要> ■卒業旅行は「海外のみに行く」が前年比14.5pt増の30.7%と急増。格安で手軽、かつ自由な時間を楽しめるスケルトンツアーのパック旅行...

2014年9月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

消費者物価(全国14年8月、東京都区部14年9月) ~10月に+1%割れの可能性高まる~

...%である。テレビ等の教養娯楽用耐久財、携帯電話通信料などが下押し要因に、外国パック旅行や被服及び履物などが押し上げ要因になったことが多少目を引いた程度で、大きな動きはなか1日本銀行の試算によると、増税によるCPIコア押し上げの影響は 2.0%Pt。本資料は情報提供を目的として作成されたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。作成時点で、第一生命経済研究所経済調査部が信ずるに足ると判断した情報に基づき作成していますが、その正確性、完全性に対する責任は負いません。見通...

2014年5月30日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

消費者物価(全国14年4月、東京都区部14年5月) ~4月の全国CPIは上振れ、5月の東京都区部は下振れ~

...%となり、4月(+0.6%)から 0.2%Pt 伸びが縮小する形に。4月の全国CPIは上振れた一方、5月の東京都区部はやや弱めの結果となっている。5月の下振れに影響した品目は、「ハンバーガー」、「携帯電話機」、「テレビ」、衣料品関連(「婦人靴」など)、「宿泊料」、「外国パック旅行」など。全体的に弱めのものが目立つ。ただし、「ハンバーガー」、「携帯電話機」、「テレビ」については前年の裏が出た面が大きい点には注意が必要。なお、テレビを中心とした耐久消費財については、消費...

2014年3月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 設備投資が伸びれば、雇用も伸びるはず

....3%、+0.7%となった。エネルギー価格のほか、教育娯楽用耐久財、家庭用耐久財、外国パック旅行が押し上げ寄与。2月東京都区部のコア(+0.7→+0.9%)、コアコア(+0.3%→+0.5%)は共に加速したが、ウェイトの相違から2月の全国CPIはコア、コアコア共に1月と同水準での推移が見込まれる。・その他経済指標(雇用・消費・住宅)は、当社日本経済短期予測チームのレポートを参照されたい。60PMI・鉱工業生産指数55504540PMI鉱工業生産(3ヶ月前比年率、右)コア(コア)CPI...

2013年11月22日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

主要な経済指標の発表予定と予測(2013年11月25日~11月29日)

...速報値)は同+0.4%(10月同+0.3%)と予測している。傷害保険料や外国パック旅行などの値上げを受けて、全国コアCPIは前年比プラス幅が拡大する見込み。都区部コアCPIも、食品の値上げ浸透などから前年比上昇幅が拡大するとみられる。有効求人倍率は2カ月ぶり同日発表される10月の雇用関連指標は、失業率が3.9%(9月4.0%)、有効に改善、失業率は2カ月連求人倍率は0.96倍(9月0.95倍)と予測する。生産活動の回復や建設投資の増続の低下加などを背景に労働需給は改善している。失業率は0.1ポイ...

2014年3月18日内閣府フィードバック数:0マーケティング

個人消費の基調と消費税率引上げに伴う駆け込み需要の現状評価

...した時にあるサービスの消費支出が何%変化しているかを示した指標である。支出弾力性が1未満のサービスを必需的サービス、1以上のサービスを裁量的サービスに分類した。なお、詳細な分類は付注2を参照。9による押上げが大きいことがわかる(図 10)。特に、年後半は、年前半に比べて外食や入場・観覧・ゲーム代による寄与がより大きくなっている。図 10裁量的サービスの動向(対前年同期比、%)5その他4入場・観覧・ゲーム代月謝類3パック旅行費2宿泊料1塾・予備校0交通-1外食2013年1∼6月2013年7∼12月裁量的サービス(備考)総務省「家計...

2012年11月5日日本RV協会★フィードバック数:1大型消費/投資

キャンピングカーへのニーズの変化を見ています。

ここ数年の「キャンピングカー白書」から見るユーザーニーズの変化

...立ち、2010年の総務省の調査においても、「世帯主の年齢階級別世帯当たり」のパック旅行への年間支出金額は60歳代が最も多く、特に男性の場合は、退職を機会に小型のハイブリッドカーや軽自動車を購入することが多いことを明らかにしています。キャンピングカーは、必ずしもハイブリッドカーと軽自動車だけで構成されているわけではありませんが、そのような車両をベースとした車種も年々増えており、それ以外の車種においても、宿代のかからない旅を可能にするという意味で、きわめて「経済的なクルマ」といえます。キャ...

2013年3月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

消費者物価(全国13年1月、東京都区部13年2月) ~CPIコアは目先マイナス幅拡大。年後半以降は緩やかな上昇に転じる見込み

...型コアが前月比横ばいである。○ 4月までは下落幅が拡大東京都区部の動向から判断すると、2013 年2月の全国CPIコアは前年比▲0.3%~▲0.4%と、1月の▲0.2%から下落幅が拡大することが予想される。灯油やガソリン価格の上昇により石油製品価格のプラス寄与が拡大することや外国パック旅行の上昇が押し上げ要因になる一方、テレビのマイナス寄与が大きく拡大するため、CPI全体の下落幅は拡大する見込みだ(テレビのウェイトは東京都区部より全国の方が大きいため、影響も大きく出る)。ちなみに、仮に2月の...

2015年5月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

消費者物価(全国15年3月、東京都区部15年4月) ~4月の東京都区部が弱い。4月の全国CPIは税除きで前年比マイナスの可能性あり~

...月:▲0.46%Pt)。なお、電気代、都市ガス代については、過去の燃料高の影響で前月比プラスが続いたが、昨年も同程度上昇していたことから、前年比の伸びは2月からほとんど変化がなかった。また、食料・エネルギーを除く総合(米国型コア)も前年比+2.1%と、前月(+2.0%)から伸びが若干拡大している。増税による押し上げを除けば+0.4%(2月:+0.3%)である。ルームエアコンのマイナス寄与が縮小したほか、外国パック旅行のプラス寄与が拡大したことなどが影響している。米国...

2014年3月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

消費者物価(全国14年2月、東京都区部14年3月) ~4月の上振れリスクにご用心~

...、それぞれ前月からプラス寄与を拡大させている。エネルギーについては電気代・ガス代の値上げの影響が大きく、食料品については過去の輸入価格増分を転嫁する動きが続いていると考えられる。そのほかの品目では、外国パック旅行、宿泊料のプラス寄与が拡大したことが目立つ。下押しに寄与したのは、教養娯楽用耐久財、被服及び履物、ハンドバック(輸入品)など。耐久財関連については前年の裏の影響が大きいほか、被服及び履物については前月急上昇した反動が出たのだろう。また、輸入ハンドバックは前月比で上昇しているが、昨年3月に...

2014年2月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

消費者物価(全国14年1月、東京都区部14年2月) ~当面、1%台前半での推移に~

...東京都区部消費者物価指数(生鮮食品除く)は前年比+0.9%と、前月の+0.7%から上昇幅が 0.2%Pt 拡大し、市場予想(+0.8%)を若干上回った。また、米国型コアも前年比+0.5%と、前月(+0.3%)から 0.2%Pt の拡大となった。こちらも市場予想(+0.4%)対比やや上振れ。外国パック旅行のプラス寄与が縮小したほか、前年の裏が出る形で石油製品価格も上昇幅を縮小させた一方、電気代、ガス代、生鮮食品を除く食料がプラス寄与を拡大させた。また、シャツ・セーターを中心に被服及び履物がプラス幅を拡大させたほか、宿泊...

2013年7月20日アサヒビールフィードバック数:0大型消費/投資

国内旅行の宿探しの条件は?(2006/04)

...とともに宿泊料金が増加し、60代以上ではおおよそ2人に1人が「1万5000円以上の宿」を選択していることが判りました。こうした背景には「量より質で選ぶ。ゆっくりしたい時は、少々高くても良いところを選びぶ」(女性50代、千葉県)など若い方よりも宿での寛ぎを重視する傾向が高いことや、世代による経済力の差も少なからず影響しているのかもしれません。また「家族が5人もいるので、公共の宿か、パック旅行で一人1万円位の宿を探している」(男性50代、東京都)など、世代ばかりではなく未婚、既婚や家族の人数によっても、1人当...

2013年10月16日総務省フィードバック数:0社会/政治

統計調査ニュース 平成25年10月号

...健康に気を配る 70 歳以上上昇しています。二人以上の世帯について,世帯主の年齢階級別に国内高齢者が支える「農業,林業」。農業,林業従事者の旅行や海外旅行などの「パック旅行費」及び「ゴルフプ45%を占めるレー料金」の支出金額をみると,世帯主の年齢が 60 歳平成 24 年の高齢者の就業者について産業別にみると,「農業,林業」が 101 万人と最も多く,次いで「卸売業,小売業」が 96 万人などとなっています。代の世帯で最も多くなっています。(図 5-1,5-2)続いて,サプリメントなどの「健康保持用摂取品」及び...

2014年5月26日内閣府★フィードバック数:0社会/政治

消費税増税の影響です。

2014年1-3月期の個人消費の動向と先行きの留意点

...))。サービスでは、総じてみれば駆け込み需要が生じにくいものの、定期代や、クリーニング代、パック旅行など駆け込みの影響を受けやすいと思われる品目が、前回よりも高めの伸びとなっている(図4(4))。品目別に確認した結果を総合してみると、前回に比べて、駆け込み需要の影響はやや大きかったようである。図4形態別にみた各品目における駆け込み需要の影響(1)耐久財(2)半耐久財の内訳(前期比、%)20252013年10月∼2014年3月2014年1−3月期1997年1−3月期15(前期比、%)201997年1−3...

2014年4月1日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治

最近の物価動向について

...の物価動向について.indd76一般社団法人 JA共済総合研究所(http://www.jkri.or.jp/)2014/03/2015:35:56④ 円安による外国パック旅行の値上がり1 物価は上昇傾向に転じたのかによる分が0.06%⑤ 10月の傷害保険料値上げによる分が消費者物価は日銀の想定通り、順調に上昇0.14%した。2013年12月のコア消費者物価(生鮮食品を除く)は前年比1.3%上昇し、1~3月であり、これら5項目を合計すると1.37%もこの程度の上昇率が続けば13年度平均のコで、それ...

2015年10月19日総務省フィードバック数:0ライフスタイル

家計調査結果からセカンドライフを生活設計~統計は私たちの暮らしの「羅針盤」~

...で使途不明のこづかいが8千円減、食料と諸雑費が共に7千円減などとなっています。一方、退職して余暇時間が増えたこともあってパック旅行費を含む教養娯楽が1千円増となっているほか、年齢的に体調を崩しやすくなることもあって保健医療がわずかに増えています。(表2、図5)図5 「再雇用期間」と比べた「年金生活」における消費支出の費目別増減<二人以上の世帯、2014年平均>資料:家計調査結果(家計収支編 第3-2表、第3-12表) また、食料の内訳を見ると、外食が3千円減、調理食品が2千円減のほか、飲料、肉類、酒類、菓子類、穀類...

2014年10月13日日本銀行★フィードバック数:0社会/政治

九州・沖縄の個人消費です。

九州・沖縄の個人消費の動向~記録的な「冷夏」による影響を乗り越えて~

...料、パック旅行費雑――費理髪料、カット代、シャンプー、ファンデーション、化粧クリーム他の化粧品、敷布、洗濯代品目は、総務省「家計調査」の区分による。(参考2)上記品目が家計支出全体に占めるウェイト全国九州19.0%18.2%(注)過去 10 年間の 1 世帯当たりの消費支出額に占める上記項目のウェイト(一部品目は、家計調査において途中から採用)。(資料)総務省「家計調査」8(図表7)2003年との気象条件の比較(福岡市)夏季平均気温(平年差)0.0(℃)▲ 0.2▲ 0.8▲ 0.4▲ 0.7▲ 0...

経済と物流の動向 2015年5月 No.89

....1%減)、住居(同 16.0%減)等が減少した。●総務省「消費者物価指数」によると、3 月の生鮮食品を除く総合指数(コア CPI)は、前年同月比 2.2%上昇の 103.0 となった。ガソリン、灯油、プロパンガスを含むエネルギー(1 月:同▲0.5%→2 月:同▲2.1%→3 月: 同▲1.0%)の下落幅が縮小、また、外国パック旅行(2 月:同 3.0%→3 月:同 7.0%)、家庭用耐久財(2 月:同▲4.6%→3 月:同▲1.5%)等の上昇により、総合の前年同月比の上昇幅は前月から 0.2...

2015年6月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

主要経済指標予定(2015年6月22日~6月26日)

...生命ないしはその関連会社の投資方針と常に整合的であるとは限りません。1【重要指標の当社予測とコメント】5月全国消費者物価指数(生鮮食品除く総合)当社予想:前年比 0.0%中央値:同 0.0%5月の全国CPIコアは前年比横ばいが予想される。エネルギー価格は下押し要因になる一方、外国パック旅行などが押し上げに寄与しそうだ。ただ、仮に5月がゼロ%で踏みとどまったとしても、6月にマイナス転化となる可能性は高く、いずれにしてもマイナス圏入りは避けられない情勢である。また、その後も7-9月にかけてマイナス幅を拡大していく展開が予想され、物価...

2012年6月19日日本銀行フィードバック数:14社会/政治

金融経済月報(6月)

...的に毎年基準年を更新した指数を作成していることに等しい効果をもつ。122月に採用銘柄の変更によって前年比で上昇に転じたテレビは、4月も引き続き前年比プラス幅を拡大させた(テレビの前年比:1月-36.1%、2月+0.5%、3月+2.3%、4月+8.1%)。なお、5月の東京都区部の指数をみると、テレビの下落幅が再び拡大しているが、年初までの動きに比べれば下落幅は小さめとなっている。12は前年比マイナス幅がごく小幅ながら拡大した。一般サービスについては、家賃が下落幅をやや拡大させたものの、外国パック旅行や宿泊料が上昇に転じたことから、全体...

2013年2月18日日本銀行フィードバック数:16社会/政治

金融経済月報(2月)

...農水畜産物)は、食料工業製品が前年比マイナス幅を拡大したものの、石油製品が前月並みのプラス寄与を維持するもとで、耐久消費財がマイナス幅を縮小したことなどから、全体でも幾分マイナス幅が縮小した。公共料金については、昨年央にかけての原油価格下落の影響による電気代や都市ガス代の上昇率低下を主因に、引き続きプラス幅が縮小した。一般サービスについては、外国パック旅行は、前月みられた日並び要因(11 月の3連休)の影響が剥落した一方で、燃油サーチャージの動きが押し上げに働いたことから、前月並みの動きとなったものの、宿泊...

2014年2月20日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

金融経済月報(2014年2月)

...が緩やかにプラス幅を拡大しているほか、他のサービスも、外国パック旅行や宿泊料などを中心に、足もとでは伸び率を高めているため、全体でも、小幅のプラスとなっている。物価の先行きについて、消費税率引き上げの直接的な影響を除いたベースでみると、国内企業物価は、当面、緩やかな上昇を続けるとみられる。消費者物価の前年比は、暫くの間、1%台前半で推移するとみられる。この間、予想物価上昇率は、全体として上昇しているとみられる(図表 29)。6ラスパイレス連鎖指数とは、①毎年、基準年の品目ウエイトを更新し、個別品目の指数水準を 100 にリ...

2015年1月22日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

金融経済月報(2015年1月)

...とでは、振れの大きい宿泊料や外国パック旅行のプラス幅が縮小したことが影響している。ウエイトの大きい家賃は、やや長い目でみれば前年比のマイナス幅がごく緩やかながらも縮小傾向にあるが、足もとでは改善が一服してい5消費税率引き上げの直接的な影響(試算値)の詳細については、昨年3月の金融経済月報のBOXを参照。6刈込平均値とは、大きな相対価格変動を除去するために、品目別価格変動分布の両端の一定割合を機械的に控除した値。14る。公共料金については、原油価格の下落を背景としたエネルギー関連の動きを反映して、基調...

2015年6月12日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済見通し:2015年6月(全体版)

...-60910111213(資料)内閣府統計より三菱東京UFJ銀行経済調査室作成140506070809101112131415 (年)(注)1. 原油価格の影響を受け易い項目として、『消費者物価(サービス)』から航空運賃、外国パック旅行、『同(財)』から石油製品、電気代、都市ガス代を除外した。2. 『消費者物価(サービス)』は持家の帰属家賃を除く。3. 消費税率引き上げの直接的な影響を除く。15 (年)4. 当室にて季節調整。(資料)総務省統計より三菱東京UFJ銀行経済調査室作成7Ⅰ. 日本3.金融政策・市場...

2013年12月2日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

平成25年11月(日本経済の見通し)

...-4-2-1-6-4-2-8-6-308-80708091011121011121314-1015 (年)(注)1. 『消費者物価』は、消費税率引き上げの直接的な影響を除くベース。   2. 『為替変動の影響を受け易い品目』は、エネルギー、航空運賃、外国パック旅行。   3. 『GDPギャップ』は、実質GDPと潜在実質GDPの差額を潜在実質GDPで除したもの。(資料)総務省、内閣府統計等より三菱東京UFJ銀行経済調査室作成-10060913 (年)(資料)内閣府統計より三菱東京UFJ銀行...

2013年5月24日日本銀行フィードバック数:12社会/政治

金融経済月報(5月)

...消費財が新商品の出回りを反映してマイナス幅を幾分縮小したほか、その他財も一部輸入品の値上がりを主因にマイナス幅を縮小したものの、石油製品が、前年に原油市況の動きを受けて上昇していたことの反動が表れるかたちで、プラス幅を大きく縮小させたためである。一般サービスについては、外国パック旅行が、2月の押し上げに寄与した日並び要因が剥落するもとで下落に転じたほか、家賃も幾分マイナス幅を拡大したため、全体でも前年比下落幅が幾分拡大した。この間、公共料金については、前月並みの前年比プラスとなった。物価の先行きについてみると、国内企業物価は、当面、上昇...

2013年8月28日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

平成25年8月(内外経済の見通し/全文)

...)『2011年11月』は9兆円(年金臨時財源の補填分を除く)の東日本大震災関係経費を含む2011年度第3次補正予算(21日)、『2013年2月』は10兆円の緊急経済対策支出を含む2012年度補正予算(26日)、が成立した月。(資料)東日本建設業保証、内閣府統計より三菱東京UFJ銀行経済調査室作成0809101112131415(年)(注)『為替変動の影響を受けやすい品目』はエネルギー、航空運賃、外国パック旅行。(資料)総務省、内閣府統計より三菱東京UFJ銀行経済調査室作成5Ⅰ. 日本(4)物価...

2015年5月25日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

金融経済月報(2015年5月)

...降は前年比で概ね横ばいで推移している。内訳をみると、宿泊料や外国パック旅行が振れを伴いつつもプラス基調で推移しているほか、住居工事関連などの各種サービス価格は、賃金の上昇を反映してプラス幅を緩やかに拡大している。外食も、本年1月以降は一部の値上げの影響もあって、プラス幅を幾分拡大している。もっとも、昨年6月以降の携帯電話通信料の新料金導入や、昨年春の外食の一部における値下げなどが、前年比の下押しに作用している。この間、ウエイトの大きい家賃は、やや長い目でみれば、前年比のマイナス幅がごく緩やかながら縮小傾向にある。公共...

2012年5月25日日本銀行フィードバック数:13社会/政治

金融経済月報(5月)

...落幅が縮小したことなどから、全体でも下落幅がやや縮小した10。一般サービスについては、外国パック旅行、宿泊料、家賃の下落幅が縮小したことなどから、全体でも下落幅がやや縮小した。公共料金については、前年比プラス幅が横ばい圏内の動きとなった。物価の先行きについてみると、国内企業物価は、国際商品市況の動きなどを反映して、当面、上昇テンポが鈍化するとみられる。消費者物価の前年比は、当面、ゼロ%近傍で推移するとみられる。8刈込平均値とは、大きな相対価格変動を除去するために、品目別価格変動分布の両端の一定割合を機械的に控除した値。9ラス...

2012年11月22日日本銀行フィードバック数:10社会/政治

金融経済月報(11月)

...改廃やモデル式の見直しといったことを除けば、実質的に毎年基準年を更新した指数を作成していることに等しい効果をもつ。14主因に、前年比マイナス幅が縮小した。一般サービスについては、カレンダー要因から前月の上昇幅が大きかった宿泊料がプラス幅を縮小させたほか、外国パック旅行もマイナス幅を幾分拡大したことから、全体でもマイナス幅が拡大した。一方、公共料金については、一部電力における電力料金の値上げの影響などから、前年比プラス幅が幾分拡大した。物価の先行きについてみると、国内企業物価は、当面、横ばい圏内で推移するとみられる。消費者物価の前年比は、当面...

2013年8月28日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

平成25年8月(日本経済の見通し)

...変動の影響を受けやすい品目』はエネルギー、航空運賃、外国パック旅行。(資料)総務省、内閣府統計より三菱東京UFJ銀行経済調査室作成(4)物価消費者物価は 6 月に、生鮮食品を除くコアベースで前年比+0.4%と 1 年円安と輸入物価上昇の影響が、消費者 2 ヵ月ぶりの上昇を示した。内訳をみると、価格上昇が目立つのは円安に物価段階まで徐々 伴う輸入物価高の影響を受けやすい品目(第 10 図)。加えて、直近ではに浸透耐久消費財なども下落幅を縮小させている。日本経済の長期停滞の象徴となってきたデフレだが、漸く...

2014年3月16日総務省フィードバック数:0社会/政治

統計調査ニュース 平成26年3月号

...帯の消費支出を費目別にみると,外食を含む食料,パック旅行費を含む教養娯楽,自動車等購入を含む交通・通信などが増加に寄与しています。(図2)-0.4-0.2-0.19-0.050.00.0食     料住     居光 熱 ・ 水 道家具・家事用品被服及び履物保 健 医 療交 通 ・ 通 信教育教 養 娯 楽その他の消費支出0.264非消費支出社会保険料2個人住民税勤労所得税0他の税−2図2 消費支出の対前年実質増減率に対する費目別寄与度(総世帯)- 2013 年-(%)-0.6(%)80.40.6(%)0.380.180.14...

2014年3月30日経済産業省フィードバック数:0マーケティング

平成24年度我が国情報経済社会における基盤整備(電子商取引に関する市場調査)

....2%11.0%18.1%18.6%11.3%15.6%14.9%16.4%旅行サービス(パック旅行申込、ホテル予約を含む)2.9%2.6%金融サービス(ネットバンキング、ネットトレーディングを含む)1.8%2.6%10.0%11.0%10.8%16.6%1.5%5.3%12.2%10.0%11.5%14.9%各種チケット(交通チケット、イベントチケット、ギフト券を含む)各種クーポン券(飲食サービス、旅行、ホテル等のクーポン券)その他12.2%12.4%4.0%5.3%11.2%16.7%11.2...

2014年12月12日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済見通し:2014年12月(全体版)

...変動の影響を受け易い品目)同(耐久消費財)同(その他)消費者物価(生鮮食品を除く総合)〈左目盛〉GDPギャップ〈右目盛〉386(%) 62見通し42420100-2-1-4-2-4公的在庫投資公共投資政府最終消費支出実質公的需要-6-8-210-10070809101112(資料)内閣府統計より三菱東京UFJ銀行経済調査室作成1314(年)1112131415-616 (年)(注)1. 『消費者物価』は、消費税率引き上げの直接的な影響を除くベース。2. 『為替変動の影響を受け易い品目』は、エネルギー、航空運賃、外国パック旅行...

2012年7月17日日本銀行フィードバック数:7社会/政治

金融経済月報(7月)

...パイレス連鎖指数をみても(図表 31(1))12、固定基準年指数の前年比と同様の動きとなっている。5月の前年比の内訳をみると、財(除く農水畜産物)については、食料工業製品が、4月にみられた前年の震災後の品薄による値上がりの反動という押し下げ要因が剥落したことから、マイナス幅を縮小させたものの、石油製品がプラス幅を縮小させたほか、耐久消費財が、テレビの前年比の小幅マイナス転化から13、マイナス幅を拡大させたことなどから、全体でも前年比マイナス幅が拡大した。一般サービスについても、外国パック旅行がプラス幅を縮小させたほか、家賃...

Weekly金融市場 2014年6月27日号

...税増税の影響もあって表面上は十数年来の上昇率となっている。5 月の企業向けサービス価格は前年比 3.6%、消費税増税を除くベースでは同 0.9%と 10 ヶ月連続の上昇。3.6%という前年比上昇率は 91 年 1 月以来の高さ。また、5 月の全国消費者物価(生鮮食品を除く)は同 3.4%と 12 ヶ月連続での上昇となった。消費税増税分が適用された公共料金の押上げ効果が出た一方で、食料、宿泊料、外国パック旅行では上昇幅が縮小し、上昇率を押下げる方向に働いた。なお、6 月中旬の東京都区部分(生鮮食品を除く)は前年比 2.8%と、5 月と変わらずだが、TV...

2013年12月27日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ欧州経済情報]2013年12月号

...コール・煙草・エネルギーを除く)が同+0.9%(10 月同+0.8%)に上昇したほか、エネルギー物価の下落幅が縮小した。もっともコア・インフレ率の変動に関しては、ドイツのパック旅行の上昇率が大幅に高まったことで殆ど説明可能である(10 月図表 11ユーロ圏個人消費動向(2010=100)後方3カ月平均99(千台)8508009875097700966509512/512/11新車販売台数(右)(資料)Eurostat、ECB13/560013/11小売数量指数図表 121.51.00.50.0▲ 0.5...

2014年9月16日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済見通し:2014年9月(全体版)

...者物価(生鮮食品を除く総合)〈左目盛〉GDPギャップ〈右目盛〉2見通し42420100-2-1-4-2-4公的在庫投資公共投資政府最終消費支出実質公的需要-6-8-10070809101112(資料)内閣府統計より三菱東京UFJ銀行経済調査室作成1314 (年)-2101112131415-616 (年)(注)1. 『消費者物価』は、消費税率引き上げの直接的な影響を除くベース。2. 『為替変動の影響を受け易い品目』は、エネルギー、航空運賃、外国パック旅行。3. 『GDPギャップ』は、実質GDPと潜...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ