調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > ビジネスユーザー

「ビジネスユーザー」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

ビデオ会議/Web会議/音声会議のビジネス利用実態調査

...番話題になっている事項を質問項目に追加するとともに、質問項目の大幅な見直しを行いました。対象者はこれまでの調査同様、ビデオ会議/Web会議/音声会議のビジネスユーザー540名と変わりません。ビジネス利用実態を把握するとともに時系列分析を行い、今後のビジネスユーザーが求めるキーワードや方向性を分析しました。 なお、本調査結果の詳細は、調査研究レポート『2013 ビデオ会議/Web会議/音声会議のビジネス利用実態調査』(価格:180,000円+消費税、2012年12月20日発刊)として販売しております。  調査結果のポイントは以下の通りです。 調査...

2016年7月31日J.D. Powerフィードバック数:0マーケティング

2016年日本インクジェットプリンター顧客満足度調査[ビジネスユーザー]

...このサイトはCookieを使用しています。サイトを引き続きご覧になる場合はCookieの使用を許可して下さい。詳しくは“Cookie ポリシー”をご覧下さいX ビジネス利用におけるインクジェットプリンターの満足度 キャノンが第1位 2016年日本インクジェットプリンター顧客満足度調査[ビジネスユーザー]スモールオフィス企業におけるインクジェットプリンター導入率は約4割 スモールオフィス企業におけるインクジェットプリンター導入率は約4割ラ...

2011年10月6日矢野経済研究所フィードバック数:4ビジネス

文具・事務用品市場に関する調査結果 2011

...各社もパーソナルユーザーを意識した商品開発に注力している。◆ ノート市場は引き続き拡大、利便性が再認識される動きも2010年度の国内ノート市場規模は、前年度比2.2%増の229億円と推計した。同市場は年々拡大しており、文具・事務用品全体市場が縮小する中で数少ない成長分野となっている。2007年以降、付加価値型商材やサイズバリエーションの多様化、斬新な商品の上市により新たな需要を喚起したことが寄与した。また近年ノートの利便性が再認識されてビジネスユーザーを中心にノート需要が顕在化しつつあるという見方もある。◆ 好調の油性・水性ボールペン市場、書き...

2014年3月23日OSA★フィードバック数:0ビジネス

Google Appsについての様々な統計のまとめです。

「Google Apps」についての知られざる40の統計

...では競争が激化していますが、BetterCloud BlogがGoogle Apps市場やユーザーの利用状況などの40の統計をまとめています。These 40 Stats Will Change the Way You Think About Google Apps | BetterCloud Blog ◆クラウド・オフィス市場1:2017年までビジネスでのクラウドオフィス市場は成長を続け、Google AppsとOffice 365の2強状態が続く。2:2013年初頭時点でクラウドオフィスを利用しているビジネスユーザーは5000万人。これ...

ビデオ会議/Web会議/音声会議のビジネス利用実態調査結果

...(*)となる今回の調査も、ユニファイドコミュニケーションのビジネスユーザー540名を対象に、利用実態、利用評価、対象拠点数、今後の改善点などの実態を調査し、過去6回の調査との比較を行い、今後のユーザーが求めるキーワードや方向性を分析しています。 なお、本調査結果の詳細は、調査研究レポート「2012 ビデオ会議/Web会議/音声会議のビジネス利用実態調査 〜ユニファイドコミュニケーションシステム(映像コミュニケーション)のビジネス用途継続調査〜」(価格:160,000円+消費税、2011年10月5日発...

2016年5月21日Nimble Storageフィードバック数:0企業情報システム

Mind the Gap:アプリケーションの遅延が企業の業績に与える影響

...ドウェアやソフトウェアの問題、ソフトウェア アップデートに必要な支援やパフォーマンスの手戻りなどがその多くを占めています。■調査報告書「:アプリケーションの遅延が企業の業績に与える影響」全回答者の約が、最善の業務成果を発揮できるか否かについては、利用アプリケーションのスピードが極めて大きな影響を及ぼすとしています。しかしプロフェッショナルは、このような問題が自社に与える影響の大きさに気付いていないように思われます。ビジネスユーザーの% 以上が、動作が遅すぎるため使用を避けているアプリケーションがあると回答している一方で、自社...

2014年9月4日Agodaフィードバック数:0大型消費/投資

ビジネス目的でホテルを予約する場合はホテルの口コミを気にしない ? 特に日本人に強い傾向が

...ミはそれほど重要ではないということが明らかになりました。ビジネス目的で宿泊施設を利用したユーザーに限って回答を見てみると、特に日本人のユーザーには口コミがそれほど影響を与えないようで、59%の日本人ビジネスユーザーが口コミを気にしないと回答し、最も高い結果となりました。続いてオーストラリア53%、香港52%、フランス57%、イギリス46%、シンガポール45%との結果でした。これに対してフィリピンのビジネスユーザーの80%はレビューが大きく影響すると回答しています。 予約前にチェックする宿泊施設の軒数に関しては、主要な旅行タイプ*の63%以上...

2013年6月18日MM総研フィードバック数:14企業情報システム

MM総研大賞2013

...くは今後の貢献が期待される製品・サービスを対象とする。【参考4】 評価方法◆クラウドソリューション部門個人消費者およびビジネスユーザーを対象としたインターネットアンケート(1,532件)、またノミネート企業に対するMM総研 研究員による取材活動等による評価を材料として、最終的には外部有識者からなる審査委員会の協議により、受賞企業を決定する。◆ものづくり優秀賞外部有識者を含む審査委員会が、“ものづくり”の分野で、「先進性」「革新性」などに優れ、今後のブロードバンド&ユビ...

ビデオ会議/Web会議/音声会議のビジネス利用実態と非導入企業の導入意向調査

...会議のビジネス利用実態調査を実施し、このほど、その結果をまとめました。ビデオ会議/Web 会議/音声会議のビジネス利用実態調査は、2004 年10 月からほぼ毎年行っています。過去8 回の調査(2004 年10 月、2005 年9 月、2007 年2 月、2008 年8 月、2009 年11 月、2010 年10 月、2011 年11 月、2012 年12 月)では、毎回、導入時期、利用頻度、満足度と、会議システムのタイプなどの集計分析を行ってきました。今回の調査では、ビデオ会議/Web会議/音声会議のいずれかを業務で利用しているビジネスユーザー...

テレビ会議/Web会議/音声会議のビジネス利用実態調査2010

...拠点での用途が多い状態でした。また自由回答ではセキュリティを気にするコメントが一番多くありました。 第5回目の調査もテレビ会議/Web会議/音声会議のビジネスユーザー515名を対象に、利用実態、利用評価、対象拠点数、今後の改善点などの実態を調査し、過去4回調査との比較を行い、今後のユーザーが求めるキーワードや方向性を分析することを目的としています。 プレスリリース本レポートはプレスリリースにも掲載されました。詳細は以下のページをご覧下さい。 目次調査概要 ※「テレビ会議/Web会議/音声会議」をま...

2017年3月11日IDC★フィードバック数:0ビジネス

国内企業PCのWindows 10への切り替え計画分析

...移行の主な阻害要因は、既存システムとの互換性である。しかし、まだ評価していない企業は約20%ある。企業では早めにWindows 10への移行計画を立てると同時に、評価を早く進め、そこでの問題点を把握しPCベンダーと解決していくことが必要である」と述べています。今回の発表はIDCが発行した「2017年 国内PC市場ビジネスユーザー動向分析調査:2020年のWindows 7の延長サポート終了に警鐘を鳴らす」(JPJ41849917)にその詳細が報告されています。(※詳細についてはへお問い合わせ下さい。)<参考資料>Q...

2014年6月30日MM総研フィードバック数:0デジタル家電

MM総研大賞2014

...となる可能性)などの項目を評価基準とする。 個人消費者およびビジネスユーザーを対象としたインターネットアンケート(1,500件)、またノミネート企業に対するMM総研 研究員による取材活動等による評価を材料として、最終的には外部有識者からなる審査委員会の協議により、受賞企業を決定する。◆話題賞「話題賞」は、ICT産業に大きなインパクトを与え、大きな話題を集めた製品・サービスを対象とする。13年度の話題性などに加え、今後のICT業界全体への影響度の大きさも評価基準とする。 個人消費者およびビジネスユーザー...

BtoBサイトランキング 2008

...日立建機となった。以下新キャタピラー三菱、コベルコ建機と続く。建材・住設機器の1位はTOTO(建築専門家向け)、2位は松下電工(照明・電気設備のEbox)となった。以下、松下電工(住まいの設備と建材)、INAX(ビジネスユーザー向け)、トステム(建築・設計関係の方へ)と続く。オフィス機器の1位はキヤノン(オフィス機器)となった。以下富士ゼロックス、セイコーエプソン、リコー、キヤノン(ソリューション)と続く。医療機器の1位はテルモ、2位は東芝メディカルシステムズとなった。以下GE横河メディカルシステム、富士...

2012年4月26日ICT総研★フィードバック数:1デジタル家電

タブレットの市場動向です。

2012年度 タブレット端末市場に関する需要動向調査

...トパフォーマンスの高さで今後も一定のシェアを獲得する見通しである。また、2012年秋に発売開始が予定されるWindows 8搭載タブレットは、マイクロソフト・オフィスを利用するビジネスユーザーの支持を集めそうだ。 ■ タブレット端末普及のためにはセキュリティ面での不安解消が必要 ICT総研では、タブレット端末利用者2,000人を対象に、タブレット端末の良い点・悪い点に関するアンケート調査を実施した。良い点としては、「画面が閲覧しやすい」、「サイズ・重さがちょうど良い」という項目に支持が集まっている。逆に悪い点としては、「セキュリティが安心」とい...

2014年5月28日ICT総研★フィードバック数:0デジタル家電

市場データです。

2014年度 タブレット端末市場に関する需要動向調査

...、Windowsタブレットを含むその他のタブレットは2013年度に77万台が出荷され、シェアは11%に増加した。Windowsタブレットは、ビジネスユーザーを中心に販売台数を伸ばしており、さらにシェアを伸ばしていくものと思われる。■ 2014年度の国内需要は890万台、2015年度に1,000万台を超える市場へ 2013年度の国内出荷台数は前年度比46%増の713万台となり、3年度連続で過去最高を記録した。今後も国内タブレット端末市場は引き続き成長を遂げる見通しで、2014年度に890万台、2015年度に1...

2015年5月25日ICT総研★フィードバック数:0ビジネス

市場データです。

2015年度 タブレット端末に関する市場動向調査

...レットを含むその他のタブレットは2014年度に113万台が出荷され、シェアは12%に増加した。Windowsタブレットは、ビジネスユーザーを中心に販売台数を伸ばしており、さらにシェアを伸ばしていくものと思われる。半期ごとの推移を見ると、2012年度上期(2012年4月~9月)に188万台だった市場が、その後301万台、315万台、398万台へと増加を続けている。2014年度下期は498万台を出荷し、半期で500万台突破も見えてきた。■ 世界のタブレット端末市場は2014年に2億2,611万台、成長率は鈍化傾向 世界...

2013年6月12日アイティメディアフィードバック数:3企業情報システム

社内のグループウェア、オンプレ・クラウドそれぞれ何%いた?

...のグループウェア、オンプレ・クラウドそれぞれ何%いた?」関連の情報を、チョイスしてお届けします ※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。 「BI」関連の製品 “かんたん、きれい、分かりやすい” 「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。 ビジネスユーザーから経営層、顧客やパートナーまで、あらゆる人が情報活用できるエンタープライズ型のBIプラットフォーム。クラ...

2017年2月7日Booking.comフィードバック数:0大型消費/投資

ビジネス旅行者の出張に関する調査

...ネスマンが旅程を自由に計画・予約し、自ら管理できるようにする必要もあるでしょう。そうすれば、ビジネスマンの満足度もあがり、その結果、社外から才能ある人材を引き入れることができるようになります。」ⅰ2015年11月〜2016年11月の間のビジネスユーザーによる予約から、前年比成長率が最も高い目的地を抽出したデータです。ⅱ到着ゲートから空港出口までの移動時間は平均時間です。実際の所要時間は到着ゲート、国際線/国内線、到着時間帯など諸条件により異なる場合があります。デー...

2013年4月24日アイティメディアフィードバック数:1モバイル

業務用で導入するなら…ガラケーかスマートフォン、どちら?

...最新のグループウェアサービスと最新のデスクトップアプリケーション(Microsoft Office)をセットで利用できる法人向けクラウドサービス。 2020年に760億ドルのアナリティクス市場で成功するカギは「最新CPU」の活用 ビジネスユーザーから経営層、顧客やパートナーまで、あらゆる人が情報活用できるエンタープライズ型のBIプラットフォーム。クラウド環境でのスピーディな利用開始も可能。 「BI」関連の特集今のことだけを考えて製品導入…数年後に大後悔…なんてことにならないように、導入前の製品選択ポイントを…CRM第2弾は成否の鍵を握る分析機能「アナリティカルCRM...

2017年3月6日CISCOフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Cisco Visual Networking Index? Global Mobile Data Traffic Forecast 2016 - 2021

...フィックの1.5%を5G接続が占めるようになり、平均的な4G接続の4.7倍、平均的な3G接続の10.7倍のトラフィックが5G接続によって生成されるようになると予想しています。シスコ、サービスプロバイダー向けマーケティング担当バイスプレジデント、ダグ・ウェブスター(Doug Webster)は次のように述べています。「IoTやライブモバイルビデオ、拡張現実(AR)と仮想現実(VR)アプリケーションの増加に加えて、コンシューマーもビジネスユーザーも同様に一層革新的なエクスペリエンスを求めるようになり、5G技術...

2014年4月16日アイティメディアフィードバック数:0企業情報システム

迫る「Windows Server 2003」サポート終了…移行先はどちら?

...グデータ/迫る「Windows Server 2003」サポート終了…移行先はどちら?」関連の情報を、チョイスしてお届けします ※キーマンズネット内の「ビッグデータ」関連情報をランダムに表示しています。 「ビッグデータ」関連の製品 「Oracle Cloud」を徹底解説――PaaSとIaaSはどう使い分ける? 大手クラウドサービスが自社開発するクラウドの技術をパッケージソフトウェアとして製品化。容量制限のないクラウド型のストレージシステムを自社内に構築・運用できる。 ビジネスユーザーから経営層、顧客...

2013年12月19日イメーションフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ビジネスパーソンのデータ保管に関する行動実態についてアンケート調査

...タを失った時の体験コメントも転載しています。実感が伝わるものばかりですので、ぜひご一読ください。 ■「IT機器の使用およびデータ保管などについてのアンケート」調査結果(抜粋)●調査概要:調査期間:2013年11月25日〜12月1日調査対象:20代以上のIT系展示会来場者およびイメーションビジネスユーザーDB回答総数:513名調査方法:インターネット調査調査会社:株式会社ビッグビート 協力:イメーション株式会社●回答者属性主な回答者は30〜50代のビジネスパーソンで、約半数以上がIT系企業やIT系部門に所属し従事している。また、回答...

2014年12月4日NetSuiteフィードバック数:0企業情報システム

日本国内79%のビジネスユーザーがクラウド導入後に市場における競争優位性を実感

...本件に関する問い合わせ先:ネットスイート株式会社 広報担当 日本国内79%のビジネスユーザーがクラウド導入後に市場における競争優位性を実感~今後の日本市場で勝ち残るための対応策~クラウドベースのERPスイートとオムニチャネルコマースを提供するNetSuite Inc.の日本法人であるネットスイート株式会社(本社:東京都港区、アジアパシフィック&日本地区統括責任者:マーク・トラセル、以下、ネットスイート)は、日本企業が直面している業界の変化の程度と、その...

2015年2月11日シスコシステムズ★フィードバック数:0モバイル

シスコによるモバイルトラフィックについてのレポートです。

Cisco Visual Networking Index Mobile Forecast

...ブスター(Doug Webster)「ますます強力になったモバイルデバイスやマシン ツー マシン(M2M)の新たなアプリケーションが幅広く普及し、高速化するセルラーネットワークへのアクセスが一層広範囲に広がっていることと合わせてモバイル トラフィックを大幅に拡大させる大きな要因となっています。こうしたモバイル中心の環境によって、サービスプロバイダーにはこれまでとは異なる課題やビジネスチャンスがもたらされ、Internet of Everything (IoE)の実現が進むにつれて一般ユーザーやビジネスユーザー...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ