「ビジネス現場」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年8月15日アイティメディアフィードバック数:0デジタル家電

2014年上半期に注目した「便利な周辺機器」

...のマニア層向けといった趣が強かったScanSnapシリーズとは打って変わり、家庭のインテリアとしても違和感のないデザインを採用し、日々の暮らしの中でスキャンが生活を豊かにしてくれるというイメージを強く打ち出した「SnapLite」。その柔軟な発想と着眼点、ドキュメントスキャンを身近なものに変えた点を評価してシルバー賞に選んだ。周辺機器部門「ブロンズ」──HP Officejet Pro X576dw(日本ヒューレット・パッカード)発売当時は世界最速の印字速度を誇った「HP Officejet Pro X576dw」。ギネス認定もされた  ビジネス現場...

2011年5月31日アイティメディア★フィードバック数:7企業情報システム

キーマンズがBIについての調査結果を発表しました。

BIツールの導入状況

...は大企業では既に導入されているからという理由だけでなく、SaaS型のBI製品やオープンソースのBIツールなど、中堅・中小企業でも導入しやすいBIツールが増えてきているというのも大きな理由のひとつと考えられる。次に、BIツールを「導入済み」「導入予定」と回答した人に「主な利用者」を尋ねたところ、図1-2のような結果となった。「導入済み」の1位は「各部門の社員・スタッフ」で45.3%、2位は「企画部門などのビジネス分析を行う専門スタッフ」で30.2%、3位は「部長、課長などのビジネス現場のマネジメント」で18.7%、4位は「役員、執行役員、本部...

2013年11月22日野村総合研究所フィードバック数:0企業情報システム

「データ分析のビジネス活用」をテーマとする2018年度までのITロードマップ

...ネス上の成果につなげるまでの道筋が明確にはなっていません。その中で、一部の企業の個別プロジェクトで成功事例が現れ始め、同時に、日本企業に必要なのは「日本型データサイエンティスト」であることが理解され始めます。「日本型データサイエンティスト」は、一般的なデータサイエンティストのように、「高度なデータ分析力を持った専門家」というだけではなく、ビジネス現場での「課題解決に向けた仮説」を立て、それを「データ分析で検証」し、「事業部門に実行を働きかけ」ていく、現場力を持った存在です。これは、トップダウンではなく、ボト...

2014年2月5日MM総研フィードバック数:0ビジネス

Web統合電話帳アプリケーション市場の概況

...ル、チャット、グループウェア、Web会議など、様々なコミュニケーションツールが登場し、企業のビジネス活動を支えている。その一方で、ビジネス現場でいかにこれらを上手く活用し、生産性向上や業務効率化、ワークスタイルの変革を図っていくかが企業にとっての大きな課題となっている。こうした環境の中で、各種コミュニケーションツールの統合・連携を実現する「Web統合電話帳アプリケーション」(※)に注目が集まっている。MM総研(東京都港区 代表取締役所長:中島洋)では2月5日、主要...

2016年12月22日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2017年 国内IT市場の主要10項目

...の動向に対して、2016年は、ITサプライヤー側でも実証実験やプロトタイプシステムによって、実ビジネス現場でどのようにAIが利用できるかを検証し、効果の可視化を行ってきた。2017年は、2016年の実証実験/プロトタイプのフェーズから、実ビジネスへの適用が始まり、有償かつ効果が可視化されたシステムへの移行期になるとIDCでは予測しているなかでも、コグニティブ/AIシステムは、検索系と検知系のビジネスソリューションから活用が始まるとIDCでは予測する。検索系では、医療分野での医師の診断サポート、弁護...

2014年3月30日経済産業省フィードバック数:0マーケティング

平成24年度我が国情報経済社会における基盤整備(電子商取引に関する市場調査)

...場規模及び電子商取引化率を業種別(平成 17 年度の市場調査以前は品目別)に推計してきた(図表 2.1-1)。市場調査による調査研究の成果は、「電子商取引レポート」や経済産業省ホームページ上で広く国民に公開され、我が国 IT 利活用の進捗に関する指標として用いられてきた。この他に、あらゆる業種のビジネス現場において活用され、我が国の EC 発展、IT 利活用の進展に大きく寄与してきたといえる。また、調査開始当初は、国内 BtoB-EC、国内 BtoC-EC の市場動向の把握及び市場規模の推計が市場調査の主な焦点であったが、我が...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ