「ビール市場」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2016年4月9日エコンテフィードバック数:0ライフスタイル

ノンアルコールビールに対する意識調査

...4人に1人が賛成!オフィスでノンアルコールビールを飲むのはあり?なし? ~ノンアルコールビールに対する意識調査~ 2015年、ビールの出荷量が19年ぶりに増加し、2016年夏に向けてビール市場のさらなる活性化に期待が高まっています。そんな中、CMでもよく見るようになった「ノンアルコールビール」。ビールを飲んでいる気分になれてちょっとリラックスできる♪なんて謳われていますが、オフィスで飲むのは、あり?なし?一般社員から取締役まで幅広いビジネスパーソン400名に聞いてみました。調査...

2017年10月23日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

第8回 地ビールメーカー動向調査

...行の酒類安売り規制でビール系飲料の小売価格が大幅に上昇したことが出荷減につながった。地ビールメーカー各社はイベントでの自社販売を軸にスーパー、コンビニへの拡販のほか、都市部でもビアパブなどへの出荷を増やしている。一方、大手ビールメーカー各社も地ビール、クラフトビールメーカーと資本や業務の提携を加速させ、市場参入を進め、独自に地ビール、クラフトビールの製造販売に乗り出す動きを見せている。大手から地域限定まで地ビール・クラフトビール市場は活況をみせるが、ブームの定着には次の一手となる販売企画・商品開発など新たな経営戦略が求められている。本調査は、2017年9月1日~15日に...

2015年3月17日帝国データバンクフィードバック数:0ライフスタイル

“地場系”ウイスキー&ビール&ワイン実態調査

...は小さいながらも近年、世界的な知名度を誇る企業も登場してきている ビール市場はアサヒビール、キリンビール、サントリー、サッポロの大手4社が市場の99%を占めているが、地ビールメーカーによるクラフトビールも一定の市場を形成、増勢傾向にある ワイン市場はこの20年で完全に定着、輸入、国産とも伸びており、地場系ワインメーカーも100社超と裾野が広い。酒税法上、優遇されていることも普及の一因詳細はPDFをご確認くださいお問合せ先株式会社帝国データバンク 情報部TEL:03-5919-9341 FAX:03-5919-9348...

2013年3月15日酒文化研究所フィードバック数:4ライフスタイル

酒飲みの酒飲みによる酒飲みのためのマンスリーアンケート調査 3月

...」をお届けします。2012年は日本国内でビール類(ビール・発泡酒・新ジャンル合計)は555万KL飲まれていました。飲用場面別にみると家庭用が3/4を占め、飲食店など業務用が1/4になっています。ジャンル別にみるとビールと発泡酒・新ジャンルがちょうど半分ずつとなっています。さらにその中でビールをみると、家庭用と業務用とでやはり半分ずつになっています(ビール市場組合動向レポートより)。 今回は、ビールの中でも自分で好みの銘柄を選ぶことができる、家庭でのビールの飲用についてモニター(※1)にア...

2014年10月28日トレンダーズフィードバック数:0ライフスタイル

ノンアルコールビールテイスト飲料に関する調査

...アルコールビールテイスト飲料にフォーカス。主要4ブランドの原料や機能性を比較した上で、アンケート調査を通じて、ノンアルコールビールテイスト飲料がどのように選ばれているかを調べました。 ■ 1. 麦芽or大豆、カロリー、糖質、プリン体、… 各ブランドの違いとは!?2009年におけるアルコール度数0.00%の製品の登場以来、急速に拡大してきたノンアルコールビール市場。“健康意識の高まり”も追い風となり、運転前や休肝日などの特定のニーズにとどまることなく、幅広く飲用されるようになりました。株式会社KSP-SPの「KSP-POS」(※)によ...

2014年10月27日東京商工リサーチ★フィードバック数:0ライフスタイル

TSRの調査です。

第5回 地ビールメーカー動向調査

...が認めるビール」として増産体制を整え、欧米や新興国に輸出を増やすメーカーもある。今後、輸出の増加・強化を検討する地ビールメーカーはあるが、輸出割合がまだ低調にとどまっている。ビール本場のドイツやアメリカなど海外の地ビール市場は、歴史も古く地ビールがすでに認知され、日本を超える市場を形成している。国内の地ビールメーカーは資本力に乏しく、新規参入が難しい市場という事情もある。それだけに小規模の生産設備で国内需要を賄うのが精一杯で、生産能力的に輸出に踏み切れないことも背景にあるようだ。今後の懸念 「原材料の高騰」が2...

2009年2月9日アイシェアフィードバック数:0ライフスタイル

“第三、第四のビール”魅力を感じるキーワードは「カロリーオフ」~「低価格」生み出すメーカーの開発姿勢を評価

...“第三、第四のビール”魅力を感じるキーワードは「カロリーオフ」 発泡酒・新ジャンルに関する意識調査 “第三、第四のビール”魅力を感じるキーワードは「カロリーオフ」~「低価格」生み出すメーカーの開発姿勢を評価1990年代に「発泡酒」が登場してビール市場を激変させて以来、原料を麦芽以外とする「第三のビール」、発泡酒に別のアルコール飲料を混ぜたリキュール型の「第四のビール」が続々登場。店頭のビールコーナーにさまざまな製品が並ぶようになったが、実際のところ、消費者は「新ジャンル」のど...

2010年8月17日キリンビールフィードバック数:0ライフスタイル

2009年世界主要国のビール生産量

...,100万klとなりました。東京ドームをジョッキに見立てると、約146杯分 (東京ドーム1杯分は約124万kl) に相当します。世界のビール総生産量は、1985年以降25年連続で増加を続けていることになります。対前年増加率は0.4%増で、1974年の調査開始以来、1984年、1983年に続いて3番目に低い増加率となりました。世界的な不況がビール市場にも影響していると考えられます。1.地域別生産量 (表1) 地域別では、ヨーロッパと北米を除く全ての地域で、対前年で増加しました。ヨーロッパ(前年比5.1...

クラフトビールに関する意識調査

...フトビール飲用者の今後の飲用意向は60.8%と6割を超えた。クラフトビールを認知し飲用経験がある人はクラフトビールの飲用継続率が高いといえる。★これらの結果から今後も販売・飲用できる場所を拡大し飲用機会を創出することで、クラフトビールを継続的に飲用する人の増加が見込める。クラフトビール市場拡大に期待ができる結果となった。<調査結果> (1)クラフトビールを「頻繁に見聞きしたことがある」「まあまあ見聞きしたことがある」人は42.9%と4割強。クラフトビールを1994年以降に設立された小規模なビール会社が製造販売するビールと示し、回答...

2016年10月5日東京商工リサーチフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

第7回 地ビールメーカー動向調査

...フトビールの製造・販売に乗り出す動きもあり、新たなビール市場は熱を帯びている。こうした地ビール、クラフトビールのブームが定着するには、地ビールメーカーは大手に負けない市場拡大や商品開発など新たな経営努力を求められている。本調査は、2016年9月1日~15日まで全国の主な地ビールメーカー217社を対象にアンケート調査を実施、分析した。出荷量は、2016年1-8月の出荷量が判明した80社(有効回答率36.8%)を有効回答とした。その他の項目は、回答が得られた83社(有効回答率38.2%)を有効回答とした。本調...

2015年9月1日LifeHackリサーチフィードバック数:0ライフスタイル

ビール業界の変化に伴う生活意識調査

...ル類の国内総出荷量は10年連続で減少、多くのブランドが販売数を落とす時代とともに、ビール市場の環境や人気ブランドは変化しています。ビール類の国内総出荷量は、この10年間、第三のビールの登場はあったものの、毎年減少しています。各社ビールの主要ブランド別に見ても、多くのブランドの販売量が減少しました。少子高齢化による国内市場の縮小や、若者のビール離れなどが影響したものと思われます。一方、高級路線のビールが人気を集めたり、個性的な味わいのクラフトビールが台頭したりするなど、生活者の好みには変化がみられます。●幅広...

2014年7月15日リスキーブランド★フィードバック数:0ライフスタイル

お酒についての調査です。

[生活者分析]アルコール市場の動向

...ンはかつてはリッチ層の飲み物だったが、今ではそうではなくなってきた」ということを示しており、良質なワインの低価格化の進行がワインの大衆化を促したと考えられます。ワインの大衆化はビール市場にも影響を与えるでしょう。「とりあえずビール」という呼び方に代表されるようにビールは大衆のアルコールの代名詞ともいえましたが、ワインの大衆化が進むと、「とりあえずビール」とはいかなくなることが予想されます。さらに、ワインの大衆化は、大袈裟に言えば、低価格を切り口にした様々な業界にも影響を与えます。ワインは「選ぶ」ことが基本です。もし、安くても「(良質...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ