調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > フィッシングメール

「フィッシングメール」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2015年3月3日エムオーテックス★フィードバック数:0ビジネス

Webメールの利用についての調査です。

Webメールサービスの利用実態

...ルチェック漏れ”に要注意!◆TOPICS-4◆悪質なメールの受信による被害増大。6割以上がフィッシングメールや標的型攻撃メールの受信経験アリ!詳しいレポートは「NO MORE情報漏えい対策」サイトへ>> お問い合わせエムオーテックス株式会社企画広報部 企画広報課TEL :03-5460-1373FAX :03-5460-0776E-mail :press@motex.co.jpエムオーテックスPR事務局(株式会社イニシャル内) 担当:山下...

2013年11月15日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2013年8月のスパムレポート:スパマー達も夏季休暇?

...、フィッシングメールの割合は7 月の 10 倍にまで増大し、悪質な添付ファイルを含むスパムの割合も 2.5 倍に増えて、すべてのメールトラフィックの 5.6% となりました。夏休みの盛り上がりに向けて、詐欺師たちは飛行機やホテルの架空の予約を報告する、偽のメッセージを大量に送信し続けました。このような偽メールには有名企業の名前も使われており、Booking.com やデルタ航空などは常に名前を悪用されています。8 月にも Kaspersky Lab は、一見...

2012年2月7日イードフィードバック数:15セキュリティ/ネットワーク

法人向けセキュリティ顧客満足度調査

...でセキュリティ製品およびサービスの顧客満足度調査結果を発表しました。 個人情報や企業秘密の漏洩は、コンピュータウイルスやスパイウェアといった不正プログラムや、フィッシングメールによる不正サイトへの誘導などさまざまな原因で発生します。こうした被害から企業を守るというニーズは極めて高く、情報セキュリティに関する製品やサービスへの注目が集まっています。こうした状況を受け、ネットセキュリティ総合研究所と株式会社イードは、勤務先でITセキュリティの運用または選定に関わっている人を対象に、セキュリティ製品・サービスの満足度についてのオンラインアンケートを実施いたしました。主な...

2013年12月11日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2013年第3四半期のスパム:ユーザーのデータを標的とする悪質なスパムが急増

...本リリースは、2013年 11 月 7 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。すべてのメールトラフィックにおけるスパムの割合は、前四半期(Q2)から 2.4 ポイント減少し、68.3% となりました。一方で、悪質なスパムの割合は、1.5 倍以上に増えています。また、E メールにより拡散されるマルウェアの大半が、ユーザーのログイン情報やパスワード、金融情報を狙うものでした。2013 年 Q3 には、フィッシングメールの割合が前期比で 3 倍に増加しました。E メー...

2011年6月6日マカフィーフィードバック数:32セキュリティ/ネットワーク

世界で最もゾンビの多い国ランキング2011

...ムメールの送信元であるボットネットを突き止めるのは困難ですが、一部のボットネットではメールの内容に特定の傾向が見られます。第1位のMaazbenは高級腕時計や偽物の医薬品を宣伝するスパムメール、第2位のBobaxは出会い系やロシア人とのデートについてのスパムメール、第3位のCutwailは腕時計や医薬品の偽物を宣伝するスパムメールや、返信したユーザーから個人情報を盗み取るフィッシングメールを多く送信しています。感染したPCには、いくつかの共通した症状が現れます。以下の症状が自分のPCに現われていないか、チェックして下さい。ゾンビの主な特徴PCの動...

2013年7月18日Sofosフィードバック数:1セキュリティ/ネットワーク

スパム送信国ワースト12

...まではスパム配信量のみで評価していた場合にはランキングしていなかった、ルクセンブルグやシンガポールなどがランクインする結果になりました。しかし、シンガポールでスパムに関連するサイバー犯罪が多発しているわけではありません。スパム配信国ワースト 12 は、スパムの配信に利用されたコンピュータを国別に統計を取ったものであり、スパマーが存在する国を特定しているわけでありません。最近の多くのスパムは攻撃元から直接ではなく、間接的に配信されるようになっており、次に記述するような悪意のある行為を目的とする場合には、その傾向が特に強くなります。フィッシングメール: 銀行や Web...

2010年7月26日総務省フィードバック数:16セキュリティ/ネットワーク

送信ドメイン認証技術の導入状況についての調査結果

...手がだれであるかを確認する手段が備わっていなかったことにより、第三者のメールアドレスを悪用した匿名での迷惑メールの送信行為や、実在するメールアドレスをかたったフィッシングメールなどの犯罪行為が行われています。総務省では、なりすましメールを防止し、迷惑メールへの技術的対策としても有効な「送信ドメイン認証技術」の導入を推進しています。今回、送信ドメイン認証技術の導入状況を定量的に把握することと、今後の円滑な普及に資することを目的として、調査を実施し、その結果について取りまとめましたので公表します。電子...

2015年1月9日ジャパンネット銀行★フィードバック数:0大型消費/投資

ジャパンネット銀行による調査です。

第2回インターネットバンキングに関する意識調査

...が経験ありとの結果でした。2012年の回答19.4%と比べ、2年間で2倍以上増加しています。インターネットバンキングに関わる被害や危険に遭った経験はありますか?/〔単数回答〕有効回答数:2012年(個人)5,896名、2014年(個人)3,939名、2014年(法人)425社 個人について被害・危険の内訳をみると、2014年には預金の不正出金2.1%や個人情報・口座情報の流出15.8%といった実際の被害から、フィッシングメールの受信25.5%やスパイウェアへの感染15.4%など被害の前段階である危険への経験まで、全項...

2012年7月4日IPAフィードバック数:39セキュリティ/ネットワーク

コンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況[6月分および上半期]

...ンターネット上に設置して、そこに誘導した利用者にIDとパスワードを入力させる手口です。概ね以下の流れで攻撃が行われます。【1】攻撃者がフィッシングサイトを設置攻撃者が、正規のウェブサービスや金融機関など実在する会社を装ったフィッシングサイトを設置します。【2】攻撃者が偽メールを送信攻撃者が、正規のウェブサービスや金融機関など実在する会社を装った偽メール(フィッシングメール)を送信します。メールの本文には、【1】のフィッシングサイトへのリンクが記されています。【3】利用者がメール本文中のリンクをクリックメール受信者が、その...

マルウェアランキング 2014年11月(日本のランキング)

...グ記事「サイバースパイグループ「Sednit」、エアギャップネットワークを攻撃」をご覧ください。私たちは、「G20サミットでチベット人活動家を狙う攻撃が発生か?」と題したブログ記事で、2014年のブリスベンG20サミットにおいてチベットのNGOを標的とする脅威が確認されると予測しました。結果的に、リモートアクセス型トロイの木馬(RAT)である「Win32/Farfli」が発見され、この予測の正確性が証明されました。攻撃者は、スピアフィッシングメールをターゲットに送りつけ、感染...

マルウェアランキング 2013年12月(日本のランキング)

...グラフからもわかるとおり、今月になって感染率が急上昇しています。ユーザーは、最新バージョンへのアップデートやセキュリティパッチの適用を必ず行って、使用中のソフトウェアを常に最新の状態にする必要があります。詳細については、次のURLをご覧ください。 ESETの研究者が今月公開した、記事は次のとおりです。「Cryptolocker 2.0」は新バージョンか?従来版と比較分析 アンチウイルスの終焉:カンファレンス用論文 オランダを中心に猛威を振るう銀行標的型トロイの木馬「Qadars」 続・フィッシングメール...

2017年7月13日エフセキュアフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

なりすましメールの被害に遭ったトップ企業リスト (2017年上半期)

...に注文して配信されるのを待っているということが保証されているのです。これでは、セキュリティ意識向上の訓練を重ねるより、セレンディピティ(偶然に発見する能力)を鍛える方が早いかもしれません。」とショーン・サリバンは述べています。なりすましの電子メールは、添付ファイルとしてマルウェアを送り込んだり、バンキング型トロイの木馬やキーロガーなどの他の種類のランサムウェアを送り込んだりする可能性があります。それらのメールには、正規の製品を販売するかのごとく記載されているかもしれませんが、実際にはクレジットカードの詳細情報やその他の個人情報を収集することを目論んでいます。アカウントの認証情報を盗むように作成されたフィッシングメール...

セキュリティにフォーカスした調査です。

インターネットバンキングに関する意識調査

...ターネットバンキングに関するお客さまのセキュリティ面での不安や意識の高さが明らかになりました。ジャパンネット銀行は、お客さまへ安心してインターネットバンキングを行っていただけるようセキュリティ対策にこだわり続け、インターネットバンキングに関わる犯罪被害が増加する中、2006年より同犯罪による被害件数0件を維持しています。 インターネットバンキングに関わる被害にあったことがあるか尋ねると、預金の不正出金0.9%や口座情報・個人情報の流出4.9%といった実際の被害、フィッシングメールの受信9.3%やスパイウェアへの感染6.4%など、被害の前段階である危険を合わせ、19.4%の人...

2015年10月19日マカフィー★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

データ窃盗犯の最も一般的な攻撃方法が調査によって明らかに

...に対する防御は大幅に向上していますが、DDoSフラッド攻撃の開始を特定するには、通常のボリュームおよびパターンを確実に理解する必要があり、不正なパケットの性質を理解するには、ディープパケットおよびSSLインスペクションが必要で、インターネットリソースからそれらの不正なパケットを遠ざけるには強力なフィルタリングが必要です。窃盗者が実際に内部に侵入するために、お客様の防御の最大の弱点としてユーザーに焦点を当てていることには変わりありません。それがフィッシングメール、ソーシャルエンジニアリング、または不正アクセスであるかどうかを問わず、昨年1...

2015年2月のマルウェアランキング

...バーを制圧しました。Ramnitボットネットは、フィッシングメールやソーシャルネットワークに投稿された無害のリンクを介してマルウェアを拡散させるために使用されており、サイバー犯罪者がWindowsオペレーティングシステムを実行しているユーザーの銀行口座にアクセスできるようになっていました。引き続き、オンライン上では安全な行動を心掛けてください。 このトロイの木馬は、インターネットから別のマルウェアをダウンロードしようとします。 このトロイの木馬は、インターネットから別のマルウェアをダウンロードしようとします。 この...

2015年6月10日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2015年第1四半期の脅威レポート

...状態にファイルを復号化するために身代金を要求するランサムウェア型トロイの木馬McAfee Labsでは、組織と個人に対して、インテル セキュリティフィッシングクイズ(英語)などのツールを活用して、フィッシングメールの見分け方を学ぶことが重要であると提案しています。また、第1四半期には、Adobe Flashを標的としたマルウェアの新しいサンプル数が317%増加しました。McAfee Labsでは、この急激な増加のいくつかの要因として、Adobe Flashの人気の高さ、ユーザーによるAdobe Flashパッチ適用の遅れ、Adobe Flashの脆...

2015年9月29日MMDLaboフィードバック数:0大型消費/投資

お金の管理およびインターネットバンキングに関する調査

...て、被害に遭ったことがあると回答した人(N=54)に被害に遭った内容(複数回答)を聞いたところ、「フィッシングメールの受信」「個人情報、口座情報の流出」が38.9%、「スパイウェアへの感染」が37.0%となった。■ インターネットバンキングを利用するにあたり実施しているセキュリティ対策は「毎回ログアウトしている」「怪しいメールに注意する」「パスワードをWEB上で保存しない」インターネットバンキングを現在利用している人(N=515)を対象に、インターネットバンキングを利用するにあたり、実施...

2016年8月18日フォーティネットフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

脅威となるサイバーアクティビティがブラジルで増加を見せ、今後数週間は特に警戒するようFortiGuard Labsが注意喚起

...見られていた脅威や攻撃ベクトルが再び利用されるようになっており、Confickerやランサムウェアなどの昔からあるものが、新たな亜種を介して今もなお活動を続けていることがわかっています。フォーティネットのテレメトリデータと研究では、配布に用いられる最も一般的な手口はフィッシングメールと不正なウェブサイトとなっています。高度な脅威テクニック - 「Behavior Blending」: この3か月、アタッカーが侵害したシステム内にとどまりやすくする巧妙な手口が増加しています。Behavior Blendingは犯罪者たちが、侵害...

2016年6月23日エフセキュア★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

「脅威レポート」: マルウェア、THE DUKES、システムはどのようにして侵害されるか

...ターゲットとなる受取人の気を引くような内容のドキュメントファイルが添付されている。この場合、添付ファイルの内容は、真の目的から注意をそらし、誤解を導くために作ったおとりである。ドキュメントの真の目的は、ターゲットのシステム上で悪意のあるコードを実行させることにある。スピアフィッシングメールを用いる攻撃者は、一定のターゲットを頭に思い浮かべている。ターゲットの趣味や仕事など、よりターゲットの気を引きやすい事柄に合わせた内容のファイルを作りやすいからである。これがソーシャルエンジニアリングの鍵であり、攻撃者はターゲットがそれらにぴたりとはまることを狙っている。デジ...

2014年5月2日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度次世代電力システムに関する電力保安調査 報告書

...遠心分離機がすべて停止スマートメーター米国2009年電力消費量記録の改竄インターネット上で調達可能なソフトウェアによるハッキング業務システム米国2009年重要データの社外漏洩 / 需給予測システムへの攻撃(未遂)アクセス権限抹消に要するタイムラグを不正に利用されたSCADAシステム米国2007年SCADAシステムにアクセス可能なPCのアクフィッシングメール+Windows DNSの脆弱性セス権限が不正に取得された。系統監視制御システム(アリゾナ州)米国2007年SCADAシステムのベンダがアプリケーション141の分配回路ブレーカーが開き、98...

2014年1月23日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

コンピュータウイルス・不正アクセス届出状況および相談受付状況[2013年年間]

...レスによる接続制限などによりウェブサイトを更新できる場所を限定するウイルス感染を防止するためウェブサイト更新専用パソコンの導入を検討するOS、各種プログラム(Java、Flash Player、Adode Reader)のアップデートを行い、パソコンの脆弱性を解消するセキュリティソフトを使用するウェブ改ざんに関する届出以外には、なりすましによってメールアカウントを不正使用され、スパムメールを送信する踏み台として悪用されたという届出の件数が目立ちました(2-4「届出種別」参照)。メールアカウント不正使用の原因の多くは不明ですが、原因が特定できたものとしては、ウェブメールの管理者を装ったフィッシングメール...

2017年の日本のサイバーセキュリティ予測

...世代セキュリティプラットフォームはこの攻撃に対するプロテクションを自動で作成、配布、適用を行いました。 どうやって攻撃されるのか: WwanaCrypt0rはリンクもしくはPDFドキュメントを添付したフィッシングメールによる攻撃が始まります。フィッシング攻撃の成功により WanaCrypt0r ランサムウェアはターゲットシステムに感染し、次にSMBプロトコル経由でMicrosoft Windows システムにある EternalBlue 脆弱性 (CVE-2017-0144)を悪用して広範囲に感染を広めようとして攻撃します。この脆弱性は Microsoft により MS17...

2014年7月25日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

コンピュータウイルス・不正アクセス届出状況および相談受付状況[2014年第2四半期(4月~6月)]

...のメールアカウントが不正ログインに遭った後、パスワードを変更したことにより、銀行になりすましたメールを勝手に送信される事象は収まりました。これで問題が解決したように思われますが、まだ対策が不足しています。 もしパソコンのウイルス感染が原因でパスワードを窃取されてしまった場合、パスワードを変更しても、パソコン内のウイルスによって変更後のパスワードが再度窃取されて、メールアカウントに再度不正ログインされる恐れがあります。そのためパソコン内のウイルスチェックをする必要があります。 フリーメールのアドレスに不正ログインされて、銀行を騙ったフィッシングメール...

2014年4月25日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

コンピュータウイルス・不正アクセス届出状況および相談受付状況[2014年第1四半期(1月~3月)]

...十倍のパケット量のNTPレスポンス(*10)を返してしまうため、DoS攻撃を行う際の攻撃の増幅器として悪用されてしまいました。また、前四半期と同様に『なりすまし』の件数が多い状況が続いています。具体的な被害内容は、大部分がメールアカウントのなりすましによる大量のスパムメール送信の被害でした。なりすましに遭った実際の原因の大半は不明ですが、原因が特定できたものについては、前四半期から引き続き発生しているActive! Mailの管理者を装ったフィッシングメールを用いてフィッシングサイトに誘導し、IDやパ...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ