「フィルム市場」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年9月23日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

光学用PETフィルム市場に関する調査結果 2014

...2014年09月22日 光学用PETフィルム市場に関する調査結果 2014 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内外の光学用PETフィルム市場の調査を実施した。1.調査期間:2014年4月~7月2.調査対象:PETフィルムメーカー、プロテクトフィルムメーカー、リリースフィルムメーカー、透明導電性フィルムメーカー、ハードコートフィルムメーカー等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談<光学用PETフィルム市場とは>本調査における光学用PETフィルム市場とは、光学用途(部材用、副資...

2014年2月4日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

ハイバリアフィルム市場に関する調査結果 2013

...2014年02月04日 ハイバリアフィルム市場に関する調査結果 2013 ~フレキシブルデバイス基板材料として、期待高まる~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のハイバリアフィルム市場の調査を実施した。1.調査期間:2013年10月~12月2.調査対象:ハイバリアフィルムメーカー3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mail によるヒアリング、ならびに文献調査併用<ハイバリアフィルムとは>本調査におけるハイバリアフィルムとは、水蒸気透過率10-3g/㎡/day以下...

2015年8月31日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

工業用PETフィルム市場に関する調査結果 2015

...2015年08月31日 工業用PETフィルム市場に関する調査結果 2015 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内外のPETフィルム市場の調査を実施した。1.調査期間:2015年5月~7月2.調査対象:PETフィルムメーカー、プロテクトフィルムメーカー、リリースフィルムメーカー等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談<工業用PETフィルム市場とは>本調査における工業用PETフィルム市場とは、光学用(光学部材及び副資材用)、一般産業用で使われるPETフィルムを対象とし、国内...

2018年6月4日矢野経済研究所フィードバック数:0社会/政治

偏光板・部材フィルム世界市場に関する調査

...料の補完材としてPETフィルムやPMMAフィルムを組み合わせた新規の偏光板構造も採用が本格化している。また、VA方式TV向け位相差フィルム市場では多様化する偏光板構造に伴いTAC系、COP系フィルムの出荷動向が変動している。大型IPS方式の位相差フィルム市場では、TAC系ゼロ位相差フィルムが主流であったが、2015年よりLGD(LG Display Co.,Ltd.)やBOE(Zhejiang BOE Display Technology Co.,Ltd.)において、TVパネル向けでPMMA系ゼ...

2014年5月22日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

タッチパネルセンサー用透明導電性フィルム世界市場に関する調査結果2014

...タッチパネルセンサー用透明導電性フィルム世界市場に関する調査結果2014 ~低抵抗化ニーズへの対応進む透明導電性フィルム市場~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて世界の静電容量方式のタッチパネルセンサー用透明導電性フィルム市場の調査を実施した。1.調査期間:2014年1月~3月2.調査対象:タッチパネルメーカー、透明導電性フィルムメーカー、その他部材メーカー(OCAメーカー、ハードコートフィルムメーカー、引出線材料メーカー他)3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e...

2015年3月24日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

環境・省エネ関連窓材市場に関する調査結果 2015

...の暖房効率向上も含めオールシーズンでの省エネ効果を発揮する製品を開発しており、熱貫流率を従来よりも低く抑えたグレードの新製品(低熱貫流フィルム)が相次いで発売されている。2014年の建築用省エネフィルム市場(国内出荷+輸出分、メーカー出荷数量ベース)は310万㎡(前年比101.6%)を見込み、このうち50万㎡(前年比111.1%)が低熱貫流フィルムとなる。◆Low-E複層ガラスは省エネ住宅ポイント制度により普及率は再び上昇基調へ2014年のLow-E複層ガラス市場(国内出荷+輸出分、メーカー出荷数量ベース)は、消費税増税の影響を受けて、前年比106.2%の1,115万㎡を見...

2015年12月11日矢野経済研究所フィードバック数:0社会/政治

高機能包装材料市場に関する調査結果 2015

...材や医療器具の包装など新規用途の開発が進み、市場規模が再び成長している。 2014年の国内のイージーピールフィルム市場(メーカー出荷数量ベース)は7,800t(前年比106.1%)と推計し、2015年の同市場は8,250t(前年比105.8%)を見込む。◆生産体制の合理化に向けて、合弁会社設立や生産子会社統合が選択肢の一つに国内の高機能包装材料市場は需要が安定的である一方、人口減少などにより今後の大きな市場拡大を見込みにくい。そのため、包装材料メーカーは生産能力の増強や生産拠点のバックアップ体制の構築など多額の設備投資に踏み切りにくい状況に...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ