「フラット35S」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2015年5月28日内閣府★フィードバック数:0大型消費/投資

内閣府のレポートです。

このところの住宅取得環境について

...購入者の資金力と住宅価格の比率である住宅取得能力指数をみると、2014 年秋口以降上昇しており、消費税率引上げ前の水準まで持ち直していることがわかる。4.住宅ローン減税制度における控除限度額の拡大は、平均的な所得の世帯における住宅取得のための調達可能金額を 90 万円程度増加させ、住宅取得能力低下の緩和に一定程度寄与した。5.フラット 35S の金利引下げによる調達可能金額の増加額は平均的な所得の世帯であれば100 万円程度と推計される。省エネ住宅ポイントや贈与税非課税枠の拡大といった、他の住宅市場活性化施策とともに、住宅取得環境の改善を通じて、住宅...

2015年1月19日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

経済対策はGDPを0.4%押し上げ~消費喚起に向けた地方の工夫が効果拡大のポイント~

...の経済情勢等を踏まえた生活者・事業者への支援12,054「地域住民生活等緊急支援のための交付金(仮称)」【地域消費喚起・生活支援型】省エネ住宅に関するポイント制度の実施住宅金融支援機構のフラット35Sの金利引き下げ幅の拡大等Ⅱ.地方が直面する構造的課題等への実効ある取組を通じた地方の活性化「地域住民生活等緊急支援のための交付金(仮称)」【地方創生先行型】ふるさと名物応援事業ものづくり・商業・サービス革新事業Ⅲ.災害復旧・復興加速化など災害・危機等への対応2,5008051,1505,8131,700401,02017,422...

2013年9月1日住宅金融支援機構フィードバック数:0大型消費/投資

2013年度民間住宅ローン利用者の実態調査第1回 フラット35利用者編

...計画に関するシ ミュ レーシ ョン62.244.フラット35を利用した理由○ フラット35を利用した理由は、 「金利が低い」が51.5%と最も高く、次いで「金利上昇に備えて将来の返済額を確定」(45.0%)、「フラット35Sを利用したい」(20.5%)となっている。55.フラット35の認知状況(民間住宅ローン利用者全体)○ フラット35の広告や情報を見聞きしたことがある方は、全体の82.6%となっている。○ 見聞きしたことがある広告や情報の媒体は、「インターネット」が42.1%と最も高く、次いで「テレビ」(40...

2014年2月13日住宅金融支援機構フィードバック数:0大型消費/投資

2013年度民間住宅ローン利用者の実態調査第2回 フラット35利用者

...っている。( 参考) 前回調査のベス ト4住宅ローンに関する情報( 金利情報等)65.3資金計画に関するシ ミュ レーション46.9住宅ローン返済額に関するシミ ュ レーション42.9購入( 建設) を検討する物件情報( 評判)42.944.フラット35を利用した理由○ フラット35を利用した理由は、 「金利上昇に備えて将来の返済額を確定」が48.3%と最も高く、次いで「金利が低い」(43.0%)、「フラット35Sを利用したい」(16.8%)となっている。55.フラット35の認知状況(民間...

2011年11月1日内閣府フィードバック数:1大型消費/投資

住宅市場は持ち直しの動き(確認申請件数を利用した住宅着工戸数の推計)

...前の住宅着工戸数から推測されるトレンドラインとの差分を用いて推計すると、2011年3~6月の期間に、計2.1万戸程度の着工戸数が押し下げられたと考えられる(図5)。他方、7月以降の住宅着工は、震災以前からの回復過程に戻ったと考えられ、7、8月で実現されたトレンドラインからの上乗せ分、約1.0万戸を控除すると、9月以降の住宅着工戸数は計1.1万戸程度、上乗せされることが見込まれる。 また、住宅エコポイント制度及びフラット35Sの金利引下げ幅拡大措置の再開(ともに対象範囲や規模に変更あり)が9月21日に閣議決定されたこともあり、先行きについては、一時...

2015年3月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

Jリート市場は3年連続で大幅高。オフィス市場は需要の拡大が継続-不動産クォータリー・レビュー2014年第4四半期

...りに減少した。また、2014年の首都圏中古マンションの成約件数は、前年比▲7.2%の3万3,798件に減少した。今後は、フラット35Sの金利引下げや住宅エコポイント制度の復活、贈与税の非課税枠拡大などの政策支援によって、住宅市場がどの程度まで回復するか注目される。金融緩和などを背景に商業用不動産への投資意欲は強く、利便性の高い地区ではマンション需要が拡大し、地価の上昇は3大都市圏から地方圏へと広がっている。国土交通省の「地価LOOKレポート(平成26年第3四半期)」によると、前期から上昇した地区の比率は、東京...

住宅ストックの更新や住宅取得の促進に向けた政策とその影響(2014年度)

...費高騰の影響もあり物件価格に割高感が生じていたことなどが挙げられる。建築費の高騰は、短期的に解消される可能性は低く、分譲マンション価格が相場観として下落することは期待しにくい。そのような中、「地方への好循環拡大に向けた緊急経済対策」の一つとして、住宅市場活性化策が盛り込まれ、2015年2月からフラット35Sの金利引き下げ幅(当初5年間)が0.3%→0.6%へと拡大された。平成26年度補正予算により資金手当てされており、その資金には上限(予算は1,150億円)があるものの、足元の低金利局面と相まって2015年は2014年よりも分譲住宅を取得しやすい局面と言える。二度...

2012年6月19日日本銀行フィードバック数:14社会/政治

金融経済月報(6月)

...需要の動向や企業からの聞き取り調査なども踏まえると、生産は緩やかながらも横ばい圏内を脱しつつあると考えられる6。4月の1~3月対比の動きを業種別にみると、輸送機械(乗用車等)では、エコカー補助金の再導入や人気新型車の発売などから国内販売が高水準で推移し、輸出も米国向け中心に持ち直すもとで、増加した。化学(化粧品等)でも、増産の動きがみられた。このほか、内需関連とみられる動きとしては、金属製品などにおいて、増産を図る動きもみられた。一方、電子部品・デバイスは、42011 年度第3次補正予算の成立によって、住宅エコポイントおよびフラット 35Sの金...

2012年5月25日日本銀行フィードバック数:13社会/政治

金融経済月報(5月)

...大きめの減少見通しとなっているが、これには大型連休の日並びなどが影響していると考えられる5。当面の生産に関しては、出荷・在2消費水準指数(除く住居等)は、消費支出合計から、住居や自動車等購入、贈与金、仕送り金を除いている。それでもなお、GDP推計に用いられない項目が残存している(例えば教育費)。32011 年度第3次補正予算の成立によって、住宅エコポイントおよびフラット 35Sの金利優遇措置について、被災地をより優遇するかたちで再導入された。4調整ベースとは、リーマン・ショック後の大幅な経済変動を異常値として、検出・処理...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ